5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【風林火山】山本勘助とはどんな奴【正体不明】

1 :日曜8時の名無しさん:2006/04/15(土) 18:04:20.70 ID:rZK2enia
来年の大河ドラマの主役は山本勘助だけど、この人はどんな人物か
ほとんど分かってないのだろう。実際はどんな奴だったか知ってる人
教えて下さい。
来年の大河を見る参考になるとおもう。

2 :日曜8時の名無しさん:2006/04/15(土) 18:06:06.83 ID:LXFdCbqa
2げと

3 :日曜8時の名無しさん:2006/04/15(土) 21:28:01.04 ID:bQffUgus
徳川史観(仮称)により美化され過ぎ


4 :日曜8時の名無しさん:2006/04/15(土) 22:28:57.92 ID:42M6wZim
>実際はどんな奴だったか知ってる人
いるわけねえだろwwwwwww

5 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 09:47:51.67 ID:PU43+wsd
どんな人間だったか知っている人がほとんどいないのか。
それなら捏造歴史でドラマを作るしかない。

6 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 10:23:15.34 ID:PBdkvlB/
歴史なんてほとんど捏造だよ。

7 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 10:27:00.39 ID:o80s6evz
かろうじて「山本勘助っていう人が武田家に居た」という事だけが正確な気がするけど、
彼出さないのは水戸黄門が印籠を出さないのと同じようなものかと思う。

8 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 10:31:06.91 ID:Zg7gsce7
啄木鳥

9 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 10:52:27.56 ID:dDHXlLtw
>>7
それなら韓国ドラマのチャングムと同じだ。
もっともチャングムは好きで毎週見ているけど。

10 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 11:23:37.10 ID:1hwQK6Mf
出生も定かでなく、歴史の主人公にするのにはかなり無理があるな。
あとは脚本家の想像力にゆだねるしかない。

11 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 11:23:45.73 ID:FDz97qug
どんな奴かはうっちーが演じて作るんだわよ。

12 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 12:12:27.65 ID:/VNferyG
山本勘助
武田信玄の軍師として知られた山本勘助は生まれつき体が小さく、片目がつぶれ、
片足を引きずり、手も古傷のためまっすぐ伸びないという不自由な姿をしていた。
それでも諸国を巡って修行に励み、刀術、槍術、馬術など武芸百般を会得したうえ、
築城術、天文学まで修めた才人であった。しかし、その外見が災いして、仕官を望みながら
52歳まで果たせずにいた。たまたま武田信玄の側近板垣駿河守信方の強力な推挙によって、
知行百貫で武田家に召抱えられることになった。この仕官の経緯には信玄が極秘裏のうちに
父親の信虎を画策があり、この追放事件をめぐって勘助は裏工作に参加し、これが機縁で信玄に
引き合わされた。初めて勘助が甲府の館を訪れた時、武田の家臣たちは誰もがその異形に目を
丸くした。だが、信玄だけは冷静な目で勘助を観察し、「この風采にして名が謳われているのは
只者ではなかろう」といい、約束の知行百貫を二百貫に増やして雇うことにした。

13 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 12:36:17.34 ID:/VNferyG
山本勘助
武田信玄の軍師として知られた山本勘助は生まれつき体が小さく、片目がつぶれ、
片足を引きずり、手も古傷のためまっすぐ伸びないという不自由な姿をしていた。
それでも諸国を巡って修行に励み、刀術、槍術、馬術など武芸百般を会得したうえ、
築城術、天文学まで修めた才人であった。しかし、その外見が災いして、仕官を望みながら
52歳まで果たせずにいた。たまたま武田信玄の側近板垣駿河守信方の強力な推挙によって、
知行百貫で武田家に召抱えられることになった。この仕官の経緯には信玄が極秘裏のうちに
父親の信虎を追放する画策があり、この追放事件をめぐって勘助は裏工作に参加し、これが機縁で信玄に
引き合わされた。初めて勘助が甲府の館を訪れた時、武田の家臣たちは誰もがその異形に目を
丸くした。だが、信玄だけは冷静な目で勘助を観察し、「この風采にして名が謳われているのは
只者ではなかろう」といい、約束の知行百貫を二百貫に増やして雇うことにした。



14 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 12:38:06.41 ID:/VNferyG
12、13が重複してスマソ

厚遇に感謝した勘助は、期待に違わず信玄の懐刀として縦横無尽の活躍をみせ、
永禄4年(1561)川中島の合戦で壮烈な討ち死にを遂げるまでの19年間、
数々の軍功をたてた。江戸時代になっても、勘助の軍師ぶりは語りつがれ、
浄瑠璃や歌舞伎にしばしば取り上げられた。浄瑠璃では「本朝廿四考」が、
歌舞伎では近松門左衛門や河竹黙阿弥の手になる「勘助討死の場」が名高い。
昭和44年10月、釧路市松浦町の市川良一氏が所蔵する武田家関係の古文書の中から
信玄直筆の書状が発見され、その中に山本菅(勘)助の名が記されていた。
家臣の市川藤若に当てたその手紙には『重要なことは使者の山本勘助が
口頭で伝える』と書かれていた。当時から勘助が信玄の信頼する側近であった
ことは間違いなかろう。多くの研究者がこの書状を調査した結果、これが酒田市の
本間美術館に保存されている重要文化財の「市川文書」の一部であることが確かめられ、
現在では勘助が実在の人物であったと考えられている。
(歴史と旅1999年7月号篠田達明 より抜粋)


15 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 12:56:53.61 ID:JRTrkf0Q
大河ドラマの武田信玄では殆ど草の者みたいな扱いだったな

16 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 14:36:44.43 ID:6sQmaPG6
信玄の秘書みたいなもんか。

17 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 15:22:58.89 ID:0ClANEC9
>>14
d!です。
その勘助の初登場シーンどんなだか
ドキドキするなーw 楽しみ〜。


18 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 16:03:40.23 ID:Jj4Bwa6L
>>16
信玄の秘書的な立場はむしろ公私共に春日源助の方だろ

勘助は使者を務めたとはいえ、信長でいう夕庵ほどの働きを
示す物が市川文書以外には見受けられないから
秘書(=右筆)というのはまた違うのではなかろうか?

19 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 16:50:21.99 ID:A1Ks+2AT
ttp://www.nobunagaou.com/fuurin/utino/

みんなが熱望する勘助になるといいな。

20 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 20:53:15.22 ID:SaufZmQj
殿の正室に遠くから思慕の念を抱く有能な忍。まんま六兵太やないかw

21 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 21:02:15.04 ID:SaufZmQj
真田丸で世界の軍事史上でも画期的と評価される真田の築城術は実は勘助が
若き日の真田昌幸に教育し伝授したものとも言われる。単なる秘書というよりも
軍事技術のノウハウの塊のような天才だったのではないか。そう村田蔵六のような。
蔵六も不自由な身体では無かったが相当な異相だったらしい。

22 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 21:16:52.08 ID:c2YkUfqt
>>21
勘助から真田昌幸ってそれ講談か何か?
つーか昌幸の戦術上手は普通に親父譲りだろ。

23 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 21:20:57.47 ID:oAs0Ogt3
>>21
だから勘助は中村梅雀がやればよいって最初思った。

24 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 21:51:36.22 ID:SaufZmQj
>>22
松代城と小諸城が勘助の築城だからそういう説があるんだよ。父親の幸隆が勘助同様に
外様の新規召抱え組みであり且つ晴信の器に共に天下統一の夢を見た共通性があるから
ひょっとすると親しい交流があったのかもしれない。幸隆は信玄の病死にあまりに落胆し
後を追うようにすぐに亡くなっているくらいだし。
勘助の召抱えの主な理由は軍師という側面より、築城にあったような気がする。高遠、小諸、海津城などの
名城普請の功績者として大変に名高いしね。築城術を極めた人物だし相当なIQだったのでは。

25 :日曜8時の名無しさん:2006/04/16(日) 22:05:58.26 ID:SaufZmQj
因みに今年甲府市古府中で大規模な堀が発見された。その堀は、現在の武田神社東側の
大手門を覆うように三日月形に造られていた。史跡整備のための調査のため全容は確認できて
いないが、全長約二十五メートル、幅約五メートル、深さ二メートル以上と推定。武田氏滅亡
(一五八二年)以前まであったとみられる。
 甲府市教育委員会によると、三日月堀は「丸馬出(まるうまだし)」と呼ばれる土塁を伴い、
城館の入り口を敵から守る施設。「甲陽軍鑑」には「勘介申上る、馬だしと申物は、城取の眼にて候」
と記され、勘助が伝授した甲州流築城法の極意として描かれているそうだ。頭脳明晰な建築技師だね。

26 :日曜8時の名無しさん:2006/04/17(月) 17:12:38.87 ID:KXH3cv7w
勘助を語るのって難しいなあ。
人間的にどんな人だったのかも分からないし
下手な妄想で物言えばどっかっから矢が飛んで来そうだし。
理想の勘助像語っていい?

27 :日曜8時の名無しさん:2006/04/17(月) 17:40:25.71 ID:AgJjd5TP
このスレは必要ないな。

28 :日曜8時の名無しさん:2006/04/17(月) 18:53:52.18 ID:G2fpvvLH
勘助「を」語ろうというのがそもそも無理。
著者にしてみれば、誰だかよく判らない人物だから
制約なくキャラクターを設定できるんであって、
勘助の目を通して井上靖が描く信玄像こそがこの物語の醍醐味。

29 :日曜8時の名無しさん:2006/04/17(月) 19:02:29.78 ID:poBOPH4R
>>18
武井夕庵って道三や信長に仕えているから美濃の人間と思っている人が
多いが、実際は信玄の諏訪侵攻で追われて美濃に落ち延びた諏訪家に
仕えていた家の諏訪出身の人なんだよね

彼は武田攻め決断をあまりよく思っていなかった(むしろ反対派?)という
話もあるし、やはり勝頼達が諏訪の血を引いていることに何かしら
思うとこがあったのかもしれないな。

それにしても、諏訪を追われて数十年後に自分がその信玄と公私共に
直接書状をやりとりするような仲になるとは本人も思っていなかった
だろうね。


30 :日曜8時の名無しさん:2006/04/17(月) 19:11:25.66 ID:G2fpvvLH
とかく信玄は完成された巨人として下からの視点で仰ぎ見られがちだが、
井上靖は、これを未だ危なっかしい青臭い青年武将として描き始め、
名将に育て上げていくという上からの視点で物語を展開したのが斬新なところ。
より身近に生身の信玄を感じさせ、絵になる場面も多い。

31 :日曜8時の名無しさん:2006/04/17(月) 19:25:05.64 ID:K65Cm6zh
>30 その作者の目が今度の大河では勘助の目になるんだね。

32 :日曜8時の名無しさん:2006/04/17(月) 22:49:28.02 ID:1HS8jvA1
案外おもしろいな。ややマニア向けな感じもするが。

33 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 00:23:52.96 ID:+jdP1Pbi
>>30
今年の大河は、お千代さんの女性の目、
来年は勘助殿の男の目で描かれるんだね。

34 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 07:46:46.05 ID:q/H7Jjgs
内野の声でナレやって欲しいな。

35 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 07:53:23.59 ID:roaDgnor
山本勘助というと、40年前の「風林火山」の三船敏三のイメージが強い。
一筋縄でないアクの強い個性を、うまく演じていたのが印象的。



36 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 08:18:23.52 ID:ORyVUE6M
>>35
緒方拳の百姓がいい味だしてたね。本作ではあのキャラ槍持ちの畑中武平は
出ないのかな。

37 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 08:26:38.34 ID:+vINqxy9
武田信玄は、今川義元のやった政策をそっくりマネして、義元の読む
軍法書をマネして読み、義元が戦うときは進んで兵を出した。信玄は、
義元が上洛しなければ裏切りを働かなかった。信玄に言われて裏切りを
働いて義元を死に追いやる姿もしっかりと描いてくれるんだろうな?

38 :35:2006/04/18(火) 08:31:29.18 ID:roaDgnor
敏三→敏郎 の誤り。



39 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 09:12:00.47 ID:fhlMkowz
>>37
へえ〜義元が死んだ原因(桶狭間勃発の理由)って
勘助の裏切りなんだ。そりゃ凄い。
そんじゃ信長は大恩を仇で返しちゃったんだな
本能寺が起きたのも無理ないか・・・

40 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 10:18:27.40 ID:FM8mCpg9
正月のドラマでは信玄の女の世話ばかり焼いていて
ええぇ〜今度の大河はこんな話なのぉ?と落胆したのだが

41 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 11:10:24.23 ID:IuawK4fy
英雄色を好む、と言いたかったのでしょう。華も要るしね。


42 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 11:47:12.88 ID:YWRfR/+k
ラブシーンあるかな。
内野さんはラブシーン上手いから見たい

43 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 13:51:50.36 ID:M/HNuP39
>>7
山本勘助という人物は武田家にいた・・・
亀レスだけどわかってるのはそれくらいでもいいんだと思うよ。

「風林火山」は歴史の空白を埋めるとか、謎の人物に迫る!みたいな
スタンスで書かれた小説じゃないんだもの。
あの時代の空気感を大切にして生かすことが大事な文芸作。

>それ故に又、信玄が実際にこういう人物だったかという種類のことも、
この小説では問題にならない。
山本勘助は伝説上の、架空の人物だったかもしれないのである。
そしてそれでも構わないのは・・・
・・・と原作の解説本にある文章。


44 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 16:40:52.90 ID:q/H7Jjgs
ヤマカンの語源がこの勘助から来てるとは思わなかったよ。


45 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 17:01:37.46 ID:rlqoKYfc
>>44
そういう説もある、って話でしょ。

46 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 19:43:42.91 ID:Fxk8bz2W
おもしろい説が多いなら作りよう次第で化ける

47 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 20:20:28.49 ID:3sl2Nll4
そんなつまらない説で膨らますような屑ドラマなのか?

48 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 20:43:02.08 ID:PWwq9srD
捏造物語か。

49 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 22:08:37.78 ID:MERpjHiw
>>48
字が読めなくて小説というものがわからないんだねwww


50 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 22:45:12.65 ID:NWFDGBZO
「風林火山」ってタイトルから血沸き肉躍る合戦絵巻を期待してると肩透かしを食うかもしれないぞ。
基本的には、奔放な由布姫に惚れた弱みで、三条の方やら信玄やらの間に挟まって
勘助がてんてこまいさせられる話だから・・・

51 :日曜8時の名無しさん:2006/04/18(火) 23:13:04.92 ID:MERpjHiw
そう、華麗なる戦国ロマン!なのさ。

52 :日曜8時の名無しさん:2006/04/19(水) 23:01:43.79 ID:wGSyzhfm
来年も歴史捏造路線なんでつね

53 :日曜8時の名無しさん:2006/04/19(水) 23:20:34.93 ID:jRMEG1gH
48とか52とか毎日ご苦労。

54 :日曜8時の名無しさん:2006/04/20(木) 09:10:47.62 ID:/5cQ75lb
名前からしてじじ臭い

55 :日曜8時の名無しさん:2006/04/20(木) 20:01:34.20 ID:PsUh4NnJ
ヤマモトとか、もう名前からして地味だよね

56 :日曜8時の名無しさん:2006/04/20(木) 21:41:01.17 ID:plzxglqM
>>50
内野だし「馬の骨」みたいなやつかもしれんw



57 :日曜8時の名無しさん:2006/04/20(木) 21:47:57.74 ID:9OjvXRUj
「馬の骨」いいね。
金曜時代劇の中では一番好きだよ。

58 :日曜8時の名無しさん:2006/04/20(木) 21:56:47.07 ID:sBknsdy0
何処の馬の骨か分からん
それが山本勘助?

59 :日曜8時の名無しさん:2006/04/20(木) 22:25:00.20 ID:M2Cp0ukr
もしもの作調、キャラの作り方を言ってるんだろw

60 :日曜8時の名無しさん:2006/04/20(木) 23:42:24.78 ID:o4kYjLWr
演出も、「馬の骨」みたいになったして
演出チーフ:清水一彦
演出2番手:高橋陽一郎(予想)

※高橋陽一郎は内野主演の「馬の骨」の演出チーフ
ついでに若林Pの「てるてる家族」でも演出担当。ゆえにこのD起用の
可能性は大変高い

61 :日曜8時の名無しさん:2006/04/22(土) 08:48:16.83 ID:kYm1S3+F
マクベス舞台の話で映像が流れるようだよ。
NHKだから何かコメントあるかも。
4月28日(金)ゆうどきネットワーク
4月27日(木)こんにちはいっと6けん

62 :日曜8時の名無しさん:2006/04/22(土) 19:03:06.56 ID:HbfFLz/z
山本と言う名では近代においては
権兵衛、五十六と名将(?)がいるが
山本姓は名将の宝庫?

63 :日曜8時の名無しさん:2006/04/22(土) 23:54:05.08 ID:UPmRWHp1
軍団山本ってイタイ

64 :日曜8時の名無しさん:2006/04/23(日) 18:23:19.19 ID:LrbTaGlD
横山光輝の「隻眼の竜」は面白かったなぁ
もっともあれは勘助というより源三物語だけどね

65 :日曜8時の名無しさん:2006/04/23(日) 18:27:07.05 ID:skfoXEll
「市川文書」(信玄書状)に出てくる名前は「山本管介」で「山本勘助」ではない。
当時の市川氏は善光寺平(長野市)北部の国人領主で、上杉謙信が高梨政頼を介して誼を通じていた
ところ、信玄が味方に引き入れようと、管介を派遣したと考えられる。
調略のための使いだから、信玄に信頼されていたのは史実だろうな。
しかし、他の信頼できる史料に「山本菅介」の名前はなく、士分として
知行をうけていた史実はない。

 いっぽう、江戸時代に成立した「甲陽軍鑑」(小幡景憲編集)に、軍師として
大活躍の登場。ここまでのレスで語られているのは、すべて「軍鑑」の山本勘助だね。
「軍鑑」は高坂(香坂)弾正昌信→実在の春日弾正忠虎綱がモデル、が口述したメモを
小幡が編集したとされているが、徳川幕府の公認兵学(甲州流軍学)の原典となった。
おそらく、小幡が自分の出世のために軍師を創作し、名前を市川文書から拾って
山本菅介→山本勘助にしたと思われる。
 上杉流軍学(紀州徳川家)における宇佐美定行(宇佐美定満がモデル)と同様、
江戸時代の兵学者が、名君には名軍師が必要と自分を売り込んだことにモチーフを
求める事ができる。長文、スマソ。


66 :日曜8時の名無しさん:2006/04/23(日) 18:29:14.27 ID:xjTbeEty
どうでもいいが勘助が主役の風林火山は川中島で完結だろ?

67 :日曜8時の名無しさん:2006/04/23(日) 20:49:55.16 ID:nTY9HRdb
30歳前から60過ぎで落命までを描くとどこかで読んだ。

68 :日曜8時の名無しさん:2006/04/23(日) 21:55:30.14 ID:94KTGyjh
また第一話が川中島で、そこから回想に入る形にするんだろうか。

69 :日曜8時の名無しさん:2006/04/24(月) 10:36:42.21 ID:y+9qHvyT
川中島でロケやるのかなぁ?みにいこうかなぁ(・∀・)
長野にすんでてヨカッタ☆

うっちー大好き♪

70 :日曜8時の名無しさん:2006/04/24(月) 11:25:34.01 ID:0to+3UqQ
山本パンスケ

71 :日曜8時の名無しさん:2006/04/24(月) 13:33:41.35 ID:lc8SE1Vi
川中島の合戦だからといって川中島でロケをするわけではない。

72 :日曜8時の名無しさん:2006/04/24(月) 13:58:29.35 ID:xZrKqiUD
川中島ロケ・・・

あんな住宅地で合戦シーンのロケなんて、できるはずがない・・。
やっぱ、江刺とかにじゃんじゃね?

73 :日曜8時の名無しさん:2006/04/24(月) 14:02:17.15 ID:H7y6PXQ3
風林スレより

>小淵沢には既に躑躅ヶ崎館のオープンセットが完成している。
>野外ロケは山梨だと小渕沢や富士学校あたりの演習場、上九一色と
>身延、五湖あたりが決定済み。

74 :日曜8時の名無しさん:2006/04/24(月) 21:45:39.40 ID:+ifRG1Ca
山勘の語源が山本勘助というのはデマと言うのが一般的な解釈のようだ。

75 :日曜8時の名無しさん:2006/04/24(月) 22:44:11.09 ID:xZrKqiUD
>>73

おお、八ヶ岳山麓であったか。
しかし、上九一色村か・・・。

76 :日曜8時の名無しさん:2006/04/25(火) 02:16:27.32 ID:dIW7mFFM
富士山の出し方を間違えると山梨と静岡の両県民からくだらん
いちゃもんを付けられるから朝霧高原もロケ地になったらしい。
多分、こんな感じかと。

今川から見た富士山⇒静岡県側(朝霧高原)
武田から見た富士山⇒山梨県側(上九一色)

そういえば北富士演習場は使うみたいだけど、御殿場の東富士は
使わないのかな?日テレの戦国自衛隊では使っていたんだけどな。

77 :日曜8時の名無しさん:2006/04/25(火) 03:17:27.71 ID:Xg660JiP
東富士は自衛隊と米軍の演習日程次第だと思われ
静岡でのロケ地は朝霧然りで宝永山火口をなるべく真正面に
捉えないような場所を選ぶような気もするけどね。
そうなると朝霧〜上九ラインが一番妥当なんだが
大沢崩れが正面というのも・・・・・orz

78 :日曜8時の名無しさん:2006/04/25(火) 04:35:57.81 ID:MuEq86YY
何で読んだか忘れたが、勘助の話はその子孫に坊主がいて
その人の捏造部分がたいはんだったと記憶するが・・・

79 :日曜8時の名無しさん:2006/04/25(火) 11:31:28.86 ID:kdYXVolW
さ〜ん ごーずだ〜ん♪

80 :日曜8時の名無しさん:2006/04/25(火) 11:36:56.81 ID:hKe1q8w/
>>70-71
やらないのかなぁ(´・ω・`)
でも何かしらきそうな気がするけどなぁ…
ウッチーに会いたいよ〜〜

81 :日曜8時の名無しさん:2006/04/25(火) 12:08:25.26 ID:LnwO//ra
>>76
「武田信玄」で信玄と義元が、富士山の景観の優劣について
自国から仰ぐ姿が一番と主張して張り合う、みたいな場面があったよね?

82 :日曜8時の名無しさん:2006/04/25(火) 14:36:44.31 ID:W/VlW1YA
>>65
知り合いに歴史学やってるお方がいるんだが、戦国も研究してて
どうやら山本勘助(菅助)という人物自体は実在したらしいね。
俺もそんなに詳しくはないけど、有名な信玄が第三次川中島戦で
前線への動きを報じた文書に山本管助の名前が載っていた事から
山本管助という人物がいたという事まではわかっている。その際使者も管助自身が
務めていたらしいが。この管助が勘助ってところなんだろうが。

結局どんな人物かまでは実際のところわかっていないみたいだけど、
信玄の側近であった事は間違いないらしいね。まぁ謎の人物だけに想像する所が楽しいわけだが。

83 :日曜8時の名無しさん:2006/04/25(火) 21:17:56.35 ID:XVNqe2JQ
>信玄が第三次川中島戦で
>前線への動きを報じた文書に山本管助の名前が載っていた事から
>山本管助という人物がいたという事まではわかっている。

>>65の市川文書(信玄書状)いがいに、(管介)勘助の名を伝える
当時の史料はない。

84 :日曜8時の名無しさん:2006/04/25(火) 22:19:04.64 ID:VGNJys6c
どういう系図だから知らないけど
幕末に長岡の山本、土佐の板垣だから面白いよな

85 :日曜8時の名無しさん:2006/04/25(火) 22:52:01.92 ID:WtxQpnXv
>>82 >>83
「風林火山」の原作の、解説文を読んでみなよ。

実在や経歴不詳でも、それはそれでいいんだ。
井上自身も、人物の検証や伝記ものとして勘助を題材としたわけでなく、
戦国を舞台とした人間模様の物語の作中人物として描いてるんだよ。

あと、市川文書ではなく「市河文書」な。

86 :日曜8時の名無しさん:2006/04/26(水) 00:07:54.57 ID:cgT/Z8m5
市河文書か。

逆に色々わかっちゃうと勘助って伝説的な人物ってことで親しみがあるから
名前があったくらいでいいのかもね。

87 :日曜8時の名無しさん:2006/04/26(水) 01:47:48.08 ID:jJz8L6sy
>「風林火山」の原作の、解説文を読んでみなよ。

架空の人物でいいということにはならんだろ、歴史教育的な効果も
当然期待されるNHK大河なんだから。ナレーションで「勘助は架空の人物だが、
井上靖が仮託した人物像、武田信玄の実像はこのとおりであっただろう」
とかじゃ、マズいんじゃないか?

>あと、市川文書ではなく「市河文書」な。

本間美術館(酒田市)の原文は見てないが、北信濃の国人領主(信州高井郡)は
市川藤若信房(長尾景虎御太刀持参之衆「上杉文書」)が公式文書では正解だ。
ただし、市川=市河でも可(当時は音読みの当て字がもっぱらだったから)。



88 :日曜8時の名無しさん:2006/04/26(水) 10:28:46.68 ID:yNK3cVNu
大河なんて町起こしの一環なんだからゴチャゴチャ言うなや

89 :日曜8時の名無しさん:2006/04/26(水) 13:07:22.92 ID:fpC/I1pg
小さな一地方のお国自慢にされるといやだな。
蝉しぐれのような創作でさえおらが村の物のような扱いで
かなり興ざめだった。

90 :日曜8時の名無しさん:2006/04/26(水) 14:34:33.91 ID:jJz8L6sy
海坂藩とは比較にならんだろ。
舞台のつくりが武田と今川、上杉なんだから。

91 :日曜8時の名無しさん:2006/04/26(水) 15:01:29.89 ID:fpC/I1pg
と思ってるのは土地のものだけ。

92 :日曜8時の名無しさん:2006/04/26(水) 20:05:53.38 ID:5cMRsWau
甲陽軍鑑自体がうさんくさいんで模造てか捏造くさい
要するに疑惑満載

93 :日曜8時の名無しさん:2006/04/27(木) 09:51:45.70 ID:BYKLgH/M
>>87
自分も原作文庫もってるけど、架空の人物だなんて決めていないし、
詳細不明のようだから肉付けを自由にした・・・なんてことでは無いんだよ。

人物の謎や真実に迫る!みたいな主旨で書かれた小説では無いって事だよ。

>>92
何をいまさら

94 :日曜8時の名無しさん:2006/04/27(木) 10:29:03.56 ID:t8XDjEvx
宮本武蔵と同じような感じになるんだろ?
「ここが武蔵の故郷と言われている」「ここも、じつは・・・」(エンディングナレーション)
言い回しはともかく、え?先週の話と違うじゃねぇか(怒。になる。
あと、エピソードとして勘助の築城が多いの気にならね?ま、いいけど。


95 :日曜8時の名無しさん:2006/04/27(木) 19:40:55.64 ID:lhXGvRH5
戦国時代に軍師なんてポストは無かったわけだし怪しいわな。

96 :日曜8時の名無しさん:2006/04/27(木) 21:55:46.30 ID:t8XDjEvx
本編そのものより、解説書のたぐいがどうなるか
見ものだね。典拠が「軍鑑」ほかの軍記書しかないわけだらか、
学者がしたり顔をして「軍師山本勘助とは・・・」とか解説してみせると、赤恥をかく。

97 :日曜8時の名無しさん:2006/04/27(木) 22:03:04.18 ID:NBYU0xHt
史実と虚構のハザマを自由に泳がせるってP言ってなかったっけ?
あまり資料の無い勘助なんだから、要所押さえて面白い
ドラマにしてくれればいいよ

98 :日曜8時の名無しさん:2006/04/27(木) 23:47:40.26 ID:9cAu6Aoa
>>96
学者は普通に「詳細は不明」と書くと思うぞ。

99 :日曜8時の名無しさん:2006/04/28(金) 00:33:14.42 ID:DdZFVAYn
>>98
それじゃ、一冊の本にならんな。
作家はいろいろ書くだろうけど。

100 :日曜8時の名無しさん:2006/04/28(金) 00:58:44.33 ID:24QAyxSM
そりゃ、大河便乗作家は恥知らずだから
「○○のすべて」や「早わかり○○」が雨後の竹の子で出るだろうよ。
加来耕三とかね。

101 :日曜8時の名無しさん:2006/04/28(金) 02:32:27.26 ID:1EAvPmUl
勘助と竹中半兵エってどっちが優れた軍師かな?

102 :日曜8時の名無しさん:2006/04/28(金) 09:20:30.12 ID:S/CC+T77
今夜WOWOW開局記念番組として
内野の舞台『ベガーズ・オペラ』が放送されます。
「この人知らない」や「勘助やる奴誰?」な人で
WOWOWが見れる環境にある人は
今夜8時からです。一度限りの放送らしいですからお見逃しなく。

103 :日曜8時の名無しさん:2006/04/28(金) 17:50:11.70 ID:NuUvNnCU
>>101
そりゃ仕方なく半兵衛だろ。むしろ勘助の当時の資料自体無さ杉。
俺の想像だと、大河やTBSの「信玄」のように主直属の草の者のイメージがする。

104 :日曜8時の名無しさん:2006/04/28(金) 20:14:10.92 ID:LsYWMGML
>>97
その台詞はまさにあの黄金の日日の助佐の設定コンセプト再びだな。
あの驚異的な歴史的事件巻き込まれっぷりを再現しようというのだろうか?
黄金と時代が違うから、からめるとしたら、
今川はガチとして、放浪時代に毛利元就や道三あたり
がきても面白いかも。

105 :日曜8時の名無しさん:2006/04/29(土) 02:06:51.89 ID:OSc7c9H3
そういえば黄金の日々のルソン助左衛門も実在の人かどうかも分からなかったそうだ
しかし、あれほど良いドラマが生まれた。製作者の力量によっては素晴らしものが
できるかもしれない。

106 :日曜8時の名無しさん:2006/04/29(土) 09:04:59.88 ID:wivfkb5F
黄金は、主人公が石川五エモンや善住坊とトリオを組む
というぶっとび設定で話をふくらませたからな。
他にも三成や右近、フロイスなど友達がいっぱい。
勘助にもそういうメジャーなダチは必要だよな。
信長秀吉みたいな超メジャーとからまない分、
事件の一つ一つは地味になりそうだからなおさら。
しかも武田仕官前にある程度の実績と評判は
積み上げておかないといけないし。

107 :日曜8時の名無しさん:2006/04/29(土) 11:06:40.95 ID:sce+qGPE
問題なのは、勘助と同年配にメジャーなキャラが意外と少ない
ということではないかと。

108 :日曜8時の名無しさん:2006/04/30(日) 09:14:28.37 ID:G185kLET
>>107
確かにそうだな。
同時代のダチ候補って誰がいるだろう?
ガイシュツの道三、元就は、貴重なメジャー級だから、
勘助に日本全国を旅させて、友好を育んでもらいたいものだw
一説には勘助は元就を尊敬していたとも聞くから、
毛利の領地拡大を手伝わせ
出生地候補の愛知は美濃に近いから
道三とは「どっちが早く天下をとるか」を語り合って
土岐乗っ取りに一役買うとかね。
あとは・・、北条早雲とは重なるかな?
どうせなら、若い頃は、あの時代に次々台頭してくる
戦国大名達の勢力拡大に片っ端から手を貸してまわる
くらいやってしまえw

109 :日曜8時の名無しさん:2006/04/30(日) 13:11:11.84 ID:+F1yqKpG
フィクサー勘助age

110 :日曜8時の名無しさん:2006/04/30(日) 14:11:17.48 ID:1vNVAckt
歴史を裏で操っていたのは勘助だった!というぐらいの壮大な捏造でおk

111 :日曜8時の名無しさん:2006/04/30(日) 18:41:36.63 ID:hCWsG+BK
川中島の戦いは戦国時代でも最も悲惨な戦い。この戦いを裏で操っていたなら総大将と共に責任重大ということになる。もっとも戦死したから文句もいえないけれど。

112 :日曜8時の名無しさん:2006/04/30(日) 19:55:48.57 ID:3tEDx/kQ
実は、キリストを罵ったために不死を強要されてしまった男が勘助の正体
ということで、ゴルゴダのシーンから始まる大河ドラマ。

113 :日曜8時の名無しさん:2006/05/01(月) 09:13:46.81 ID:tLXDWFLL
>>111
川中島の偶発的な戦闘突入は勘助が信玄と謙信をハメた罠だった!!

しかし失敗したので勘助はその場から逃走

114 :日曜8時の名無しさん:2006/05/02(火) 00:41:33.99 ID:h3pZcOjA
桶狭間を織田にリークしたのはフィクサー勘助

115 :日曜8時の名無しさん:2006/05/02(火) 12:06:02.06 ID:UCeTzdOq
信玄と勘助もウホだったの?

116 :日曜8時の名無しさん:2006/05/02(火) 13:01:19.71 ID:89CIq/Fn
ブロークバック風林火山

117 :日曜8時の名無しさん:2006/05/02(火) 13:54:26.13 ID:0RYyn/dm
川中島では多くの人が死にすぎた。
その後の甲斐と越後の国力は低下したのでは。
働き盛りの男性が万を超えて死んでいるのだから。
その後の甲斐や越後の話はこのドラマではどうせないだろうが。

余談だけどある霊能者が川中島に行ったら首のない霊とか今もうようよ
いると言っていた。あまり、近づかないほうがよさそうだ。

118 :日曜8時の名無しさん:2006/05/02(火) 14:04:35.36 ID:idBLMdrF
正直勘助逝ったら終わりはちょっと淋しい、
戦国はこれからって時だからね。織田家はまだ黎明期ですらないし。

せめて謙信が厠で落命するまでは続けて欲しいな。
用兵だけなら戦国最強は謙信だろ。
秀吉もサボタージュしたいほどのビッグネームだ、
織田は武田としぶしぶぶつかったが謙信とは小競り合いすら忌み嫌ったそうだから
当時から神懸り的な霊験があったのだろう。


119 :日曜8時の名無しさん:2006/05/02(火) 15:47:35.22 ID:jn9p12bw
秀吉を引き合いに出しては謙信に失礼杉

120 :日曜8時の名無しさん:2006/05/02(火) 23:51:52.32 ID:0ZI9BD/D
>>118
主役が居ないのに天正年間まで話続けたら全く違う物語になるだろーが

121 :日曜8時の名無しさん:2006/05/03(水) 01:39:56.97 ID:iu3jDifR
俺の親父は川中島の生まれで、子供の頃は
信玄が本陣を置いた神社の境内でよく遊んでいたそうだが、
なんぞ妙なものでもとり憑ついてるのかな。

122 :日曜8時の名無しさん:2006/05/03(水) 01:49:07.36 ID:iu3jDifR
謙信が長生きして、信長率いる織田の大軍に
粉砕されるのを見てみたかった。
最盛期の自前での動員可能兵力は
だいたい二万人くらいかな?
小田原攻めは別として。

この人野戦は得意だけど城攻めはそれほどうまくないね。
根気が続かないのかな。

123 :日曜8時の名無しさん:2006/05/03(水) 11:02:14.51 ID:dtyo904Z
謙信ていうのは、支配欲、征服欲があまり無い。
戦場に赴くのは正義の為で、他の大名に鉄槌を喰らわす為・・・・

というような話を聞いたのですが、これは美化され過ぎですかね?

124 :日曜8時の名無しさん:2006/05/03(水) 13:34:50.26 ID:5btrP6MP
>>123
毘沙門天の生まれ変わりだからなw

125 :日曜8時の名無しさん:2006/05/03(水) 20:16:15.36 ID:Vg8G8+1F
      ,ィ                      __
      ,. / |´ ̄`ヽー- 、 ト、        , -‐、/./.- 、
    / | |    ヽ   l l        ( 火◇風 ノ
  /o ̄`ハ._.ゝ===┴=く.ノ- 、      ノ ◇ ◇ (
  /o O / l´ ノ      ヽ lo ',ヽ      ( 山◇ 林 }
  \___/. ト、  ●    ● ハ  ∧      `⌒/7へ‐´
 / ,イ   レ_   ( _●_) ミl~T--‐彡    /./      
/ ̄ ̄l.  彡、   |∪|  ノ'l  l::::::::::彡ー7⌒つ、     
彡:::::::::::l  ト、___ヽノ /|  l::::::::::::ミ  {,_.イニノ   
彡ソ/ノハ   ト、 \  / ,イ  川ハ ヾー‐'^┴'


126 :日曜8時の名無しさん:2006/05/03(水) 20:52:40.30 ID:gVVuoGr9
>>123
関東地方では管領の名の下に兵士達に人身売買用の人狩りをやらせていたからな。

127 :日曜8時の名無しさん:2006/05/03(水) 22:22:38.02 ID:xORUJpCZ
俺のイメージでは、謙信=信仰にハマった狂人、なんだが、そういうキャラ設定でガクちゃんやってくれるかな。

128 :日曜8時の名無しさん:2006/05/03(水) 22:54:43.83 ID:i6TejxU0
謙信のイメージは柴田恭平ですね。


129 :日曜8時の名無しさん:2006/05/04(木) 11:44:33.06 ID:CltCfaOd
謙信は女だったんだろ?

130 :日曜8時の名無しさん:2006/05/04(木) 16:06:59.93 ID:R50IzYOp
>>129
すごい俗説持ち出すね。
これは義経がチンギス・ハーンだったとか、明智光秀が天海だったとか
豊臣秀頼が大阪夏の陣以後も生きていたとかと並ぶ俗説だね。
でも山本勘助の話自体空想で創るしかないからそれくらいの想像
言いか。


131 :日曜8時の名無しさん:2006/05/04(木) 18:01:49.69 ID:CltCfaOd
>>130
あながち俗説でもないよ。
八切止夫説だと「大虫」(当代記)=婦人病だが、
確実な史料「不慮之虫気」(景勝書状)=腹痛・産気・陣痛だからね。
ウソだと思ったら、広辞苑でも引いてみな。
直筆書状はすべて平仮名だけど、写本や編纂物は漢文体に書き直されてるしね。
謙信の性格や武勇もすべて軍記書の捏造だから、他の俗説と同列には論じられない。

132 :日曜8時の名無しさん:2006/05/05(金) 00:14:41.82 ID:+Aiam0QG
>>123
というか、あの人は趣味で戦争やってたからナ。

133 :日曜8時の名無しさん:2006/05/05(金) 01:21:46.88 ID:js7t7Gf4
俳優さん、誰ですか?

134 :日曜8時の名無しさん:2006/05/05(金) 01:39:02.12 ID:okWIEXIy
>>133
内野聖陽

135 :日曜8時の名無しさん:2006/05/05(金) 14:07:15.38 ID:MF+R8dAy
>>131
出たーwww

とんでも歴史本の大家・八切の説w

136 :日曜8時の名無しさん:2006/05/05(金) 17:36:11.69 ID:S78Zoz7+
えっ?? 謙信って女じゃなかったの?

もし、自分がプロデューサーなら…
謙信=財前直美
信玄=中井貴一…
(勘助は…佐藤浩市)

137 :日曜8時の名無しさん:2006/05/05(金) 18:21:30.12 ID:v4/Iyjtu
告いだから。山本勘助女性説で行こう。
配役
山本勘助=キキキリン

138 :日曜8時の名無しさん:2006/05/05(金) 22:12:55.93 ID:S78Zoz7+
…で、勘助(中の人:記紀きりん)は由布姫タンを好きになるが、
自分は由布姫と結ばれる運命には絶対ないので、
同じく大好きな武田晴信と結ばれるように話をもっていく…
そして二人の間に生まれた勝頼を心から愛する…

かえってキキキリンあたりが勘助をやったほうが、原作の世界観が分かりやすいや

139 :日曜8時の名無しさん:2006/05/06(土) 08:49:12.47 ID:J2oOPBF4
>>123
現代人からみて単純に思うと
実際、信長が幕府倒して、天下を取ったからそう思うだけで
戦国武将は誰でも天下狙ってた訳じゃないからね。
謙信はあくまでも幕府維持して、その中で影響力を持とうと考えてたみたいだし。
後北条氏は関八州以上は望んでなかったみたいだし。


140 :日曜8時の名無しさん:2006/05/06(土) 23:31:03.76 ID:THS8kEmw
>>139

正しい歴史観だ。ビジネス系作家さんたち天下鳥、天下鳥競争と言いすぎ。
ぎゃくに、畿内政権(足利・織田・豊臣)の地すべり的崩壊を説明できてないし。



141 :日曜8時の名無しさん:2006/05/07(日) 01:17:00.60 ID:0y5lWm5h
天下取りの野望の無かった(薄かった)上杉と何度も戦うと言うのは武田信玄の
一大失策だね、越後を無視して東へ行けば信濃を放棄してもどうと言うことは
無く織田を蹴散らせたろうに。山本勘助が軍師なら彼にも責任はある。

142 :日曜8時の名無しさん:2006/05/07(日) 03:04:13.08 ID:k4vWOEOy
>越後を無視して東へ行けば

って、織田は西に居るんでつが・・・。

143 :日曜8時の名無しさん:2006/05/07(日) 11:19:39.60 ID:rGQGIyX4
>>141
信玄が他国を攻めても謙信がお仕置きしにやってくると思うが

144 :日曜8時の名無しさん:2006/05/07(日) 17:45:43.41 ID:wpk3VqyP
>>141
訂正
×東に行けば
○西に行けば

145 :日曜8時の名無しさん:2006/05/08(月) 20:43:26.70 ID:SbvoW1N2
>>143
謙信がそんな無駄な戦いするかな?

146 :日曜8時の名無しさん:2006/05/08(月) 21:05:26.56 ID:2fBm7rQ/
山本勘助は実は川中島の戦いで死ななかった。
海外に渡航し、その後に赤マフラーを巻いて
再び日本に戻ってくる。

147 :日曜8時の名無しさん:2006/05/09(火) 22:42:12.30 ID:9leF1+fi
信長の野望の能力値が昔に戻ることを密かに期待

148 :日曜8時の名無しさん:2006/05/10(水) 02:00:54.80 ID:RuC2LRA1
いちおう第五次川中島の戦い以降、謙信は北信から手を引いたわけだから、
信玄の戦略的勝利は確定した。問題は関東にまで進出したことじゃないかな。
それこそ京に出るには東じゃなくて南進か西進すべきだった。
織田・徳川や今川を攻めても謙信は無関心だったろう。
謙信の関心はまず関東。
関東管領の虚名が謙信をがんじがらめにした。

149 :日曜8時の名無しさん:2006/05/10(水) 03:16:06.47 ID:BYG7DWUK
>謙信の関心はまず関東。
>関東管領の虚名が謙信をがんじがらめにした。

義理堅い女だったらしいね、謙信というのは。


150 :日曜8時の名無しさん:2006/05/11(木) 19:10:24.06 ID:OxtMOdAE
謙信は清廉潔白なイメージ?
それに反して勘助は毒ある黒い裏方って感じだな。

黒い方に惹かれるがお茶の間ではどうだろうか

151 :日曜8時の名無しさん:2006/05/12(金) 01:39:09.02 ID:TIUEJ+PW
>>150
まあ、勘助はどんな人間か分からないから
清廉潔白にも描こうと思えば描けるけどね。

152 :日曜8時の名無しさん:2006/05/12(金) 19:05:52.08 ID:MsRgiCV+
権謀術数で渡っていくと主役の人言ってたので黒勘助

153 :日曜8時の名無しさん:2006/05/12(金) 19:16:13.48 ID:CKbNzS0Q
ま、最近のNHK大河は主人公を清廉潔白にデッチアゲして
つまらない人物像にしてしまうのは基本設定だけどね

154 :日曜8時の名無しさん:2006/05/12(金) 19:53:21.13 ID:XumDESG6
「世間から白眼視され続けた男が・・・・」
とあったもんね。

155 :日曜8時の名無しさん:2006/05/13(土) 07:20:25.45 ID:lGTNadUS
大河の主役がダークだったのって緒方の信長ぐらいじゃない。

156 :日曜8時の名無しさん:2006/05/14(日) 02:24:10.58 ID:A6QjpCV5
タケナカナオトの秀吉やいわしたしまの北条政子もダークだったのでは?
緒方拳は秀吉やっていたでしょう?

157 :日曜8時の名無しさん:2006/05/14(日) 09:46:38.45 ID:cwr49Dg0
信長の緒方は直人さんのほう
肖像画ににて神経質で孤独でお酒を飲めない信長で好きだったな。
樅の木が残ったの平さんも終始動きがなく影の人物だった。
派手さはないが忘れられない。


158 :日曜8時の名無しさん:2006/05/15(月) 21:13:40.02 ID:3COViVeO
山本勘助は片目片足が不自由だといわれていたがドラマではどうなるの?

159 :日曜8時の名無しさん:2006/05/15(月) 21:19:24.16 ID:ycTgyHfk
眼帯。杖。


160 :日曜8時の名無しさん:2006/05/15(月) 23:10:35.92 ID:s7LC/Yjv
>>159
慰撫雅刀の黒田官兵衛もそうだったな
軍師アイテム?

161 :日曜8時の名無しさん:2006/05/15(月) 23:12:49.28 ID:zAIOhsrq
カンベエも足が悪かったからでしょ。
眼帯なのはなんでだろ〜

162 :日曜8時の名無しさん:2006/05/17(水) 15:59:45.65 ID:Kh+EqkMF
かんべいは牢獄での事が不遇の始まりらしいね

163 :日曜8時の名無しさん:2006/05/18(木) 13:18:02.90 ID:Rw+eY1dN
age

164 :日曜8時の名無しさん:2006/05/19(金) 02:19:12.19 ID:V1CvrzP/
>>162
黒田官兵衛はそれほど不遇ではないと想ったが。
分相応の待遇ではないだろうか。


165 :日曜8時の名無しさん:2006/05/22(月) 00:01:57.54 ID:CDqtS48e
山本勘助はどれくらいの禄高だったのだろうか?
身分としては重臣になっていたのだろうか?

166 :日曜8時の名無しさん:2006/05/22(月) 23:45:21.43 ID:6BZurFfw
上杉謙信には養子は並みの男(平均以上の力量があったろうが)
かもしれないが家来に優れたのが現れたのが幸いだった。
武田家の不幸は良い家来が残っていなかったことかもしれない。


167 :日曜8時の名無しさん:2006/05/23(火) 13:50:20.25 ID:+4XRCXHj
カンベエというと島田勘兵衛を思い出すな

168 :日曜8時の名無しさん:2006/05/27(土) 14:54:03.73 ID:JpauH2Et
test

169 :日曜8時の名無しさん:2006/05/27(土) 15:48:51.89 ID:TzCIYcBl
歳がばれてしまうが、小学○年生のとき、NHKの大河ドラマ「天と地と」にあやかってか
東宝が稲垣浩監督三船敏郎主演「風林火山」を配給し、大ヒットした。今観ても観賞に耐え
る傑作だった。
そのころ、テレビでも連続ドラマ「風林火山」が放映され、主演は東野英二郎だった。しか
し,私の好みでは彼の山本勘助が一番良かった。栗原小巻の由布姫(どっちも俳優座)もイ
メージにぴったりだったし。音楽はテレビが山本正純,映画が佐藤勝で甲乙付けがたいか。

170 :日曜8時の名無しさん:2006/05/27(土) 19:59:02.30 ID:GHGaow43
自分はそれ未見だけども、そうかも。
映画の佐久間良子や日テレの古手川祐子はいまいちと思う。
加藤あいは番外w
あの気性の激しさやプライド高さに栗原小巻の気位感はあっていそうですね。
三船は立派すぎだし、里見浩太郎だと明朗・善良感が目立ってしまい
作品の世界が違ってしまった感がある。

171 :日曜8時の名無しさん:2006/05/29(月) 20:26:50.40 ID:Sg1tzE2i
石原裕次郎の上杉謙信はイマイチだった気がする。

172 :日曜8時の名無しさん:2006/05/29(月) 20:57:43.78 ID:m943y1/u
見たことの無い東野英二郎主演のは除いて
「風林火山」のシナリオはドラマも映画もどれも駄作なんだよな。
坦々と緊張感の全く無いドラマがただ進むだけという印象が強くて。
三船主演は単なる大スターのお祭り映画だし。

大森も駄作になりがちなこの原作をどう描くか。

173 :日曜8時の名無しさん:2006/05/31(水) 23:41:19.08 ID:jFPkgxOM
age

174 :日曜8時の名無しさん:2006/06/01(木) 10:38:02.43 ID:u8G3v21b
坦々=平かなさま。坦然(広辞苑より)
ああ、誉めてるんだw

自分は淡々とした井上靖の文体が好きだけどね。
西域もの、歴史もの、社会もの・・・、文芸ロマンもの
井上作品は多岐にわたるジャンルがあるけど
「風林火山」は歴史小説というより、時代ロマンの括りにはいる作品。
大河ドラマには向かないよな。NHKのバーカ

175 :日曜8時の名無しさん:2006/06/01(木) 13:59:29.56 ID:LXvFh9cH
由布姫役は決まってますか?

176 :日曜8時の名無しさん:2006/06/01(木) 20:08:09.15 ID:WOAw+UNt
>>170
加藤あいは、番外じゃなくて、

も ん だ い が い

かと思われますが。

177 :日曜8時の名無しさん:2006/06/02(金) 10:18:17.72 ID:EeGeNhsT
>>167
カンベエと書かれると、
素直に、アカンベエ としか思い浮かばん。

178 :日曜8時の名無しさん:2006/06/03(土) 11:22:56.62 ID:JlseB1td
風林火山という表題で山本勘助が主役ということは
風林火山の旗印は山本勘助が考えたという設定かな。

179 :日曜8時の名無しさん:2006/06/03(土) 11:35:30.53 ID:sCRzAG7D
>風林火山の旗印は山本勘助が考えたという設定かな。

原作のなかにそんな文章はない。
穿った考えしすぎ

180 :日曜8時の名無しさん:2006/06/03(土) 13:24:44.02 ID:QkIlWQi8
>>178
正式名称は「風林火山の旗」ではなく、「孫子の旗」と呼ぶのじゃ。

181 :178:2006/06/04(日) 00:30:49.68 ID:V4o1g3+m
>>180
そうなんですか。孫子の旗ね。
間違い書いて損した。

182 :日曜8時の名無しさん:2006/06/04(日) 10:22:58.41 ID:srsoVn7b
其の疾きこと風の如く、
其の徐なること林の如く
侵掠すること火の如く
動かざること山の如く
知り難きこと陰の如く
動くこと雷震の如し

「孫子」ー第七編ー軍争


183 :178:2006/06/06(火) 02:57:35.63 ID:Ojxm+24Y
何年か前の大河ドラマ武田信玄で紹介されていたな。
風林火山の後は何故旗印に使わなかったのだろうか?

184 :日曜8時の名無しさん:2006/06/06(火) 03:03:12.38 ID:BQI4feJn
謙信は江角マキコがいい

185 :日曜8時の名無しさん:2006/06/06(火) 03:09:34.34 ID:CVNgiUba
>>172
・勘助の一人称の語りが多く、勘助の心理描写が多い
・登場人物が少なく、台詞が少ない(台詞が多いのは、勘助、信玄、由布姫ぐらい)
・軍師らしい仕事は、序盤の諏訪攻めとラストの川中島ぐらいしか描写が無い(中盤の戦闘シーンが盛り上がらない)
これらが、映像化が難しい理由と思われる

186 :日曜8時の名無しさん:2006/06/06(火) 03:22:00.05 ID:2+Xfy8he
謙信が女だという決定的証拠は外国の文献。
実際に会った人が女だったと証言してる。
それに謙信に支配欲が無かったとされるのも女だから。
戦場で無敵の軍神だと言われたり、川中島で総大将が単騎で
武田の基地まで乗り込んで無事帰ってこれたのも謙信が女だったから。
戦国時代は信長以外は女・子供を殺すのは武士の恥だと思われてた。

187 :日曜8時の名無しさん:2006/06/07(水) 02:21:04.18 ID:N8y+Ulpr
中井信玄の時勘助は池中玄太(スマソド忘れした)の人だったよな
あのキャストを越えれるかね

188 :日曜8時の名無しさん:2006/06/07(水) 09:42:36.03 ID:lTptdhIx
中井信玄は内容が印象に残らないドラマだったな
西田勘助も目立たない役だった。
武田の軍勢が得体の知れない騎馬軍団というイメージしかない。

189 :日曜8時の名無しさん:2006/06/07(水) 19:42:37.74 ID:YaOk6tvT
体格のいい三船や太ってる西田は勘助には全然向いてない。
大河「信玄」の草の者設定は好きだったけど。

190 :日曜8時の名無しさん:2006/06/07(水) 20:44:20.61 ID:lTptdhIx
内野もマッチョで大きな男だよ。
これだけは変えようがない。

191 :日曜8時の名無しさん:2006/06/08(木) 02:45:46.93 ID:A8c0lcjs
勘助をどのように描くかで適切な俳優も決まるが
俳優により勘助の描き方を変えるかもしれない
私の好きな上杉謙信はどう描かれるだろうか?

192 :日曜8時の名無しさん:2006/06/08(木) 02:52:49.21 ID:c+PmI9rr
謙信は女でいってほしいな
肯定する文献は残ってるのに、否定する文献は残ってないし

193 :日曜8時の名無しさん:2006/06/08(木) 09:22:47.28 ID:SuDCNQEv
亀ちゃんバッチシ男らしい役で
ガクちゃんが女役になるのもおもしろそう


194 :日曜8時の名無しさん:2006/06/09(金) 14:05:49.50 ID:ErxNwlBM
昔の人の事をああだこうだ言われてもわからないよ。
それにウザイ!
比較するために見るんだったら昔のビデオでも見てればいいのに、
なに好き好んで期待できないものを見ようとする?

195 :日曜8時の名無しさん:2006/06/09(金) 20:22:31.19 ID:wwwLWoLh
山本菅助はいたらしいが、山本勘助は存在しない。こんなの見たくない・

196 :日曜8時の名無しさん:2006/06/09(金) 20:57:59.83 ID:ErxNwlBM
見なくちゃいい、なにも頼まないよ。

197 :日曜8時の名無しさん:2006/06/10(土) 00:03:34.86 ID:GOda+erj
>>195
若いなw
原作「風林火山」の後書きの解説を読めばいいと思うよ。
作家は歴史に想を得て書くけど、歴史そのものを書くのでは無い。


198 :日曜8時の名無しさん :2006/06/10(土) 03:16:38.63 ID:JolRIqii
大河≠歴史 で 
大河=製作者の妄想 てことか
なるほどねえ

199 :日曜8時の名無しさん:2006/06/10(土) 09:09:53.19 ID:Cyl4/HVt
ニダニダ

200 :日曜8時の名無しさん:2006/06/10(土) 12:48:57.38 ID:2o1UF2+P
>>198
時代劇とはそういうもの。
歴史を学ぶためのものではない。

201 :日曜8時の名無しさん:2006/06/10(土) 13:09:45.68 ID:9R7LumHi
>>198
大河に限らず、全ての歴史ドラマがそうだろ。
そんなことも分からん人は歴史ドラマは見ないでいただきたい。

202 :日曜8時の名無しさん:2006/06/11(日) 03:13:21.47 ID:IeTmV/Jr
時代劇は製作者の願望や痛みを
別の時代の人々に投影してそこで
行われた歴史的事実に基づいてそれを
人間の痛み苦しみを喜び幸せに持って行く
ために造る。
良い時代劇はそんなもの。歴史的事実が誤っていても。

203 :日曜8時の名無しさん :2006/06/11(日) 03:16:57.16 ID:6q9UvGFc
大河の内容を社会科の時間に話してた小学校教師いたもんでね
大半は史実に沿った脚本かと勘違いしてた

どうせ大幅にフィクションなら風林火山は戦争シーンばっかりにして欲しい
最近の大河の脚本は女の視点重視でつまんないから全然見てない

204 :日曜8時の名無しさん:2006/06/11(日) 22:06:12.28 ID:+f3tNBzO
>>203
>大河の内容を社会科の時間に話してた小学校教師いたもんでね
>大半は史実に沿った脚本かと勘違いしてた

君、リア消?リア厨?
だいたい歴史的事実なんてものは学者の間でさえ意見が別れるんだから
そんなものを小説に求めるべきではない。
子供の頃ならともかく、ハタチ過ぎてその認識でいるなら恥ずかしいぞ

205 :日曜8時の名無しさん:2006/06/11(日) 22:57:46.86 ID:ez8Zu3/t
age

206 :日曜8時の名無しさん:2006/06/11(日) 22:59:48.19 ID:7Dl6lvHL
>>203
滝沢秀明の頭の中身もこの程度だった稀ガス。
小学校で止まってる。

207 :日曜8時の名無しさん:2006/06/11(日) 23:02:53.83 ID:xACB46L6
ある小説家が言ったそうだ。あんまり時代考証に忠実にしては
小説が書けなくなると。テレビや映画の映像も同じだろう。
お話はお話として楽しんで、史実は学校や書物から学べばよい。

208 :日曜8時の名無しさん:2006/06/12(月) 10:16:49.55 ID:7AOcz+tV
謎めいてる

209 :日曜8時の名無しさん :2006/06/12(月) 18:40:24.22 ID:fcPO7aft
>>207
学校は日本史専攻の教授でもない限り詳しくは教えられないから
史実の研究は残っている文献かそれを解説する現代の本が一番だろ


やっぱり小説だから歴史ロマンを感じて楽しいという事で
歴史の事実のみで楽しめる奴はほとんどいないよな
その点で謎の勘助はそれなりに楽しめそうだな

210 :日曜8時の名無しさん:2006/06/13(火) 01:36:24.34 ID:qhbbGIUs
ニダニダ

211 :日曜8時の名無しさん:2006/06/13(火) 02:01:15.21 ID:s9UylcQl
195は「小説」の意味を理解していない、ということで。

どんなに緻密に歴史年表を再現した小説があったとしても
作家が登場人物の容貌や性格、動作や雰囲気を想像して筆をすすめる。
100の時代考証事実を得たとしても、実際の文章に反映されるのは
ほんのひと握りの事象だけ・・・というのは、良く言われることだ。

212 :日曜8時の名無しさん:2006/06/14(水) 00:33:23.81 ID:hJcf5cVB
>>211
人の批判するまえに
文章を短くする方法を学べよ

213 :日曜8時の名無しさん:2006/06/14(水) 01:42:33.46 ID:aZDKUMxL
ニダニダ



214 :日曜8時の名無しさん:2006/06/15(木) 00:14:43.95 ID:edYa3Vzz
age

50 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)