5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【名場面】大河の思い出を語ろう!【名優】

1 :日曜8時の名無しさん:2005/12/23(金) 13:16:57 ID:8cPVIraK
大河で印象に残った作品やシーン、登場人物などについて
思い思いに語ってくだされ。

2 :日曜8時の名無しさん:2005/12/23(金) 13:24:24 ID:CDSOzd5v
「源義経」の最終回の弁慶立ち往生と義経最期


3 :日曜8時の名無しさん:2005/12/23(金) 14:09:50 ID:dt1RP8Yx
うろ覚えだけど「獅子の時代」最終回の「伊藤長官…!」って言って死ぬシーン。
記憶違いだったらスマソ

4 :日曜8時の名無しさん:2005/12/24(土) 11:49:52 ID:kCep3UtA
滝田栄の「徳川家康」は、何するにも「泰平の世をつくるため」
といった調子の自己正当化がうざかった(それで家康嫌いになった)が、
かといって主人公がどこか薄っぺらいような感じにはなっていなかった
(その辺が今年の大河と違う)。
秀吉や三成のような他の登場人物も、極端に戯画化されたり貶められたりすることなく
ちゃんと描かれていたと思う。
役所広司の信長も、最初は聞いたことのない俳優だったので大丈夫かなと思ったが、
予想を裏切ってはまり役だった。で大人気になったな。
NHKの朝のニュースで取り上げてたくらいだったから
(池田裕子アナがインタビューしてた。今の4様のような人気者扱いだった)。

5 :日曜8時の名無しさん:2005/12/24(土) 14:08:31 ID:7Xhkpjsi
緒形直人主演の「信長」は何気ないところで信長の人間臭さを出していた
以下、記憶にあるシーンをいくつか(間違っていたらすまん)

隋天と口論になり(たしか神仏のことについて)、死んでみせると隋天は庭に下りる
そこに突然大雨が
信長は冷静に一言、「隋天、天もやめよと申しているぞ」

宣教師から帽子をプレゼントされた信長、
たいそう気に入ったらしく、室内でもかぶり
家臣の前でもその格好で現れるが、誰も「南蛮帽」について何も言わないので、
信長はちょっと不機嫌になる(すぐに藤吉郎フォロー)

毛利攻めの途中で京によることにした信長
隋天も京までついてくることを許す
派手な衣装を着たいという隋天の願いを聞き入れ、
「金でも銀でも、朱でも」何でも作ってやると言う。
また、体が不自由な隋天のために信長は愛用の輿に乗せてやるとも言う。

隋天「では、上様とご一緒ですか(ちょい嬉しそう)」
信長「いや、余は馬で行く」
隋天「ああ、左様でござりまするか・・・・・・」

6 :日曜8時の名無しさん:2005/12/24(土) 22:45:39 ID:JtjTHeSB
「義経」最終回 駿河次郎のシーンは何度見ても泣ける.・゚・(ノД`)・゚・.

次郎「義経様ぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」

7 :日曜8時の名無しさん:2005/12/24(土) 22:54:06 ID:lkS2xWIZ
「太平記」

新田・足利謀反の知らせを聞いて開かれた会議(評定?)で、
のんびり構える長崎円喜(フランキー堺)を前に錯乱する金沢貞顕(児玉清)

「関東の図面はどれじゃ!…関東の図面…」


8 :日曜8時の名無しさん:2005/12/25(日) 21:33:36 ID:W2aHqzvd
>>3 それ苅谷(加藤剛)のあぼーんシーンだったら最終回の一つ前。
最終回は秩父事件で平沼(文太)は生死不明(でも逃げ延びたことを匂わせるラスト)。

>>5 正統派の大河ファンからは嫌われそうな作品ですが漏れも「信長」好きですw
アンチ信長には評判いいのでは?


9 :日曜8時の名無しさん:2005/12/26(月) 01:08:26 ID:7hJRvM5U
「おんな太閤記」の最終回。
高台院が大阪城が落城し、西の空が真っ赤になる様子を
見て寂しそうに立去るシーン。その後画面に「完」と出る

10 :日曜8時の名無しさん:2005/12/27(火) 23:59:20 ID:IhuHhnxx
「武田信玄」での中村勘九郎の今川義元はよかった。
けど、今日の日テレの河井継之助はちょっと違ったな。
杉良は北条氏康も、「慶喜」の井伊直弼も白眉だったが。

11 :日曜8時の名無しさん:2005/12/28(水) 00:04:07 ID:0xbdTTHh
『元禄太平記』の小沢栄太郎。
憎たらしさと嫌らしさの印象が強烈。

12 :日曜8時の名無しさん:2005/12/28(水) 00:27:59 ID:ZJMecB9+
『元禄太平記』、よかったですね。
わたしは、光圀の隠居のシーンが好きです。森繁翁の老獪な演技はさすがです。
あと、『新・平家物語』の滝沢法皇は、どのシーンと言わず、素晴らしいと思います。
平治の乱の折に、時忠によって救出され出御する際の、立ち居振る舞いの素敵なこと。
あと、鹿ケ谷の謀議が発覚した後の、清盛との対決(?)や、鳥羽幽閉の際に、迎えに来た宗盛への一喝など、枚挙に暇がありません。
脚本もよかったのでしょうね。

13 :日曜8時の名無しさん:2005/12/28(水) 00:39:28 ID:qL6tXq2B
たしか小1だったけど、「新平家物語」のラスト。壇ノ浦で平家が滅びた
後、老いた緒形拳の麻鳥が妻と、桜の樹の下で、清盛を懐かしむ場面。
ふと馬で通りかかった武者に麻鳥が「あの、もし……」と声をかけ、人違い
でした、と謝る。続いて、若き清盛が馬に揺られていくで終わり。
 これを見たくて総集編ビデオ買ったら、みごとにカットされていて泣いた。


14 :日曜8時の名無しさん:2005/12/28(水) 00:47:09 ID:/5aybvd3
>>12>>13
滝澤修の後白河法皇の威厳、小沢栄太郎の信西の老獪さ、
緒形拳の麻鳥の優しさが印象的です。この頃のテレビ時
代劇は演技陣の層が厚くて、脚本・演出も深いですね。

15 :日曜8時の名無しさん:2005/12/28(水) 02:24:18 ID:qL6tXq2B
>>14
大人の世界って深いんだなあって、思わせてくれた名作が揃って
ましたね。
 今や、完全にお子ちゃま迎合になっちまったけど・・・。


16 :日曜8時の名無しさん:2005/12/28(水) 12:39:33 ID:4BcqG71n
「花の乱」で細川勝元をやった時の野村萬斎は、
まだ若かったが、今後の大いなる可能性を感じさせてくれた。
こういう人がもっと時代劇出てくれればいいのに、と思った。
その後大河未出演なのが非常に残念。

17 :日曜8時の名無しさん:2005/12/28(水) 15:36:34 ID:iKq+dNnl
峠の群像
不破かずえもん(小林薫)が死んだと知った
武本座の娘おみわ(樋口可南子)が橋から身投げするシーン。
雨降ってて、履物が揃えてあって。
せりふもよかった。けど、あんまり覚えてない。子供だったし。
何かもう、ああ、って。
それまでの流れとかもあって、こいつもかよ。そうなるのかよ。
時代の波にさらわれたかと。
人生で初めて、ドラマ自体を真剣に見て、泣いたシーン。
忠臣蔵物で、不幸だったのは吉良家と浅野関係の人だけじゃなくて、
それきっかけで死んだり人生変わったりした人のうちの単なる一人ではあるんだけど、
なんだかやりきれない気持ちになったことは覚えてる。
そういう意味ではマツケンと多岐川由美のシーンも。
大人になった今、一番見たいドラマ。
原作をつい最近読んでますます思った。

18 :日曜8時の名無しさん:2005/12/28(水) 22:19:30 ID:tYI9g9Au
最近、傑作と名高い「黄金の日日」の総集編を借りて見てみた。
すごいね・・・本当にすごいね・・・
近頃の大河と、あまりにレベルが違いすぎる。

五右衛門役の根津の処刑シーンや川拓の信長暗殺未遂シーンなどなど、
役者たちの名演に支えられた数々の場面もさることながら、
信長の堺進攻の最初のシーンとか、延暦寺焼き討ちのシーンなんかでも、
場面の流れや音楽がばっちり決まってて、もの凄い緊迫感に満ち満ちてる。
見てて、攻め込まれる弱者の側の恐怖を感じて鳥肌立った。
前半の秀吉の輝くような魅力、後半の権力者の老醜も見事。
血を噴き上げて昏倒して死ぬ場面も強烈だった。
名場面を挙げ出したらきりがない感じ。

19 :日曜8時の名無しさん:2005/12/29(木) 08:20:04 ID:fVG2ti1n
まだカキコないようだけど、「花神」における神代直人を演じた石橋蓮司。
その風貌、青白いメークで刺客を演じていた。
井上聞多や伊藤博文らに「刺客は神代直人」あたふたした高杉晋作役の、中村雅俊
「逃げる」と緊迫感十分に演じていた。
中村梅之助演じる大村益次郎を襲い、結果としてはそれが引金になって没するわけだが、
あの狂気を演じられた蓮司、役者ではなくて、犯罪者そのものではないかって思ったりしたあの頃。

20 :日曜8時の名無しさん:2005/12/29(木) 09:50:07 ID:SowSzYJD
>>19
「花神」の神代直人は本当に恐かった・・・。
あの狂気を宿した目を見るだけで背筋が凍るかと。

「花神」は蓮司もだけど本当にハマリ役が多かったと思う。
篠田三郎の演じた吉田松陰も純粋だけど思い込んだら止まらないキャラだったし。
高橋悦史の宮部鼎蔵、井上聞多の東野英心、伊藤俊輔の尾藤イサオ。
高橋英樹の河井継之助がガトリング砲をぶっ放す場面もすごかったな・・・。

21 :日曜8時の名無しさん:2005/12/29(木) 10:20:21 ID:Xzuv4akV
>>11>>12
元禄太平記って今の「大奥」の元みたいな描写があったよな。
うろ覚えだけど、身ごもった側室を流産させる為に強引に
高い所のものを取らせて踏み台をわざとはずす?だったっけ?
子供心に「大奥」って恐ろしい所だと思ったのを覚えている。
柳沢吉保が石坂浩二だったと思うが、草燃えるの頼朝の方が
印象深い。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)