5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お   い   大   石   静  4

1 :大石先生の電波が楽しめるのはNHKだけ:2006/10/14(土) 14:32:28.66 ID:SszFwqTc
いよいよ関ヶ原!
千代&一豊はどんな綺麗事を言って大恩ある豊臣を裏切るのでしょうか?
大石静大先生の脚本から目が離せません!


○前スレ
お   い   大   石   静  3
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1153198316/
○過去スレ
お   い   大   石   静
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1145810677/
お   い   大   石   静  2
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1148865395/


2 :日曜8時の名無しさん:2006/10/14(土) 14:50:00.10 ID:T1kN+ntL
>>1
前スレ落ちちゃっててびっくりしたよ・・・
小早川が正当化され、一豊の説得で民の為に徳川に付くに10000大石大先生

3 :大先生語録(過去スレより):2006/10/14(土) 14:57:12.54 ID:SszFwqTc
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1145810677/65
>65 :日曜8時の名無しさん :2006/04/25(火) 17:39:13.24 ID:HI3XRB86
>>>39
>『功名が辻』(NHK出版・前編)脚本の大石静インタビュー(72頁)
>
>「憲法改正も取りざたされたりして、まさに何が起こるかわからない
>世の中で、だから今こそ、反戦の思想は必要だと思って、千代にそれを
>担わせているんですけど」
>
>勝手に大石先生の意図を曲解しないでくださいw

http://live14.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1145810677/74
>74 :日曜8時の名無しさん :2006/04/25(火) 18:32:51.38 ID:KY8tx6UT
>たまには公式もご覧ください。
>
>公式「みどころ」の脚本家のお言葉
>
>「出世や金銭に実は執着せず、反戦の思想を腹の中に持つ美貌で聡明、
>愛嬌も度胸もある千代は、理想の妻と言えるだろう。
>千代が愛する夫、一豊は真っ正直で誠実だが不器用な突撃隊長タイプであり、
>出来る女が、イマイチな男に惚れてしまう様も、現代で見かける風景だ。」

4 :大先生語録(過去スレより):2006/10/14(土) 14:57:47.60 ID:SszFwqTc
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1153198316/111
>111 :日曜8時の名無しさん :2006/07/25(火) 06:19:21.90 ID:rMNgQEQc
>大石の言葉;
>私としては、主役の仲良し夫婦を浮き彫りにするためにも、まわりの人物はアナーキーなキャラクターに設定した。
>信長、濃、光秀の三角関係、信長と市の近親相姦的愛、秀吉と寧々のヤクザの組長と姐さん的夫婦……いつもの大河ドラマに登場する時とは、
>みな一味違う角度から描いてみた。
>歴史的に有名な出来事の裏側も、私の新解釈でお見せ出来ると思っている。
>
>歴史的知識が皆無の大石に「歴史の新解釈」などできるわけもなく、要するに
>歴史の事実と司馬文学に対して大石がフィクションでめちゃくちゃにしてしまったということ。

5 :大先生語録(過去スレより):2006/10/14(土) 14:58:47.65 ID:SszFwqTc
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1153198316/460
>460 :日曜8時の名無しさん :2006/09/03(日) 08:24:51.62 ID:hlsvRWAm
>朝日新聞 TVダイアリー
>
>大石静B
>最近ドラマのキャスティングがしにくくなってるそうだ。
>私はあまりキャスト(配役)にはこだわらない。もちろん私だって、
>好みの役者、嫌いな役者はいるけど、どんな球がきてもヒットに
>するのが3番バッターだと思うので、プロデューサーが選んだ
>キャストは、おおむね受け入れることにしている。
>そういう脚本家は実はめずらしい。主役はもちろんのこと、小さな役まで
>イメージ通りでないと書けない人もいる。
>それはそれで私とは反対のプロ意識である。そして時々、私も自分で
>思うままのキャストでやってみたいと思う。
>けれど「オオイシさんはキャストにはうるさくない」という話がプロデューサー
>の間に浸透してしまっているようだ。
>さてテレビドラマのキャスティングがやりにくくなっているのは、役者達に
>映画志向が蔓延しているからだ。
>日本映画が活気づいているというので、あれこれ見てみるが、恐れ入りました
>というものには出会わない。
>何が役者達を魅了するのかといえば、テレビより時間的余裕があるし、お金も
>使うからだろう。丁寧につくってる感じがするのだ。
>しかし素早く作るのもプロ中のプロである。
>篠山紀信先生に写真を撮ってもらった時、あまりにアッという間に終わってしまい
>驚いた。厳しい制限の中で生まれるものをナメてはいけない。

6 :公式の次回予告より:2006/10/14(土) 21:45:38.00 ID:SszFwqTc
>頑固な豊臣派だった一氏(田村淳)までも、弟を家康軍に参陣させることを決し、
え?こいつ、そんなに頑固だったっけ?
こいつは結構状況を冷静に見る奴じゃなかったっけ?
秀次のときとか

7 :日曜8時の名無しさん:2006/10/14(土) 22:03:58.96 ID:xnuZR+06
名古屋駅前で郷土三英傑の行列やってたけど
このドラマの影響なのか、山内一豊と千代まで三英傑と一緒にいやがった!

8 :日曜8時の名無しさん:2006/10/14(土) 22:05:06.51 ID:xnuZR+06
誤爆した
スマソ

9 :日曜8時の名無しさん:2006/10/14(土) 23:17:40.93 ID:vMR2Ah4i
ここって本スレのアンチってわけじゃないよな。大石アンチスレだよな。
今年はアンチスレってないの?

10 :日曜8時の名無しさん:2006/10/15(日) 07:26:21.63 ID:8cY6ySu1
仲間由紀恵のアンチスレってあったな

11 :日曜8時の名無しさん:2006/10/15(日) 10:25:08.09 ID:p74HnAX+
>>9
始めの頃はアンチがあったけど、大石アンチが立ってからはほぼ全員が移動。
事実上の統合スレとして機能してる。

あと、スタッフがこのスレ見てる可能性ある。
原作のエピソードや登場人物が次々とカットされる中、
このスレなどで初期に登場要望が高かった本多作左衛門のみ何故か登場。
しかも出しておきながら大政所焼殺未遂の話はカット。
何で他の重臣を出さず作左みたいなマイナーな人物を出したのか現在も不明。

現時点での徳川家臣団登場リスト
酒井忠次・石川数正・本多作左衛門・服部半蔵・井伊直政・本多忠勝・榊原康政

本多正信はどうした! 大久保忠世・忠隣はどうした!

12 :日曜8時の名無しさん:2006/10/15(日) 12:38:38.37 ID:8cY6ySu1
原作が悪いのか脚本が悪いのか

13 :日曜8時の名無しさん:2006/10/15(日) 22:35:49.45 ID:EghY4OW5
このドラマは、NHKが提供する「戦国三角不倫恋愛ドラマ」のようです。
「恋愛に結び付けなくては気がすまない」という脚本家の強いこだわりにより、
登場人物がことごとく三角不倫関係に誘導されるようです。
また、秀吉を「日曜サスペンス劇場」の被害者に仕立てることに成功しま
した。「放尿秀吉」には笑わされました。家康の脱糞は有名なエピソード
だけど、放尿秀吉を出す必要性があったのかどうか不明です。
「旦那様(ハートマーク)」、「旦那様(ハートマーク)」と呪文のごとく
言い続けさせ、サブリミナル効果を狙ったものといえるでしょう。

14 :日曜8時の名無しさん:2006/10/15(日) 22:38:03.69 ID:ru01eTOq
端折られる名将が多い中、
よくぞ直江兼続を出してくれました!
直江マニアとして、感謝申し上げます


15 :日曜8時の名無しさん:2006/10/15(日) 22:43:49.96 ID:H785DEmj
初めから歴史恋愛ドラマと銘打ってくれればよかった

16 :日曜8時の名無しさん:2006/10/16(月) 00:19:48.05 ID:TUQHAgKK
案の定、一氏も病気にされてわずか数十分でお亡くなりになりました。

一豊にとって30年以上の死線を共にした付き合いなんだし、
最初から居る主要キャラなんだし、
一氏死去に伴うお涙シーンくらいあってもよさそうじゃない?
ナレーションで済ますのかwとワロタ

予告みたら康豊の横恋慕の相手のガラシャに1話使うつもりですか
大石センセー・・・・・。重点違うんジャマイカ。

17 :日曜8時の名無しさん:2006/10/16(月) 00:44:12.38 ID:+i94WKWE
中村も堀尾も豊臣政権下で三中老の要職にあったことをきちんと描かないと、鞍替えの話も生きてこないと
思うんだけどな
家康のせりふでちょこっと触れていた程度で終わってしまったな

18 :日曜8時の名無しさん:2006/10/16(月) 01:10:18.02 ID:UucnOV1w
40回で、三中老が家康に文句言いに行ったときの、
会話の意味がよく分らない。
家康は自分の手落ちはなあなあにして、自分を五大老から外すと言った
一豊たちの方の言い分を、秀吉の遺言に反するのだと言い返したで合ってる?

19 :日曜8時の名無しさん:2006/10/16(月) 01:56:27.04 ID:3U08O6qU
脚本が糞すぎるんだろ?

20 :日曜8時の名無しさん:2006/10/16(月) 02:33:18.49 ID:E0dPCNhT


                        ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l     大石先生 またまたご冗談を
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|     盟友一氏があっさり退場してしまいましたよ
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノ
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /
        / ./:::::::::::::            ',       /         /
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.      /   ,.、     /

21 :日曜8時の名無しさん:2006/10/16(月) 03:21:12.39 ID:MYywqqOo
中村も堀尾も、大して目立たなかったな。
山内や中村や堀尾達レベルから見た戦国時代を描くのかと思ってたけど、
結局は信長・秀吉・家康という従来のパターンをなぞっただけの出来になっちまった。

22 :日曜8時の名無しさん:2006/10/16(月) 03:31:59.13 ID:aQFPZV+L
>>21
大大名レベルでない武士たちの戦国右往左往・・・みたいなのを
自分も期待してたけど、そう言う指向者はごくわずかで、
みな三傑や著名戦国女性との派手な絡みを要求してるってことだろうね。

NHKの制作意図で、視聴者はそういうのを期待してるという思惑なのかな。

淀殿に人生相談される千代w
利まつのスーパーまつ様化現象がもう止まらない模様。

23 :日曜8時の名無しさん:2006/10/16(月) 11:24:23.09 ID:Cfq9HD2o
>>18
うんそういうこと。開き直った上にあからさまに恫喝してきたってことでしょう

24 :日曜8時の名無しさん:2006/10/17(火) 08:58:43.59 ID:VRWG4Z/H
利まつのスーパーウーマンをも凌ぐ大活躍。
史実の10倍は活躍しているな。

25 :日曜8時の名無しさん:2006/10/17(火) 14:17:04.71 ID:GmNf09qT
え?史実の活躍は0だからそれに何倍しても(ry

26 :日曜8時の名無しさん:2006/10/17(火) 19:35:27.32 ID:jodRXTqW
史実的に活躍しなくても『律義者』というだけで大名になった希有な人物が一豊。
でも大河ドラマでは一豊夫婦を大活躍させてしまったな。
活躍したから出世したとでも言いたげな展開になってるな。

27 :日曜8時の名無しさん:2006/10/17(火) 20:11:16.15 ID:FokhnKsw
第四十二回 ガラシャの魂

家康の上杉討伐を機に大坂城に入城した三成がいよいよ挙兵するとの噂が
ながれ始めた。千代が準備に追われる中、掛川では一豊が道中の家康を
饗応し、未だにどちらの味方をすればよいのか決心がつかないと正直に
告白。その潔さに家康は一豊に対する信頼を深める。
間もなく山内家にも、三成から十三箇条に渡る家康に対する弾劾状が
届けられる。千代はもし家康側につくのなら、このまま家康に差し出すよう
しるした書状を添え、封を切らずに一豊に送る。
三成側は家康に味方した細川忠興の妻ガラシャを人質にとろうと屋敷を
襲撃する。

28 :日曜8時の名無しさん:2006/10/17(火) 20:15:24.62 ID:FokhnKsw
第四十三回 決戦へ

一豊はついに家康への加担を決意。小山の軍議で千代の指示通り
弾劾状をそのまま家康に差し出し忠誠を誓う。家康は一豊の思慮深さ、
千代の聡明さに改めて感服する。さらに一豊は掛川の城と領地、兵糧を
差し出すと宣言。それを聞いた東海道筋の武将も一豊にならい、ここに東軍の
結束は磐石となる。
一方、大坂では毛利輝元、三成を中心に宇喜多軍や島津軍らが集結。そんな
中、毛利軍の中核をなす小早川秀秋を呼び出した高台院は、秀秋に対し
豊臣を思うなら徳川に加勢せよと命じ、千代を驚かせる。

29 :日曜8時の名無しさん:2006/10/17(火) 22:25:10.54 ID:47yYn/uF
関が原合戦で島左近、蒲生郷舎、島津豊久、平塚為広らを討ち取るのも一豊
毛利輝元を大阪城から退去させるのも一豊
無論三成を捕らえるのも一豊
柿を差し出して嘲笑う下人達を一喝するのも一豊
宇喜多秀家を助命しようとする一豊
長宗我部盛親の兄津野親忠を通じて長曾我部家を何とか存続させようとする一豊
その盛親に兄を暗殺させるように仕向けるのは天下の汚れ役藤堂高虎

30 :日曜8時の名無しさん:2006/10/17(火) 22:27:23.54 ID:YzzI5PCQ
しかしこんだけ史実にない見せ場を与えられても影の薄い
この夫婦は何なんだろう。

31 :日曜8時の名無しさん:2006/10/18(水) 01:39:58.01 ID:uey6lwYd
>>29
そこまで活躍すれば逆にすがすがしい

むしろ>>28の(リアル荒筋なんだろうが)
>豊臣を思うなら徳川に加勢せよと命じ、千代を驚かせる。
の千代の相変わらずの出没率のウザさに呆然 

32 :日曜8時の名無しさん:2006/10/18(水) 02:46:58.76 ID:PlvmXDfy
確かに予告だけ見てると、まるで千代が歴史の観察者かの様で萎えるな。
この女は一体何様かと思う。

33 :日曜8時の名無しさん:2006/10/18(水) 16:16:38.50 ID:MCmPlABZ
何様?
そりゃーオオイシ様の化身で御座いますよ
何時でも何処でも言いたい放題し放題
挙句の果てに
「千代にお任せ下さいまし」w


34 :日曜8時の名無しさん:2006/10/18(水) 18:07:44.28 ID:Fx44nit6
>>29
1番目はないな。合戦はたぶん描かれないだろうから。
ほかは全部ありそう。三成が前に助けてもらった縁で、一豊のところに出頭してきそう

35 :日曜8時の名無しさん:2006/10/18(水) 23:23:14.71 ID:9T/PuXcl
>>29
最上を攻めている上杉軍に関ヶ原の結果を伝えに行くのも一豊
薩摩に本領安堵を条件に臣従を要求しに行くのも一豊
朝鮮まで通信使を派遣するように頼みに行くのも一豊
オランダ・イギリスとの貿易を始めるため東インド会社まで行くのも一豊

まさにどこでもドア武将一豊

36 :日曜8時の名無しさん:2006/10/19(木) 03:03:32.55 ID:kNY2FdBV
「きめたぞ」
「豊臣家の諸候が真二つに割れるとき、わしはためらいもなく徳川殿につく。千代も左様に心得ておけ」
「考えてみれば、千代、余分な思考の要らぬことであった。
 武士というものは、鎌倉以来自分の土地を安堵してくれる側似つくのが本筋なのだ」
「それを忘れていた。秀頼ぎみのことをとやかく思ってみたが、七歳のご幼童にましますあの方が、
 わしの掛川六万石をまもってくださるとは思えない。やはり、徳川殿をたのむべきである。
 たのむ以上は、働くべきである。そうではないか」
「秀頼ぎみのゆくすえが立つことを考えてさしあげるのは、また別の問題だ。
 それをわしはともすれば混同し、そのため考えが動揺し、大信念が湧かず、つい行動もにぶりがちだった」
「秀頼ぎみが成人なされば、徳川殿が自家の大名として保護なさるであろう。
 たとえば太閤が、故主信長公の御嫡孫、秀信様を岐阜十三万三千石の一諸候になされているように」

原作の一豊はこんな感じなのにね

37 :日曜8時の名無しさん:2006/10/19(木) 12:20:48.06 ID:TcFBtfwm
原作もドラマも痛いな

38 :日曜8時の名無しさん:2006/10/19(木) 13:53:53.26 ID:iEmAf7mU
綺麗事を言わないだけ、原作の一豊の方が魅力的に見える

39 :日曜8時の名無しさん:2006/10/19(木) 16:33:33.33 ID:YsE29D6t
基本的に山内家再興と
一国の主を目指す功名餓鬼だからね

40 :日曜8時の名無しさん:2006/10/20(金) 00:36:44.46 ID:LVd7s7IH
ドラマの一豊は功名餓鬼ではなく、主人を決して忘れない忠犬ハチ公になってしまった。

41 :日曜8時の名無しさん:2006/10/20(金) 02:10:44.15 ID:D4OzcT9C
長編の原作と歴史資料が残っている山内一豊でさえこんな改編されるんだから、
原作が短いだけでなく歴史資料が殆どない山本勘助は一体どんな改編されることやら・・・

42 :日曜8時の名無しさん:2006/10/20(金) 06:01:48.80 ID:2JNVr7ex
ドラマとして割り切ってください
楽な気持ちで楽しめばいい。

43 :日曜8時の名無しさん:2006/10/20(金) 09:23:29.83 ID:rjuVJSab
千代一豊を無理矢理インチキな嘘話で活躍させなけりゃならないほど、
実際には全く活躍してなかったんだろうな

44 :日曜8時の名無しさん:2006/10/20(金) 11:35:37.09 ID:venzCeQD
つか、山内一豊を信長、秀吉のレベルのステージに引き上げちゃうから無理が出るんだよな
視聴率対策つか、Pの意向も大きいんだろうけど

きちんと、山内家の視点で描けばドラマになったはず

45 :日曜8時の名無しさん:2006/10/20(金) 16:38:11.72 ID:9Enye6yO
>>44
その通り。天下の趨勢など表面撫でるくらいにとどめて一豊
と千代、家臣団、中村堀尾なんかを中心に1リーマンが地味
に頑張り地位向上していく話っぽくしてもドラマとして成立
した。

脚本の妄想シナリオのために原作の名シーン削るとか本気で
司馬に謝れといいたい。

46 :日曜8時の名無しさん:2006/10/20(金) 17:26:13.18 ID:4elas0+i
二度とNHKの大河の脚本を書いて欲しくない脚本家に一票。

47 :日曜8時の名無しさん:2006/10/21(土) 00:17:03.41 ID:AdiW1OEt
もう脚本自体を書いて欲しくない脚本家に一票

48 :日曜8時の名無しさん:2006/10/21(土) 08:03:49.21 ID:Ooh4K/yo
由美子が二度とNHKの大河の脚本を書いて欲しくない脚本家呼ばわりされていた頃が懐かしい・・・

49 :日曜8時の名無しさん:2006/10/21(土) 09:05:04.29 ID:+6hMWvhV
田淵久美子は大丈夫なんだろうな?

50 :日曜8時の名無しさん:2006/10/21(土) 09:16:09.84 ID:wwgJ6WcV
男性の入浴シーンがお好きですね。大石さん。
おそらく過去の大河ドラマで入浴シーンは最多になるのではないでしょうか。職権乱用とまでは申しませんが、いやはや・・・。

また色恋沙汰も、同様、執拗に多いですね。これでは粉骨砕身奮闘していた戦国の男たちの勇猛果敢ぶりがまるであせてしまうんですよ。

所詮あなたは歴史物の大河をやるよりは朝ドラでも書かれていたほうが力量から言って向いているんじゃないでしょうか?
あそこは女性層が圧倒的に視聴者に多いのでフェミニズムを持ち込んでもさしあたっては問題ないでしょう。

51 :日曜8時の名無しさん:2006/10/21(土) 22:08:16.98 ID:+MCqrmvz
確かに朝ドラには向いていても、大河の脚本家には向いていないようだな。

52 :日曜8時の名無しさん:2006/10/21(土) 22:31:50.46 ID:+4SODTlp
起用した奴の責任を追及したいな。
山内家の子孫いるだろ?カワイソス

53 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 02:47:46.89 ID:BdYxmVRJ
まあ、そもそも原作が大河向きではなく、木曜時代劇向きだったというのもあるんだけどね。

54 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 02:48:34.30 ID:BdYxmVRJ
そういえば、山内家の子孫は、酒のテレビCMに出てるよね。
土佐鶴だっけ?

55 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 09:51:18.82 ID:yfAsu+t4
>50
藻前、屋の大河板でも書いてるだろ


56 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 18:14:23.13 ID:30mEM2rb
妻想いの一豊を旦那にもった千代に比べ、DQNの旦那をもったガラシャはなんてかわいそうなんだ・・・

こんな解釈でよろしいでしょうか?>大石先生

57 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 20:33:16.46 ID:exshG/4W
大石のせいで名君忠興公が…

58 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 20:45:54.13 ID:vDUmZMot
義をとるか利をとるかで利を取ると明言した一豊が素敵すぎる

59 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 20:46:25.67 ID:VKBi327C
忠興がガラシャに自害を命じたのは史実なのか?
康豊とのラブロマンス(てか不倫)を引きたたせるために忠興を悪夫に仕立てたとしか思えんのだが。

60 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 20:47:27.78 ID:XQZKfQq7
おいっ  大石静!! おい!

61 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 21:21:13.99 ID:GcbRzw7h
>59
事実です。
そのため、ガラシャは死に方を宣教師に相談もしていたようです。

62 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 21:59:59.60 ID:VRl/70KM
まぎれもないDQN夫、忠興

63 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 22:24:10.95 ID:mg2i5poA
忠興が号泣するシーン見たかった

64 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 22:32:56.96 ID:EvsyKNDM
なんで千代の手紙をみたら散々悩んでたのに
急に利をとる気になったのか意味がわからない。

これならいっそ、愛妻を人質に取るとは石田のやり口はおおよそ
武士らしからぬ!とかキレて家康についたほうが分かりやすいんですが・・・

65 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 22:35:18.92 ID:o10bRT3g
>>64
千代の手紙に「追伸: 私は家康様に付きますから」と書かれてたんだよ。

66 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 22:38:12.82 ID:g9JZbxGd
>>63
ハゲド!まさか忠オキの出番アレだけなんてOrz・・・

67 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 22:40:49.13 ID:OOBN67Vt
忠興の嫉妬深さが、全然伝わってこなかった
ガラちゃまを槍で刺すシーンで、
何故刺す人が前に出ずに、ガラちゃまに前に出るように頼んだのか、
知らない人は意味が分からないでしょ


68 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 23:12:22.71 ID:vhupLArp
>>67
なんで?

69 :日曜8時の名無しさん:2006/10/22(日) 23:19:57.86 ID:UWOeZIEW
ガラちゃまってかわいいな

70 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 01:22:52.36 ID:6RWKId4F
>>67
もしかして、嫉妬深い夫のいいつけでガラシャに近付けなかったとかいう理由?
それでガラシャに近付いてもらったのですか?

71 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 01:28:23.79 ID:dxAcwqV+
嫉妬深い忠興の命令によって、
ガラちゃまの居る部屋に、家臣が立ち入ることを禁じられていた、
からだと想像したんだけど。


72 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 01:42:59.42 ID:boPCVvjm
私はガラちゃまより、カメラのすみっこで自害してた
嶋田さんに泣いた。役目とは言え、辛すぎる。そんでカッコよすぎる。

73 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 02:15:15.81 ID:0tDs+lI+
今回の手紙の話が名馬購入のへそくりと並んで
山内一豊の妻の賢妻エピソードの代表的なものであり
このドラマの大きな見せ場の一つであるはずだが
タイトルが「ガラシャの魂」とは・・・
まぁ脚本家が決めるものでもないんだろうけどさ

74 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 05:51:09.76 ID:BzSdM5yG
>71
そこはね、「拙者は殿の命にてこれより先には進めません故、奥方様の方からこちらへ云々」とか言えば良いだけなんだよな。
しかし、人目(特に男の目)に付かない様に隔離されてるガラシャに会えてしまう康豊って・・・。
そして屋敷から抜け出せる状況(ガラシャに会いにいける状況)の千代っていったい・・・。

75 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 08:18:38.80 ID:Wn5525mm
利まつのスーパーまつよりも強い鋼鉄の女と化している・・・。

76 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 10:46:57.48 ID:w5POsb9i
今の感覚だと人質になるくらいなら死ねと言うのは非常な感じだが、当時としてはごく普通の
命令だな。伊達政宗とかも敵の手に落ちるぐらいならと、親父を敵共々殺しちゃってるし

77 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 11:11:21.86 ID:4gRvo7Za
嶋田久作さんが時代劇映画の演出なので、長谷川京子が駄目過ぎた…

それでも泣いてしまったよ

78 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 14:51:23.52 ID:THd9FdAW
>>74
当たり前のように出没しすぎだよな・・・緊張感ゼロ。

79 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 16:01:46.28 ID:erLr9rfX
千代、ガラシャに会いにいけるのなら、なんで外に出たついでにさっさと逃げなかったのか?

80 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 16:21:28.67 ID:J4dq1ZsI
>>74
康豊に難なく会わせた時点でガラシャの隔離エピソードがなんの重みもなくなってるな。

81 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 16:35:30.57 ID:DKGiO0n7
嫉妬深い忠興としては、「ガラシャが他人に奪われる」ことは耐えられない!
だから、ガラシャに死ぬよう命じた。

ガラシャとしては、死を選ぶことによって、他人に奪われる可能性から逃れられるし、
永遠に、忠興「だけ」のものになれる。
だから、ガラシャは死を選んだ。

ってことなんでしょう?


82 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 16:37:36.86 ID:DKGiO0n7
>>80
でも、康豊と面会した時に、ふすまを半分閉めたよね?
忠興にも気を遣ったんだなと感じたけど。


83 :日曜8時の名無しさん :2006/10/23(月) 18:53:02.11 ID:XIYTZD7r
>>73
烈しく同意でござる。

しかもそのガラシャの話も、さんざん見飽きた何のひねりもない話だし。
そんなアクビの出る話をだらだら流すのに、千代最大の見せ場は、
タイトルにも為らなければ、描写もおまけ感覚って……何考えてんだ、この脚本家。

まじで本年の受信料は全額返せよ N H K


84 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 19:33:16.06 ID:azpUqjpC
>>81
それがどうかしたのか?


85 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 22:07:55.05 ID:eflg2UCp
康豊と六平太のおかげで
関所での市川山城の見せ場がなくなったじゃないか

86 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 22:33:03.44 ID:/SBCIHt5
24時間テレビのマラソンより命削ってるのにな。
役者はそんなことないが。

87 :日曜8時の名無しさん:2006/10/23(月) 23:09:30.36 ID:CgrYtYWE
>>85
山城の友人がたまたまいて、そいつが別人と証言してくれたから山城が
通過できたんだっけ。その友人もその後山内家に手厚い恩賞を受けたはず。

88 :日曜8時の名無しさん:2006/10/24(火) 00:36:44.83 ID:ssm70TyV
江戸時代の感覚なら主家への裏切りであり不忠だが
ときには所属する組織の利益より己の美学を優先させるのが戦国時代の武士道
みたいな話だったな

89 :日曜8時の名無しさん:2006/10/24(火) 16:45:43.84 ID:I8Rsr6ZK
役者の演技はべつとして
同僚の堀尾や中村の退場が悲しくもなんともなかったわ、俺。

90 :日曜8時の名無しさん:2006/10/24(火) 23:24:30.06 ID:+EEFI42k
>堀尾や中村の退場が悲しくもなんともなかった
彼等のエピソードをほとんど書いて無いからな、大石は。
一豊には無縁の天下人達ばかり書いてたからな。

91 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 00:10:01.96 ID:T2dx8hLC
堀尾は役者が生瀬勝久だし沢山出てきて活躍するんだろうなー
と思ってたのに殆ど出てこなかった

92 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 00:19:26.05 ID:JYp65C0Y
堀尾はまだわからんぞ。息子が早死にしちゃって
孫の面倒見なきゃいけないから、まだ出てくるかもわからん。

93 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 01:26:31.13 ID:ctYwdCvB
ついこの間秀次が死んで原作の二巻まで終えたと思ったら
もう小山会議で四巻突入
さようなら三巻

94 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 01:58:33.23 ID:4aAjv16j
そういや放送始まるころ、「信長〜秀吉〜家康と3人の天下人に仕え、
ついに土佐一国の主になった男」みたいな宣伝してたなー。
そういう大名って一杯いるし、最初から山内家メインじゃなかったんだな。

95 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 09:33:27.95 ID:Op5Eu4fd
信長、秀吉、家康・・・と仕える奴なら、藤堂高虎、加藤清正、福島正則
など、イパーイいる。今年の主人公は何をウリにしているのかわからん。
やはり「戦国お花畑ラブストーリー」だったのか。

96 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 09:40:13.10 ID:cgpHtqBs
>>89-90
奴らのネタといえば、
堀尾が風呂を借りにきた、中村が一豊に一時嫉妬した
この二つしか覚えていない

97 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 14:51:57.22 ID:xO8bDmpw
一氏の退場が悲しくなかったのは、中の人の演技力のせいもあるかも。
ガラシャの死が悲しくなかったのも、中の人の演技力のせいもあるかも。
いや、脚本はよかったのに、と言ってるわけじゃないんだよ。

98 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 15:11:15.61 ID:3qzuLP1y
吉兵衛の退場だけは良かった


99 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 16:23:08.08 ID:ec5mKsAC
利まつのほうがこの辺うまかったな>同僚三人組の描写
まあ前田佐々羽柴は山内中村堀尾のような小物組とは格違うからw

100 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 16:44:23.24 ID:xO8bDmpw
利まつは観てないからわからないけど、退場が心に残るかどうかって
登場人物が歴史的にみて、大物か小物かってことはあまり関係ない気がする。
歴史の表舞台にほとんど関係ないような小物とか全く架空の人物でも丁寧に
描かれていて、視聴者が感情移入できれば、退場シーンは心に残るよね。
「黄金の日日」の石川五右衛門や杉谷善住坊の退場は印象的だった。

101 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 18:49:26.47 ID:7FoNfFkk
しゃあねえべ。茂助や孫平次がヒーヒー言って活躍したり悩んでる
とき、カメラが捉えてたのは恋愛の三角模様だったんだから。

102 :日曜8時の名無しさん:2006/10/25(水) 18:59:11.73 ID:CwUO/R5y
>>98
いやー
あれ程原作を愚弄したシーンはないだろ
山内軍飯時に待ち伏せ攻撃して功名を立て
「筑前躍り上り・・・尻餅をつき候」
よし明日の城攻めでは一番乗りを目指すぞ
でも先走りしすぎてキチベェピーンチ!
そこにイエモンとシンエモンが駆けつけ泣きながら槍をふるって助けに入る
しかし遂に力尽きキチベェ戦死 
原作で最も滑稽で悲しき名場面が大石のせいでウンコシーンになっちゃった
役者が気の毒だよ、テツヤは大の司馬好きだからガックシ来たと思うよ

103 :日曜8時の名無しさん:2006/10/26(木) 18:17:37.25 ID:hpzvuBSS
>>100
つまり大石にオリジナルを膨らませる技量なしでFA?

104 :日曜8時の名無しさん:2006/10/26(木) 20:13:58.84 ID:CERhfjqR
そうだったな
敵の奇襲を撃退して秀吉から誉められ
「この大将なら!」と喜び勇んで城に一番乗りして
それなのに加増が少なくて
「あのとき誉めてくれたのはなんだったのか
 あれで吉兵衛まで死なせてしまったのに
 羽柴様は所詮口先だけの人か」
と拗ねて・・・って流れだったな

105 :日曜8時の名無しさん:2006/10/26(木) 22:59:53.64 ID:dx8c6QOu
武田鉄也は「今年はアドリブ入れてもOKで、わりと自由に演じられた」
と言っていたのだが。

106 :日曜8時の名無しさん:2006/10/27(金) 22:31:26.98 ID:J+SoYVpA
長谷川はまじどっかの侍女で台詞なしにしとけ

107 :日曜8時の名無しさん:2006/10/28(土) 03:30:54.81 ID:u4Tkdbgc
氏ねよ原作厨

108 :日曜8時の名無しさん:2006/10/28(土) 10:14:43.31 ID:e6BRz+2Q
原作以前の出来だとさんざん言われているのに、何を怒っているんだこの子?>>107

109 :日曜8時の名無しさん:2006/10/28(土) 13:21:17.55 ID:gLX8lsiJ
忠興の陣羽織、モロに葵からの流用だな。
そして明日は合戦の映像をそのまま使いまわす、と。

110 :日曜8時の名無しさん:2006/10/28(土) 18:31:49.58 ID:yDNNX9uv
土佐入り後に一豊、千代の熟年離婚危機ってマジかよ、大石さんよ!

111 :日曜8時の名無しさん:2006/10/28(土) 18:41:09.81 ID:AEYDH5Zk

 桶狭間  長篠の悲劇 本能寺   功名の旗  秀吉死す  ガラシャの魂
    ↓     ↓      ↓        ↓      ↓     ↓
                            ┃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ∧ ∧   ∧∧     ∧ ∧   ┃:::::::キチベエー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   (・∀・)  ∩∀・)    (´・ω・`)∩ ┃:::∧∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   / ⊃⊃ ヽ  ⊃ノ   /⊃ /  ....┃:::('д` )::::::::::::::∧∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::
 〜(  (    ヽ  )つ 〜( ヽノ  ......┃:::と  ヽ::::::::: ('д` ):::::::(   )⌒ヽ;::::::::::
   (/(/'      (/     し^ J  ......┃:::⊂,,_UO〜:::(∩∩ ):::::|/.|/uと  )〜:::::



『関ヶ原』(予定)
    ↓
. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄


112 :名無しです:2006/10/28(土) 18:55:58.99 ID:AS9NQzx3
小早川の裏切りまで千代の策略になっちゃうの?

113 :日曜8時の名無しさん:2006/10/28(土) 19:42:16.24 ID:8uX50zpE
>>110
原作では、千代が一豊を、馬鹿で無能者とか言うんでしたっけ?
(うろ覚え)

114 :日曜8時の名無しさん:2006/10/28(土) 19:44:10.14 ID:Kw+Q42aO
>>109
あの青と黄色のやつ?なんか印象に残る配色だよな・・・
地味なほうが良かったのかも。

115 :日曜8時の名無しさん:2006/10/28(土) 19:57:11.68 ID:06iBteUb
>>109
「葵」で関ヶ原の戦装束はほぼ出尽くした感じだ。
今年だけに限らず、今後関ヶ原を描くには必ず「葵」の衣装を流用していくことになるぞ。

116 :日曜8時の名無しさん:2006/10/28(土) 22:51:57.86 ID:DK0Q3Qr6
ピザ侍女の気迫の脅しで、小早川を寝返らせる千代の活躍

117 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 00:46:54.48 ID:z0zhz9MF
そういや加藤清正の兜も葵で苅谷俊介が使ったのと同じヤツだったな。

118 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 03:08:37.77 ID:WJteLhoi
>>93
そういえば三巻の内容で
千代が秀吉に茶室で襲われそうになるけど
その後風呂で名護屋の仮装園遊会の話を思い出しながら「憎めない人だ」って思ったり
醍醐の花見で秀吉の構想力・演出力に驚いたり
楽しそうに遊んでいる秀吉一家を眺めていたり
そういう場面がカットされてるんだよな

なんというか、このドラマの秀吉には
「司馬遼太郎が書く秀吉」の陽気さ、愛嬌、爽やかさがあまりなかったな
もちろん「表では善人のふりをして裏では悪謀を行っている」とか
「晩年の秀吉の暗さ、残酷さ」みたいなのも見たいんだけど
このドラマの秀吉はちょっと裏の顔を人前で見せすぎというか
「人蕩し」に見えないんだよな

荒木村重の説得に行ったときに、一豊に「これで騙せた」と自慢げに言ってたのに
村重には「猿芝居」とか見抜かれてたり
清水宗治の切腹のときに「早くしろ」とか口走ってたり

119 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 18:35:50.85 ID:zhMnrQM2
醍醐の花見のシーンはセットをつくる予算がなかったため、
千代と秀吉の茶室でのからみは仲間の事務所側や放送倫理の事情でカットしたんじゃないの?
からみのシーンは柄本さんのことだから、『独眼竜政宗』での石田三成と淀君のからみ以上のからみをするな。

120 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 18:47:44.22 ID:t2w8Sdzw
もう少し原作どおりにやって下さいよ。
「関ヶ原」は原作のとおりになっていて、泣けた。捕縛されて、福島や細川とのやりとりの後に、コソーリ見に来た秀秋を「金庫かッ!」って怒鳴りつけるシーンなど。

121 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 19:38:21.83 ID:1AtY/IA7
>>120
金庫ではなくて金吾


122 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 19:46:18.43 ID:hf+kQgQt
金吾中納言秀秋、あの小早川隆景の養子とは思えないほど
キャラがショボイ・・・

123 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 20:46:36.33 ID:1AtY/IA7
秀吉は秀秋を毛利宗家の養子に入れようとしたが、それを察知した隆景が、小早川家の養子にと願い出たんだよ

あんな凡庸な奴に毛利家の家督を継がせるわけには行かないと

124 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 20:47:56.73 ID:drcZFFK+
何かもう関ヶ原で戦をする事が両軍の間で最初から決まっているようだな・・

125 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 21:18:40.68 ID:P4EhdHo9
東海道筋の城を明け渡す重要性が、伝わってこなかったな。


126 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 21:23:45.97 ID:DyfT9AH+
>>124
短期決戦で大軍が入り乱れて戦うのに
都合のいい場所の一つにすぎないんだけどね。
話を作る側が軍略を理解した上でそれを
判りやすく説明できる能力がないと
まず関が原ありき の強引な話になる。

推理小説の作家が自分より頭のいい探偵は
創れないようなもんです。

127 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 21:45:28.29 ID:kl5N3E33
「ろくへーた、一豊様を守ってえ」
・・・・・・絶対言うと思った。
つうか当時40過ぎ現代だと立派な婆が言ってるかと思うときんもー☆だな

128 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 22:27:27.54 ID:lN1bUw24
予告編の戦闘シーンが、モロ「葵」の使いまわしビデオなのにワロた。
ハイビジョン撮影だから、今後の大河でも延々使い回しが続くはず。

129 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 22:57:23.26 ID:csH2iIRb
ドカーンと火を噴く大砲の先っぽの模型なんて戦国から幕末まで使い回しだ

130 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 23:06:32.88 ID:q2fqNT4L
>>120

 スケールでかいだけでつまんなかったけどね>関ヶ原

 原 作 に 忠 実 す ぎ て

131 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 23:07:13.47 ID:q2fqNT4L
>>128.129

 使い回しまで大石のせいにするんかW
 もはや難癖スレッドだな、ここ。


132 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 23:47:20.30 ID:17knBV0m
というか長篠の回の脚本は酷かった


133 :日曜8時の名無しさん:2006/10/29(日) 23:47:55.44 ID:uy4lnwEh
ちょろっと忠興が出てたけど、
あんな感じで大名がそこらへんとことこ歩いてるもんなの?
通行人じゃん。

134 :日曜8時の名無しさん:2006/10/30(月) 00:12:29.67 ID:0UstbAvB
>>131
誰も大石のせいとは書いてないように思うが

135 :日曜8時の名無しさん:2006/10/30(月) 00:55:33.42 ID:Zxlihc10
100万石の涙がなかったなW

136 :日曜8時の名無しさん:2006/10/30(月) 02:36:54.97 ID:4Pz4mdSd
急に一豊も変わったね
三成救出したり、茂助に怒ったりしてた人が
「徳川様に忠節を」「やるならとことん」って
極端から極端に走る人だね

137 :日曜8時の名無しさん:2006/10/30(月) 02:44:55.85 ID:2nipMStd
なんといっても一豊は「大地の子」だからね。
イッシーーン   パ〜パ。

138 :日曜8時の名無しさん:2006/10/30(月) 23:01:37.14 ID:kTOJwN4l
最大の見せ場「評定で手柄横取り」をあまり美化しなかった点だけはほめてやろう。

139 :日曜8時の名無しさん:2006/10/30(月) 23:21:09.83 ID:0UstbAvB
わりと美化してたように見えたけどな

140 :日曜8時の名無しさん:2006/10/30(月) 23:23:54.87 ID:UZNRJq7z
某音楽家の名を騙る原作厨のスットコドッコイなブログが面白い
こいつバカだな〜と思いながらいつも見ている。

141 :日曜8時の名無しさん:2006/10/31(火) 09:20:25.76 ID:UCkvZa6X
例のはてなのところの解説がなるほどだね

堀尾と山内は昔からの密接な関係で一豊と忠氏も
家族ぐるみの親密な関係だった可能性が高い
だからこそあのエピソードも『藩翰譜』では
体育会系の明るいノリで親密な関係が伝わってくる良いエピソードだと

ところがドラマでは忠氏を登場させていなかったために
忠氏が怖じ気づいて言い出せなかったという脚本にせざるを得なかった、
だから出し抜いいた後ろめたさを糊塗する意図が透けて見えてしまう

この話一つ取ってもドラマの構造的な問題が凝縮されているような気がするな

142 :日曜8時の名無しさん:2006/10/31(火) 10:04:26.53 ID:k1lnOO6m
どうでもいい不倫系の色恋や入浴シーンを延々と
やる余裕があったらそこら辺をきちんと
やって欲しかったな。

登場人物の伏線とか見せ場の描き方については
としまつ・新撰組・義経の方がまだマシだったような…
前半ダラダラで後半はしょり気味なのは同じだけど。

143 :日曜8時の名無しさん:2006/10/31(火) 10:28:44.28 ID:MwpjiOCz
>>137
上川氏がこんな大河に出されて可哀想だ。
先陣を任された直後の福島正則の隣で先陣をくれと山内一豊が言い出し、無反応な正則。
正則なら、激昂するはずが…。
合戦当日、正則から先陣を松平忠吉がかすめとることも期待できないでしょう。
一豊がかすめとることは期待できるがorz。

144 :日曜8時の名無しさん:2006/10/31(火) 11:36:25.07 ID:DayKHZp3
>>141
忠氏が怖気づいたって設定は原作からそのまま持ってきてるんだけどね。

このあと、忠氏側から文句が出なかったってことから推測すると、
東海道筋の大名たちであらかじめ示し合わせておいて、年齢的に長老格の一豊が
代表として城差し出しを家康に申し述べたという見方もできるかもしれん

145 :日曜8時の名無しさん:2006/10/31(火) 11:47:23.45 ID:xuf5+q87
大石も才能のなさに気づかされようぞ

146 :日曜8時の名無しさん:2006/10/31(火) 12:37:59.22 ID:0aeOQJ5O
一豊が立派過ぎてちょっと違和感があったなw
それに忠氏の芝居が中途半端。変にリアルに押し黙ってるよりも、
何か言おうとして、言えないというへタレぶりをみせてくれなきゃ。
諸将が「それがしも!」と連呼する中でいちばん最後あたりにこっそりと
「・・・それがしも」と言うくらいしなきゃ。しょせんキャラメルボックスかw

147 :これぐらいやってほしかったなあ:2006/10/31(火) 21:03:42.08 ID:iaWZXgBX
いまだ、と青年は思った。
だが、つぎの瞬間、かれの体は強い力でつきとばされ、無様に転がっていた。
なにが起こったのか、青年にはさっぱり分からなかった。
「お待ち下され!」
山内一豊は喚きながら、家康に向かって突進した。
あまりの形相に直政と忠勝は思わず主人を護る姿勢をとった。
客将たちを踏みつけ、乗り越え正面に躍り出た好人物は、そこでしおらしく手をついた。
「内府に申し上げます」
「なにかな」
「てまえの城は遠州掛川にございます」
「それが……」
「その城と領地ことごとくを、あなた様に差し上げまする」
「おかしなことを申される。空になった城はだれが護るのだ」
「あなた様のご家来衆に」
「……」
家康は目ばかりギョロギョロさせた。
感激のあまり、ことばも出ない、そういった感じだった。


148 :これぐらいやってほしかったなあ:2006/10/31(火) 21:04:20.81 ID:iaWZXgBX
もういけない、と青年は思った。
いまさらそれはわたしの考えだと云っても、どうなるものではなかった。
青年は一豊が発言の潮時を失ったのではなく、意図的にそれを見過ごしたことを疑うわけにはいかなかった。
しゃくなことに、そのあとは再び青年が予想したとおりに議事は進行した。
一豊の発議にたまりかねたように、まず中村一栄が駿河沼津、興国寺、駿河の三城を献上した。
池田輝政は三河吉田城を、そのとなりの田中吉政は三河岡崎城を差し出した。
輝政がそうした以上、正則としても頬かぶりはできなかった。
正則は清洲城に、太閤から預かった備蓄米三十万石をつけて差し上げますと口走った。
ばかな話だった。
青年はだれかに袖をひっぱられ、やっと夢想からさめた。
いまや、献上を申し出ていないのは、かれだけになっていた。
家康のひやりとする視線を浴び、青年はあわてて立ち上がり、
「あ、わが家も浜松城を差し上げます」
といった。
家康はそっけなくうなずいた。
こうして小山会議は終わった。


149 :日曜8時の名無しさん:2006/10/31(火) 22:20:58.45 ID:SjIgQbOQ
>>146
ん?そこは演技じゃなくて脚本に文句言うところだろ?

150 :日曜8時の名無しさん:2006/11/01(水) 01:31:23.02 ID:b2nsdGIK
あの会議だけでたっぷり1話やるべきだったよなあ、千代とか一切出さないで。
なんたって一豊の人生最大の武功の話なんだから。

151 :日曜8時の名無しさん:2006/11/01(水) 07:23:51.92 ID:w+OjFC+T
千代の密使と三成の書状を封印のまま渡すという策
一豊の掛川城を差し出すという進言
山内一豊とその妻といえば「名馬とへそくり」とこれだからな

152 :日曜8時の名無しさん:2006/11/01(水) 12:46:49.70 ID:WWsCI4vK
どうやら、来週は一豊が劣勢の東軍を救うために西軍に特攻かけるらしいなw。
もはや、大石の脚本は完全に死んだなw。

153 :日曜8時の名無しさん:2006/11/01(水) 13:29:11.56 ID:9525/vYf
>>152
ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwおまwwwwwwwwwwwwwww
いくらなんでもそんな見え見えの釣りになんか釣られないぞwwwwwwwwwwwwwww
公式見たらそんな嘘バレバレになるってのにwwwwwwwwwww

ttp://www3.nhk.or.jp/taiga/story/story.html
>第44回「関ヶ原」11月5日放送
>一豊(上川隆也)は家康の命により、主戦場ではなく、山上に陣取る毛利勢の押さえとして、南宮山の麓に
>配される。東軍の劣勢を知り覚悟を決める一豊。『武士として華々しく死ぬ、それがわしの生きる道じゃ。許
>せ、千代』。

>一豊の陣に六平太(香川照之)が現れ「お主らが押し出し、家康を勝ちへ導け。勝って、生きて千代の元へ
>帰るのだ!」という。家康本陣へ飛び込み、出陣を願い出る一豊。信長の若き頃より戦場に立っていた者は
>もはや家康と一豊ぐらいのものであった。『よし、出よ! 誰が寝返るやらわからんが、そなただけは信じて
>おるぞ!」、家康の声を胸に戦場へ討って出る一豊。


( ゚д゚)ポカーン( ゚д゚)ポカーン( ゚д゚)ポカーン( ゚д゚)ポカーン( ゚д゚)ポカーン( ゚д゚)ポカーン

154 :日曜8時の名無しさん:2006/11/01(水) 15:16:14.44 ID:XpkcteBu
小山会議こそ、一豊の功名の総決算のはずなんだけどな
なんか、違う方向に逝ってしまったなw

155 :日曜8時の名無しさん:2006/11/01(水) 15:44:49.31 ID:SQU3WG3X
>>147-148
岳宏一郎ですな。

156 :日曜8時の名無しさん:2006/11/01(水) 21:04:07.46 ID:dcRHhDWi
えーと・・・反戦をアピールするんじゃなかったのか>大石

157 :日曜8時の名無しさん:2006/11/01(水) 22:30:46.00 ID:b7K1RFm4
>>155
お、よくご存じで!


158 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 00:11:10.81 ID:dS/V3s+C
山内隊が突撃を開始したのは同じでも、
東軍がヤバイ→山内隊突撃→形勢逆転→東軍大勝利
てのと、
東軍押してる→毛利まだ動かねえ→おいおい戦終わっちゃうぞ→もう我慢できん突撃じゃ
てのとでは、ずいぶん印象が違うわな

159 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 00:33:12.41 ID:Xy4T/45p
>>153
第44回「関ヶ原」11月5日放送
一豊(上川隆也)は家康の命により、主戦場ではなく、山上に陣取る毛利勢の押さえとして、南宮山の麓に
配される。
ここまでだろうorz…、まともに視聴者見れるのは…。
誰だよ、この家康…天下分け目の戦で、持ち場を離れる奴なんか、その場で斬れだろう。
小早川寝返った、でも毛利動かない、動かない、おいおい戦終わっちゃうぞ、おっ旗色悪しと見て山を降りて逃げ始めた、よし逃がすな。
158のような展開だろうな、上川氏が西田氏がやりたかったのも…。

160 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 08:54:44.85 ID:I9HZxE0o
バカ金吾に威嚇をする前に、
家康が一豊や有馬を主戦場に向かわせたのは事実だから言いとして、
(葵だとその際伝令が家康に馬をぶつけて家康がブチぎれていた)
何その理由・・・

これだと一豊は50万石くらいもらわないとおかしくならないか?

161 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 12:20:14.16 ID:MrmRaPv4
>>160
そこで原作小説の「なんと! 土佐は24万石であったか。わしは長宗我部
殿の屋敷に招かれたとき、その豪華なもてなしから50万石はあると思うて
おった。対馬守、すまんことをしたのう」ですよ。

原作では千代が「んなもんリップサービスにきまってんだろw」と考える
シーンだがこの大河では本気のセリフ扱いになると見た。

162 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 12:50:16.59 ID:APsh8DAK
>>153
おおっ凄いシーンになりそうだな
突撃した一豊が銃撃され落馬大勢の敵兵がせまりくる
突如そこに「旦那様ぁ〜!」と叫びながら千代が現れ
壱拾弐一重で蝶の様に舞いながら刀で鎧武者を次々と切り捨て大活躍
しかし最期は三成の鉄砲隊に銃撃を受け斃れる
三成が涙ながらに「千代殿わしはそなたを好いておった・・・」
「大石が辻」 完

何時もながら大石の脚本は素晴らしいでつね
チョソの歴史捏造に優るとも劣らない物語りです
誰ゾ大石のミシルシをあげよ!





163 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 14:33:12.01 ID:oo4w+35z
大石の捏造とは、結局はNHKによる日本の歴史に対する冒涜行為。

164 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 17:55:39.35 ID:3kTFeKLO
司馬も遺言しとくべきだったね
大石に辻の脚本はやらせるなってw
自分の作品がこうも改悪されるとは・・・
司馬チューを自任する漏れとしては犬HKに対して不払いを考えまつ

165 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 18:57:00.73 ID:UyI4pxUJ
司馬チュー・・・司馬宙・・・

一豊が家康本陣に来てたら南宮山の麓の山内軍はどうなってるんだろうな?

166 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 21:39:36.30 ID:ftz4DelE
公共放送の歴史ドラマでこんなデタラメばかり流していいの?

167 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 21:43:26.71 ID:fIQWLboG
歴史読本で辻の先の展開知ってもう言葉もなくした…

168 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 22:36:20.26 ID:ToNAnaA/
>>166
NHKは大河ドラマ枠本当に潰す気なのかも…。
>一豊の陣に六平太(香川照之)が現れ「お主らが押し出し、家康を勝ちへ導け。勝って、生きて千代の元へ
帰るのだ!」という。
こういう無駄な人物作って介入させることに力入れるの、好きだよねNHK。
主人公もわざわざそれに順応していくのも…(昔からあったが、年々それがより露骨に…)。
解説者にパネルで解説させたり、史実資料紹介したり…。
もっと力を入れるところがあるだろうにさ。
もう大河は期待できないんだな。

169 :日曜8時の名無しさん:2006/11/02(木) 22:50:53.15 ID:tBDtQW7I
予想
一豊大奮戦→まず大谷刑部の部隊に総攻撃→大谷自害→そのまま小早川秀秋陣取る南宮山へ→ビビッタ秀秋他脇坂ら裏切る→そのままとんぼ返りで三成の陣を攻める
→島左近と舞兵庫、蒲生郷舎を討ち取る→その勢いで中央突破で退却する島津軍を追撃→まず豊久を討ち取りなんと史実を無視して義弘まで討ち取ってしまう。史実と違う?知るかボケ!
→そのまま敗走する三成らを追撃、三成、小西行長、安国寺エケイを捕らえる→無論毛利輝元を大阪城から退去させるのも一豊→皆一豊を大絶賛

170 :日曜8時の名無しさん:2006/11/03(金) 06:46:16.72 ID:D3Jsra98
やまうちかずとよは ひのもといちの つわものなり

171 :日曜8時の名無しさん:2006/11/03(金) 08:49:15.57 ID:q1k24Qci
昔から架空人物を登場させるのは物語を盛り上げるための有力な
手段だが、史実の著しい捏造には問題がある。
やはり2000年の葵以降、転落の一途をたどり始めている。
赤マフラー、スーパー女の史実捏造としまつ、ドラマ退屈男の武蔵、
初期の主人公がセリフ棒読み新撰組。うまい役者と学芸会レベルの演技力と
差が出すぎの義経。そして、としまつの10倍は捏造した今年の大河と。
これじゃ、受信料収入だって減るはずだ。

172 :日曜8時の名無しさん:2006/11/03(金) 10:51:20.97 ID:qrmY8VHF
六平太は原作にもいたから仕方ないけど
ここまで神みたいな奴ではなかったな
司馬は架空人物出すんだけど、途中で嫌になって投げ出すんだよねw


173 :日曜8時の名無しさん:2006/11/03(金) 18:49:55.12 ID:oKQDoeo2
>168
>NHKは大河ドラマ枠本当に潰す気なのかも…。
反日男と同棲してオマンコしまくって、自らも日本の歴史教育を非難してた宮崎を大河の主役にした位ですから。

174 :日曜8時の名無しさん:2006/11/03(金) 23:20:04.06 ID:la/vm5Wl
架空の人物に責任を負わせないとツジツマが合わないような脚本しか書けないんじゃね?w

175 :日曜8時の名無しさん:2006/11/04(土) 02:16:37.24 ID:Jwlz51CX
司馬は、架空人物に飽きるというよりも、歴史的には無用な人物を出す余地が無くなっただけじゃね?
六平太というキャラが全くのフィクションだとして、物語の割と初期にそういう人物(小りんも含めて)を出したのは、
架空のキャラを出して一豊に絡めなきゃならない程に、一豊にネタが無かっただけじゃね?
後半は一豊も流石に大きい歴史の渦に細々とだけど巻き込まれて行くから、
架空キャラで演出する必要が無くなったんだろうな。

176 :日曜8時の名無しさん:2006/11/04(土) 04:18:29.76 ID:2aKpJIne
ドラマだから多少の脚色がつくのは容認できるけど、有名なエピを一豊や千代に置き換えてしまうのは
明らかにやりすぎ
それも1回だけじゃないし

177 :日曜8時の名無しさん:2006/11/04(土) 11:08:49.41 ID:E7gG6DyF
まあまあ。これはこれで、楽しめますよ。


178 :日曜8時の名無しさん:2006/11/04(土) 12:52:59.36 ID:2ezqchuB
ていうか一豊が関が原で大活躍! なんて捏造をするくせに
「筑前、大喜び。躍り上がり躍り上がり…」を一豊活躍せず、
に捏造する。

脚本家はわかってねえよ。

179 :日曜8時の名無しさん:2006/11/04(土) 13:13:03.19 ID:TDiPXhL7
「実は光秀殿を討ち取ったのもそれがしでござる!」だったっけ?

あれぐらいのサプライズやってくれたらちょっとぐらいは笑えるんだけどねえ

180 :日曜8時の名無しさん:2006/11/04(土) 13:50:48.32 ID:xvW1B2Pa
光秀かあ、懐かしいな、一豊の腕の中で死んで行ったんだっけ・・・w
やり過ぎだよ。

181 :日曜8時の名無しさん:2006/11/04(土) 14:29:25.51 ID:yX3EgmPy
序盤の方で
浅井長政が 兄上を攻めること出来ぬ! から
何のプロセスもなく 重臣たちの意見を無視すること出来ぬ、出兵じゃ! に
変わっていたのは俺の気のせい。

182 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 17:20:45.30 ID:5JvXtbMs
あう

183 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 18:11:33.10 ID:Yfdy9HsV



            池 田 輝 政 だ せ バ カ !




なんで田中吉政が出ているのに輝政が...

184 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 18:42:58.79 ID:s/tHqxlE
「その謎は、次週解き明かされる」



185 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 20:20:06.26 ID:Etp/LLsl
今夜ばかりは言わせてくれなんだこのとんでも演出は。



大石死ね!
死ななくとも脚本家やめて表舞台から消えろ!

186 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 20:24:27.21 ID:EcNp4VH9
なんで島左近出てないの?
大谷刑部も扱い酷すぎ

187 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 20:41:10.82 ID:sATUwFJZ
任務を心得ず勝手に持ち場を離れて家康に会いに行く一豊
あちこちをワープする六兵太
どこの馬とも知れない奴を信頼している秀秋
戦後なのになぜか重傷でもなく、むしろピンピンしてる直政

酷い大河だ

188 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 20:46:30.61 ID:erGrMxS2
なんか登場武将だけはやたらと多い印象なんだが、生かし切れていないよな

189 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 20:47:02.30 ID:YCiTK+mD
六平太は千代に手紙出したり
南宮山から下りてきたり
松尾山で参謀やってたり

たいへんだなぁ

190 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 20:50:20.09 ID:UBAT5Z8U
ご丁寧な解説だことw

191 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 20:51:28.79 ID:wiOwCinX
今やっている、伊達政宗は面白いね。

192 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 20:56:17.59 ID:QaL5waD7
顔のアップばっかででNHKアナの解説ないと何してるかさっぱりわかんないね。さすが大河

193 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 20:56:45.08 ID:hZ1pGNlK
今週の感想

こ れ は ひ ど い


194 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 20:57:36.28 ID:AAxuV6ty

なんなんだ
今回の緊張感の無い戦国ラブラブ関が原は・・・・・
大石ふざけんなよ

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄


195 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 21:00:07.31 ID:D2PsRB/H
     凵@     ○   ∇ 、,、´`゙;~、  ';冫 ☆
           ┏  ━ゝヽ''人∧━∧从━〆A!゚━━┓。
 ╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’ 、 ._〃Ν ; ゛△│´' 'ゝ'┃...   ●┃
 ┃┃_.━┛ヤ ━━━━━━,/\.\━━━━━━━━━ .━┛
        ∇        //\\.\ 火、ヽ,,"∧.: .┨'゚,。
           .。冫▽ < //   \\.\ 十   乙  ≧   ▽
         。 ┃ . Σ、\.     \\|, 、\'’│   て く
           ┠ .ム┼\\.    /// ,,’.┼ ァΖ.┨ ミo'’`
         。、゚`。、   i/\,\// レ' o。了 、'’ ×  个o
        ○  ┃   `、,~´+√ ▽   ',!ヽ.◇    o┃
            ┗〆━┷ Z,.' /┷━''o ヾo┷+\━┛,゛;


196 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 21:01:07.62 ID:4XIQ5z3G
くそう>>193にセリフを取られたw
堀尾の息子のような気分だ

毎度のことだが
合戦シーンでの期待はずれっぷりは
他の追随を許さないな大石は

197 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 21:01:19.78 ID:W7UUnWHI
大石さんは脚本家よりも女優を目指していってもらいたい
もちろんお笑い女優ね

198 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 21:03:04.91 ID:PEEfq+gj
今日の感想

不破の叔父上、大騒ぎしすぎ
家康、なに山中でさまよってんだよw
六平太、馬上で偉そうだなwww
あれ?なんか変だな?



あ、しまった、これ功名にムカついたので見はじめた葵のビデオだった

199 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 21:03:15.57 ID:QaqCR3kf
大谷吉継1秒しか出なかったな

200 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 21:14:26.86 ID:oTydHR03
来週は、もっとひどくなる予定

201 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 21:22:09.59 ID:UWtxP7Fc
なんていうか、すごく素性のいい鯛を、ぜんぜん合わないソースでゴテゴテに仕上げられて、
訳のわからん料理に仕立て上げられ、コースの最高料理で食わされたって感じ。

腕のいい板前に、おつくりにしてもらったら、あんたも成仏できたのに。
こりゃ、ないよ・・って泣きたくなるようなドラマだ。

正直、映画だったら帰ってる。

202 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 21:27:43.66 ID:15krlRO7
信長の棺並みに酷いな…糞して寝よう…

島左近・大谷吉継扱い酷過ぎ

戦中に陣を離れて戯言吐かす山内一豊は戦後追放決定

永作淀たむの涙だけかよ…やっと素に帰れたね永作淀たむ…

史上最も下らない関ヶ原でした

203 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 21:33:17.62 ID:PEEfq+gj
>>202
>戦中に陣を離れて戯言吐かす山内一豊は戦後追放決定
葵の津川家康だったら、
たわけ〜!って叫んで、陣離れした一豊を斬り捨てだなw

204 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 21:45:27.57 ID:Tt6WMRwi
島津出できたのにただの敗走で済まされた・・・。
捨て奸は?

205 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 22:08:50.27 ID:6945uxrY
いやあ。今日は素晴らしかったな。「葵」の関が原シーンが、使いまわし
に適している事を再確認させられた。予算は安く済むし、脚本家や演出陣
も、ハイビジョン画像を使いまわせばよく、ブルースリーの死亡遊戯の
ごとく、途中で人物だけ入れ替えればよい。

206 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 23:13:15.74 ID:Etp/LLsl
登別伊達時代村・日光江戸村の寸劇の脚本>>>>>>>>>>>>>>>>大石静

207 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 23:14:24.28 ID:/cVL8eng
>>201
上手い比較ですね。
新選組、義経を料理にたとえるとどんな風になりますか?

208 :日曜8時の名無しさん:2006/11/05(日) 23:26:05.43 ID:s/tHqxlE
他の大河の話はスレ違いですよ

209 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 00:07:29.54 ID:z2ena3VF
今回のは、フランスで朝鮮人が経営している日本料理レストランみたいだな。

210 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 00:22:14.22 ID:iKcqgmgz
頻繁すぎるナレーションがウザ杉

211 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 00:25:09.94 ID:weYUVObw
これから美味しい寿司を食べる。
が、食卓に出されたのはディスプレイ用の模造品の寿司だ。
しかしよく見るとガリだけは辛うじて本物。

これから視聴者はガリだけを強制的に食べさせられる運命にある……


どっかで見た利家とまつの評価。

212 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 00:38:46.75 ID:OZiJTQxz
>>5
皮肉にも、いかにその手法が酷いことかを今週で世間に知らしめることになった。
にわかに顔出しする無駄なアナウンサー(今回の関ヶ原は大河史上低い作りと宣伝のために登場か)
開戦の口火の適当さ(これにて徳川勢の出番本当に無くなる)
見せ場が映されない西軍(大谷無念の自害、島津決死の敗走劇、まだ挙げれる)
家臣が率先して、総大将の命令を無視しろと主に進言(西軍ですか、小早川家臣の方がまだまし)
主人公の南宮山毛利勢監視放棄(山内勢が抜けた穴は誰が補った。軍律違反、明らかに史実捏造)
この後の大河も大体この水準を目安にしとけばいいんだな。

213 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 02:10:29.59 ID:6fg+btzk
>>211
新選組:老舗の和食料理屋で、行列の出来るラーメンを食わされた
義経:和洋中のそれぞれのシェフが一緒になって作る無国籍料理

214 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 07:59:56.12 ID:5SXzYQPi
>>212
にわかに顔出し説明しても、詳細説明は葵に勝てるはずがないのだから、
別な手法もあったのではないかと思うのだが、そこは脚本家の力量の
違いかな。

215 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 08:16:22.93 ID:+uTg3Qye
本スレもさすがに今回はブーイングの嵐だね

216 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 10:34:55.96 ID:qdFStmJE
いや、今大河は
イエローストーンで歴代大統領(信長、秀吉、家康)の
顔面巨大彫刻を見ている、観光旅行夫婦の話だからこれでいいのだ。
関ヶ原は刺身のつまなのだ。

217 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 10:39:15.13 ID:1qTx/q0n
勝手な行動を取る味方は敵と同じように厄介だ。歴史上の幾多の戦いにおいて、功に焦った
味方のせいで敗北を喫してしまった例は数多い。もし実際に一豊がこのような行動を取ったとしたら、
土佐を与えられることはまず無かっただろう。

218 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 11:00:49.38 ID:g5UYgZUF
要するに、超高級食材をつかってアイドルがゴミ料理を作る、大河版「愛エプ」ってことだろ。

219 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 12:37:31.81 ID:quqpXWIA
千代が秀秋を説得して裏切らせるくらいのことまで
やってくれたら笑えて良かったが。

220 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 13:55:25.96 ID:weYUVObw
>>213
不味くは無いが、期待はずれの料理を出される。
自分は両方とも適応できたけど、人によっては怒るだろうな…

新選組の話したら府中に行きたくなった。試験終わったら行ってこよ。

221 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 14:49:13.64 ID:OJ3ZvFkj
んで来週また恋愛劇かよ

222 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 18:59:00.11 ID:iKcqgmgz
違うんじゃない?
裏切ったといううしろめたさをごまかすために
三成をダシにして泣きじゃくる話w

223 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 21:14:19.17 ID:8XXs0DZw
たまたま昔TBSで放送した「関ヶ原」見たんだが、素晴らしいな
大石のは足下にも及ばない
比べちゃいかんか

224 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 22:21:48.92 ID:bZfxsRG5
なんか感想も無い。
六平太があちこちいるのも、どうでもい〜や。
……マヒしちゃったかな?


225 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 22:46:56.35 ID:2Lmlmvnz
視聴者をマヒさせて、滅茶苦茶な歴史観を視聴者に植え付けようとしてるのが、今のNHKの体質。
NHKのスタンスは「何でも日本が悪い」「日本人は謝罪しましょう」「土下座外交が基本」の三本です。

226 :日曜8時の名無しさん:2006/11/06(月) 23:19:29.90 ID:Tmn63qEx
>>223
禿銅です
キャストの優劣は予算の問題もあるから致し方ないにしても、原作に対する畏敬の念が感じられる作品だ。
なにより登場人物それぞれのキャラが立ってるんだよね

227 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 01:39:56.07 ID:Dgx8k/if
>>221
またですか。
濃や玉や淀の不倫劇や市の近親相姦とか、
50代のいい歳こいたおばはんが妄想して筆を走らせてると思うと本当キモい。
そういうのは昼ドラでやってくれ。
しかもこれで視聴率獲れてるだけに余計にタチが悪いんだよなぁ。

228 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 02:05:55.77 ID:dJV8B0sV
独眼竜政宗とか見てるともうね
「まつりごとに余計な口出しするな!」と千代に罵声を浴びせてやりたい。
まあそうなると山内家は出世できずに終わりそうだが。

229 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 02:31:20.83 ID:bf25XyXd
>「まつりごとに余計な口出しするな!」と千代に罵声を浴びせてやりたい。
女性視聴者・フェミ団体・社民党等から猛烈な抗議電話が来ます。

230 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 04:03:04.80 ID:UxSv2K+l
原作の千代は、当たり前だけど政に口出しはしない(口出しする程バカでは無い)。
物事を深く考えない一豊に、考えるきっかけを与えているだけ。
大石の作った異能生命体とでも呼ぶべき千代に罵声を浴びせたいというのは、
結局は大石に浴びせたいわけだよね。
女性差別がどうこうって事じゃない、大石が仮に男で、千代が実は男であっても同じ。
女性キャラだから罵声を浴びせたいのではないだろうな。

231 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 04:10:25.50 ID:JSTxDVVe
千代は人魚の肉でも食ったのか?
あいつだけ異常な若さを維持してるんだが・・・

232 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 09:34:12.65 ID:nW4HLsPu
>>231
まつ殿も食っています

233 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 11:41:29.31 ID:B3NM7rBC
>>231
最終回は千代が山内容堂に大政奉還を献策するところで終わる予感。

234 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 12:24:44.84 ID:xjAYOHnF
旦那が干からびていって、奥さんだけが若々しく
若い男とよろしくやる話はたくさんある。

235 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 15:06:14.36 ID:Tj9X0++X
原作だと関ヶ原直前あたりにも
いかにも一豊らしい見せ場(?)があるんだけどな

福島正則と争おうとする池田輝政をなだめたり
井伊直政に後方の城を守備するように頼まれたのを断るが
今度は本多忠勝と二人がかりで頼まれて押し切られたり
家臣相手に愚痴ってたら「殿も福島殿を見習ってもっと強気に」と言われて
「いや、それはちょっと・・・向いてないし」と答えたり
島左近の奇襲に対して古豪らしい冷静な判断を下して被害を避け
家臣達を「流石は」と感服させたり

まぁドラマの方の一豊は歴史の重要場面にことごとく立ち会って手柄を上げ
「大活躍」するのに忙しいみたいだけど


236 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 15:09:50.38 ID:pI4cMNju
前半で信長・濃・光秀やってる時間があったら
もっと関ケ原に至るまでのところに時間使えばいいのに
山内が主役のドラマなんだからさ

237 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 15:42:11.86 ID:2sRhs2p6
「徳川家康」の関が原は緊迫感あって見応えがあり、十分楽しめたのに、
「功名が辻」の関が原は六平太が色んな所に出てきて予算不足の感がいがめないね。
もっと伝令の数を増やせば緊迫感も出せたのに、

「徳川家康」の時は秀吉死亡から関が原まで緊迫感があって見応えがあったのに、
今回の「功名が辻」では、全然、今から戦をするのかと思われる程緊迫感が感じられなかった


238 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 17:43:34.79 ID:GHdn2WfW
好きでもないのに何で見続けるの?

239 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 17:45:31.17 ID:JVOlE5Nh
>237
>「功名が辻」の関が原は六平太が色んな所に出てきて予算不足の感がいがめないね
>もっと伝令の数を増やせば緊迫感も出せたのに
その認識もどうかと思う。
関ヶ原の合戦が始まる前まではたっぷりと時間をかけてやって欲しかったけど、
合戦が始まった後はほとんどスルーすれば良かったと思う。
実戦で手柄がなかったのに出世しちゃった事が、関ヶ原における山内家最大のエピソードなわけで。

六平太なんか真っ先にいらない人物だよなあ。
あんなに様々な情勢を分析理解出来ているのなら、千代と二人で天下取れちゃうよなあ。

240 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 17:53:03.97 ID:5RRInciG
毛利元就の女性陣ってまつとか千代みたいに変にでしゃばらなかったよなあ
尼子家の毒婦は別として

241 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 18:10:56.84 ID:HDVxpVQI
>>240
ホームドラマだったのに不快感無かったなぁ

242 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 18:44:05.92 ID:sMht3uV3
>>240
ちょっとまて、でしゃばらずともウザイとんでも発言は沢山あったぞ
「これからはおなごも戦う時代です!」とか  やはり内舘かとオモタ


243 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 19:48:21.87 ID:H/J/sUMV
内館はややうざさはあったが許せる範囲内

244 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 21:01:00.15 ID:WR3v2nFv
>>228
関ケ原で何の功績もないのに、一国賜った珍しい武将の一人が山内氏であることが史実です。
>>242
確かにあったな。
しかし、超えてはならない一線は越えない。
旦那が女性陣の発言以上に、恐ろしい黒い謀略で敵を葬るのがあの作品の持ち味。
だから、女が元気、男と円満になったのかな。
葵以降は、超えてはならない一線を越えてしまった。
頭の良い女の操り人形が無能な男というスタイル。
今後も、放送枠が消えるまで、こういう路線を走るんだろうな、大河ドラマ。

245 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 22:40:23.46 ID:JSTxDVVe
内館は、戦国時代に生きる女性は不幸というイメージを払拭したい
・・・という趣旨の発言していたから、その主義が脚本にも生きていたんだろね

246 :日曜8時の名無しさん:2006/11/07(火) 22:42:39.11 ID:2wq3x7J+
東軍の面子からいくと黒田長政が一番活躍したと思うんだが・・・・
無視なの?

247 :日曜8時の名無しさん :2006/11/07(火) 23:40:36.07 ID:dUBO5NxE
>>245
元就は原作の永井路子がそういう作風なんだよ。
うまく内舘脚本がマッチしたと思う。


248 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 00:18:47.76 ID:8JVl0+VN
六平太は最強。これが大石の言いたかったテーマw


ところで秀忠の遅参には言及なしかい?

249 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 00:25:57.77 ID:wmWQfQTR
存在自体スルーか
話は遡るが…の悪寒

250 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 00:42:58.26 ID:3Pp8WoPk
やっぱ津川演じる家康が、一番老獪さを漂わせていたように思える
君臣豊楽のエピソードの回なんか、マジで憎たらしかった

251 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 00:49:29.00 ID:NciEX9hg
>>244
まあ山内一豊が大河の主役になるのはこれが最後で、今後金輪際ありえないでしょうからw

>>249
なんであのナレーターあんなにウザイのかと常々思ってたが自己主張しすぎなんだな、彼。

252 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 02:52:45.06 ID:ZFugndr0
山内なんて
世渡り上手だけで大名になっただけの何の戦功も上げたことのない無能
自分の命惜しさに主家を裏切った不義・不忠・忘恩の徒で
他人の策を盗んで自分の手柄にした最低最悪の人間のクズ
史上空前の悪政・圧政をしいて領民を苦しめ
他国には存在しない非人間的な身分差別を行い
何の罪もない領民を虐殺しまくった悪魔

こんなカス野郎を大河の主役にするNHKは狂っている

253 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 03:24:53.16 ID:P5JRB0vB
唯一の美談は千代が馬を買ったことしかないんだから2時間ドラマで充分なんだよ。
松永弾正とか斉藤道三、明智光秀みたく魅力ある悪役じゃなくて
ただ単にずるがしこいだけの脇役だから人間的に何の魅力もないし。

>>242
元就の女性陣はうざいけど夫の支えになってたって感じが
きちんと描けてたからアレはアレでよかったと思う。
美伊とか杉様が死んだときなんて俺ですら泣いてしまったし。
千代は何の役にも立ってない以前に脚本と演技のまずさのせいか
まず夫婦という感じがしない。

254 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 04:36:06.69 ID:PMfWhPBK
>>231>>232ワロタ
人魚シリーズ、好きなんだけど続き書いてくれないよな

255 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 09:51:26.43 ID:lgpeBrIz
>>240
>尼子家の毒婦は別として
だから滅びた byカカロット

256 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 10:09:02.76 ID:2UAFNHws
>>253
信長・秀吉・家康を出すのが目的なんですから

257 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 16:39:39.93 ID:dNTgfMws
ここだけの話
黒田長政and官兵衛が出てくるの期待してた
馬鹿でした

258 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 20:47:41.19 ID:GXW6MNRx
六平太は26日に死ぬ。

259 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 20:58:54.89 ID:wmWQfQTR
スレ立てるほどのネタか?
または、立てたら一々報告せんでええ!

260 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 21:22:54.49 ID:eaKujbmy
まぁアレだ、
山内一豊で一年持たせなきゃならなかったという点で、
ほんの少〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜しは同情の余地はあると思うが如何?

261 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 23:06:22.03 ID:MG34rgih
無い(キッパリ)

262 :日曜8時の名無しさん:2006/11/08(水) 23:36:30.78 ID:2WU25ByQ
実は放送開始前夜くらいまでは大石に同情していた。

司馬先生の作品を映像化するなんて命知らずというか度胸があるというか、ってな感じで。
ドラマならではの制約もあるだろうし、
その辺りのビハインドは大目に見ようと、でもワクテカしながら第一話を待っていたよ。

……稲葉山落城あたりで寛大な心も使い切りました。

263 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 00:00:26.27 ID:2UAFNHws
僕は半兵衛の最後のセリフかな

264 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 00:30:53.00 ID:CYpmsJV4
一豊は大坂の陣には参戦してないようだし、もう見せ場は終わったわけだなー。
まだ一ヶ月あるけど何の話をするんだろうか。


スレチだが超大河とかやってくれないかなぁ。
1年じゃなくて3〜5年くらいやるの。
しかも、1人の主人公にスポットをあてるんじゃなくて、
信長包囲網〜江戸開幕までとかの国内の情勢にスポットをあてて
いろんな大名が深く描かれてる大河。

265 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 00:55:09.36 ID:/GX+UQjX
中途半端な関ヶ原の戦闘をやって
「あれが足りない、これはどうした?」と言われるより
いっそのこと徹底的にはぶけばいいんだ
山内のドラマなんだし
その分を関ヶ原に至るまでの政治状況や小山会議を描くことに時間を費やせば、だが

266 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 01:16:06.81 ID:IL+K6QOW
>265
>その分を関ヶ原に至るまでの政治状況や小山会議を描くことに時間を費やせば、だが

ムリだろうなぁ。脚本家が関ヶ原の政治戦のことを、まるで理解していないから。
ホントにヘタな同人二次創作をNHKで見せ続けられている感じだ。

267 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 01:17:27.62 ID:TP0rzqA6
>>264
原作版三国志演義みたいな感じですかね?

268 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 01:17:40.04 ID:Pv1HyKd1
>いっそのこと徹底的にはぶけばいいんだ
その究極形態が独眼竜政宗w

269 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 03:23:20.45 ID:UUHU1d/j
結局山内一豊を主役なんかに据えるのがそもそもの過ちってことで。
大石もむしろ被害者なのやもしれん。
ていうかアホだろプロデューサー。

270 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 04:55:00.58 ID:oyqpGP6+
いやいや。30年前には大名を騙して壷を高額で売りつけて
贅沢三昧の末に秀吉に国外追放されたへタレ商人を主人公にした
すごい名作大河もあったし。結局は脚本家の腕次第。

271 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 07:10:54.54 ID:APqexS+s
>>264
超大河!
一年間毎日放送でもOK

272 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 09:43:04.58 ID:PfONnQNV
>>269
4と5の御自分が掲げるプロ意識をご覧下さい。
今後も、このプロ意識に追随する方々が脚本を手掛けるのでしょう。
そのほうが、脚本家もNHKも楽だし、責任逃れできるし…。

273 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 10:41:38.71 ID:6lRtzBE6
>>262-263
お前ら本当に寛大だな
俺はアメリカによる空爆シーンでコトシモダメポ_| ̄|○となりましたよ

274 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 16:10:53.86 ID:UUHU1d/j
>>270
山内一豊なんて劣悪素材
誰が担当しても美味しく仕上げられるとは思えんw

275 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 17:52:58.92 ID:u7HxYTHw
>>273
・・・なにそれ?
スレ間違えてないか?

276 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 21:34:05.07 ID:B9bg+5Rg
毛利の抑えで一豊が布陣しているから当然とも言えるけれど、
たとえ一瞬でも、珍しく安国寺と吉川が描かれたのはよかったなぁ。

大谷も島も中途半端に出すくらいならいっそ無くしてくれてよかった。

でも・・・あの一番槍の中途半端さだけは許せない。

277 :日曜8時の名無しさん:2006/11/09(木) 21:35:59.73 ID:RfZCZ6uD
>>275
第1話のオープニングのことじゃない

278 :日曜8時の名無しさん:2006/11/10(金) 00:02:47.22 ID:v/WWFJL7
>277
kwsk

279 :日曜8時の名無しさん:2006/11/10(金) 03:31:47.20 ID:z/Bi3NPX
今年は役者が比較的マトモな分だけ
叩きが脚本の一点に集中しているのが面白いな

280 :日曜8時の名無しさん:2006/11/10(金) 07:33:28.27 ID:c5xDaa1f
要するに葵の劣化コピーのそのまたダイジェスト版というショボいもん見せられたのが不満なんだろ?

281 :日曜8時の名無しさん:2006/11/10(金) 08:37:56.97 ID:HKDt/sQg
>277
千代がブッ●ュ大統領に反戦を訴えて、六兵太がホワイトハウスで暗躍する話 (ry

282 :273:2006/11/10(金) 12:12:54.34 ID:5rWjPe4T
>>275 >>278
>>277が言ったように、第1話のOP前に出てきた米軍による爆撃映像のことです
あれを見て、何で戦国物なのにこれを出すんだよ、今年もなんちゃって反戦かよ_| ̄|○
となったわけだ

戦国と言うことで多少なりとも期待していた中であれが出たときのショックは大きかったよ

283 :日曜8時の名無しさん:2006/11/10(金) 12:53:24.99 ID:HjB1sYcI
>>279
演出で、これといった特徴が無いからな。
新選組の清水、義経の黛がインパクトありすぎただけかもしれないけれど。

284 :日曜8時の名無しさん:2006/11/10(金) 23:08:01.83 ID:HKDt/sQg
>282
ま、アレだ。
この功名を見て、感銘して反戦意識を持つヤツなんていないから。
現に本スレの話題はキャラ萌えな話しがメインで、反戦な話題は上がったことないしな。

別に本スレが悪いって言っているんじゃなくって、
ただ単に、脚本・演出共に、その程度の話題しか提供できていないってことで。

285 :日曜8時の名無しさん:2006/11/11(土) 03:06:29.88 ID:7tH1fRNN
大石さん
秀忠に梅雀氏起用とか葵の使いまわし果ては唐沢利家にご出馬願うなど
過去の遺産にすがりつき過ぎです貴方

286 :日曜8時の名無しさん:2006/11/11(土) 07:58:46.14 ID:5atM982c
>>285
その三つとも、脚本家は噛んでないと思われ。

287 :日曜8時の名無しさん:2006/11/11(土) 08:38:53.60 ID:dIxnRCs2
最近のNHKは、すべて「過去の遺産」で食っているようなものなのだが。
DVDの定価も異常に高すぎ。

288 :日曜8時の名無しさん:2006/11/11(土) 14:51:46.22 ID:jZGZxHj4
そのくせこんなことをするから受信料払う気なくなるんだよ

【放送】NHKの番組 中国に無償提供(動画有り)[11/08]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162959409/

289 :日曜8時の名無しさん:2006/11/11(土) 15:27:40.86 ID:x+BD7RKa
チャングムなんかに三十億も払ったり、ホントに特アには優しいなNHK

290 :日曜8時の名無しさん:2006/11/11(土) 17:03:56.90 ID:c5mb9jp4
チョソに支配されてるんだろ犬HK
最初は嫌チョソの妄想かと思っていたが
ここ数年のドラマの著しい劣化
チョソドラマの垂れ流し(チョソグム何回再放送してんだよ)
強制連行の仕返しに受信料の強制徴収
どうやら本当らしいな


291 :参考:2006/11/11(土) 18:04:11.41 ID:l8D79mzm
井深大(元ソニー最高相談役 元幼児開発協会理事)
「心の教育」戦後教育が置き忘れた「あと半分の教育」 より
----------------------------------------
我が国として気をつけねばならないことは、
我が国に向けられている数々の企てである。それは
愛国心の消滅、
悪平等主義、
拝金主義、
過度の自由要求、
道徳軽視、
3S(スポーツ、スクリーン、セックス)の奨励、
ことなかれ主義の政策、
無気力・無信念、
義理人情の抹殺、
属史、官僚の横行、
否定・消極主義、
自然主義、
刹那主義、
尖端主義、
国粋主義の否定、
享楽主義、
恋愛至上主義、
家庭制度の崩壊、
民族的歴史観の否定。
以上、19の企てをもって、わが国の持っているひじょうに理想的なものを
つぶそうとかかってくる強い勢力がある。
(『日本人に謝りたい』モルデカイ・モーゼ著)
------------------------------------------------------
以上1934年のドイツの宣伝相ゲッペルスがドイツ国民に与えた19の警告である。
この心理戦、神経戦の目的とするところ、人間の誠実性を低める事により
現存する国家を内部からむしばんでいこうとするものである。

292 :参考:2006/11/11(土) 18:09:11.15 ID:l8D79mzm
中国共産党の対日解放工作
マスコミについての謀略指令を抜粋
ttp://asahi.kirisute-gomen.com/kousaku.html

第二 マスコミ工作
二 テレビとラジオ
A これらは、資本主義国においては「娯楽」であって、政府の人民に対する意志伝達の媒介体ではない。
この点に特に留意し、「娯楽」として利用することを主点とすべきである。具体的な方向を示せば、「性の解放」を
高らかに謳い上げる劇又は映画、本能を刺激する音楽、歌謡等は望ましい反面、スポーツに名を借りた
「根性もの」と称される劇、映画、動画、または歴史劇、映画、歌謡ならびに「ふるさとの歌祭り」等の
郷土愛、民族一体感を呼びさますものは好ましくない。前者をより多く、
後者をより少なく取り上げさせるよう誘導せねばならない。

293 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 00:51:16.82 ID:BKKRmszF
>>276
一瞬じゃ駄目だろ。
普段描かれない南宮山の西軍の苛立ちをもっと詳細に映すとか。
東軍で南宮山毛利勢監視に回った他の軍をもっとクローズアップするとか。
そうしないと、山内一豊を主役にした意味がない。
結果、関ヶ原じゃ目立った戦功挙げてないのに、一国貰いましたという展開ならわかるが…。
次の回はなんだっけ?
千代と一豊が三成と淀に偽善行為か。
三成や淀から、侮蔑の言葉を浴びれば見直すけど。

294 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 15:04:05.18 ID:wbNGnJaG
今日の新聞テレビ欄に載っていた今回の内容より

>縄目姿のまま、さらし者にされる三成に、一豊は自分の羽織を掛けてやる。



  ま  た  他  人  の  ネ  タ  を  横  取  り  か  !  




295 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 15:13:13.11 ID:l8XGJ4Lz
>284
それ誰のネタだっけ?

296 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 15:29:29.56 ID:3K1dEI9Z
長政関連のネタ捏造は凄いなw

297 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 16:52:55.80 ID:kuA+Ibdj
どっかのコピペ

これが日本人に対するチャイナ流のおもてなしだ!!

先日行われていたフィギュアスケートの中国杯。

女子シングルで2位につけていた中野友加里が
これから決勝演技直前で精神集中しているところをめがけて、
観客席の方から巨大なぬいぐるみが投げ込まれ、
ものの見事に中野友加里の後頭部を直撃!!
ttp://www.youtube.com/watch?v=O1EBex6ExgM

いやぁ、北京五輪が愉しみですねー(棒読み)

中国共産党員のスパイがyoutubeに削除依頼を出すだろうから、
削除される前にぜひ見て起きましょう。

298 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 16:57:58.76 ID:2qrbj33H
>>295
>>296氏が書いているように黒田長政だよ
俺はこれを初めて見たのはマンガの「花の慶次」だったなぁ
人のエピソードを横取りしてするのはいい加減にしてほしい

299 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 19:05:33.60 ID:99TdwidD
だって山内一豊って勝者にいち早く媚売っただけの三流なんだものw

300 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 19:11:06.44 ID:52hlyuu1
>>298
慶次じゃなくて影武者家康でしょ。
正則に唾を吐かれた三成に長政が羽織を掛けてやり、
そこへ池沼秀秋が登場し,三成に吉継の亡霊がいると言われ発狂


301 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 19:48:35.09 ID:4bqyhh5+
父・如水の功績に負けまいと関ヶ原で正則を東軍につくように説得し、小早川を寝返らせるなど三成を貶めるために最も暗躍した長政が陣羽織をかけるという対比が面白いというのに

302 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:03:14.33 ID:4bqyhh5+
関ヶ原でカットされた名シーン

安芸百万石の涙
松平忠吉の一番槍抜け駆け
毛利の空弁当
大谷刑部の切腹
島津の敵中突破

303 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:07:54.79 ID:z96a/Ghc
またしても他人の手柄を横取りするとは

304 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:13:13.11 ID:JiU6IvXd
千姫を脱出させる一豊

305 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:15:46.39 ID:aAtUHCrb
この脚本家の構成というものが理解できない。
関ヶ原で絡ませないなら、なぜ幼少の黒田長政の命を
山内夫婦が助けるという捏造エピを入れたんだ?

306 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:17:08.94 ID:4bqyhh5+
冬の陣直前、家康に会いに行く秀頼に付き添う一豊が見られそうだ。
(史実は清正と幸長)

307 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:25:07.68 ID:2qrbj33H
>>300
そうだったんですか、失礼しました
「影武者徳川家康」は「花の慶次」に比べあまりにも家康の変わりように
驚かされたのが強烈で・・・・・
ハートだったのがケンシロウに変わったみたいだった

308 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:30:41.44 ID:CnD88IjO
淀と三成の姦通を純愛に仕立てるなよ。アホ大石


309 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:33:47.39 ID:LMK0zaCq
>>305
・とにかくわかりやすい「いい人だけど出世できない」エピを付けたかった。
・ネタがなかった(調べる気がないだけだと思うが…)。
・退場寸前(半兵衛)の印象を弱くしたかった(一豊より有能で格好いいと千代
 の男を見る目が…)。

310 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:47:09.89 ID:IacqHRGz
原作での「敗者のために泣いてやれ」は
土佐貰ってから一豊が豹変するための振り幅みたいなもんだからな
ドラマの一豊は豹変すんの?

311 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:51:08.45 ID:5Cz8c16D
>>310
一豊にことごとく反対する千代を射殺します

312 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:54:01.99 ID:u8oMRNTX
>>310
結局、千代の功績のほとんどが実は六平太の功績であったことに気付き、
千代を離縁して、六平太と再婚します。

313 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:55:00.33 ID:6jW1Ac5R
>>306
もう死んでるとマジレス

314 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 20:59:52.45 ID:o0UhFCH7
大谷刑部吉継「我が活躍を無視するに留まらず、三成にさえ忘れさせるとは!
おのれ大石、三年のうちに呪い殺してくれるわ!」

315 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 21:03:05.31 ID:BQPS2Rqc
千代「六平太!旦那様が地獄に落とされないように
    閻魔から旦那様を守って!!」

六平太(亡霊) …死んでからもコキ使う気かよorz

316 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 21:18:09.49 ID:9DYJrtGg
>>313
そこで赤マフラーですよ

317 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 21:35:49.04 ID:zqEGlT0x
三成はもう死亡確定かな?
赤マフラー巻いて、大阪の陣に登場してほしい

318 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 21:39:58.24 ID:Csg+uD0X
シナリオは女に欠かせちゃ遺憾な

319 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 21:56:16.82 ID:rLRx3/ax
今週は長政のエピソード横取りか…
あの話好きなのに

どうせ取るなら金吾のエピ取れよ

320 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 22:02:11.65 ID:R1vK9xqn
>>318
そのうち浅野妙子や大森美香や青柳祐美子に書かせそうで怖い
再来年の田淵とやらも大丈夫か?


321 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 22:06:38.63 ID:o0UhFCH7
今年の主人公は捏造架空キャラな訳だな

322 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 22:10:39.47 ID:A2z/djMg
今日のとってつけたような三成のエピは何だ?
あんなんで感動したとか言ってる本スレの奴らはどれだけ橋之助好きなんだよ

323 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 22:13:14.75 ID:wbNGnJaG
どれだけ三成のネタをやろうとも一豊の話とは一切関係ない件について

324 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 22:24:37.52 ID:S9a6TdLv
        ,, ―- 、_
      /        '' - ,,
    /             '' - ,,
   /                 ヽ
  i           / /ヽ    !
  ,i          ./ / ''―、   !
  i     ,、 n て'' ノノ    ヾ   !
  i    ノノノ ノ ノ ''´      !  /
     j   ' ´    ノ (    ヽ |
 >-,,  /  ,,=━━・!' ,ノ━== ! ノ
 !・  ヽ |  ’ニンniii、 :::::i/ィ7iii=  i )
 \(てi iヽ   ^' ~     -'  /}
  `i_   、 \        i_    l_j
   `┐ i    /(,,, ,n 〉   /\\   大河ドラマっていうレベルじゃねぇぞ!
  ̄ ̄へ    ! '   T''    l |  \  
   |  ! i    ン=ェェi) i ソ )
   |  i´\! ,, -ェ`、_ン ノノ 〈
   |  |  \\,, `―''´//  |
   |  つ   !、_'''''''''''''  /   7


325 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 22:33:13.27 ID:ot8B44zh
今日の大河ドラマは、いろんな意味で、分かりやすかった。


326 :日曜8時の名無しさん:2006/11/12(日) 22:42:18.78 ID:g0IRUqvV
史実の10倍活躍する一豊。史実の100倍活躍する千代。

327 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 01:11:04.01 ID:+SsCVe0h
>>322
可哀想だったな、中村橋之助と上川隆也。
あんな、とってつけたような演技と薄っぺらな愚かな役ばかりやらされて…。
仮にあんな話まかり通ったら、高台院や家康、淀から詰問、嫌味は必至だろう。
この大河では千代も一豊も、塩素で漂白したような不自然清潔英雄だから、そんなことないけど…。
次週、長宗我部氏に何も触れずに土佐編…orz。

328 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 01:38:16.78 ID:ITAUO6sP
>>322
本スレは大石マンセーのキチガイが多いからな。

329 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 04:30:01.45 ID:mbkH14Yy
六平太をお便利キャラとして酷使するのも大概にしろやって感じ。
二度と大河をやらないでほしい。

330 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 07:53:36.04 ID:Qam5xBDy
三成ネタは全体に司馬の「関ヶ原」からの場面やセリフの丸パクリ

331 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 13:02:22.64 ID:dtK4Y6gs
パクリでも全然かまわないんだけど
時と場合と場所がメチャクチャというのが大石クオリティ(嘲w
「家康の首」
囲炉裏端で腹の痛みを堪えつつ
絞出すように言えばまだなんとかなったのにと原作数寄は思う

332 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 19:40:14.99 ID:7qKZWbyI
>>327
毛利元就を見ていた者にとっては、酷い事この上ない。
千代も一豊も、何時でも何処でも誰に対しても八方美人。
一度でも、「あの女狐めが…」とか、「一豊、やってくれたな」とでも言われたことある?(まともに見てないからお聞きしたい)
大半の視聴者は、主役夫婦に好感ばかり感じて何の違和感も感じないのであろうか?

333 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 19:51:02.26 ID:XE7dn2A6
>>322
まともに見てないから誰かにお聞きしたいが
あの三成助けた農民は前に三成に恩義を受けるシーンちゃんとあったの?

334 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 19:51:52.90 ID:bc+9NpAD
玄人気取りですかおまえら

335 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 20:08:26.96 ID:SBqRnHW0
>>333
三成との会話で分かる。

336 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 20:26:53.80 ID:/U1iOyEs
>>330
原作者が同じ場合は他の作品から引用するのは今に始まった事じゃない。
「翔ふが如く」の薩長連合締結前の龍馬の行動なんて全く「竜馬がゆく」と同じだし。

337 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 20:30:06.74 ID:XE7dn2A6
>>335
だからそれがとってつけたような話なんだろ

338 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 21:06:49.00 ID:PBvjLmgk
話は遡るがでやられても、何の感動もないしな

339 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 21:07:39.49 ID:mfEhd0QV
>>332
誰に対しても良い人で誰からも愛される一豊と千代。臭い少女マンガみたいだな。
>>337
時間に限りあるから、脇役に関しては取ってつけたような話になるのは仕方ない・・・
と言いつつも千代と一豊に関してもとってつけたような話が多いな。
本当に行き当たりばったりな脚本だ。

340 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 21:44:55.98 ID:C64Q8PoP
家康が扇子を折ろうとしたシーンが違和感バリバリだった。
あれじゃ家康が小物過ぎる。

やれやれ、といった感じで
「潮の読めぬ女子じゃ、治部も無駄骨よのう・・・」
てな感じのほうがよかったんじゃね?

341 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 22:25:24.42 ID:PBvjLmgk
今年は愛される家康を目指してますから

342 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 23:14:06.51 ID:E5f6Ekyl
初めて見た大河ドラマは、高校生の時の、太平記。
おもしろかった。

今年は、それに次いでおもしろい大河ドラマだと思ってるんですけど、
俺の頭は、オカシイのですか?


343 :日曜8時の名無しさん:2006/11/13(月) 23:23:13.87 ID:z78+ZiPh
「太平記」の時高校生だった方の文章とは思えないのでオカシイのでしょう。

アンチの巣窟に擁護意見を書き込むときは説得力のある理由を持ってきて
下されば盛り上がるかと思います。

以上、現役高校生からでした。

344 :日曜8時の名無しさん:2006/11/14(火) 00:30:38.42 ID:cxsM3Tj9
関ヶ原後、最初で最後の対面の日
対面の間の板間に縄目を解かれ静かに座す三成
やがて現れる家康
処遇を未だ決めかね、迷いを抱いたまま床の間に座り三成を見る
両者視線を合わせたまま、一言も発せず沈黙の時が流れる。
ここで三成が敗軍の将然としていれば、助命し遠島あたりを考えもした家康だが、
いまだ義の炎を燃やす三成の目を見たとき家康の心は決した。
ついに言葉を交わさぬまま立ち上がり、部屋を後にする家康。
床の間入口に控える本多佐渡を一瞥し、わずかに聞こえる声で一言「斬れ」

司馬遼太郎は家康を必ずしも好きではなかったが、武家の頭領たる度量だけはきちんと描いていた・・・



345 :日曜8時の名無しさん:2006/11/14(火) 00:38:14.02 ID:5BMQ3wz0
>>344
TBSの「関ヶ原」だね
俺もあのシーンは心に残ってる


346 :日曜8時の名無しさん:2006/11/14(火) 00:51:48.19 ID:ky5elhGe
>ここで三成が敗軍の将然としていれば
これは具体的に、どんな態度なの?
家康に媚びる態度取れば、醜い人間として斬られそうだから、媚びるとは違いそうだな・・・

347 :日曜8時の名無しさん:2006/11/14(火) 00:59:42.49 ID:cxsM3Tj9
>>346
いわゆる「腑抜け」の状態かな
完膚無きまでに叩きのめされ、うなだれるしかないという状態とでもいおうか
家康は五奉行の一人であった人物をおいそれとは斬れないと考えていたんだろう。
実際、五大老の一人である宇喜多秀家は島流しにはされたが天寿は全うした。
しかし、三成の再起を窺わせる目を見て、今後の徳川の世を考えれば斬るしかないと。
そしてそれが三成に対する礼儀でもあると考えたのだと思う。

348 :日曜8時の名無しさん:2006/11/14(火) 16:31:34.76 ID:KdBOCjkL
腑抜けというよりも「負けました」と潔く頭を下げればって事だろうな。

349 :日曜8時の名無しさん:2006/11/14(火) 18:56:04.79 ID:qCoaPVli
一豊や千代が家康側からも三成側からも持ち上げられて
なんかこう・・・すごくもやもやする

三成の秀秋への罵倒の現場に立ち合って
その後気まずそうに横を通り過ぎときゃいいものを
長政のエピソードをパクって羽織をかけて感謝され
淀への遺言を託されて千代がそれを伝え
淀から頼まれて三成の処刑を見に行って・・・

なんだかなぁ

350 :日曜8時の名無しさん:2006/11/14(火) 19:06:51.79 ID:Xzi2tVEg
結果なんの魅力もない無味無臭キャラが出来上がりましたとさ

351 :日曜8時の名無しさん:2006/11/14(火) 20:34:36.76 ID:Ipy/fF17
敗走中の明智光秀に出くわすシーンもやりすぎだと思った
ガラシャと康豊の絡みも

352 :日曜8時の名無しさん:2006/11/14(火) 20:59:39.13 ID:KdBOCjkL
光秀って、一豊の腕の中で死んだんだっけ?

353 :日曜8時の名無しさん:2006/11/14(火) 21:07:48.68 ID:cxsM3Tj9
関ヶ原で島津隊に銃撃された井伊直政がピンピンしている件について


354 :日曜8時の名無しさん:2006/11/14(火) 22:44:26.16 ID:hQHMSidF
>>351そもそもあそこに一豊がいるのがおかしいが、もっとおかしいのが
家臣から光秀の首を取るように言われても嫌がる一豊。じゃあ、なんでお前は
光秀を探してたんだ?それに見ず知らずの人間よりも親交のあった(このドラマでは)お前に
首を取られた方が光秀も浮かばれるだろう。「仲の良かった明智殿の首なんか
取りたくないよう。そんな事をしてまで出世したくないよう。」という現代の
価値観を持った主人公一豊。


355 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 01:07:48.15 ID:QYoRxJ2E
「徳川家康」小山内美江子
「おんな太閤記」橋田寿賀子

おんなの脚本だからってわけじゃないんだな。

356 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 02:11:15.42 ID:WfqS4Mg5
司馬遼太郎原作大河の脚本家

1968年 竜馬がゆく 水木洋子
1973年 国盗り物語 大野靖子
1977年 花神    大野靖子
1990年 翔ぶが如く 小山内美江子
1998年 徳川慶喜  田向正健
2006年 功名が辻  大石静

357 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 13:47:13.82 ID:3nf9Jfsm

プロデューサー大加章雅
「最高視聴率25%は欲しい」

脚本家大石静
「視聴率もっともっと取りたい」

何か、数字のためなら何でも(卑劣なことでも、犯罪でも)やりそうな、
連中だよな。こいつら。厚顔無恥も、ここまでくると恐怖を感じる。


358 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 13:57:53.88 ID:3j9+8n1z
田向除いてみんな女性かよ。
翔ぶが如くの幕末編って小山内の創作らしいけど
司馬も絶賛してたんでしょ?
女脚本家とは思えない硬派な作品だったよ。
昼ドラ以下の内容に改悪された大石の脚本じゃ司馬も激怒しただろうな。

359 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 14:59:26.49 ID:EOdtizv7
上にあがっているもの以外にも、
「新・平家物語」平岩弓枝
「国盗り物語」大野靖子
「花神」大野靖子
男だから女だからという問題じゃないな。
一番悪いのは、NHKが妙に視聴者に媚びるようになったことじゃないかな。

360 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 15:18:17.02 ID:wBgTzRYx
今作に限っては主役の上川は中堅の演技派だし
重要人物は比較的ベテランで固められてるから
視聴者に媚びたってわけでも無さそうだが。

361 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 18:38:04.47 ID:4W+AChQC
本スレ見てたら吐気がしてきた


362 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 20:43:29.00 ID:ZLgggYkV
NHKが、速報で、
「ロシアの千島列島」
とか言ってました。
どうしましょう?

363 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 21:58:28.36 ID:Z+sB9EzB
>356
女性脚本家が多かったのか……。
しかも翔ぶが如くも女性だったとは。

大石の脚本を見て「やっぱ戦国は女性脚本じゃダメだ……」と思ったのは自分の不明ですた。
猛省します。

>「ロシアの千島列島」
……斬れ。

364 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 22:37:42.93 ID:4W+AChQC
千島列島の領有権は放棄してるんだからしょうがなくね

北方四島なら別だが

365 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 22:53:36.26 ID:SyZaGEvx
>>340
俺は、あのシーンは良かったと思ったけどな。
徳川に靡こうとしている、福島、小早川を淀が
「お前らは豊臣の家臣だからな!ゴルァ」と一喝。

焦りながらと頭を下げる二人を見て、
いくら力を削いでも、豊臣という旗がある限り安心できないと思う家康。
鐘銘の難癖、大阪の役に繋がる流れだし。

あの時点の家康は年も年だし、そこまで余裕という訳でもない気がする。

366 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 23:05:03.66 ID:4W+AChQC
北政所に言われるならまだしも、妾に言われたらかえって反発するよ
ただでさえ近江閥を重用してたんだから「何を今更」になる
逆に「今後も頼りに思う」と秀頼に言わせた方が特に市松には効果的

367 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 23:23:37.75 ID:JhATivzt
少なくとも淀殿は軽率な人間と言う印象はついた>>あのシーン
三成の遺言を曲解しているよ。

368 :日曜8時の名無しさん:2006/11/15(水) 23:39:23.88 ID:SyZaGEvx
>逆に「今後も頼りに思う」と秀頼に言わせた方が特に市松には効果的
秀頼使ってそういうことを言わせてたシーンもあったような。
ビデオに撮ってる訳じゃないから確認できないけど。

369 :日曜8時の名無しさん:2006/11/16(木) 00:28:54.80 ID:bs9jMkBE
>>360
役者ではなく脚本が「媚び」なんだろう。脚本スレだし。いくら大石が
脚本つっても必ずプロデューサーの意向は入ってるだろうし。

370 :日曜8時の名無しさん:2006/11/16(木) 17:09:24.34 ID:Qh/JaKk4
>>359
大野靖子はすごかったよな。いろんな司馬作品を随所に入れてるんだけど
(国盗りなら孫一とか播磨灘とか)本編はしっかり描いてる
あれ難しいよ。

>>358
幕末編は小山内のオリジナルじゃなくて「最後の将軍」が原作扱いになってるんじゃなかった?

371 :日曜8時の名無しさん:2006/11/17(金) 02:15:44.47 ID:mfHjzyU5
千代が撃たれ一豊逆上→一領具足虐殺

なんて底の浅い脚本なんだ
どうしても主役を善玉にせにゃ気がすまんみたいやね


372 :日曜8時の名無しさん:2006/11/17(金) 12:45:20.42 ID:+JOTYOYH
>>367
あの馬鹿女が遺言の肝心なポイントを伝えなかったからと言ってみる

373 :日曜8時の名無しさん:2006/11/17(金) 12:51:07.89 ID:a5LLWFxY
>>340
小物に描くのが狙いなんじゃないか、家康ほどの男でも女に手玉にとられる、という。
手玉というと語弊があるけど、あれが大阪攻めの伏線になってて家康の動機にもなっている
という風に描いて結局は歴史が変わるのは全て女が関わっているのである、と言いたいんだろう。
そこには豊臣の危険性とか家康の太平への潔癖的な完全主義とか、豊臣・徳川の関係性とか深い理由は無視。

374 :日曜8時の名無しさん:2006/11/17(金) 15:59:29.19 ID:+JOTYOYH
まぁつまり発想が貧弱ということ

375 :日曜8時の名無しさん:2006/11/17(金) 20:12:15.94 ID:Kvied7LJ
>>373
なんにせよ歴史ドラマ見たいと思ってる人向けではないよな

376 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 00:10:25.25 ID:2NNwXQBX
>>5
私はあまりキャスト(配役)にはこだわらない。
主役はもちろんのこと、小さな役までイメージ通りでないと書けない人もいる。
それはそれで私とは反対のプロ意識である。

このプロ意識、大河ドラマだと禁じ手だな。
脚本家も、NHKも非難から逃げれるんだもの。
連続テレビ小説同様、五年以上は、この傾向が続くんであろうが…。

377 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 00:30:51.80 ID:zNakFhom
>376
大石には、そのエラそうな「プロ意識」とやらを説く前に
プロらしい仕事をしろと言いたい。

378 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 03:30:34.34 ID:QuZWFF6P
今後は「大河ドラマ『功名が辻』脚本」の肩書きを得意気につけて妄想ドラマ執筆するんだろうな

379 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 08:19:57.29 ID:7DPqriJQ
「戦国脳内お花畑恋愛ドラマ」と見れば何とか見られる。

380 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 11:54:02.15 ID:yEQS7pPi
本人にプロ意識があるかどうかはどうでもいいし、
たとえ失敗することがあってもリカバーするのがプロ。
視聴者を不快にしていること(つまり失敗)に
目を背ける奴はプロ失格。


381 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 14:54:41.87 ID:bThHamdF
回りくどい演出はいいから、最終回で千代に「やっぱ女が最強なんだよ」とか言わせてくれ

382 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 15:15:50.13 ID:JERHeXJc
視聴者を不快にさせてる最大の理由は、日本の歴史を捏造してるからだよな。
日本の歴史を冒涜する行為だ。

383 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 16:59:18.77 ID:Ni2jaeRd
これは歴史検証番組じゃなくてドラマですからwww
残念www





・・・・と大石センセが言ってました

384 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 21:13:39.45 ID:ly3PnPAd
>>382
大河の描く歴史が正史なんて考えている人は放っておけばいい

一番腹立つのは原作とは明らかに違う内容に改変していること

原作者が死んでいるからといってやりたい放題

385 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 21:59:42.41 ID:Q8YFXcCp
史実に自分なりのアレンジを加えるのはかまわないのだが、
それがさほど意味あるものに感じられないのがツライ。
光秀の最後を見届けたのが一豊なんてのは、かなり大胆なアレンジだと思うが、
それだけ大胆な事をやった意味がどれだけあったかと考えると…。

386 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 22:51:19.43 ID:Sq/y5y9j
>384に同意。
ドラマに厳密な史実を求める気はサラサラ無いけど、
「原作 功名が辻 (司馬遼太郎)」を謳う以上は、その代理人としての責任を負うのは当然。
NHKは「大胆な解釈」を謳い文句にしているけど、意味のあった改変なんて無いしな。

それ以前に、大石はこれだけ勝手に改変しまくったドラマに仕立て上げて、
何を訴えたかったのか、未だに分からん。

387 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 23:12:36.10 ID:wsb1I58N
確かに。山内夫婦が黒田長政助命、と竹中半兵衛のエピソードを
奪う形で話が展開したからてっきり複線かと思ってたらサッパリ
音沙汰無しで関が原終了だしな。

388 :日曜8時の名無しさん:2006/11/18(土) 23:43:07.39 ID:qtL+gDcd
>>386
憲法改正が求められている今だからこその反戦



・・・じゃなかったのか?

389 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 01:25:53.91 ID:9rC+Wl4h
>>376
三谷にしろ大石にしろ、大河放送中にぺらぺらしゃべりすぎ。
言い訳しているみたいで、非常に見苦しい。こいつらには、二度と大河を書いてもらいたくない。

390 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 05:39:24.34 ID:B6nocuMJ
ペラペラしゃべる割には、しゃべってる内容がその場の思いつきにしか思えない。
「憲法改正だから反戦」云々なんてその最たるもんだろう。
序盤だけちょっと反戦ぽいセリフがあったくらいで、ねねにやり込められてからは反戦ネタはなくなった。
ドラマを通して反戦訴えてるわけでもなし、一本筋の通った深い考えがあってやってるとは思えない。
要するにこの人は、肉付けは多彩だけど芯がない。
まあ仕事をとるにはそういうリップサービスも大事なのかもしれんが・・・

391 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 11:48:12.07 ID:RTdh6bsC
結局、この作品が魅力ないのは
一貫性のない態度
何の伏線もなく唐突に現れたお涙ちょうだいエピのあと、
そのまま登場なし(黒田長政や前田吟の糞ガキ)かすっかり忘れられてからの登場(ガラシャとキリスト教)
多少なりともつながったストーリーになっているのは、
信長・濃・光秀の三角関係、淀・三成の不倫だけ

もうね、アホかとバカかと

392 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 12:40:09.67 ID:R/yHJ9Dz
小りんもなんだったんだろうなあ

393 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 17:31:02.26 ID:VWGo87Sb
>>386
大胆な解釈を加えたければ「原案 司馬遼太郎作『功名が辻』より」としてタイトルも変えれば(例えば『一豊と千代』とか)いいだけのこと

敢えて「原作」にしたのは司馬ファンを取り込みたかった下心が見え見え

オリジナルでは数字がとれないと自覚してのことだろうが


394 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 20:22:16.77 ID:CAKLFISl
また「男とは」かよ、もういいよ。
しかもおねの心情がわけわからん。いつから物語の解説にまわったんだ。

395 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 20:44:16.18 ID:Y1Cv+A4R
ひでぇ全部六平太のせいにしちゃうつもりか静w

396 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 20:46:11.44 ID:tyvISMfn
六平太出すぎだな
千代の狙撃とかいらんから

397 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 20:50:25.72 ID:LM+uJUJo
他人の手柄は自分のもの、自分の悪事は家臣のせい

なんて素敵な主人公だ

398 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 20:52:33.24 ID:ZRfzAC5C
千代狙撃を司馬先生がご覧になったらどんな反応するだろうかwww

399 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 20:57:33.79 ID:oeuiDGZq
>>397
ジャイアンかよ!

400 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 20:57:36.58 ID:kcTRQzyf
>>397
イヤな上司みたいだなあ

401 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:02:31.94 ID:nJOjzKUn
六平太、大石静を撃て!

402 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:05:55.13 ID:ivLjYis4
結局、汚いことは全部、他人任せの、エセ平和主義夫婦っつうことか。
だいたい、他の登場人物の虐殺をあれだけ醜悪に描いておきながら、主人公の虐殺だけは正当化するのか、このバカ脚本家は?

403 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:07:00.45 ID:hBOtE+mi
何とか浜の住民虐殺を描くところが偉い。
利家とまつよりりっぱ。
しかし、高地城築城については、織田秀信の家老の何がしは
出さんのか?
難工事を完成させた功労者は無視か。


404 :日曜8時の名無しさん :2006/11/19(日) 21:11:36.48 ID:OOiR5LxD
まあ理由は多少美化されてるとはいえ、最近のNHKとしては
相撲大会の虐殺をやるだけマシかな〜と思えてきた。
新撰組や義経の美化っぷりからして放送前はスルーかなと思ってたし。

405 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:13:21.04 ID:L7rct0gO
美化するぐらいならスルーの方がマシとも思えるけど

406 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:19:51.86 ID:Vzgk4onl
>>403
空気扱いされている山内家家臣は百々越前だけじゃないと思う
正直五藤、祖父江の二人以外は皆空気扱いだわ

407 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:29:20.89 ID:R/yHJ9Dz
>>404
> 新撰組や義経の美化っぷり

そんなんあったか?

408 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:30:40.38 ID:RTdh6bsC
966 名前:日曜8時の名無しさん 投稿日:2006/11/19(日) 21:20:20.09 ID:Ci9Gbv/K
> NHKのHPから  脚本家:大石静
>
> 「だって家康が静かにしていれば、豊臣家はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
> 「たしかに家康は偉大だけれど、人間としては彼らのほうが好きですね、断然。」
>
> この人、歴史を個人的な好き嫌いで書いてるんだな。
> なんか一年間、損した感じだ。

409 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:31:17.05 ID:L7rct0gO
義経で美化されてたのは頼朝だな

410 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:31:35.70 ID:5P29V6fR

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1163202722/191

乱交パーティー開催!【関西地方】

411 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:32:04.05 ID:jJK85KEK
芯が無くて場当たり的。

412 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:32:18.84 ID:UVLCfnwO
新撰は黒い部分を大石鍬次郎押し付けたのは多かった

413 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:36:50.99 ID:RTdh6bsC
>>409
性格の美化程度ならいいじゃないの?
やってることは自分の手でやったし

414 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:38:23.22 ID:jJK85KEK
手柄横取りしすぎなのは最近の傾向なのか?


415 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:38:33.16 ID:d+LmFzM0
ここにきて六平太がいる理由がわかった

416 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:41:38.59 ID:UecaGWmS
家康公が嫌い?ふざけんなよこのクソババア!
家康公は清濁併せ呑む度量を持った素晴らしい御方だ!
中国史でいえば唐の太宗に匹敵する素晴らしい御方なんだよ!
俺は今週までこの作品は素晴らしい、DVDが出たら速攻買おうと思って
いたが今回の公式ホムペのあんたのエッセー読んでからすっかり買う気
が失せたね。それに光秀はともかく、三成の生きかたが素晴らしいとは
どういうこと?三成なんて所詮、家康公から見れば虎の威を借る狐じゃないか!
大体においてあんた脚本家として考えが甘い、甘すぎる、当時は恐るべき
戦国乱世だよ、同族相食む殺戮の世だよ、そんな世を終わらせあんた
みたいな理想主義者がのうのうと世に出られる歴史を作ってくださった
のも家康公のお陰なんだよ、それをこともあろうに家康が嫌いとは・・・
恥を知れ!もしあんたなんかが戦国の世に生まれたのならあっさり殺され
てるだろうよ。

417 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:45:46.18 ID:jJK85KEK
>>416
家康に心酔していると見せかけておるようだが甘いな。
安っぽい釣りはおやめなされ。

418 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:46:01.53 ID:RTdh6bsC
>>414
主人公の手柄に変えられたもの
功名・・・
稲葉山陥落・いつでも秀吉と一緒・黒田息子救出・本能寺での長浜撤退・
光秀ハケーン・七将から襲撃される三成保護
義経・・・何かあった?
武蔵・・・手柄増加どころか、負けすぎw
まつ・・・味噌汁でみんな洗脳
時宗・・・主人公より、むしろ赤マフラー暴走しすぎ

組は見ていない
フォローよろ

419 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:48:02.01 ID:ImY0Wcau
考えると「草燃える」なんかは奇跡みたいな作品だな
政子・義時の美化を極力抑えてそれぞれの暗黒面をちゃんと出してる
大石にそれを望むのは酷みたいだが

420 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:49:15.83 ID:DvXrW5bZ
>>407
義経の政治感の無知っぷりはけっこう美化というか
良い様に描かれていた様な。
後は、頼朝に対する感情も。
腰越状以降からは公然と頼朝批判というか
もっと対立の意向を強くしていた気がするけど
頼朝と朝廷、両者に踊らされた結果「仕方なく」という
部分が強調されていた様な。

421 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:52:41.11 ID:lhC+3zyO
>>419
「春の波濤」も良かった。
主人公のオッペケペーはひたすら情けなかったし、準主役の伊藤博文や福沢桃介
暗部をしっかり(というか暗部ばっかり)描いていた。

422 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 21:56:03.79 ID:L7rct0gO
義経は自分の意思で頼朝を討つ院宣をもらってたのはちょっと驚いた。
仕方なくって風にするのかと思ってたから。
今から思うと、義経の場合はそれぞれに美化というか
誰もに(後白河院にさえ)心情や言い分があるというような描き方だったな。

423 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 22:01:02.71 ID:lbNj0iTX
>>407組で酷かったのは伊東甲子太郎の暗殺
伊東、近藤を暗殺しようと画策→二人会見→近藤の心に打たれた伊東、暗殺やめる
→帰り道、大石が伊東を暗殺(近藤の全く知らないところで起きた暴走)
芹沢の暗殺も凄く苦悩した上みたいな描き方ってしまいには暗殺計画を芹沢に言おうとするしまつ。

424 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 22:13:51.41 ID:UecaGWmS
417
いや、おれは本気でそう思っているよ
俺の生まれた所は静岡県静岡市、家康公が心の故郷と思い、余生を過ごされた
土地だよ、いわば静岡という土地は家康公が作られた土地と言っても過言では
ない。
それを家康公が嫌いなどと平気でほざきやがるクソババアめ!
てめえなんぞ久能山東照宮にお参りして階段を一歩一歩踏みしめながら
家康公の苦難を億分の一でも味わって家康公に土下座して謝れってんだ!

425 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 22:19:19.05 ID:lbNj0iTX
本スレより転載


966 :日曜8時の名無しさん :2006/11/19(日) 21:20:20.09 ID:Ci9Gbv/K
NHKのHPから  脚本家:大石静

「だって家康が静かにしていれば、豊臣家はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
「たしかに家康は偉大だけれど、人間としては彼らのほうが好きですね、断然。」

大石は権力のない(or弱い)者が上に立つとどうなるかも知らないのかよ。
秀頼の器量が並以下(並より少し上ぐらいでも)ならかつての室町幕府みたいに諸大名の
力が強くなりすぎて「そのまま収まる」なんて夢物語なんだが。
家康みたいに自分の政権を安定化させる施策(秀吉ができなかった事)を取る器量が秀頼にあれば別だが。

426 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 22:22:56.99 ID:BG/CCDVa
>>408
「だって秀吉が静かにしていれば、織田家はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
「たしかに秀吉は偉大だけれど、人間としては彼らのほうが好きですね、断然。」

「だって信長が静かにしていれば、足利家はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
「たしかに信長は偉大だけれど、人間としては彼らのほうが好きですね、断然。」

「だって尊氏が静かにしていれば、建武の新政はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
「たしかに尊氏は偉大だけれど、人間としては彼らのほうが好きですね、断然。」

「だって後醍醐が静かにしていれば、北条家はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
「たしかに後醍醐は偉大だけれど、人間としては彼らのほうが好きですね、断然。」

「だって時政が静かにしていれば、源氏はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
「たしかに時政は偉大だけれど、人間としては彼らのほうが好きですね、断然。」

「だって義経が静かにしていれば、平家はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
「たしかに義経は偉大だけれど、人間としては彼らのほうが好きですね、断然。」

「だって清盛が静かにしていれば、藤原家はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
「たしかに清盛は偉大だけれど、人間としては彼らのほうが好きですね、断然。」

「だって鎌足が静かにしていれば、蘇我家はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
「たしかに鎌足は偉大だけれど、人間としては彼らのほうが好きですね、断然。」

427 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 22:25:10.28 ID:22sUEOxb
実はSFファンタジーなのかもしれん。
何しろ六平太は「どこでもドア」を持っていて、神出鬼没だから。

428 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 22:36:34.52 ID:k+Cr3Jt2
>>426
笑った、確にそうだ

429 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 22:39:54.11 ID:EozzGPBZ
>>426
上手い!見事に?がってる。

430 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 22:41:46.62 ID:EozzGPBZ
>>429
「つながってる」と書いたつもりが「?がってる」になってしまったorz

431 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 23:00:42.61 ID:PSEFHn+p

「だって小泉が静かにしていれば、自民党旧勢力はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
「たしかに小泉は偉大だけれど、人間としては彼ら抵抗勢力のほうが好きですね、断然。」

これはダメ?w


432 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 23:01:57.03 ID:po1HTTx5
大石にとっての打ち出の小槌>六平太

自分で決断させてやれよ大石よー
あれじゃ一豊がクグツだよorz

433 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 23:16:11.35 ID:ivLjYis4
そんなもん、家康が静かにしてりゃ、他の誰かが動くだけの話。
バカだな、大石は。w

434 :日曜8時の名無しさん:2006/11/19(日) 23:17:33.68 ID:lhC+3zyO
家康がいなけれぱ、三成+毛利でもっと陰湿な世の中になりそうだ。

435 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 00:22:05.02 ID:9TZcF+SN
>>434
笑った

436 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 00:23:46.28 ID:+YPUptNH
むしろ大石って秀吉のほうを嫌ってそうなんだが。
悪く描かれすぎ。

437 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 00:24:44.28 ID:ptQIIi6p
> 「だって家康が静かにしていれば、豊臣家はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」

みんな、これは大石のギャグに決まっているぢゃないか。
正気かシラフで、こんなコト言える人間がいるわけ無いじゃんw


……と、思わせてくれ。せめて。

438 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 00:32:53.07 ID:1VtPIHGA
>>437
この脚本家。関白秀次の末路を思えば、何も動かないのが、危険だってことに、気がつかないのかね?

439 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 00:48:17.83 ID:xf6Gw6xe
プロデューサーズ・フェスタ2006に選ばれてる。良かったね
http://www.producer.or.jp/festa/festa2006/festa2006-00.htm
誰か先陣に立つものはおらんか?


440 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 01:02:06.13 ID:9JbpBsGq
まあ、なんていうか、強引な脚色だよな。

441 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 01:27:38.55 ID:FYD5Rpv8
千代が撃たれたのは何なんだ?
突然でびっくりしたぞ
「千代の負傷に怒り狂った一豊と六平太が一領具足を〜」
なんてことにはいくらなんでもならないと思うが

442 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 01:43:36.54 ID:d7ftkibZ
そんなシーンあったっけ。
康豊様の方に弾が当たったとこは
飯食いながら見てたけど。

443 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 01:48:36.21 ID:uykm3Eym
康豊を撃った狙撃手はすごかったな。
どう見ても500メートルは離れているのに。

444 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 01:51:43.12 ID:3drELbOE
>>427
俺も静岡県民だけど家康は大嫌い
なぜならお前みたいなアホが湧いて騒ぐから
静岡の面汚し、死ねよ

445 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 01:52:49.68 ID:3drELbOE
>>444>>424だった スマソ

446 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 01:53:34.80 ID:d7ftkibZ
でもあの狙撃手はあそこで一生分の運を使い果たした。
あのあとまもなく長宗我部の城方に討ち取られ‥

447 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 02:44:23.08 ID:+YPUptNH
>>443
まあ雑賀衆とか狙撃のプロ輩出してた時代だから不可能ではないかな。

448 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 02:49:40.55 ID:1VtPIHGA
>>444-445はアホな面汚しw

449 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 02:55:52.57 ID:VGad9AnI
商船で土佐に入ったりといった用心深さを見せながら
弾圧政策を決定した後で護衛もつけずに山小屋みたいなところで
二人きりで雑談すること自体物凄く違和感があるのだが。

450 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 03:01:02.12 ID:9Jti+xi8
どう考えても、六平太って歴史に名を残しちゃう活躍(?)しちゃうお・・・

451 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 04:40:49.43 ID:tyfMsfQ5
>>418
ちょっと違うが毛利元就では村上武吉の存在そのものが抹消されてたな

452 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 08:21:27.14 ID:cfL75Y8n
>>408
w・・・ID変わったけど、それ俺が書き込んだんだよね。
俺も>>416ほどではないが、面白いドラマだと思って観ていたよ。
特に「史実云々」に関しては「ドラマなんだからな〜、いいジャマイカ」と思って観ていた。
それに関しては何度も書き込んだしね。重箱の隅をつつくんなら観ない方が精神的に良い。

だけど、あんなスタンスで書いていたのかと思ったら、萎えたね。
どうりで家康をやたらに下品に描いていると思った。
ま、そもそも戦国武将は「殺し屋集団」だから、上品とは思ってないけどね。

彼女の家康像はおそらく「戦前教育の名残り」みたいなもんだな。本人は否定するだろうけど。

それと、蒸し返すことになるかも知れんけど、信長はあそこまで狂犬病ではないと思う。
禍根を残したとはいえ、アレまでの家来の掌握力と天下統一の「礎」を築いた能力を
どのようにみていたのかね。一度、聞きたくないもんだw

過去ログ読まずに、初レスがコピペ・・・・スマソ。

453 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 09:05:58.78 ID:cfL75Y8n
もうひとつ、

「原作には、さらりと『活躍できなかった』としか書かれていない。
活躍できなかったというのは、“戦う人”ではなく“守る人”という意味だったんです。」

だから、敵をたくさん切り殺せば手柄の時代に、“戦う人”が活躍なんだよなあ。
NHK的な残酷シーン等の制約があるのは解るけど、時代々々の統治能力ってあまり
考えてないね、この人。
その後の約270年の安泰、鎖国による宣教師の送り込みによる欧米列強からの
植民地支配からの防衛体制を築いた人物を「個人的な好き嫌い」で語られてもなあ。

「話を遡れば」、あそこで植民地支配を受けていれば、真珠湾攻撃はなかった・・・てな感じ?w


454 :日曜8時の名無しさん :2006/11/20(月) 13:05:29.37 ID:KrjMtVNh
>>434
風俗考証担当歴史学者一派が狂信的に家康を崇拝しているのにあそこまで言い切ってしまって、脚本で家康の残虐さ幼稚さをあぶり出した大石先生は凄いよ!


455 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 13:12:48.78 ID:JUY3la8M
千代撃たれたのに生きてるんだ・・・
武将より強靭だな

456 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 16:06:26.00 ID:9VxK97T4
まさか一領具足のだまし討ち大虐殺は六平太の独断暴走なんて姑息な脚本ではないですよね?

457 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 16:11:31.29 ID:0A0if5rR
千代はガラシャからクロスのペンダントを形見として貰っていたんだろう。
偶然背中に下げて居たペンダントに弾が当たって助かったのだろう。

458 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 16:14:23.80 ID:+YPUptNH
先の見えてるハズの六平太にしてこの言動
いくら神のごとき脚本家だからってこんな唐突にキャライメージを改変しちまっていいの?


459 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 17:29:08.50 ID:tMmfe7Hc
一領具足討伐は政治の話でしょう
一領具足に千代が危害加えられるとか
そういうのいらないよ

460 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 20:52:25.17 ID:1FToDutj
千代が政治。山内党の党首は千代、そういうことでしょ。

461 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 20:52:39.05 ID:bjDugrSE
>元々、根回しというか、調略は秀吉が始めたものだったんですけどね。

これは知らなかったな。
さすがは大石先生だ。

462 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 21:44:40.43 ID:IV5cQAz2
>>461
「毛利元就」の厳島とか北条早雲、斎藤道三の軍略は違うのか?

463 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 22:12:26.69 ID:uwtWTvoI
たぶん大石先生から見ると違うんだろう、たぶんだけど。

464 :日曜8時の名無しさん:2006/11/20(月) 23:38:49.43 ID:qmx4PAE+
>>461
だから勝家にも「ワシは調略は好かん」とか言わせたんだな。調略を一切しない
奴が信長に重用される訳ないだろうが。

465 :日曜8時の名無しさん:2006/11/21(火) 00:50:46.36 ID:xaDAZoXl
山内家の虐殺をどう正当化するのかが興味あるな。

466 :日曜8時の名無しさん:2006/11/21(火) 01:00:07.97 ID:zqAMU8GB
>>460
司馬遼太郎の原作は一豊が一国一城の主になって
もう千代の一存で一豊をコントロールするなんて事が出来ないくらい
山内家が大きくなってしまった結果が一領具足虐殺につながる、
あれだけ夢に見た一国一城の主となった結果がこれなのかと千代は悲哀を感じる、
それがこの物語の結末なのに
この流れじゃそういう方向へ持っていくのは無理だろうねえ

まあ大石にそんなレベル求める事自体が間違いか('A`)

467 :日曜8時の名無しさん:2006/11/21(火) 02:49:26.22 ID:fudaKMVK
今更なんだが
いくら秀頼の名代とはいえせいぜい従五位・中納言の生母が従一位・前の北政所に対して立ち話で悪態をつくことが有り得るのか

468 :日曜8時の名無しさん:2006/11/21(火) 02:52:53.65 ID:aiC+tHFB
せいぜい最近ドラマでやっていた正妻と愛人くらいの発想しかないんだろうw

469 :日曜8時の名無しさん:2006/11/21(火) 03:47:37.93 ID:C7lLBX8O
>>466
いったんはモメても
虐殺の次の週には仲直りしてるでしょうね、あの夫婦

470 :日曜8時の名無しさん:2006/11/21(火) 10:28:47.04 ID:lVJXuU4D
歴史を政治視点ではなく男女の愛憎劇として描くのが得意なんだから
虐殺も長年の千代への想いが報われなかった六平太の屈折した愛情が
暴走したことにするしかないかもね。

六平太なりに山内家の安泰を考えて虐殺を進言するのではなく、
先の見えてる超人六平太が一豊の非道さを後世まで伝えることを目的として
敢えて悲劇を招く。そうすれば、愛憎劇としてこのドラマなりの筋が通るよ。

471 :日曜8時の名無しさん :2006/11/21(火) 12:09:38.43 ID:83CIpIKn
>>454
こいつか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E9%87%8E%E5%8F%8B%E5%BD%A6

472 :日曜8時の名無しさん :2006/11/21(火) 12:11:11.37 ID:83CIpIKn
『家康はなぜ江戸を選んだか』「家康生涯三度の源氏公称・改姓」

473 :日曜8時の名無しさん:2006/11/21(火) 19:54:27.20 ID:sfp50T/V
時代劇チャンネルの葵徳川三代見たら
岐阜城攻めで池田輝政を一豊が怒鳴りつけてた
そういえば功名が辻の原作にもそんな場面があった

474 :日曜8時の名無しさん:2006/11/21(火) 19:58:35.58 ID:DwDNoHs8
>>467
身分がないのでありえない。

475 :日曜8時の名無しさん:2006/11/22(水) 01:22:28.78 ID:Ve7KbYvV
亀レススマソ>>423

だけど、伊東暗殺って少なくとも
伊東が近藤を暗殺しようとして、それを知った近藤と会見、帰宅中に暗殺される
という大まかな流れ自体は、史実通りなんだよね。
思いっきり解釈ふくらませて別物みたいになってるが。

辻で言うなら信長・お濃・光秀の三角関係に近い。

476 :日曜8時の名無しさん:2006/11/22(水) 02:27:23.36 ID:wS5MbyTd
966 :日曜8時の名無しさん :2006/11/19(日) 21:20:20.09 ID:Ci9Gbv/K
NHKのHPから  脚本家:大石静

「だって家康が静かにしていれば、豊臣家はそのまま収まっていたかも知れないでしょう。」
「たしかに家康は偉大だけれど、人間としては彼らのほうが好きですね、断然。」

これまじか?大石アホすぎw べつに思い入れがあったって不思議じゃないけど、
大石、最悪。「家康が静かにしていれば〜」はないだろw 勉強励め!

477 :日曜8時の名無しさん:2006/11/22(水) 04:35:32.54 ID:l7zARzOG
大石って秀吉とか家康キライなんじゃね?
両人とも作中でイヤらしさばかりが強調されてるしさ。

478 :日曜8時の名無しさん:2006/11/22(水) 10:20:09.75 ID:fh0j1STg
信長はアホっぽさが強調されてたがな。関所のひとつも潰せ無さそう。

479 :日曜8時の名無しさん:2006/11/22(水) 11:18:16.82 ID:6k8hlkV8
信長・秀吉・家康など歴史上の勝者は負の面が強調されてるよね。
権力を得た=戦に勝ちのこった=戦好きのイメージなのか?

逆に、光秀・三成などの敗者は好まれてるよね。
別に負けた側だからって厭戦派だったわけじゃなかろうに。

480 :日曜8時の名無しさん:2006/11/22(水) 12:37:41.83 ID:6VhnDMZK
>>479
それでいて、反戦思想家の虐殺は美化して正当化するんだとしたら、スターリンや毛沢東主義者と変わりないわな。大石って女。

481 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 00:45:02.59 ID:4bJNHSbL
関ヶ原の後、捕らえられた三成に、黒田長政が自分の羽織を脱いでかけてあげたという歴史上の有名なエピソードがあります。
これをドラマでは一豊にやってもらいました。『これは一豊にやらせたい』って時代考証の先生にお話ししたら、
『それくらいの“嘘”は、いいでしょう』と認めてくださいました。あのシーンの一豊も三成もいいですよ。

次スレはおい電波大石静 5でお願いします。

482 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 02:33:21.23 ID:F9H2ovt/
嘘と本人が気付いていながら、やりやがったのか・・・
まぁいいか
世間が大河ドラマとは信用できないドラマだ
という認識で観るようになれば無問題

483 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 04:14:41.28 ID:U7TI8hP9
>>481
こ  れ  は  ひ  ど  い

484 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 04:29:37.04 ID:4TDnlNC3
時代考証も馬鹿であることが分かった

485 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 08:56:51.16 ID:Xaeai8UI
時代考証って誰だっけ? 小田和哲夫? 脚本家やテレビ局との力関係ってどうなっているのか?

486 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 09:04:55.75 ID:Mx0yXWv7
有名なエピのすり替えはこれだけじゃないけど、全部『それくらいの“嘘”は、いいでしょう』って
なっちゃったのかなw

487 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 10:40:05.72 ID:Bk/ixNG0
陣羽織は黒田長政エピ、これは一豊にすりかえて、
大将たる者の気構えエピは本多正純エピ。
良く見てないから誰がやったかわからないけど、すりかえてたね。
松寿丸エピで呆れたからどーでもいいけどさw おい大石・・・・w

488 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 11:15:08.36 ID:lUdt1Oe5
時代考証的にはそりゃOKだろうけど、そういう問題じゃないだろ・・・

489 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 11:42:12.40 ID:xx5A/adg
話として面白くなるんだったら多少の嘘もありだけどあの場面は
白々しすぎて全然感情移入できなかったもんなあ。

490 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 12:45:04.83 ID:bGuiqYf+
新しくエピソードを作ればいいものを他人の功績を盗み取りするようなことを
するなよ。いくら一豊がパクリで20万石貰ったからってw

普通に長政にやらせて「あの時千代が救った子がこんな立派な武者になって…」
と感動するような流れにでもしとけばいいのに。

491 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 12:45:20.55 ID:dFPNbxmg
>>482
オレ、結構功名が辻と関係深いところでバイトしてるんだけど
そこに観光でくるお年寄りは光秀を討ったのは一豊だとか
清洲会議に参加したとかマジで信じてるから立ち悪いよ・・・・

492 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 13:03:31.39 ID:fo2/CQ5c
数年後にまた戦国三傑の時代をやった時に
「一豊や千代が全く登場しない、おかしい、考証が間違っている。」
と本気で考える奴が出てくるのかな

493 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 14:43:05.27 ID:qR49Sq71
その頃にはみんな忘れてるよ、こんな太河

494 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 14:56:44.72 ID:nLxZ8gcD
本当の捏造を自覚してやってたんだな・・・酷過ぎる・・・・。

495 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 15:17:12.13 ID:+xoSMpQl
>>492
実際 利家・松が活躍しない!とか騒ぐ奴が
いないんだから全然大丈夫だろう。

496 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 17:22:11.96 ID:jwvAq608
ストーリーを考えるのに時代考証うんぬんが間違ってると思うけどなぁ。
重視すべきは原作だろう、時代考証の先生がだれであれ物語に関して素人なんだし、
そもそも時代考証ってしきたりとか文化とか背景であって登場人物の使い方を
勝手に解釈するのは創作だからOKといえても、それを時代考証の先生から許可もらった
からってOKにはできないだろ。

497 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 17:47:06.44 ID:mOZzNsO1
> 『それくらいの“嘘”は、いいでしょう』と認めてくださいました。

もはや「それくらい」で済んでいない大捏造状態を突っ走ってきたんだから、
考証の人も「この羽織程度のお話しに、捏造を加えようが加えまいが関係ない」
って思ったんじゃね?

498 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 18:10:07.20 ID:+zNEFyNF
時代は「こうしよう」(願望)ってのか?

499 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 18:13:07.27 ID:+zNEFyNF
あ〜、俺は「功名が辻」のファンだけどねぇ。
オープニングに「この時代劇は史実を元にしたフィクションです。」ってのを入れて欲しいな。

500 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 19:00:03.87 ID:JW0iGX3f
長政の命もドラマの中で救ってやったんだ
陣羽織くらいのエピ、命の恩人に譲ってあげてもいいでしょ!!by. 静

501 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 21:40:27.38 ID:nLxZ8gcD
よく考えたら、時代考証の人が勝手に判断出来ないよな。
予めプロデューサーが「バンバン捏造してちょ(面白けりゃ何でもOK)」とでも言ってたんじゃないかな?

502 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 21:40:55.81 ID:ZgafdEVD
陣羽織は長政がやるから意味があっていいんじゃないの?
カス豊だとただの偽善者にしか見えんし

503 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 22:22:56.77 ID:lUdt1Oe5
>>501
考証の人にしてみれば、誰が羽織掛けようが、
ドラマ考証的には問題ないと言わざるを得ないでしょ。
これが光秀最期のシーンだったら、なんと答えたか判らんが。

504 :日曜8時の名無しさん:2006/11/23(木) 23:18:11.66 ID:T607H12Z
前回のラストでわざわざ「美しい国」という単語を持ち出して、
戦争反対に話題を繋げる所はあまり話題になってないな。

これも安倍さんと戦争できる国とを繋げる印象操作の可能性があるのに…

505 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 00:12:13.77 ID:fJzZt29v
小和田教授が本当にそんなこと言ったら歴史学者としての信用にかかわると思う。

506 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 02:47:39.84 ID:yM6qKkc9
>>495
多分、篤姫のときには、なんで新選組が登場しないのよ!
と騒ぐ組ヲタネチズンが大量に登場すると思います。

507 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 06:30:10.73 ID:ynUiZzt6
司馬先生、こいつが黄泉に来たら思いっきりやっちゃって下さい

508 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 06:59:30.28 ID:YjC64OYS
へっぽこ実験大河ドラマ「功名が辻」

509 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 13:03:32.43 ID:RURv9hWh
陣羽織のシーンは、秀吉の死後、恩などかなぐり捨てて家康に擦り寄り、正則や金吾や広家を調略した長政の冷徹さを現すためだから何ら複線張ってないあの茶番ドラマでは誰がやっても同じこと

510 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 14:15:02.77 ID:9KVDyq6Q
>506
篤姫のときには「反日」「タピオカ」「在日」「同棲」が話題の中心でしょうなあ。
内容以前の問題になると思ふ。

511 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 15:54:36.37 ID:TttzNWlc
歴史上有名なエピを無理矢理主人公がやったことにしてわざわざ
史実に思い入れのある人たちの反感や顰蹙を買わなくても、
歴史的に許される範囲(明智光秀の最後を看取ったなんてのはダメ)で
無理のない架空のエピソードがいくらでも作れそうなもんなのに。
そういういい意味での肉付けをするのが作家ってもんじゃないの???
あ、そうすると不倫とかのネタになっちゃうのか。

512 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 16:27:58.88 ID:uvY1qlzu
光秀の最期の場に居合わせるのは、まあドラマ的にはありかなと思ってたけど、
後で一豊がヌケヌケと「実は光秀殿の最期を看取ったのもワシじゃ」
みたいなことを言い放ったので、開いた口が塞がらなかった。

513 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 17:04:35.46 ID:wFZVu3Jc
大石は司馬さんの淀殿・その子が気に入らなかったんだろうな。淀がドキュソで鈍い女として解釈されてるからな。
高台院があまりに利口だったから、淀が後世アホーにみられるのは仕方なさそうだけど。


514 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 18:50:42.54 ID:4mAQZYBJ
関が原東軍勝利
コレさえ動かさなければ他何してもおk

と思ってるんじゃないの

515 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 19:48:13.71 ID:HCSzu+jA
本心は西軍勝利にした〜い!に違いない。ねぇダメ?

516 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 19:48:40.62 ID:oN57yHK9
>511
どうせオリジナルを貫くなら、いっそのこと 一豊が出稼ぎに行って不在の織田城下で日々起きる不思議事件を、
千代が出しゃばって「この事件はお見通しよっ」なことを毎週やってくれた方が良かったなぁ。
六兵太をこき使ってw

……あれ? 今とあまり変わらない?

517 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 19:55:39.16 ID:rDb4O2OO
千代もなかなか凄いよな

幼少のガラシャを助けたり
幼少の秀次の教育係をつとめたり
本能寺の変の際、長浜城下の脱出を仕切ったり
清洲会議で三法師を懐柔したり


518 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 22:08:14.18 ID:RDHRIFdE
どうしてもネタがないってんなら、人のエピソードぱくりもある程度やむをえないとも思うのだが、
史実にある手柄やエピソードをつぶしちゃって、そのくせ人のエピソードをぱくるから腹が立つ。
たとえば吉兵衛の戦死直前のときの敵の夜襲を山内隊で防いだとか、
岐阜城攻めのとき福島と池田の先陣争いでケンカになったのを仲裁したとかさ。
どっちも原作にも出てくるお話なんだから知らなかったわけじゃなし。

519 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 22:36:44.70 ID:fJzZt29v
好き嫌いで決め付けるのシバリョウも一緒なんだが、静はひどいな。

520 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 22:42:45.63 ID:y9gJss4t
何気に原作を読んでみた
大石も苦労したんだなって思ったよ
出だしから違うし、演出過多すぎたね

521 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 23:00:17.72 ID:e1rQYXzb
江原「天国で司馬さん怒っているよ」
大石「怒ってないですおwwwwwwwww」
美輪「この三流脚本家!ヨイトマケ歌わせろ!」

522 :日曜8時の名無しさん:2006/11/24(金) 23:51:51.55 ID:htSX0acQ
そもそも二人の出会いであんな陳腐なストーリーいらんかった。稲葉山城攻めの時、
何であんなに周りの奴らが二人をくっつけようと画策したのか意味不明。ここは戦場やろうが!
今と違って見ず知らずの人と結婚する。その時二人は相手に関してどんな想像をしたのか、そして実際会って見て
どうだったのかっていう描写の方があんな陳腐な恋愛ストーリーよりよっぽど良かった。

523 :日曜8時の名無しさん:2006/11/25(土) 00:23:56.23 ID:VF04+jBB
じゃあ見なければいいんでない

524 :日曜8時の名無しさん:2006/11/25(土) 01:57:25.21 ID:fmPSCJCq
>>518
なんで、ああいうエピソードをやらなかったかな。
どうも印象的には、光秀の本能寺あたりを描いてた付近が、
一番乗ってたような気がする、大石せんせ。
一豊よりも光秀に入れ込んじゃったのかね。

525 :日曜8時の名無しさん:2006/11/25(土) 10:20:02.86 ID:2j6Rhwm2
>>523
お前もこのスレに来なければいいんじゃない。

526 :日曜8時の名無しさん:2006/11/25(土) 11:00:14.98 ID:1uRFmHQB
イージス艦持った自衛隊が現れたら面白いな。
浣腸「千代殿」

527 :日曜8時の名無しさん:2006/11/25(土) 11:57:37.66 ID:Ym9Ccgvr
>>513
その仕返しに司馬氏が再評価に苦心した信長をアレに描いたわけか。
そもそも原作改造を時代考証の学者かなんかの責任にするなよな。

528 :日曜8時の名無しさん:2006/11/25(土) 13:35:36.80 ID:ZXoWyE4y
夏の陣で千代は淀に投降するように説得にあたる


529 :日曜8時の名無しさん:2006/11/25(土) 18:09:59.60 ID:ae5kIPh/
今度は常高院の手柄を横取りするわけか。

530 :日曜8時の名無しさん:2006/11/25(土) 21:58:42.86 ID:S4rvtZ4E
二年連続最糞静御前

531 :日曜8時の名無しさん:2006/11/25(土) 23:29:46.68 ID:koCqKsf8
本当に、主人公を清廉潔白の善人にするとろくなことがない。
主人公を引き立てるために、無能な仲間、良いところが何一つない敵、嫌味しか描かれず且主人公贔屓の上司。
ジャニーズ、売れてる女優は現代語で、おいしい役だけ割り振り。
何時になったら、脚本家もNHKもこの愚かな所業を改めるのだろうか。
大河ドラマ枠がなくなるまで、否なくなっても改めないのかな。

532 :age厨 ◆ocjYsEdUKc :2006/11/26(日) 07:02:39.61 ID:cR4BNK/o
捏造度合いはアカヒとどっちが酷いかな?

533 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 09:18:20.97 ID:lzwM6odf
光秀、秀次、三成をイケメンキャラに設定する戦国史観はもう古いと思う。
しかし資料の少ない三流人物の奥さんを主人公にしたドラマをつくると、誰が主人公かわからなくなるな。松とかも。

534 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 10:21:52.25 ID:Ddjkov6R
>>531
松永弾正で清廉潔白主人公をやってくれたら、ある意味神なんだけどなw

タイトル忘れたが、宇喜多直家が主人公の小説で、けっこう善人に描かれてるのはあったなあ。
「わしは戦が嫌いじゃ。戦で何百人殺すよりも大将ひとりを毒殺したほうがよいではないか」
って感じで。新しいパターンの反戦平和主義だ。

535 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 10:56:59.04 ID:i7iKlelB
善人無比の徳川家康がいたんだから、割となんでもありかもしれないw

>>533
利家は三流人物じゃないぞ。

536 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 11:02:15.52 ID:Uf25u+ra
>>534
三好長慶を極悪人に、足利義輝を夜な夜な辻斬りする狂人にするか
全部三好三人衆に押し付ければ楽勝でしょう。
そんで夜の夫婦生活の指南書を書いたらしいんで
超愛妻家にすれば完璧w

537 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 11:06:27.46 ID:i7iKlelB
「平和のため」「家臣が勝手にやりました」「相手が自爆しました」

これを駆使すれば、何でもできるよな。

538 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 11:44:59.07 ID:8Ryq2bCJ
「平和のため北朝鮮を空爆しました」
「防衛大臣が勝手にやりました」
「攻撃直前に相手が核で自爆しました」

NHKは日本が合法的に敵に攻撃できる方法を暗号化して放送してるんだよ!


539 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 11:45:51.16 ID:vxkuGv4G
架空の執事や忍びを登場人物に加えて、ダークなエピは全部そいつの独断ということに
してしまえば無問題

540 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 15:59:51.81 ID:8RCTxhsx
>>534
描こうとする人物をいい方向に解釈するのは
そう珍しくもないけど、松永弾正を清廉潔白は
ちょっとなかったかもしれないw
あふれる才能を強調するという手段で、弾正を
良く描くのは、無理ないかもしれないけど。

反対に、描こうとする人物に対立する側を悪く描く
というのも割と良くあると思うけど、それやり始めると
536のように、全方位に対して悪意の解釈をせねば
ならないし…誰かトライしてみてくれないかな?
清廉潔白弾正さま。

541 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 19:25:07.56 ID:SEOh5/PZ
今まで何でここに千代がいるんだ!とか突っ込みまくって見てたが、自分的には今日の六平太の神演技で評価上がった。


542 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 19:40:10.87 ID:rg9KIHtI
おまいら悲劇の北陸王・義景タンを忘れてはいまいか

543 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:06:54.27 ID:vxkuGv4G
千代は何様のつもりなんだろうなw

544 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:16:21.48 ID:5b0Vhnw5
前田利家と同じく主人公を徹底して善に書くんですね。
虐殺は部下が勝手にやったことですかwwwwwwww

545 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:21:29.73 ID:831eh19b
ふざけんな!

なんで長宗我部の一領具足を蛮族みたいな格好をさせるんだ?

まるで石器時代の人じゃないか!

おい、まじで国の誇りを傷つけたな!

この扱いには断固として糾弾してやるぞ!!!

546 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:26:13.27 ID:0iY7KExF
やあざかよ

547 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:28:20.39 ID:eOabWNRB
千代の偽善ぶりに反吐がでる

548 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:36:21.56 ID:MVVM2CA/
まあ放送開始当初は確実にスルーすると思われていた虐殺を
きちんと書いただけ竹山よりマシだと思おう。
事前に「美しい国」を連発していただけに
安倍氏の左翼弾圧を連想させようという意図が見え隠れするのが
剣呑だが

549 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:37:12.16 ID:0S1tQrq/
悪いことをするのはいつも男
女はいつも善意の第三者 という
戦後民主主義・女尊男卑思想が丸出しの脚本家ですね

550 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:40:04.74 ID:NE7QfVFR
>>549
一領具足の鉄砲使いなんで女にしたんだろ
大石先生の脚本ならなんか意味ありそうだが

551 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:40:28.56 ID:kjVMF8JM
新一郎殺す必要ネー

552 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:43:54.87 ID:/H9ehMC0
>>545
高知県民は今でもあんな格好して生活してる

553 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:44:50.95 ID:bn17N3yY
ドラマ的に盛り上げるにしても、六平太死ぬなら本当は生きていた新一郎を殺す意味はあったのか?

554 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:47:08.61 ID:xI4Q/S2N
祟られるぞコイツ

555 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:48:08.21 ID:0S1tQrq/
>>553
必殺仕事人とか見たことないのか。

556 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:50:38.64 ID:+bjBBEsT
こんな馬鹿を使うNHKが一番馬鹿だなw

557 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:51:48.18 ID:CNAOLoaf
もう今日はマルチするけど、司馬嫁はこれどう思ってるの?

558 :日曜8時の名無しさん :2006/11/26(日) 20:55:07.47 ID:Gp2EuyI5
糞脚本のおかげで高知は大荒れw


559 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:55:33.97 ID:x6plso/b
「死ぬ時は千代の腕の中と決めていた」by 六平太
そのためだけに晋一郎を殺したのか電波大石。
たぶん今頃テレビの前で「私ってかっこいい」とかワイン飲みながらいってそう〜

でも久々にダーティーなもの見せた点では評価できるけど

560 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:55:39.35 ID:O/CazbQq
新一郎の犬死にで、独眼竜宗政@時宗を思い出した

561 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:56:26.88 ID:v0NOosAQ
一領具足を虐殺する代わりに六平太と信一郎を殺すことでバランスを
とっているわけだな?殿様は反対。実行役は二人とも死ぬことで一方
的な批判は少なくなる。

やるじゃないか大石君

562 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:58:55.67 ID:SMIxrM4v
司馬先生に六平太スケープゴートにしてすいませんと死んで謝ってこいや

クソババア

563 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 20:59:39.43 ID:QcdHaIKU
>>551
どうも良くわからない事するからなあ。
一豊を光秀の最後に駆けつけさせたり、
三成に陣羽織をかけてやったり。
ああいった独自解釈をしておいて、何をやりたいのか
今ひとつ分からないんだが…。
無茶するな、と言ってるんじゃなく、無茶するんだったら
それなりの理由を持っていてくれと…もういいか、後2回だ。

564 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:02:19.92 ID:CNAOLoaf
敦盛を本能寺でやらなかったのは、今日やるためなのか。
当初からの予定だったのか。

565 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:02:59.08 ID:D0S/jKz6
袖を撃たれたぐらいで倒れてんじゃねーよ、お前はそれでも武士の嫁か
あんな思わせぶりの小芝居で引っ張ろうとするなよ>糞脚本家
それ以降のグダグダ加減は怒る気にもならんわ

566 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:04:07.38 ID:NE7QfVFR
>>560
・最終回間際で盛り上がるエピが必要っていう理由だけで無理やり殺される
・死んだと思ってた敵が生きていて刺され犬死
・役者は若いが人気はそこそこの俳優
・身内を殺されとち狂った主役が「戦は嫌い」とか言いだす
・死んだ回で別のエピソードがあり忘れ去られる

共通点あり杉

567 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:08:01.64 ID:3/Tw7MWf
本スレで六平太が千代に告白したのに文句を言ってる奴いたけど六平太に関してはまだいい。
未だに意味不明なのが半兵衛の死に際。妻子がいる男が最期によその奥さんのこと
好きでしてんなんて言う訳無いだろうが。(しかも亭主の前で)あんな馬鹿台詞言わされた
筒井さんが気の毒だったな。

568 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:11:27.59 ID:NE7QfVFR
>>548
それはとしまつと違って罪を押し付けられる架空の人物(六平太)がいたからでしょ
脚本としては稚拙極まりないよ。
としまつは意外に架空の人物が少ないから悪いエピは全てカットだったけど
(まつ自体が架空だといわれたら何も言い返せないが)

569 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:16:48.09 ID:i7iKlelB
結局、一豊は何一つ決断せず、何もしないまま死んでいくんだな

570 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:21:30.63 ID:iTPulrnK
まず千代が撃たれて、次回であっさり大丈夫って展開はないだろ
一領具足との確執はもうちょっと他の方法があったんじゃないかと
で相撲大虐殺までのくだりはいいとして
最後に恋心を暴露する台詞もちょっとなぁ
で、もういいおばあちゃんな千代に業を背負うようなシナリオに出来ないかと
あげくに最後は熟年離婚・・・
ウ〜ム
まあ、たかが一視聴者の戯言ですが・・・


571 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:48:37.76 ID:fLdPgbBF
大河の歴史に残る糞脚本でした。


572 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:49:47.52 ID:0S1tQrq/
千代には、「自分も加害者の側にいる」
「自分の安全な生活は、誰かが汚れ仕事をしてくれているから」
という自覚がなさ過ぎ。
これじゃ中学生日記だよ。

573 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:50:33.68 ID:i7iKlelB
千代が撃たれるエピソードはまったくの無意味だったな。
大映ドラマみたい。

574 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:51:57.33 ID:ZTuiMP/j
>>573
東スポの見出しみたいだったな。

575 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:53:23.54 ID:IDs4CJfu
今日改めて、大石の脚本が糞扱いされてる意味が分かった
アレはひどいよ
新一郎はなんだったんだ・・・

576 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:54:43.58 ID:RF9hFZHu
大石ストーリーって70年代からの刑事ドラマ/大映ドラマ〜90年頭のトレンディドラマの影響が色濃いからね

577 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:55:45.16 ID:0S1tQrq/
>>576
60年代の少女マンガも付け加えておいてちょうだい。

578 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 21:56:25.32 ID:uI08V7tn
千代が撃たれるエピソードはチャングムの爪の垢でも煎じて
飲んだつもりだろうが、そのあとのひねりがまったく無い
子供だまし。

579 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 22:21:04.16 ID:0S1tQrq/
>>574




------ ←折り目
をさ
目れ
撃た
し一
て領
涙具
。足

580 :579:2006/11/26(日) 22:29:27.54 ID:0S1tQrq/
失敗した。恥ずかしいから寝る

581 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 22:33:18.56 ID:NE7QfVFR
>>580
いやいや笑わせてもらったからガンガレ

582 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 22:34:20.78 ID:RF9hFZHu
信長の最期は西部警察だったが、新一郎の最期はマカロニ刑事ライクな、あっさり殉職シーンだった
大石、細かいところまで視聴者を、よくわかってるわぁ

583 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 22:38:52.32 ID:0I0FW2jE
http://www.nhk.or.jp/taiga/topics/46_lastrun/lastrun2.html

で・アレですか・・・・・・・・・(萎)

584 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 22:39:48.62 ID:1K/j1o9U
つーか新一郎のモデルの人って史実ではまだ死なないんじゃなかったっけ?
中の人に花をもたせたつもりなのだろうが、捏造は醜いな。

585 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 22:41:34.41 ID:i7z4kcX9
>>583
そのリンク、クリックして、
大石の顔を久しぶりに見てしまった瞬間、萎えたよ。

586 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 22:43:17.12 ID:RF9hFZHu
日テレ/テレ朝の刑事ドラマ+TBSの大映ドラマ+フジテレビのトレンディードラマ÷少女マンガ=功名が辻

>>583
新一郎アッサリ殉職シーンが大石にとっては重いんだよ>70年代


587 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 22:48:02.78 ID:i7iKlelB
>もちろん自ら命を絶つラストも、自分で書いたのに泣けました。

むう

588 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 22:55:44.95 ID:0I0FW2jE
>>587
ここまで脳内お花畑してるのもある意味すごいなw

589 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 23:04:16.45 ID:tTJ/NB/R
>>580

テキストでここまでよくやった!感動した!

読むまで時間かかったけど、解読できた瞬間吹いたぞ。

590 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 23:19:19.59 ID:hzjPnWyY
妻を持ち上げるために旦那を意図的に貶めてるように見える。
本当糞フェミ大河だね。


591 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 23:27:48.19 ID:NdkaYeDH
>もちろん自ら命を絶つラストも、自分で書いたのに泣けました

ぜんぜん泣けなかったんですが・・・・

592 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 23:40:44.11 ID:r6eaNQGW
新一郎が死んだのは一領具足大虐殺の残忍さから目をそらすため、味方からも
犠牲者が必要だったんだよ。
しかし、山内家、バカなことをしたもんだね。同情の余地なし。

593 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 23:42:28.10 ID:QcdHaIKU
>>591
人間、ある程度突き抜けた状況を見せられると、
泣くよりも乾いた笑いしか出てこないからなぁ。
まさか、自殺するとは思わなかった。

594 :日曜8時の名無しさん:2006/11/26(日) 23:50:08.68 ID:cUeJktNv
はっきり言って、司馬原作の大河映像化で納得できたのは「花神」くらいなものだが
今回の「功名が辻」は群を抜いて酷いできだったなあ。大石の原作クラッシャーぶりが十二分に活かされた作品といえよう

595 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 00:31:12.47 ID:GAuF590k
>>572
戦国の女じゃねえよ、千代。

596 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 01:07:28.63 ID:wNcZ1PzB
戦国時代だからねぇ
鎮圧に多少強引な方法も使うだろうし
山内家には山内家なりの切羽詰まった事情もあるんだろうし
まぁでも相撲大会にかこつけて騙し討ちなんざなかなかある話じゃないが・・・

しかしそれをちゃんとそのままやって
視聴者の判断に任せりゃいいんじゃないかね
千代を狙撃させたり、新一郎や六平太を死なせちゃうのは余計というか
製作側がビビってやがる

597 :日曜8時の名無しさん :2006/11/27(月) 01:12:01.72 ID:F/aBeVR4
「お命の持ち帰りこそ功名の種にございます」とか口癖のように言いまくって
たがダンナが戦場でなにしていると思っていたんだ 千代

「アテクシの前でこんな事は許しません事よ」って事だったのか?
と疑問いっぱいでしたよ

598 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 02:36:01.79 ID:+yvOazSc
原作では、虐殺を知った千代が気絶して、その後しばらく無言で過ごすんだっけかな?
夫を責める事は無かった様に思うが、その辺の詳細を書かなかった司馬は
「書かなくとも読む側の想像で補完すれば良いんじゃね」って事だったんでは?
そして読む側で補完すべき内容は「国を治める為には仕方なかったと千代も思った」とか
「今まで戦で勝つ事(人を殺す事)で千代もご飯が食えた」とか、
まあそういう事であって、間違っても
「夫を人でなし扱い」や「おヒマを頂きます」発言って事では無いだろうな。
どうやったらこういう解釈に出来るのか理解不能。
大石ってバカだバカだと思っていたけど、バカな上に日本脳炎にでもかかってるんじゃねーの?

599 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 03:44:09.89 ID:iHDmdAxU
>>598
原作の虐殺後の対話
千代「所詮あなた様には6万石程度の器量しかなかったのです」
一豊「わしが馬鹿で無能だということか」
千代「簡単に申し上げるとそうなります」

なのにな
大石死ねまじで市ね

600 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 03:48:58.19 ID:+yvOazSc
>599
ああ、そういえばそうだったね。
しかしその内容をどういじるとあの脚本になるのか理解出来ん・・・。

601 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 03:52:59.48 ID:GAuF590k
>>599
千代ヒデーw
よく斬り殺されなかったな。

602 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 03:54:57.64 ID:iHDmdAxU
一豊「ぬああでぎいいりじゃああ」

603 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 07:17:22.87 ID:QvkaDZQK
まあまあ皆さん、落ち着いて。土佐は誰が領有しようとも大変だったでしょう。
その重責を負わされたのが山内家だったということ。例えば、徳川譜代の井伊家
が領主になったとしても、やはり一領具足を武力で弾圧する以外になかったと思
われますが、いかがでしょうか。徳川は西国の安定を何よりも心配していた。
島津や毛利はまだ残っていたわけだし。長宗部もお気の毒だったけど、関が原で
西軍に味方してるんじゃどうしようもない。島津や毛利は生き残ったけどね。
その辺の運がなかったのでしょう。武田は滅んだのに、上杉は生き残ったのと似て
いる。やがて260年の時を超えて、遺臣たちは土佐勤皇党となって蘇ってくるの
です。それが歴史の判定です。

604 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 07:56:09.20 ID:VKziBEPm
千代撃たれてなくてワロタ
六平太の死に様ワロタ
くだらなすぎ。どうせならもっと笑わせろ。

605 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 08:25:01.34 ID:EE5rwfIs
山内家は戦いなんて望んでいなかったんだよ
毛皮を着た野蛮な土佐土着の一領具足が攻撃してきたからしかたなかったんだよ
新一郎と六平太という多大な犠牲を払って、種ヶ崎の惨殺をなしとげたんだよ


こんな感じでよろしいでしょうか>大石先生

606 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 08:50:54.84 ID:/xLFZf1Q
>>599
司馬遼太郎のその内容も凄いものだな。

607 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 09:18:52.66 ID:O6lwFAqU
いままでで一番、千代の美化というか演出が強引すぎて驚いたな。
コイツ何言い出してるんだと思った。どっかから受信したセリフをいきなりしゃべりだした
みたいにおかしな倫理観を説いてきて。ああいうシーンは一豊反論しないから
視聴者にもろに押しつけてるけど、あれはおかしいだろ。男差別とか以前にわけわからん。

608 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 10:17:56.55 ID:CRhWM55l
>>605
千代はもとより、一豊も平和な解決を心から望んでいたが、
千代いとおしさのあまり六平太の心に魔が宿って、あの悲劇が起こってしまった。
でも六平太もその非を悔いて自害したから被害者なんだよ。
戦争市ね。

これも加えといてください。

609 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 10:46:16.31 ID:td/AnhRI
何を言ってるんだ>>603は。このスレであの虐殺自体を責めてる奴なんかいたか?
虐殺に関しての大石の描写に不満を言ってるだけだが。最後の辺りは何が言いたいか意味不明。

610 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 10:59:51.94 ID:9NfwxUcY
しっかし、どの辺が「悲劇」だったのよ。「悲劇」なのは虐殺された一領具足側じゃん。
それを新一郎と六平太も一緒に殺して被害者の仲間入り、はないだろ大石さん…。

>>603
>譜代の井伊家が領主に
そもそもこの仮定がおかしくないか?ドラマでは家康が一豊を信頼云々言うてたが、
実際は外様の一角として西国に配置されただけでしょ。一領具足の処理に失敗すれば
代わりの外様を領主にするまでで、わざわざ難しい僻地に譜代の家臣を置くわけがない。
基本的に信頼できる人間は京・大坂以東配置、これは大坂の役以前も以後も変わらない。

611 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 11:16:29.01 ID:9NfwxUcY
新一郎が殺されたシーン、最初槍で死体を突いてる時は良い描写だなと思ったんだけど、
後から刺される時のシーンで新一郎の反応が鈍すぎ。あれ刺されるの待ってんじゃん(w
あとあれは女(役名不明、渡辺哲の娘やってた)が刺した方が良かったんじゃない?
相撲告知のカットでも映ってたし、父親殺された復讐でさ(そして六平太に斬られる)。
意味ありげに映ってたからてっきり伏線だと思ってたのに完全放置とはなぁ。

それから磔になった一領具足(渡辺哲)に矢が刺さってたけど、あれってどうなん??

612 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 11:40:38.17 ID:O6lwFAqU
後ろから不意打ちなんて悪行を女キャラにやらせるわけねぇ

613 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 12:28:15.85 ID:trnBOTS6
>>611
なんかそういう、伏線はどうでもいい感じがする。

614 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 12:39:12.52 ID:cIv0wNHQ
>>611
だよなーあの女の子が
「騙し討ちをするなんてお前達はそれでも侍かぁ〜」
千代に斬りかかって殺そうとするところを
ロクヘイタが立ち塞がって深々と刺され・・・許してくれと涙を流しつつバタっ
女の子もエーン みんなしてエーン 一豊もエーン!

それくらの事も思いつかないとは誰か静に丸薬を飲ませてやれよ


615 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 14:18:25.86 ID:yQqSUFj2
>>614
その方がまだマシだよな。なんで自殺なんだ・・・。

616 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 16:25:17.56 ID:PP/Kmh2X
今回の大河ドラマ、反戦、反戦ばかりが目立つ脚本だね。
関が原でも、戦死者をやたらと出すし、丸で反戦大河だね。
現代の反戦の感覚で、戦国時代を描くとこう悪くなるという見本のような大河だね。
だから、合戦自体も間が悪く緊張感が一つも無いし、関が原なんて、もっと緊迫した描き方がある筈なのにしないのね。

617 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 17:11:43.92 ID:YYSG1Sf4
関が原は、一豊目線で描いているからね。

618 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 17:24:26.09 ID:l9U1KTtD
>>611
渡辺哲は確かに磔なのに、あの死に方はおかしいね。
磔ってぐるぐる体ごと縛るんじゃなくて、手足を大の字にして柱に
括り付けて、槍で左右から交差して突くんだよね。

>>616
関ケ原ウホーランド行ってみ。
入口の横のほうにNo MORE 関ケ原って書いてあるから
ここも反戦だよ、笑っちゃうだろ。

619 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 19:23:58.93 ID:ySt2gvFF
六平太が千代に告白せずに「山内家の為、千代の為…」と言って服毒自殺。
六平太の懐から書状がポロリ。
そこには千代に対する熱い想いが綴られており、六平太のナレで涙を流す千代。
千代「六平太〜!」

その方が良かった。

620 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 21:05:57.79 ID:o8qWJUgT
それにしても今回の一両具足・・・。
長が磔にされて殺されたのに、その実行犯の主催する相撲大会に喜び勇んで参加するのは余りにも不自然
じゃないだろうか?

同じ射殺されるにしても、せめて磔を見た残りの長が仇討ちの為に罠かもしれない一豊の誘いに乗って、
隙を見て反乱を起こそうとしたが、六平太に先手を打たれて無念の全滅。

せめてこの位脚色してくれれば、見終わった後に妙な不自然さは残らなかったんだけど。

621 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 21:28:18.45 ID:4qDEWREt
映画評論家の双葉十三郎氏のお言葉
「物語の登場人物は常識と共にあるか、常識を越えるか、常識の横にずれるかの
いずれかでなければいけない。常識以下の言動では困る、非常識ではマズい」
大石センセイのキャラクターは非常識な人間ばかりです

622 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 22:13:28.51 ID:yQqSUFj2
裏でこんなやり取りがあったのかも。

具足A「相撲大会? ふざけんな。集まったところを騙し討ちにでもする気だろ!」
具足B「こんな手にひっかかると思ってるとは、おめでたいなw」
具足C「まったくだ。がははwww」
少女A「待って、みんな! あたし、山内家の人から聞いたの。
     一豊様はそんな腹黒いことのできる人じゃない、
     律儀一途で、自分が損をしても、他人の為に働いてくれる、
     そういう人だって言ってた。
     きっと相撲大会だって、いま険悪になってる私たちが仲良くできるように
     一生懸命考えて、いい土佐の国にしよう、みんなで一緒にやっていこう、
     そんな気持ちで、手を差し伸べてくれたんだよ。
     信じようよ。信じれば、きっと分かってくれる。
     まず、私たちから一歩踏み出していかなきゃ、ずっと憎みあったままだよ?」
具足A「・・・・・・」
具足B「・・・俺たち、憎しみで、心が曇ってたのかもしれないな・・・」
具足C「ああ、考えてみれば、こんな馬鹿馬鹿しい罠なんかないよな」
具足B「・・・仲良く、できるのかな? 山内の奴らと」
具足A「行ってみるか。まさかいきなり、鉄砲を撃ちかけたりはしないさ(笑)」
具足C「そうだよな。末代まで卑怯者と言われかねない(笑)。信じよう!」
具足B「おお! 相撲の後は、山内の連中と酒を酌み交わせたらいいな!」
少女A「みんな、ありがとう! よかった!」

そして、虐殺。

623 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 22:58:08.61 ID:irlLZw6K
少女A「それに山内家の奥方様は、戦国時代なのに進んだ考え方の持ち主で
    戦がお嫌いなんだそうだよ。山内家は奥方様の内助の功で大名に
    なったっていうじゃないか。だから山内の侍はみんな戦嫌いのはずだよ。」
具足F「そうだな、みんなで心から平和を願えば叶わないはずないよな。
    長が磔にされたってのもなんかの間違いで、相撲大会当日に元気な姿で
    参加してるさ。奥方様がとりなして下さったに違いない。」
具足G「あのさ・・・功名をたてて大名になりあがった山内家が戦嫌いって
    いくらなんでもありえんだろ?」
具足F「いや、山内の殿様は人の手柄やエピをパクって出世なさったって話だ。
    だから大丈夫さ。殿様も筋金入りの厭戦家だよ」
具足G「そうか〜。俺、戦国時代に毒されてたな。話せばわかるんだよな
    相撲大会楽しみだな〜」

そして、虐殺。

    

624 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 23:01:30.95 ID:0gQ0YhVr
 さぁ。大石。
そちの仕事は終わったぞ。
この丸薬で飲んで楽になれ。

625 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 23:15:22.52 ID:CXYw07ma
信長も越前攻めの前に相撲大会を催したように、あの時代は相撲大会=新規採用試験の意味合いが強かったんだよ。
なにも信長直参になれなくとも重臣に召し抱えられたりね。
一領具足といっても一枚岩ではなく、好機があれば新領主に認められて郎党ともども世に出たいと考えても不思議ではない。

という背景をあのボケは見事に描かなかったがな。
何が一領具足は相撲好きだぁ?ざけんな!

626 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 23:19:57.61 ID:iY3KMUtt
>>622-623
少女Aの役を千代が演じてくれれば神脚本認定。
まさに戦国の賢妻と言うべき働きだ。

627 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 23:20:43.06 ID:uZ0IB9E+
ということは具足も身分を保証してくれるなら
一豊に仕える気があったってことか。
そりゃ益々一豊が悪人になるから書いたらまずいだろう。

628 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 23:36:04.79 ID:CXYw07ma
>>627
そうでなければ土佐全土からノコノコ集まってくるわけないきに

一領具足が反抗したのは一豊が無計画に家臣に知行地を大盤振る舞いしたために彼等の土地まで取り上げる結果担ったのが一因

大和大納言秀長のように土佐以上に統治が難しかった紀伊大和を懐柔する器量もなかっただけのこと
秀長は虐殺などせずちゃんと従うものは召し抱えていたからね
召し抱えられた方も秀長の危機には命を張って守り抜いた

629 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 23:44:19.47 ID:yQqSUFj2
最低だな一豊

630 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 23:47:21.04 ID:A3Sl5Se2
>>629
大石はもともとは一豊嫌いだから最低に書いてんだろ

631 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 23:47:53.55 ID:CXYw07ma
今更ながら思うんだけど、あれほどの計画を一豊が思いつくとは考えられない
武士の常識(当時は武士道という概念はなかった)からはかけ離れたものだからね

となると、あの計画を献策した山内家で発言力があって、聡明で、武士でない人と言えばただ一人「千○」

632 :日曜8時の名無しさん:2006/11/27(月) 23:57:59.05 ID:cJkxKCHN
「殿!従わないのなら根絶やしにすればよいことではござりませぬか」てか?
ますますドラマにはできんわw

633 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 00:24:02.57 ID:X2s+3wZi
反乱起こせば処刑されるのが普通
まだ反乱起こしてなければ殺されないのも普通

まだ反乱を起こしていない連中を
反乱起こす前に全部殺しておこうってことだからな
相撲大会にノコノコ集ったような連中にとっては「ちょ、マジかよ!」って展開だ

634 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 00:49:45.36 ID:CcocOIZm
て言うか、袖の下を銃弾が貫通しただけで気絶する女って異常だよな。

「バスッ!(銃弾で穴が開いた音)」
千代「ん、なんだ?今変な音がしたけど・・・」

普通こうじゃね?

635 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 01:30:37.39 ID:bok7BCeo
確かに、六兵太の中の人は芸達者だ。それは認める。
何もかも、ろくへいたが悪いことにしておけばよいってことか。

大石静は、実生活でもなにかトラブルが起こると、客観的な分析をせず一人に責任を集中させるタイプと見た。

636 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 02:32:07.17 ID:F+KdcLB2
反戦思想家の虐殺は綺麗な虐殺。

637 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 02:39:50.20 ID:5pX3Qb6/
>>634
戦争やヤクザの抗争なんかで、衣服に弾がかすっただけで卒倒する人は実際に
いるらしいよ。

638 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 03:32:21.17 ID:dtgEE3AH
しかし、この前の放送を見ると、
家康の言ってることや、ろくへいたの言ってることに説得力があるので、
千代がただの脳内お花畑にしか見えないのだが、

そのへんの脚本の意図はなんなんだろう。
大石先生は、「誰も家康や六へいたの論理には組しないだろう」
と思っていたのか。

639 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 03:39:20.27 ID:6k8+HRhP
六平太は一豊に一領具足を内包する器量なし
と見切ったから虐殺の手段を献策したんだろ?

640 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 03:55:29.59 ID:9KFS4/MO
放送開始後に本スレで「千代が反戦キチガイでウゼー」等の書込みが増えたら、
大石擁護派が「最初はそうでも、この物語は千代が武将の妻に立派に成長して行く話なんだよ」と書込んでたな。
確かに一利あるとは思うけど、物語中盤でも千代から反戦臭がしたよね。
で、いよいよ終盤って時に完全に反戦に目覚めちゃったな。
何が千代が成長する話だよ、何にも変ってねーじゃん、最後まで電波女じゃん。
死ねよ>大石&大石擁護派

641 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 04:02:26.59 ID:F+KdcLB2
>>640
20をすぎてサヨクをやってる人間は知能が足りない

642 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 04:46:23.93 ID:reR3z0gZ
反戦って悪いことなの?

643 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 08:25:48.10 ID:OJ6vyxys
反戦は悪いことではないが、その思想が定着したのはたかだか60年前位
でしょう。一豊の生きた時代はやらねば殺される時代だった。
まして鎌倉時代からの武将だった山内一豊が岩倉で父親が滅ぼされ
生き残った一豊がお家再興のために滅ぼされた仇に下っても仕方ない。
それよりも寧々のように清濁合わせのみ、側室が多くても夫を包み込む
懐の深い女性に魅力を感じる。浅野さんのファンではないが大河史上
太地さんを上回る北政所が出てきた。千代は乱世に生きた女でもなければ
平成のリストラをする夫を熟年離婚する妻よりノー天気。どこが賢妻だよ。

644 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 08:35:29.12 ID:dYggA4qi
大石って、何か揉め事があると悪者に押し付けて自分は知らんふりするんだろな。
恋愛ドラマみたいな登場人物の少ないやつならそれでもいいし、恋愛はエゴむきだしでもしょうがないと思う。

だが、時代劇 特に大河は違う。
殿様の御為に自ら礎となり、死んでいったりした人も大勢いたんだよ。
その一人一人は、不本意ながら泥をかぶって、ある意味殿よりも大きな仕事をしたのにもかかわらず、黙って墓場まで秘密を持っていた人もいた。

予算がなくて、合戦シーンができないことは良くわかった。
だが、千代ばっかり見た目も中身も若くて、変。
千代は頭が良いのだから、そういう家臣たちの気持ちをもっと汲み取ってやるべき。
年老いることは、良いことなんだと思わせるような演技をさせるようなドラマを書いてほしかった。

仲間ゆきえさんも、「老け役は嫌」なのはわかる。だが、自分を殺して相手を光らせるという演技ができれば、
ドラマも生きたのでは。そのことは、女優としてプラスになるに違いない。

645 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 10:13:50.64 ID:H/N29iMK
ゆとり世代にあやまった歴史がどんどん注入されてく・・


646 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 10:29:34.29 ID:PZzKJpiX
>大石って、何か揉め事があると悪者に押し付けて自分は知らんふりするんだろな。

漏れ聴こえてくるコメントだと、どうもそういう傾向を感じるね。
こないだの「考証の先生に聞いたらありだと言われた」とかとか。
普通、言う必要のないことでしょ。

647 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 10:39:46.28 ID:cVr26Rjl
ところで、千代が一豊のためにやったいいことって

・馬購入資金(といっても津川が貯めた金であって、千代が貯めた金じゃないよな・・・)
・東軍参戦の意思表明の手紙

・・・あと、なんかあったっけ?マジで思い出せないのだが

648 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 11:44:37.43 ID:HKHp8jJ+
>>644
仲間ゆきえさんも、「老け役は嫌」なのはわかる。
だが、自分を殺して相手を光らせるという演技ができれば、ドラマも生きたのでは。
そのことは、女優としてプラスになるに違いない。

自分を殺して相手を光らせる演技は、もうNHK演出も、大半の脚本家も描こうと致しません。
この現状は、あと数年、もしくは大河枠滅亡まで続くことでしょう。
この作品で、また一歩その路線を確固たるものとした。

649 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 11:53:45.67 ID:ck6I7kTg
結局CMいっぱい持ってる女優を起用するとこうなる
菜々子の件をやっぱり繰り返すハメに。


650 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 12:44:21.16 ID:r/gJJfhQ
ちゃんとブラックな面も持っているネネや復讐にいきる淀とか個人キャラ設定はいいんだけど
話の持って行き方がorzな脚本ですた。

651 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 13:11:12.35 ID:B8TqM1MM
三成とできてるのかできてないのか

652 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 13:15:37.60 ID:IDVMLzCB
>>640
まだ本スレに、大石援護派はいるの?本スレ読んでいないから、わからん・・・

653 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 16:05:24.04 ID:RECpSSBD ?2BP(5)
>>648
ソノ前にネネサが変わってないお

654 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 22:00:35.61 ID:X2s+3wZi
土佐拝領から種崎浜までが原作だと四巻の半分
全体の八分の一あるんだよなぁ
一豊が土佐でずいぶん苦労したり、千代とも色々意見を交わしてた

大河だと二回くらいで大急ぎで済ませて
それを千代が撃たれたり、六平太に費やしちゃった感じがなぁ

655 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 22:58:11.81 ID:Y0pj9bVW
まあそもそも本能寺までが長過ぎだよな。

656 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 23:36:58.28 ID:y98Qqh+S
>654
それ以前に信長と濃と光秀のドロドロ関係に費やしすぎたしな。
原作にはまったく関係どころかかすりもしない話なのに。

……で、結局あの三角関係脳内ピンク物語は、結局なんだったんだ?

657 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 23:43:28.65 ID:L4Y11n9f
思うんだが、大石静は千代に自分を投影して脚本書いてないか?
綺麗で頭もよくてモテモテで人間としての汚い部分なんか全然なくて、
ひたすら夫のために尽くす良妻賢母。

…うわっ、気持ち悪いな。

658 :日曜8時の名無しさん:2006/11/28(火) 23:50:45.54 ID:2/iq5zLR
もの書きっていうのは大概そういうもんじゃない?<投影
そんでヒロインひとりモテ状態にして、ドラマという仮想空間を
楽しむ。
池波の真田太平記だって、お江への作者投影が鼻についた。

659 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 00:03:38.55 ID:g5uzN1wv
原作のエピソード切り刻んで時系列に沿って整理するだけで良いのに、
なぜ大石は余計な思想を入れたがるんだろうか?

660 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 00:07:45.04 ID:EbYxStR6
>>656
なんか、その三角関係脳内ピンク物語とか、
光秀の最後の場面に一豊が顔を出すとか、
何で入れたのか良く分からない事がちょくちょく
あるなあ。
単に、脚本家が「いいな」と思って付け加えただけの
ような気がしてきた。

661 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 00:51:02.05 ID:gFUgnsV6
>>660
鎌田:原作の後の時代を創作(武蔵)
金子:3つの異なる原作者の作品を一つに纏める(義経)
大森:原作の前の時代を創作(風林火山)

この3人に比べたら、遥かに描きやすいと思うのに
なんであんな支離滅裂な脚本になったんだろうか?<大石

662 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 01:08:14.26 ID:CIJ699Fn
毛利元就だとこの辺のラストスパートは本当に凄かった
隆元暗殺容疑で赤川元保を幽閉しておきながらその赤川を謀略の道具として使う元就怖杉

663 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 03:02:47.50 ID:rkQxMtaa
一豊がスパートしてねぇもん

664 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 06:40:46.75 ID:klWNxoY/
>654

大石が、「田舎暮らしがイヤイヤ」な人だからでは。都会でトレンデイなやつしか書きたくないんだろ。ぜんぜん土佐を愛していない。
土佐の人が怒るだろうよ。だって、土佐の人虐殺されてばっかりじゃんか。

まるで、「土人」待遇だよね。野蛮人は氏ねといわんばかり。

665 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 14:01:48.93 ID:cCugj1qu
歴史学ぶ、それらへ興味を持つ機会を奪うどころか
ルールを改竄して反戦とかやっちゃいかんわな。

歴史への興味や歴史の連続性への認識そのものを削ごうとしてる様にしか思えない

近年のNHKは。

666 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 14:07:07.22 ID:haZj1ATg
俺も大石嫌いだが>>664は言い過ぎっていうか単なるイチャモン。
こういう奴がいるから大石サイドも「自分達に文句言ってるのはバカばっかり」と
思って真っ当な批判にも耳を傾けないんだろうな。

667 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 16:35:48.22 ID:2HJ7xZ8f
新一郎あぼんはお涙頂戴のための捏造で桶?

668 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 19:08:25.26 ID:Ubb4HP8O
>>666
もし本当にそうなら、かなり頭が悪い人だな

669 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 19:50:45.01 ID:+gmfKXqX
>>668
自分の糞脚本に泣いちゃう人ですから

670 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 21:42:51.87 ID:hiITsBuO
架空の人物が「好きだ!」(服毒自殺)
これ大河ドラマかよ・・・最悪

671 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 23:32:37.03 ID:Rf3mlnEk
六平太は自分なりの信念を持って虐殺計画を立てたんなら
生きてその後の批判(千代の悪口雑言?)にも黙って耐えた方が
まだしも男らしかったかもね。あそこで六平太が自殺することで、
山内家(もしくは千代)のためになることって何もなさそうだし。
(虐殺は六平太の一存で、山内家は知らなかったでは通るはずもなし)

千代も、(新一郎の死は創作とはいえ)虐殺事件の巻き添えで死んだ
新一郎の亡骸に向かってお家のためによくやったと涙ながらに誉める父の前で
「これが山内家のやり方ですか!」の捨て台詞はないよね。
ちゃんと悼んでやろうよ。仮にも領主の正室なんだからさ。




672 :日曜8時の名無しさん:2006/11/29(水) 23:58:25.56 ID:wfDu1h7R
前にもでていたけど、自分の旦那が殺人をして勝ち残って今の生活があるのに、
その辺り何も考えない千代が分からん。

673 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 00:14:26.88 ID:qQ6z4aJm
 千代の用立てした金で買った、せっかくの名馬。
あの一回しか出てこなかったね。

674 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 00:15:16.48 ID:IyMU92dV
明治 大正 昭和と、戦争することでしか国家の自立を維持できない帝国主義の時代に
先人たちが戦争をしまくったから今日の国際的地位があり、
それゆえに今、我々が豊かな生活を享受しているのに、
先人の戦争批判しかできない平和主義者とおんなじだ。

675 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 00:58:51.09 ID:urxjoO9M
肉を食いながら家畜をさばくのは野蛮だと言ってるような人みたい。

676 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 01:13:12.81 ID:OJv7bpLP
お肉になったものは美味しくいただいてあげるのが幸せです。
それはそうと、食肉業者って残酷。

677 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 02:35:59.61 ID:O4cdtIXM
旦那や旦那の家来が戦で人を殺し勝ち、勝利で得た収入で自分は良い着物を着て旨い飯を喰い、
良い屋敷に住んで綿が沢山つまった柔らかくて暖かい布団で寝て来た千代。
ガキの頃ならまだしも、いい大人が何をトチ狂った事を・・・。
夫のした事が不満なら、不平不満を周りにぶつけるのではなく、自害で果てて抗議すればいいのにな。
つか、ホント、死ねよ>千代

678 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 04:12:45.03 ID:7lojhAaE
> つか、ホント、死ねよ>千代
もう死んでる

大石氏ね

679 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 05:34:48.10 ID:12QiJ0mL
時宗以来の反戦電波を受信しますた

680 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 08:33:02.16 ID:LXoju2Wy
>>679
しかもこの反戦電波は、ただうるさいだけで質がえらく悪いな。
このドラマを見て、反戦意識を刺激される人って絶対にいないだろうな〜。
これって「わめいている」だけで「訴えていない」しね。

それはそれとして、今度 硫黄島からの手紙でも見に行こうっと。

681 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 08:42:14.67 ID:uu/IlGxC
つか、今の価値基準で戦国物を描こうとしても無理が出る
一豊の功名も千代の生活基盤も戦で成り立っていた訳だし

682 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 09:09:03.47 ID:/nrmV1hV
>>679
それでも「時宗」は好きだが「功名」は嫌いだ、俺
どう違うんだ?

683 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 11:42:29.23 ID:vrb3pxC0
>>671
いや、そこは新一郎が死んだことも含めてだと思うよ>「これが山内家のやり方ですか!」

あれだけの粛清をやれば、普通は巻き添えで家臣が死ぬことも予測出来るはず。
六平太が新一郎を去らせようとしたのも、それが予測出来ていたから。
ところが一豊は、そういうのを覚悟の上で決行したようには見えない。
その気になれば、最初から現場は六平太に完全に一任して、
命令で築城現場に新一郎を来させることも出来たろうに。
現に千代にはそうしているのだから。

今回、六平太だけ死んだんなら「虐殺の責任を取りました」で完全に済んだものが、
新一郎まで死んだことで、それでは済まなくなってるからね。


684 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 13:16:50.19 ID:AxR4NsDk
>>682
自分は>>679じゃないけど
時宗は「争いはいやだなあ」鬱オーラを発してるだけで
主人公はやむなく謀略・暗殺・戦闘を命じて権力闘争を
乗り越えていく。大体、無責任に他人を非難したりしない。
功名はグダグダの理想平和論を千代に語らせて
しかも一豊に納得させてるから、避けられない歴史上の
有名シーンで言動がちぐはぐになってる。
だから
時宗は「日曜の晩にテンション下げんなよ」とは思っても
「まぁこの立場は大変だよな」とそれなりに共感するだろうし、
功名は「引っ込んでろ被害妄想女」の不快感が強いのでは。



685 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 13:41:04.08 ID:OJv7bpLP
>>683
> あれだけの粛清をやれば、普通は巻き添えで家臣が死ぬことも予測出来るはず。

なんでやねんw
騙し討ちにしたんだから、油断さえしなければ味方の被害は
限りなくゼロに近くできるはず。
正面から正々堂々討伐した方が、なんぼ被害が増えたか知れん。

686 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 14:37:26.72 ID:K69+6Myc
>>683
新一郎を外そうとしたのは、彼の将来を考えた六平太の思いやりでしょう。
(主命とは言え)目的のためには手段を選ばない卑怯者という評判でも立てば
山内家という組織の中で出世する時に致命的な傷になるから。
そして、今回新一郎が死ななくても、山内家の名前を触れを出して開催した相撲大会で
山内の兵を使って虐殺を行ったんだから、六平太だけに罪を被せることは不可能。

六平太も、新一郎の将来まで見通せるなら、山内家の将来(の悪評)も見通さないと
不自然だよ(徳川家からの圧迫でやむを得ずとった非常手段という説明では無理)。







687 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 16:42:40.30 ID:w7QzjZb6
千代が一領具足の武力征伐に反対で
種崎浜の虐殺に怒る反戦平和主義者なのも
「反対するなら私も殺しますか」「これが新しい山内家のやり方でしょう」
などと電波を飛ばすのも
全ては原作通りです
この件について文句を言うなら天国の司馬ちゃんにお願いします

688 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 16:58:20.39 ID:L8OnYdNr
そういう微妙な誤解を生むような発言はやめてくださいね

689 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 17:50:53.84 ID:GXtucsgn
>687
そのあと

千代「所詮あなた様には6万石程度の器量しかなかったのです」
一豊「わしが馬鹿で無能だということか」
千代「簡単に申し上げるとそうなります」

こういう風に繋げるなら構わないさ
問題はなんで家出するんだ?
戦国時代に女が自分の意思で出て行くなんて聞いた事がない

大石電波ババァ 早く逝って下さい。

690 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 18:32:44.43 ID:xn2pPKKi
現状なら大石静より尾崎将也のほうが100倍くらい面白いモノを書いてくれるだろう

691 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 18:35:56.58 ID:8mp53mGg
さ あ 、 も り あ が っ
                  て
                     ま
                       い
                         り
                          ま
                           し
                           た


692 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 19:47:54.40 ID:AxR4NsDk
体は…  じゃないやイントネーションは正直だなw

693 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 19:57:10.34 ID:kJVhWSo3
>>690
大奥では浅野妙子より尾崎将也の方が評判よかった。
女は私情はさんだりヒロインに自己投影させるから駄目。

694 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 20:09:28.30 ID:AxR4NsDk
脚本にしてもリアルにしても
男(オサーン)のオナニーは失笑で済むけど
女(オバハン)のオナニーは痛々しい
やはり素で100%自己投影してるからなんだろうか…

695 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 22:35:43.13 ID:iSS9dIom
>>687
原作版千代も文句は垂れるけどそれと同じくらいの頻度で状況打開の策を一豊に献じてる。
わずかな例外のぞいて狭量な一豊がことごとく握り潰しちゃうけど。
虐殺イクナイ!の一点張りなドラマ版千代とは別人です。

696 :日曜8時の名無しさん:2006/11/30(木) 22:44:26.92 ID:LXoju2Wy
>687は、自分の国語の読解力が相当ダメなことを自覚していない人とみた。

……大石の場合はおそらく、原作を読んでいても
自分の萌えポイントしか拾う気がなかったのだろうが。

697 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 00:42:17.33 ID:9OgqgBbZ
司馬先生は土佐郷士贔屓で
山内家や一豊を嫌いだろうから
千代に司馬先生自身の気持ちを代弁させて一豊を批判し
一豊を凹ませてやりたかったんだよ
「ワシが悪かった、ワシが無能で馬鹿だった、もう許してくれ、ヒィ〜」
と一豊に言わせて自己満足したかったんだよ

そういうところを察してあげて
作家のオナニーを優しく見守ってあげないと

698 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 08:26:44.37 ID:mSpDOvNu
しかし、原作者の「願望」がこれほど反映されたドラマも珍しい。
反戦主義の自慰行為。

699 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 11:41:46.21 ID:eKxPGGJ/
原作者?

700 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 11:59:34.57 ID:QdS/x+us
脚本家(大石)もしくはNHKの意向ということでしょ>反戦
原作者(司馬氏)は戦国時代に反戦を持ち込んだりはしないので。

701 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 14:48:35.00 ID:z7AC4UM/
原作+脚本家の願望(妄想?)+脚本家の現代的価値観


702 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 17:46:53.44 ID:DHkbonzK
ああ、オレやっと今気付いた、功名が辻って種ガンダム臭がしてたんだ・・・

703 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 19:45:02.20 ID:rpGOHzBA
司馬先生が(戦国で)反戦とか死人に唾吐くやつだな

704 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 21:00:16.48 ID:DgDvXB1h
>>702
ものすごく納得した
脚本家がダメにした点からして一緒だね

705 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 21:30:20.72 ID:YT68h1ei
ふたりっ子は面白かったんだがなぁ・・・

706 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 22:44:44.12 ID:tJ3ngLeu
>>700
反戦なんて言ってるのは原作読んでないか内容理解できてないんでしょうな。
嫌戦はあっても反戦はないだろうに。

707 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 23:10:38.45 ID:lsAXUMt8
じゃあ、大河の他の脚本家が功名が辻描いていたら、どんなふうになっていたと思う?
金子成人だったら、複数有る司馬遼太郎原作のエピを適当につなげて、それなりのドラマに仕上げそう。
三谷幸喜は、そもそも原作付きなら引き受けないから、除外。
竹山洋は・・・・あまり大石と変わらんか・・・・

708 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 23:14:08.00 ID:kwu2K1bo
>697と>698の低レベルな読解力が信じられん。
どこをどう読んだらそう解釈出来るのか。

司馬遼太郎作品は初心者向きなものばかりなのになぁ。

709 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 23:28:37.08 ID:4YLjK1XI
 おまえら、司馬作品は、
エッチシーンだけ読んで、あと飛ばし読みしてるだろ。












 実は、な。
俺もそうなんだよ。

710 :日曜8時の名無しさん:2006/12/01(金) 23:31:35.45 ID:8YJansuI
>>707
大石だったら司馬遼太郎原作のエピを適当に自分の解釈にしてつなげて

とんでもない反戦、史実ほぼ無視(脳内解釈で補完)、原作超解釈の超クソ大河を作ってくれるんじゃあないか?

711 :日曜8時の名無しさん:2006/12/02(土) 00:22:45.22 ID:l1zOme0H
「国盗り物語」「花神」の大野靖子の脚本は良かったよ。
司馬氏のいろんな小説を上手く繋ぎあわせて、原作の雰囲気を損なわず
破綻なくまとめ上げてたと思う(だから女性の大河脚本=ダメだとは思わない)。
戦国時代を扱うからといってNHK大河で戦争を賛美するわけにはいかず、
脚本家は苦労するのかもしれないけど「戦は嫌い」「戦はよくない」みたいな
安直な表現はせず、「戦乱の世をこの手で終わらせたい」(光秀)
「乱世を統一したい」(信長)という風に言わせていた(原作にある表現かどうかは未確認)。

大野脚本に不満があるとすれば、放映された時代が古いせいか
登場する女性の発言が今の感覚で聞くとあまりにも古臭く感じることくらいかな。
「好いた殿御と一緒に死ぬのが女の幸せ」(お市)みたいな。

712 :日曜8時の名無しさん:2006/12/02(土) 02:06:49.94 ID:dhJazyE7
そりゃ「千代が一豊の一領具足への対応に批判的だった」って史料がないのなら
千代にああいうことを言わせてるのは司馬さんの意思だろうけど

713 :日曜8時の名無しさん:2006/12/02(土) 03:40:57.52 ID:p8NHLumI
案外史実では「旦那様、もっとおやりなさい、容赦していては家康様に
つけこまれますぞ」なんて千代が焚きつけていたりしてな。


714 :日曜8時の名無しさん:2006/12/02(土) 19:27:07.53 ID:4xwjOMg9
来週の土スパは電波妄想お花畑ネタ炸裂ですか?

715 :日曜8時の名無しさん:2006/12/02(土) 19:31:17.36 ID:5yxEtDCY
大坂の陣のとき毛利勝永に「存分にやれ」と焚き付けてんだっけ?w>史実千代

716 :日曜8時の名無しさん:2006/12/02(土) 21:54:06.64 ID:ZEgC1dnS
>>715
ちょwww それ行きすぎw

どこぞの資料にあった話しなんだが、
毛利勝永は関ヶ原の戦犯として大坂の陣 前夜で山内家に人質に預けられていたそうな。
山内家では家風からか、領内も自由に出歩けていたくらいに優遇されて、勝永自身も恩を深く感じていたのだけれど
豊臣家がいよいよ家康に叛旗を翻すこととなったとき、豊臣家への忠義と山内家への恩義との間に板挟みで悩んでいた。

そこへ千代がいらんこと……もとい叱咤して大坂へ送り出したのだとか。
「山内家のことなどお捨てなさい。あなたはすべき事があるのですから」と。

……まさか千代も、一時的とはいえ家康を追い詰めるほどの大活躍を
勝永がするとは思っていなかったりしてw

717 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 00:21:33.95 ID:tUF+QCQ9
>>712
そりゃあ、アンタ
「平凡なダンナを賢い嫁さんが助けて成功させる」って物語なんだから
司馬さんが好意を持ってない行いに関しちゃ
「千代は反対でした、でも調子こいた一豊が無視したんです」
「千代は知りませんでした、一豊が黙ってやっちゃいました」
ってことにするだろうよー

718 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 00:35:19.14 ID:7KLds0nj
>>714
今こそ抗議のメールを炸裂させるのだ

719 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 00:46:17.62 ID:tLZu81qt
一領具足の虐殺でさえ色恋沙汰を絡めるのは勘弁して下さい。
今年の大河は少女漫画です。

720 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 01:00:39.73 ID:YL2FkIv6
取捨選択がヘタ

721 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 02:14:35.36 ID:hvdR6ft/
誰かに似て無いか?

「嫁」=シリーズ構成&脚本家の両澤千晶の事。ガンダムSEED(通称種)シリーズの福田監督の実の嫁。
同人上がりの素人で監督と家で作品の話をしているうちにそのまま縁故採用。
ちなみにフリーで福田監督の作品以外(アウトロースターの1本除く)は主婦。
福田監督曰く「彼女は天才」らしいが何が天才なのかは誰もわからない。
脚本家として勉強を積んだわけでもなく実績&実力はゼロ&素人のため遅筆。
SEEDでは他の脚本家の本を嫁が目を通して修正する仕組みのためプロの脚本家は軒並み降板。
プロ脚本家に「あなたにアスランの台詞は書けない」と罵倒したとかしないとか。
脚本チェック&担当回の脚本で製作は遅れ、過去のシーンの使いまわしが多く嫁担当回はモノローグの総集編になる。
メカやSFオンチのためMS戦は描写が一切なく現場まかせ。
同じ脚本担当の大野木氏によれば「MSがブロブロ飛んでくる」しかも重度の801のため国語力がなく
何をキャラに喋らせてるのかわからない。しかも日本語がおかしい。
あわせてアフレコ現場に現れて演技指導も行い、現場で意見した声優は軒並み登場シーンが激減、
最終回でもカガリ役の進藤氏は不仲となり出番なし。
主人公がシン・アスカから前作のキラ・ヤマトに変更されたことは、
福田監督がキラを自己投影しているのもさることながら、
アフレコ現場でシン役の鈴村氏が嫁に意見したことで出番激減の噂がある。
ちなみに種初期は影でプロのベテラン作家に構成を依頼していたため8話位までならまだ見れる。

722 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 03:41:40.74 ID:pm42sGvB
戦国時代を舞台にしているからではないが
チャンバラや真剣勝負は「拙速」が肝要だ

しかし他人様に喜んで貰う脚本は「巧遅」では困るが
「拙速」もとい「拙劣」では迷惑

723 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 10:14:08.58 ID:KN2wALLr
今夜も色恋炸裂ですか?

724 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 10:45:19.03 ID:EfoSu8tP
>>721
大石は現代劇ではふたりっ子などの実績があるし
実績0の香具師と一緒にされては困る。
功名はエピソード自体の少ない愚将の話と
アカでDQN展開の好きな大石の起用が重なって起きた失敗。

725 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 11:36:44.71 ID:tLZu81qt
>>721>>724
簡単に言えば、戦争をテーマにしたガンダムを腐女子向けに改造してしまったって事でしょ。
確かに巧妙にも当てはまるんじゃないかな。

原作は平凡な夫を巧みに操る賢妻の物語なのに、大石のはこれまでを見る限り「千代を中心にした戦国を生きる者達の恋愛ドラマ」だものね。
好き嫌いは分かれるだろうけど、1年を費やして大河枠でやる内容じゃ無いと思う。

726 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 14:43:36.71 ID:ahkuPCf7
>>725
胴衣胴衣。
しかも恋愛ドラマにしたところで好きになれそうなカップルがいないなー。
淀と三成なんてぜんぜん・・・ガラシャと忠興のシーンに期待してたけどアレだけだしw


727 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 15:27:44.47 ID:wwjBC7zT
60くらいのジジイが48歳のババアに告白ww>千代×六平太

728 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 15:47:18.61 ID:WGqxVyHw
千代とラクスの共通点

「反戦最高」の旗を振り回しながら大量虐殺
その自覚はカケラも無し

729 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 15:48:47.21 ID:DFazEJ2W
48才にもなって、己の業も理解出来ないバカ女って、見ていて痛いよね。

730 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 15:54:07.74 ID:DFazEJ2W
>728
ラクスの方がまだ現実を直視してる分だけマシかも(己が戦争に加担してる事を自覚してるっぽい)。
千代みたいに、連れ合いを戦争犯罪人呼ばわりしないからねえ。
原作の千代>>>>>ラクス>>>>>大河の千代(救い様の無い反戦ドキュソ女)
大河の千代って、イラクの三馬鹿のあの女にそっくりじゃね?

731 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 17:03:13.39 ID:O+c11Zml
この際、史実や原作はどうでもいいから、千代と六平太が幸せになって終わらせてやれ。

732 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 17:32:43.38 ID:PtuYd0oG
>>731
嫌だ!

733 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 18:06:33.10 ID:Pj64GW2f
いま思ったけど、六平太は土佐に来る前に死に、
彼を失った一豊が不器用に強行したのがあの騙し討ちで、
その無理な謀のせいで、囮役みたいなのをしてた新一郎も
巻き添えで死んだとかの方が、今に繋がりやすかったんで内科。

734 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 18:07:10.29 ID:n31mBo4b
>>727
確かにキモイねw
しかも六平太の台詞が「死ぬ時は好きな女(千代)の腕の中で・・・」だもんな。
まるで大河というより宝塚みたいだ。

735 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 18:13:48.97 ID:9fCfMNuv
今の年令設定って48歳なの?

ぜんぜん老けてないですやん

ナナコに続いて老けメイク拒否ですか?

736 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 18:14:22.16 ID:O+c11Zml
>>734
ベルサイユのバラをやってたって、1年間、気がつかなかったのか?
毎週火曜日夜9時から「功名が辻フランス革命版」をMXTVでやってるぞ。

737 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 18:36:20.47 ID:6VQmNOYZ
>>735
外見だけでなく話し方も若いままだから先週は犬がキャンキャン吼えてるみたいだった。

738 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 20:43:52.42 ID:yh/BMIFZ
井伊直政があんなに元気でいいのですか?

739 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 20:45:17.48 ID:6cm7OWhV
淀とかもういいよ・・・
大坂の陣とかイラネ

740 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 20:46:15.36 ID:tAlx5LuV
無理に虐殺を正当化しなくても
戦国時代と解釈が違うとでも
でたがりなナレーションにいわせりゃあいいのにな

741 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 21:16:52.67 ID:ehXyClBU
時系列的に今日のラストでは井伊兵部大輔直政は死んでるんだよな。
なんか次回も涼しい顔して登場しそう。

あと今日の「家康家臣」、本多正純あたりにしてあげなさいな。
名無し家臣なのは哀れ。

742 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 21:18:00.62 ID:rgzCWPrl
ドン平が回想っていつ死んだ?

743 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 21:24:48.86 ID:LYg1o8H2
もう今日は尺併せ見え見えで愚痴る気にもならなかった
回想入れて、そういえば拾は?というリクエストに答えて
1話の話といえばドッキリ復縁と家康如水の時代考証コーナーと高知城完成・・・

最終回近いのに千代の大人物らしさが無くなるエピ入れて
もうやっつけ仕事だな・・・



744 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 21:34:10.55 ID:O+c11Zml
征夷大将軍〜大坂冬・夏の陣までを来週一回で済ますな。
もう1年つづけろ。

745 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 21:34:57.06 ID:6VQmNOYZ
>>743
家康と如水のやり取り、酷かったな。あんなあからさまな言い方する訳ないだろう。
一見、普通の会話に見せかけて家康が如水にチクチク嫌味を言って、如水も
やんわりと反論する。そんなやり取り、大石センセには無理だろうな。

746 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 22:10:21.22 ID:5b3sQWWE
>>743
愚痴る気にもなれない・・・確かに。

747 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 22:49:05.77 ID:mUeskqWi
今日は、大河ドラマ史上、いや歴史ドラマ史上最大の汚点ともいうべきシーンがあったのですが、
もう皆さん散々議論され尽くしたのですか? 

748 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 23:04:57.66 ID:pm42sGvB
今週末の土スパに「秀吉没年間違えるな!」メールを送ろう

749 :日曜8時の名無しさん:2006/12/03(日) 23:15:07.28 ID:XsRsT08h
>>743>>746
なんかもう乾いた笑いしか出ないよね。
来週も今日みたいに大石の理想とする夫婦像をダラダラと見せられて終わりなんだろうな。

>>747
浅野のアレの事?もしそうなら今年の大河では全く瑣末な事です。

750 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 00:37:16.14 ID:xX/sdy0w
伊達政宗と約束した50万石に全く触れずに…。
一豊は最も信頼できると50万石与えれば…と持ち上げるだけ持ち上げる。
誰ですか、この家康。
淀も酷いが、高台院なんて見てるだけで吐き気がしてくるわ。
土スパには、賛美メールばかりが紹介されるのでしょうね。

751 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 01:20:06.33 ID:rBQk+Rvg
種崎浜の一件は、忍者に「千代が好きだ」と言わせる目的がメイン
だったんじゃないか?と疑いたくなる描き方だったけど、
今週の放送で家康が解説していた「土佐を早く鎮めなければならない
理由」とか、ああいった素材をうまく使えばまた違ってきてたような気がする。
良く分からん理由で登場人物を一気に二人消すよりは、脚本の書きがいも
ありそうだがなあ。

752 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 01:31:43.71 ID:jSRU4OV8
今日の大石脚本を元に歴史を改竄してみた

豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし、/とよとみ の ひでよし、天文6年2月6日(1537年3月26日) - 文禄2年8月18日(1593年9月18日))は、日本の戦国時代から天正時代(安土桃山時代)にかけての武将・戦国大名。「豊臣秀吉」の読み方については「豊臣氏」を参照。

こうなるのか 秀頼生まれるのか?

753 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 01:34:54.21 ID:8VE0zY0N
そお?
なんとか虐殺を正当化しようと取ってつけてるようにしか見えなかったけど。
黒田如水なんてその為だけに再登場させられた気が。

754 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 01:45:24.65 ID:jkRRyn4L
如水と家康のやりとりは
司馬遼太郎の「播磨灘物語」や「関ヶ原」だと

如水の九州平定の功への恩賞について家臣に尋ねられた家康は
「何のためにやったんだか」と言っただけで無視
それを伝え聞いた如水は苦笑
上洛した如水と対面した家康は、全く関係ない雑談をした後
ふいに九州での働きについて隠居領と官位を与えようかと言い出すが
如水はもう浮き世に何の欲もないと断る
その後、逗留する如水の元に多くの人が訪ねて来るようになると
山名禅高が「このように人を集めていると、何か野心ありと疑われるのではないか」
と忠告しに来た
禅高の背後に家康があると見抜いた如水は
「野心などあるものか。もし野心があるならあのとき〜していた。
 そうしていれば天下はどうなっていたかわからない。それほどの俺が」
と激怒して見せた
家康は如水の真意を知り安堵した

755 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 01:45:31.63 ID:rwBEsZWH
大石静は、戦国物には向かないだろうな。ただ、今年度大河は千代と一豊のラブストーリーの側面もあり、その点は大石でも十分なので、全作品を見ることが出来た。

756 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 02:38:33.89 ID:YilNrmCP
>今年度大河は千代と一豊のラブストーリーの側面もあり
吐き気がするわ、お前は両澤千晶か?

757 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 02:54:34.67 ID:i4vMnKg3
さっそくですがおまじないです。恋を語らず何を語?とゆう世の中ですがこのコピペ必ず5つのスレにかきこんでください。あなたの好きな人に10日以内に告白されます。嘘だと思うんなら無視してください。ちなみに、あなたの運勢が良かったら5日以内に告白&告白OKされます。

758 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 05:35:41.67 ID:Nrn3shlP
ラブストーリーにしては稚拙だったな。
漫画家の高橋陽一と同じレベルだ。

759 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 07:57:47.47 ID:67t3IgXp
>>758
高橋陽一といえば、ますます小顔化が進んで、みんな十頭身だな
どんな生物だよ......... 横道スマソ


760 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 09:29:22.96 ID:pOb3eIHs
>>754
一豊なんかより如水のドラマの方がおもしろそう・・・

761 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 09:43:09.48 ID:3HKQLb6m
>>755
大石は戦国ものだけじゃなく「原作付きの時代物全般」に向かないよ。
取捨選択が下手で原作の持ち味を上手く伝えられないどころか別物にしてしまい、
原作ファンをガッカリさせるばかりか、歴史ドラマですらなくしてしまい歴史ファンも
がっかりさせるから。(これは時代設定を借りた恋愛・ホームドラマだよね。
しかも時代もののいろいろな制約があるせいか、恋愛・ホームドラマとしても出来がよくない)

762 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 09:54:46.68 ID:88xrc0ER
ここって自演スレ?

763 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 11:22:08.16 ID:FWbhW+4T
>>761
話をブツ切りで挿入して視聴者を混乱させる新手法なのかもしれん。

764 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 11:25:38.53 ID:w/yWw4GN
>>754
1年間の幽閉生活のみ大河ドラマでやるとか。


765 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 11:49:53.54 ID:zPf2Ch+e
そーいや、伏線っぽく医者になるって上洛していった祖父江の次男って放置で終わり?

766 :山本勘助:2006/12/04(月) 13:37:04.37 ID:18fRnJ0z
浅野ゆう子の高台院のせりふ「うちの人がなくなってからもう10年」ってミスなら、ちゃんと訂正しろ!こんな初歩的ミスを見逃すようじゃNHKも終わりだ。

767 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 16:29:59.17 ID:U02HcqUf
あのシーンは寧々のボケが始まってるという描写でもないだろうし
秀吉が何年に死んだのか、秀吉が死んでから何年後の話なのか等を
よく考えないで台本書いてるって事でしょ。
脚本家がそんなんじゃ、まともなドラマになるわけないよ。

768 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 16:52:26.65 ID:3HKQLb6m
しかし、数字・年号とか事実関係とかそういうことを校閲するようなシステムって
NHK大河にはないのかねぇ? 小説の原稿とかだったら「死後10年とありますが、
先生は何らかの意図(それこそ寧々のボケとか)があって10年とされたのでしょうか?」
と編集部からやんわり問い合わせが来そうなもんだがね。

769 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 17:52:40.91 ID:akzxcJes
台本にそう書いてあったのか
それとも浅野がミスったのか
どちらにしろ誰も気付くヤツはいなかったのか?
NHKオワットル

770 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 20:13:42.22 ID:Bk1vp5Or
今日、おもいっきりテレビで、千代の事やってた。
山内家では一豊を「かつとよ」と読み、一豊の妻の名前は未だに不明なんだとか。
千代は康豊の妻の名前で、間違って世間に広まったらしい。

771 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 20:44:48.02 ID:TbMi1X5r
やっぱり聞き間違いじゃなかったか、10年という発言。
生没年まで操作し出したのだろうか・・・。

772 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 20:58:41.29 ID:b/+qGwX1
「千代」
「ひゃ〜〜〜〜〜!」

「千代」
「ひゃ〜〜〜〜!」



「オユルシクダサリマセ・・・」





('A`)

773 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 20:59:13.13 ID:NoKAJZP+
実は伏線です
来週その謎が明かされます

774 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 21:13:03.85 ID:StmPSbI4
>>763
案外効果的な手法かもしれん。効果が分からないがw

土佐が静まらないと、西の方が動き出すかもしれない…という
見方は、たしか前にも誰かに言わせてなかったっけ?
山内家から見たドラマだから、そういう見方を採用するのもありだと思うが、
その話のブツ切り感のおかげで、いまいち印象に残らんのだよなあ。
なんか、ポンと放りだされたパズルのピースみたいで。

しかし、あの見方は大石先生が考えたんだろか。
それとも歴史考証の人が何かサジェスチョンを与えたとか。

775 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 22:58:04.53 ID:VmUHbxtg
それにしても、最終回を前にしての安定&上昇(視聴率)
アンチの皆様、一年間お疲れ様でした。


776 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 22:59:23.73 ID:ktVPHneP
小和田教授、時代考証のクレジット降りたら?

777 :日曜8時の名無しさん:2006/12/04(月) 23:57:30.87 ID:fq5ngBBE
何だかんだ言って楽しんだから感謝。

778 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 00:34:36.41 ID:QRD1/2V+
ネタ提供という点では感謝だな。
当初の期待とはちょっと違ったがw

ただ、そのネタ提供という点においても、
赤マフラーには及ばなかったか。

779 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 00:43:47.32 ID:1YxFoxyV
>>778
ちゃんと見てないが、「国を開け〜」って、幕末じゃあるめいしと思ったな。

民間レベルじゃ貿易さかんにやってたはずなのに。

780 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 01:42:29.31 ID:ax6c3DVk
信者の突撃ウザスw

どっかに三宅アナうざいといったスレない?一年間、過ぎた自己主張ぶりが鼻に付いて仕方なかったんだけど。
まあこれは大石関係ないけど。

781 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 01:51:35.71 ID:mi1P4kiX
>>780
 スレ、自分でたてりゃいいじゃん。人が集まるかどうかは別
としてさ。

 

782 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 06:01:01.75 ID:X9aJOA2s
とりあえず大石には、この手の脚本が向かないことがわかった。

783 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 06:56:40.28 ID:/XJ3OqgF
しかし、
千代は、いったいいつまで「人間的に成長」を続けるつもりなんだろ。
若い女優が演じているから若く見えるが、実際の設定年齢は婆さんだぞ。
それなのにまだ「中学生日記」をやってるなんて・・・

784 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 08:35:13.11 ID:3Rt79w4g
おばさんが家出してもイラつくだけだろうな
あと千代の不老の奇怪さを倍増させてるのが上川氏の老け演技。
だいぶ歳をとったとか主人のほうが加齢を演じてるのに、それを叱る若いままの千代。

785 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 08:50:06.60 ID:CIUzFTcs
実年齢で、一豊は千代より12歳年上ではあるんだけど
それにしても、千代は若い。

786 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 09:22:15.21 ID:LZtRYLH7
一豊、白髪の量だけ見たら、下手すると家康よりフケて見えるんだけど

787 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 09:25:52.40 ID:hdIeF2dt
まあ、家康は健康オタだからw

788 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 09:25:57.91 ID:uEKVM6Kr
一豊はもうガタガタで死にかけだが
家康はまだまだ生きるからねぇ

789 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 10:20:45.31 ID:CIUzFTcs
一豊は、多くの合戦での無理が良くなかったのか。
後継ぎがいなくて、一豊はずっと年取っても戦の一線に出ていたから。

それと、家康は子沢山でもわかるように
体が元気だったんだろう。年取っても子供を作ってるしね。

790 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 14:54:31.55 ID:zEByLRlM
ナナコの時もそうだったが、今度の千代も見事に年をとりませんねえ、
これでは年をとらない妖怪だわ。

791 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 15:42:00.81 ID:eB7HHb+I
>>790
そんなに老け千代が見たいのか?
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/db/Kenshoin_Chiyo_portrait.jpg

792 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 16:57:02.66 ID:KnpRpVCN
女優の若作り、ものには限度があるでしょう。

ところで秀吉は種なしだったけど、山内さんとこは千代(一説にはオマツ)が石女だったのでわ。


793 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 17:14:48.37 ID:WsQV0P2Z
子供一人産んでるけど、小さい頃に死んでるからね。
子供がいないと若く見えると聞いたこともある。

でもって、一豊が死んだのが55とするとその時で千代43。
今やっと40前後と思えば、あんなもんかもという気もする。

794 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 18:37:58.74 ID:ax6c3DVk
んなわけあるか

間に挿入されてた初夜拒絶での見た目とあまりに変わってなくて愕然
変わったのは髪型と着物だけ

795 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 19:03:11.14 ID:W/m7N+oq
一豊が死んだのは60か61くらいじゃなかったか

796 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 19:14:57.47 ID:3yNA1uqj
松嶋にしても仲間にしても老け役を引き受けるぐらいの根性があるんなら
もっと演技が上達してるよ
『異母兄妹』の暴君役のために総入れ歯にした三國連太郎とか
『楢山節考』の老母役のために前歯を四本抜いた田中絹代とか
そこまでやれとは言わないけど

797 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 19:26:48.12 ID:CIUzFTcs
>>792
千代は、よねを一人だけだけど産んでるよ。石女ではないよね。

798 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 20:03:41.11 ID:Nze55+0y
徳川家康の滝田栄の超老け顔&演技も凄かったな…

799 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 20:48:36.02 ID:tQbclCJc
てか大石自体、登場人物の年齢忘れてそう。
千代とか六平太とか康豊とか50、60にもなって恋愛ごっことかキモいよ。
普通年齢相当の貫禄がつくものだけど、
家出して亭主や家来を困らせたり本当どうしようもない。
千代の年齢、十代で年齢止まってるんじゃね?とか思っちゃう。


800 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 21:43:32.00 ID:mi1P4kiX
>>794
 え〜、眉の形とか、眼の下の皺とか、微妙に
メイク変えてるのに気づかなかった? 声の出し方
とか所作とかも変えてるし。

 ちなみに、うちの奥さんは40代で子ども二人
産んでるけど、お化粧したら30代に間違われるよ。
老けない顔ってあるんだよね。

>>799

 50代60代でも、人は恋愛するものなんだぞ〜。
50代の奥さんが旦那の浮気で1カ月家出した例も
俺は知ってるぞ〜。世間知らずが偉そうに講釈垂れ
るんじゃね〜よ^^。


801 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 21:52:27.87 ID:LIMB1szc
あんたの知り合いの夫婦と戦国時代の大名夫婦の話を
同レベルで語るなよ

802 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 21:57:26.25 ID:a+7oE9TC
渡辺淳一に毒されてるなw

803 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 22:20:21.04 ID:1YxFoxyV
少しくらい白髪が合ってもそれはそれで色気があるのにね。

804 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 22:33:36.55 ID:K6GlGwuY
ドラマの中で実際に時間が流れてるのに
ヒロインだけがそれを無視するのは普通に不愉快だな…
夫がちゃんと老けメイクしてんだから
妻も一緒に年を重ねてるような雰囲気が欲しいよ。
仲間のメイクにも演技にもそれを感じない。
大河は人間の人生を追うことも魅力の一つだし
仲間なら老けメイクでも綺麗な感じになると思う
女優にとってマイナスでもないだろうに…


805 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 22:39:11.13 ID:e1MZ7Vk7
実は、最終回で一豊が亡くなって心の支えを失ってしまい、
一気に老け込む千代を演じるためにとってある。
んだったら許せるんだが。

806 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 23:02:46.91 ID:LZtRYLH7
 メイクもさることながら、人格的にも変化を感じなかった。
ナベけんの政宗ぐらい、やってほしかった。
人生で人格は変わるものだと、子供心に痛感したんだよ。アレ

807 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 23:27:18.03 ID:mi1P4kiX
ここは脚本をけなすスレじゃなかったの?


808 :日曜8時の名無しさん:2006/12/05(火) 23:49:45.97 ID:sTnWZX80
だってマトモに大石の相手するの
バカバカしいんだもん

809 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 02:32:27.57 ID:JeRXIt47
もう大石に関しては出尽くしちゃった感あるしね
すなわち

二 度 と 大 河 の 脚 本 は 担 当 す る な

810 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 10:13:09.50 ID:hWAEJtnK
>>795
んだね。1545か1546年〜1605年没。

811 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 11:15:31.78 ID:C7N/gVGV
秀次切腹や関が原などの歴史的事件や、山内家中の描き方などはなかなかヨカッタ。
ほんとうに「千代さえ出てこなければ」と、かえすがえすも悔やまれる大河だった。

812 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 11:25:05.59 ID:wPDZFF92
>>811
いや、千代「だけ」の問題じゃないから。

813 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 12:24:57.92 ID:kDx1+jpK
千代の為に秀次をあそこまで開き直って美化したのはすごかったな。
まぁあれで秀次がいつものパターンだったら千代の立場が苦しいから分かるけど。

814 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 14:01:18.41 ID:8sgfDyiY
戦国期における男女関係・新説


これからの大河は〜期における男女関係ばっかりになりそう

815 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 14:03:29.90 ID:b9I9GqXl
>>811
あの関ヶ原の描き方のどこがよかったのか教えてくれ

816 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 14:27:26.08 ID:kHeblVwr
ステラに、「光秀や三成を主人公にして脚本書きたい。」と、あった。
舘と柄本はまた見たいと思うが、大石の脚本なら勘弁してほしいね。

817 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 14:49:45.74 ID:mePtWyA5
>>815
ヒント: いったん持ち上げてから「落とす」

818 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 15:35:38.16 ID:wPDZFF92
>>814
でも、歴史にあまり興味のない知人が「男女関係を描いた回は観るけど歴史に
傾いた回は観ない」と言ってたからね。そういう人は無理に大河を見なくても・・・
とは思うけど、お花畑脚本も視聴率には貢献してるのかもしれない。

819 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 16:52:04.25 ID:qFoRXSwI
今年の大河を一言で言えば「色ボケ大河」

820 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 17:01:48.73 ID:06TwGOTF
>>816
テロ朝時代劇で頼む
NHKじゃ真っ平

821 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 17:53:46.32 ID:JeRXIt47
>>816
一部除いてキャスティングはめっちゃ好みだったわ、今年の大河。
もっと実力のある脚本家が担当してたら、と思うと返す返すも残念。

822 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 20:34:36.66 ID:86VpGfmB
>>819
この路線が大河枠が消滅するまで続くことに悲憤や絶望感を感じる人間は…。
CSで、過去の大河作品を見るのが賢明なんでしょうかね。


823 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 20:57:59.43 ID:DiF2Yrdr
>>816
そこは功名を見ていて何となく分かったが…
あの光秀や三成に見せた熱意を、一豊に向けてくれていれば、
地味な男の人生を徹底的に描きつくしてくれたと評価される作品に
なったかも…夢見るのはやめとこうか。

824 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 21:00:55.39 ID:p49j+ylt
過去の「黄金の日日」などでもかなり恋愛をストーリーに絡めていたけど
(メインの登場人物三人とも恋をしていた)歴史の描き方に一本芯が通ってたからか、
運命に翻弄されて結ばれない恋(陳腐な言い方でゴメン)がいいスパイスになってた。

今回の功名の恋愛ネタが鼻につくのは、歴史と恋愛話が上手くかみ合っていないし
なんか恋愛自体もちゃちだからじゃないかな。
「千代が好きだ」ガリッ!「ろくへいたー!!!」みたいな。

825 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 22:51:09.44 ID:V7VJbKFv
司馬遼の原作でも千代を完全無欠の化け物みたいに描いているから、千代が
化け物なのは違和感がない。
司馬遼も「こんな女ありえねー」と叫びつつなぐり書きしてたんだろうな。

826 :日曜8時の名無しさん:2006/12/06(水) 23:36:30.41 ID:8Jm6Mdij
> あの光秀や三成に見せた熱意を、一豊に向けてくれていれば、

その仮定はやめとけ。
「熱意」といっても色ボケだぞ?

827 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 00:01:11.94 ID:tKEEoS2+
>>826
一豊が、下の槍一筋で戦国を駆け抜けるのか。

828 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 00:33:53.31 ID:ao+bqJVA
>>824
確かに半兵衛×千代とか三成×淀とか
50過ぎて千代×六平太とか同人女の発想だよな。

829 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 00:38:09.48 ID:9jlPUIyE
信長×光秀とかいかなかったからまだまだです

830 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 09:43:30.75 ID:fNaPne6x
主君(秀吉)を裏切らなかった三成が“正義の人”なら、
寝込みの主君(信長)を襲った光秀はどうなるんだい?・・・大石さんよ。

831 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 10:13:33.82 ID:9jlPUIyE
じゃあ“犠牲の人”で

832 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 11:19:19.65 ID:wo0PsDVA
光秀は日本の未来のために信長を討ったとかほざきそうだな。

833 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 12:07:39.33 ID:7D/IOxuN
でも、そんな感じで描いてなかったか?史実と逆で信長がどんどんうつけになってたし。

834 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 12:49:39.40 ID:WJM862kX
さすがに昨年一昨年の大河はここまで色呆けしてなかったな。


835 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 13:29:48.29 ID:IFEVk+TF

    _  ∩  >>828
  ( ゚∀゚)彡 腐女子! 腐女子!
  (  ⊂彡
   |   |
   し ⌒J


そういえば、今更だけど「六平太の死に様」も腐女子っぽかったよね。

だって、好きな女の目の前で自殺するって事はさ。
死に至るまでのもがき苦しむ様子と、その後の死骸を女の前に晒さなきゃならない訳だよね。
自分だったらそんなのは嫌だし、何も告げずにその場を去って人知れず命を絶つ方が、男らしいと思うんだけど・・・。

でも大石はあの脚本書いて泣いたとか言ってたし、本スレでも概ね好評だったみたいだし。
もしかして、腐女子以外の女性でもあの死に様を「素敵!」とか思うのかな?

836 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 13:48:53.08 ID:pwS1eVh2
あれって六平太の死ぬ間際の最後の一豊への嫌がらせなんじゃないの?
最初は「汚れ役全部引き受けます。」みたいな事言っておいてあのタイミングで
自殺すんだから千代の憎悪は全部一豊に行くわけだろ?
六平太はそれ狙ってたんじゃないの?
俺はそういう狙いの脚本なのかなーと受け取ったが。


837 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 15:35:54.39 ID:LUf1nkfl
>確かに半兵衛×千代とか三成×淀とか
50過ぎて千代×六平太とか同人女の発想だよな。

そんな同人ねえだろ多分w
信長×光秀はあるかもしれないが。
つかここの腐女子の定義がはっきりしない件について

838 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 16:33:08.01 ID:jBL3VhZ6
腐女子とは
「ボーイズラブをこなよく愛する女子」
男女のラブストーリーではなく、男男同士のラブストーリーが好き

だそうで。
でもこれは狭義の腐女子の定義で最近はもっと広い意味=オタクっぽい女子程度の
意味で使ってる人もいるかも。
いずれにせよ、大石はレディコミ的な少女漫画趣味だよね。
(ちゃんとした少女漫画はもっと感性が新しい)。

839 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 17:52:32.96 ID:stXNEl6b
>>836
ムダに深読みしすぎw

大石君も君みたいな熱心に脳内補完やってくれるファンいてよかったねホント。


840 :日曜8時の名無しさん:2006/12/07(木) 18:17:48.55 ID:TtuDdPSu
それが、賢明でしょう。
歴代第二位路線を狂ったように信仰するNHKですから。
あと数年、否もうこの路線から離れないだろうから。

841 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 00:33:24.55 ID:NrlFyvct
>>839
ファンじゃねーよ俺だっておかしいと思ってんだよハゲ。

842 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 03:23:36.25 ID:VQLI60Vn
腐女子の世界にあっても大石のセンスは「オヴァ」「加齢臭」とpgrされるレベル
若い子は見向きもせず
オチ対象が関の山です


843 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 03:25:19.42 ID:uwGggxZq
上川使ってこの出来だもんなあ、役者の使いどころがヘタすぎる
仲間は見るべきところなかったし

844 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 05:07:18.04 ID:I6eocK8o
今年の大河は「戦国SEED」だったという事やね。
ガンダムもネタが尽きて婦女子にシフトした様に、大河も婦女子へシフトして行くのか。
NHK全体としては朝鮮人にシフトしてるんだけどね。
日本人から金を巻き上げ、朝鮮ソフトを高額で買い付けるNHK。
大河では毒電波を流し続けて・・・、もう害でしかないな。

845 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 06:09:25.92 ID:vgimz28Y
>>843
ふと思ったんだけど上川って演技上手いかなあ?
渡部篤郎と一緒でルックスがいまいちなせいで
演技力が過大評価されてるような感じがする。
もちろんタッキーや新撰組の面子よりはマシだけど。

846 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 06:26:59.25 ID:38SAXriG
>>845
正直言って西田や香川に比べるとかなり劣るなと。
何をやっても上川隆也になっちゃうというか。
基礎はしっかりできているからジャニなんかよりは遥かに安心して見られるけど。
良い意味でのサプライズがない。数作品追っかけて見ると飽きる。

847 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 07:30:14.07 ID:Lm5vKfsP
上川隆也、演技上手いで。
深くって引き込まれる。
不思議な魅力があるわ。


848 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 07:59:22.42 ID:2fb59vSZ
たぶんだが、演技力は西田香川に劣るとして、うまく言えないが魔性みたいなのがあるんだと思う<上川
仲間の場合は美貌と、芸能界にあってまれな清廉さみたいなものを感じる。
どこに魅力を感じるかはそれぞれだが、いろいろなタイプがいて面白いとは思う。

849 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 08:19:17.38 ID:JW1p7qbV
主演の器じゃない>上川
女優に向いていない>仲間

最後まで夫婦に見えませんでした

850 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 08:27:15.73 ID:g3FH4mtf
白い巨塔の上川はすごいとおもった。
今回は抑えた受身の演技だったように思える。
両方出きる演技力は、すごい。

又このように、上川を誉めると、ヲタ・・とか言ってけなすんだろうな!
西田、香川を誉めてもヲタ。。とかいう奴はいないのに・・


851 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 08:39:30.24 ID:8btNhtDL
ま、上川の演技が上手いヘタはともかく。

スレ違いだ。

852 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 08:40:27.23 ID:2fb59vSZ
まあまあ。
主演に選ばれるのは、理由があってのことだよ。

853 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 08:41:49.27 ID:2fb59vSZ
そうであったなスマソ。


854 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 09:30:34.98 ID:L3Q6MRvx
上手い下手は別にして

板の間に目を開けたまま顔からバタッ!
あの度胸と根性には敬服した

イッシーン ミゴトダターヨ!

855 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 11:11:59.85 ID:KMN4kj8u
大石さんは、評価してるみたいだけどね。(今週のステラより)
「・・槍働き一筋の一豊に魅力を感じれず、書きながら悩むことが
あったが、それを吹き飛ばしてくれたのが、一豊役の上川隆也さんの
お芝居でした。・・」
「・・千代の才女でも鼻に付かない明るさは仲間由紀恵さんの持ち味
だし、一豊の不器用なまでに誠実なところは上川さんの演技に本当に
助けられました。仲間さん・上川さんのキャスティングは絶妙でした。・・」



856 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 12:38:21.37 ID:sRM2McK2
上川は主演の器じゃないって言うより
誠実・愚直な好青年がアタリ役になって
今はそういう仕事しか来ないだけじゃないかな
作られた上川像に脚本の方が一豊を近づけたような。

そんなことよりもうあと2日で終わりなんだし
大石に最後のダメ出しでもしよう バカバカしいけど。


857 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 13:15:40.33 ID:EMkThRsP
明日のスタジオパークに出るらしいし、そこで一盛り上がりはあるんじゃないか。

858 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 14:50:27.89 ID:PYUqYjeK
>>839
>>836の言ってる事、全くわかってないな。日本語が不自由な方ですか?

859 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 19:07:22.79 ID:ywAf/qi3
香川は上手いか?
ワシにはわからん??

860 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 19:11:42.48 ID:uwGggxZq
上手いんじゃね?なんとなくだけど。
主役向きではないような気もする。

861 :日曜8時の名無しさん:2006/12/08(金) 22:02:18.22 ID:vgimz28Y
香川と赤マフは不細工なせいで演技派扱いされてる若手俳優の
2大巨頭だと思うが

862 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 00:39:29.39 ID:QfiyuL0X
1月期の連ドラが流れて暇な大石が降臨して、役者叩きにスレの流れを変えようと画策しているな

863 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 01:01:44.63 ID:z1foDzeI
役者の演技についてともかく、大石の脚本が糞なのは間違いない。

864 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 11:44:58.93 ID:pAqg5cBj
ちょw「うちの人が死んで10年」てやっぱりニュースになってるしww
大石の担当パートじゃないようだがそれくらいしっかり管理しとけって話

井伊直政もホントはこの頃お亡くなりになってるハズなんだが
大石タソにとってはささいな事なんだろなぁ

865 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 12:09:18.48 ID:ktVQjCAq
むしろ時代考証の人が迷惑だろうな。まぁいろいろ許しちゃってて
もう終わるしどうでもいいのかもしれんが。

つか脚本書いてから年数当てはめる方法ってすごいな。
登場人物の年齢関係ないって感じだしな。

866 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 12:09:20.22 ID:I9gPXPrJ
本日14時、我らがアイドル大石殿が土曜スタパに降臨でございまする

867 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 12:13:23.63 ID:NN0xQ0dl
ボロを出したか、この女

868 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 13:28:28.77 ID:Zc8+hq39
それにしてもスタッフが勝手にやったって嘘だろ。
大石か時代考証の香具師かどっちかのミスだと思うんだが。

869 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 13:49:07.97 ID:YQLlF0to
まあどう考えてもそうだけど、そこは大人モードでw

870 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 14:05:47.53 ID:BbCMc+CY
平日のスタパに出てたら有働との区別がつかない

871 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 14:16:15.47 ID:eCn5iBF9
晒しあげ

872 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 14:16:45.52 ID:Rs+PDM2m
喋りが達者やのう

873 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 14:17:03.22 ID:Zc8+hq39
この人若作りだけどもう60近いんだな

874 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 14:20:09.02 ID:VPRgcB78
>>872
もともと劇団俳優だったから

875 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 14:34:04.38 ID:BfBKX9hG
>>873
えーっっΣ( ̄ロ ̄lll

キスのようなのが明日あるのかい?


876 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 14:34:20.90 ID:ktVQjCAq
最初は土佐入国で終わるつもりだったのかwそうはいかんぜよ。

877 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 14:45:29.04 ID:ZvGGX2mZ
見てたけど引き出しがホームドラマか恋愛しかない人だったな
こんな奴に戦国時代を書かせるのがそもそものミス

878 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 14:51:00.23 ID:ktVQjCAq
ほとんど男女観の話しでこんな女性がいいとか、この人物はこんな男性でだとか
そういう話しばっかりだったな。具体的にどの人物に思い入れがあるとかなさそうだった。

879 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 14:54:20.84 ID:YQLlF0to
オールマイティとか言ってますよw

880 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 14:55:21.75 ID:Zc8+hq39
でも真性のサヨだと思ってたけど
「北朝鮮からミサイルが飛んでくるんじゃないか」
みたいなことを言ってたのは良かったな

881 :日曜8時の名無しさん :2006/12/09(土) 14:58:55.83 ID:4RC1q4Po
可愛いよ静可愛いよ

882 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 15:03:43.54 ID:srBANv/d
「ふたりっ子」「オードリー」ホームドラマ
「ヴァンサンカン・結婚」「Days」「First Love」ラブストーリー
「長男の嫁」「あきまへんで」「ハンドク」コメディ
「私の運命」「冬のひまわり」「9.11」ヒューマン
「功名が辻」時代劇
「オトナの男」「アフリカの夜」その他

質はどうあれ、多種多様という点ではオールマイティだよ。
質はどうあれ。

883 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 15:06:29.37 ID:WTTUtvkn
やっぱり電波か

884 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 15:07:27.67 ID:z2AOo7CD
「ウチの人が死んでもう10年…」
って再放送で修正されてなかったっけ?

885 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 15:09:42.92 ID:ktVQjCAq
されてたよ

886 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 15:15:07.10 ID:YQLlF0to
「何でも書く」と「何でも書ける」の間には、三千里以上の隔たりがあるからなあ

887 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 15:15:20.68 ID:0z9g9gMk
三谷がやったように、大石も大河に出演して禊をするべき!



888 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 15:19:12.21 ID:D/gOo37+
>>886
で、「何でも書ける」脚本家なんて、今現在いるの?

889 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 15:21:39.61 ID:ktVQjCAq
>>887
俺もご自身も出演を〜って聞いて三谷義昭が庭で絶叫してたシーン思い浮かんだ。
風林火山ならなにになるのかね。

890 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 15:36:57.35 ID:YQLlF0to
>>888
自分をオールマイティと自称する脚本家がどんだけいるかですよね

891 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 15:54:10.76 ID:Ud72acR9
三英傑が嫌いで、光秀&三成が好きだとさ

892 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 16:04:02.65 ID:+ndJhk6J
光秀が好きで、家康・秀吉・信長が嫌いというのはよく解かる。

893 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 16:27:21.83 ID:kFP95d2C
>自分をオールマイティと自称する脚本家がどんだけいるかですよね

安心しろ。
「万能は無能」 これが実証されただけだ。

しかしなんだな。ホンのちょっとでもモノ書きを齧っていれば、
「どんなジャンルでも書ける」的な恥かしい発言は、恐ろしくて出来んはずだがなぁ。

894 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 17:09:30.81 ID:LAPvW0QV
 おかげさまで、音声吹き替えするハメになったがな。

895 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 17:58:58.65 ID:XATF6dCx
たぶん禊ぎ出演は篤姫だな
あおいの従者でもやるかなw

896 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 18:01:27.33 ID:8e0MOC+3
大石さんに捧げたい言葉

「晩節を汚す」



897 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 18:16:20.46 ID:9O6cElxs
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061209-00000049-nks-ent
NHK大河「功名−」で時代設定ミス

898 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 18:53:55.85 ID:DjFTnCHF
>>896
そういう言葉は映画だと橋本忍、TVドラマだと早坂暁みたいに
錚々たる実績がある人が晩年にトンデモ作品を書いた場合に適用される
大石センセみたいな実績では説得力がない

899 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 19:33:59.20 ID:sA6DRcth
命名: 今年の大河は「色ボケ最後っペ大河」

900 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 19:34:04.91 ID:hxFr6sjZ
大石って最低だね

901 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 19:39:21.47 ID:Ud72acR9
>>899
最後っ屁とはいい言い方したなと思った>あの女子アナ

902 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 20:03:15.58 ID:X+IKEGtb
>>894
同局は
「スタッフらが台本を手直して新たに書き加えた内容に間違いがあった。
俳優の言い間違え、脚本家や時代考証の専門家のミスではない」
と責任を認めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061209-00000049-nks-ent


903 :日曜8時の名無しさん :2006/12/09(土) 20:18:54.91 ID:qzzLtzUG
●脚本家★★大石静さま★★55歳●
1 :名無しさん@ピンキー:2006/08/08(火) 00:10:09 ID:VjsVRZV60
1951年生まれの今年55歳なんだって。
凄く可愛らしい人。1961年生まれの間違えかと思ったけど、1951年生まれだって。
全然見えないな〜。
ttp://www.nhk-book.co.jp/taiga/imag/koumyou/oishi_02.jpg
おまいらてきに、どうかな?
とても可愛らしい女性。35歳の漏れから見ても萌え萌え萌え
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/mature/1154963409/

904 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 20:33:31.89 ID:MjDHV9lH
この手のグラビアはいろいろと修正が入るからな

905 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 21:00:34.25 ID:roypS+/2
とうとう新聞沙汰になっちまったな・・・

906 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 21:11:31.81 ID:Za/rk1dL
>>905
スキャンダルも営業のうち

907 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 21:35:15.28 ID:JkejIgVD
陰毛処理していないだろうからクンニする時にジャングル探検で洞窟に辿り着く前に遭難しそうな牝だな

908 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 21:42:31.81 ID:DjFTnCHF
>>893
いや故・佐々木守は「興味を持てばどのジャンルでも書く」と言ってたよ
佐々木と大石では実績が桁違いだが
昔の脚本家は(映画・TVドラマ問わず)多彩なジャンルをこなしている人が多いから、
大石程度の守備範囲ならば特に珍しくもないけどね

909 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 23:00:40.43 ID:sA6DRcth
今日の名言 「脚本家にとって最も重要な資質は“打たれ強いこと”」

910 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 23:04:59.93 ID:jteunRf6
団塊の世代のための大河ドラマだったわけね。
どうりで老年色呆けシーンが多かったわけだ。

911 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 23:10:23.00 ID:KZYmVAg5
歴史大局観でドラマを書けるのは大野靖子だけ。
大河ドラマは毎年、大野さんでいいよ。
山田太一や倉本聰は個人の視点で書き過ぎ。
ジェームス三木、大石静はドラマとしては
普通に面白かったけどね。
今回の司馬原作も大胆なフィクション多くて微妙。
是非将来、ここにいる皆さんが
史実に基づいた面白い大河脚本家になって下さいよ。


912 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 23:45:23.11 ID:d1vgluG5
>>903
ビックリ!55歳にはみえないね。
独身?
今日の土スタ出ていたけどどうだったかご覧になった人がいたら
教えて下さい。
仲間のキスシーンがでたとかでないとか?

913 :日曜8時の名無しさん:2006/12/09(土) 23:45:46.80 ID:d1vgluG5
>>901
kwsk

914 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 00:08:47.14 ID:KWQeI/OC
オールマイティ=全て私のお茶=自分がもっと若かったら茶々役をやりたい

そういうことです


915 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 00:10:30.95 ID:scm9uaXj
>>912
そう? 年相応に見えたけど。

916 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 02:23:34.24 ID:KWQeI/OC
TVで見たら歳相応だよ。
若作りなせいで写真だと光の当たり具合で若く見えるだけで。
だいいちリンク先のスレがレスが1つついただけで落ちてるじゃないか。

917 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 06:17:44.81 ID:JSYFGoy3
昭和26年生まれだ

918 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 07:15:18.37 ID:0E1LnnG+
>>903

独身ではないはず、離婚してたりしたらわからないけど、
昔、長男の嫁っていう、ドラマのインタビューで
私も長男の嫁なので〜っていうコメントしてたし。

919 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 08:35:12.54 ID:9Gtp9iuU
>>913
大石センセーの大好きな茶々や濃たちが死ぬ前に好きなことを最後っ屁のように言う
って感じに女子アナが言ってた奴じゃない?

920 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 08:37:37.85 ID:0TFxf0eo
これは大石のせいか分からないが、
茶々が清洲会議の時点で野口真緒のままだったのに激しく違和感を覚えた。
小谷落城から十年近くも経ってるのに。
で、翌年の北の庄落城では、清洲会議から一年も経ってないのに永作になってるんだよな。
永井が三歳、仲間がまだ年齢一桁の千代を演じた時も思ったが
本当に登場人物の年齢なんて考えちゃいないんだな
役の年齢と中の人の年齢のギャップは、脳内補完して見るのが大河の掟だけど
功名はそれが通用せんくらい酷い。

921 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 08:48:20.34 ID:9Gtp9iuU
つ「葵」

922 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 12:17:25.36 ID:RAv+Sm9w
>>918
まなかなが小さい時に旦那さんにオムレツつくってもらったとインタビューで言ってた。

923 :日曜8時の名無しさん :2006/12/10(日) 15:22:12.18 ID:hMhstHXc
いくらなんでも大石センセイは抱く気になれない

924 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 15:49:03.42 ID:/lcVAtCJ
おー石の脚本、つまらんね。
金払ってまで見る筋合いはないね。

925 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 16:03:47.39 ID:rgSbnm1q
ふたりっ子は面白いんだがな

926 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 16:17:29.10 ID:/lcVAtCJ
時代考証誤りの件
国営放送側が手を加えたのであり、大石先生の脚本の誤りでないと、国営放送が言ってた。
これって、
大石先生の脚本があまりにもひどいので、国営放送側で毎度修正してる・・・・・ということだったのでね。

927 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 16:24:21.73 ID:Bg0sqrXU
>>926
あのような単純なミスを大河スタッフ全員が気付かなかったのが不思議だ。
実は孫請けが制作してたりしてね。

928 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 16:43:12.50 ID:W8gzdj+/
キャストだって気付けや、って話だ。仮にもてめえが出演してる作品
なんだから。歴オタになれとは言わんが最低限原作と大まかな歴史の
流れには目を通しておくべきだろう。

929 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 16:45:16.35 ID:5SvPWlbQ
関係者だって「はいはい大石脚本大石脚本」で
まともに取り合ってないんじゃないのかね。
好きこのんで自分の脳をピンク色のスポンジ状に
したくはなかろうよ。


930 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 17:41:18.41 ID:HB+9u8Jc
>>920
>(大石は)本当に登場人物の年齢なんて考えちゃいないんだな
>役の年齢と中の人の年齢のギャップは、脳内補完して見るのが大河の掟だけど
>功名はそれが通用せんくらい酷い。

これホントに勘弁して欲しいよね。オリジナルドラマなら好きにしてくれれば良いけど、
モデルも子孫も原作も存在する大河なんだものな。


>>926>>927
これってどうなんだろう。俺は脚本の事とか全然詳しくないんだけど、
もし脚本が自分の手から離れた後に、専門家でも無いスタッフにあれだけ大きく台詞を改変されたら、不安で不安で仕方がないと思う。
てか許さない。

931 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 18:09:23.98 ID:scm9uaXj
>>928
キャストはさすがに難しいんじゃないかな。
シーンの順番どおりに撮ってるわけでもなかろうし、
まさか脚本がそんな間違いこいてるとは夢にも思うまい。

932 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 18:37:12.74 ID:+TV+RMdn
>>930
武蔵のときは脚本の不備に藤田まことから文句がついて
勝手に直せなくて現場が大混乱→あきれた藤田が降板
なんてことがあったけど

933 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 19:31:14.03 ID:TvxHSW5J
おかしいな
原作では一豊が死んだあと
千代にとっては土佐なんてどうでもよくて
京都に飛び出してきてたんだが

934 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 19:45:39.58 ID:ffdV2YlY
>>911
平岩君枝は?

935 :日曜8時の名無しさん :2006/12/10(日) 19:50:08.22 ID:KO7ols6q
最終回をお楽しみになんて言っていたが、あの内容ではただの引きのばし

936 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 20:06:41.46 ID:Smk86qEB
シャリバンを大谷じゃなく大野ごときで使うセンスがわからん

>>934
弓枝

937 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 20:43:34.90 ID:QtdBbZPY
千代の説得により
千代の説得により
千代の説得により
千代の説得により
千代の説得により
千代の説得により
千代の説得により

938 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 20:43:57.08 ID:TUJlVNvN
一豊が死んでからを長々やりすぎだなぁ

淀の説得を千代にやらせるとは
最後の最後まで千代の手柄を増やすのに必死だなぁ

939 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 20:50:29.15 ID:rgSbnm1q
西田ビンコウの福耳はメイクか

940 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 20:51:53.07 ID:+TV+RMdn
寧「淀を説得して来い!」
千「おっしゃる意味がわかりません」←何でこんな奴に頼むんだよww
寧「お前が嫌いな戦がなくなるぞ」←なんつー説得の仕方ww

941 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 20:58:33.52 ID:VcjFb8xH
歴史物は二度と仕事するな

942 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:01:20.46 ID:TUJlVNvN
最後の〆の言葉が「戦がつきることはない」か
別にそれ自体は悪い言葉じゃないが
この作品の〆がそれなのかなぁ

943 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:04:50.72 ID:loTpuEVb
あれだけ尽くした六平太を最終回では一瞬も思い出してやらないのな。
女ってやつは・・・。

944 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:05:57.67 ID:wVo7br0W
よね完璧に忘れられててかわいそす

945 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:06:16.75 ID:jccm332C
最後まで糞脚本お疲れ様でした
もう二度と大河には関わらないでください

946 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:07:16.92 ID:x0ykOf1h
で、何が驚くような内容の最終回だったの?
静信者、解説してください

947 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:07:42.27 ID:+TV+RMdn
大阪の両陣しめて何分?

948 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:09:26.21 ID:loTpuEVb
>>942
映画版の砂の器のラストにちょっと似てたよ、あの言葉は。

949 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:13:41.16 ID:9Gtp9iuU
>>946
第1回の出会いの場面を仲間で再現
じゃないの?

ところで、やっぱり新スレ立てようか?

950 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:15:07.05 ID:Vc+isZhL
大石の妄想力はすげーな

951 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:21:17.10 ID:x0ykOf1h
>>949
ありがとう信者さん。
でもそれが別に驚くようなこと!?あの程度の回想シーン大河お決まりパターンじゃないの?

952 :日曜8時の名無しさん :2006/12/10(日) 21:22:12.36 ID:KO7ols6q
最終回ですべてをぶちこわした静の脚本

953 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:23:56.31 ID:/QWueKSQ
最後までフェミモード全開の脚本家

954 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:24:44.37 ID:scm9uaXj
最後のナレーションもスタッフが勝手に入れました

955 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:37:41.17 ID:Jj34GB1q
なんの感想も沸かない最終回でしたね。(脚本が。役者は良く頑張っていた)
予告の風林火山が面白そうに見えたのも、これも大石効果なんでしょうね。

956 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:39:45.67 ID:5SvPWlbQ
さんざ叩かれてた組!や義経のと比べても

        ,, ―- 、_
      /        '' - ,,
    /             '' - ,,
   /                 ヽ
  i           / /ヽ    !
  ,i          ./ / ''―、   !
  i     ,、 n て'' ノノ    ヾ   !
  i    ノノノ ノ ノ ''´      !  /
     j   ' ´    ノ (    ヽ |
 >-,,  /  ,,=━━・!' ,ノ━== ! ノ    最終回っていうレベルじゃねぇぞ!
 !・  ヽ |  ’ニンniii、 :::::i/ィ7iii=  i )
 \(てi iヽ   ^' ~     -'  /}  
  `i_   、 \        i_    l_j   
   `┐ i    /(,,, ,n 〉   /\\   
  ̄ ̄へ    ! '   T''    l |  \
   |  ! i    ン=ェェi) i ソ )       
   |  i´\! ,, -ェ`、_ン ノノ 〈
   |  |  \\,, `―''´//  |     
   |  つ   !、_'''''''''''''  /   7  

957 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:41:22.23 ID:pVwbvyw5
本スレとの温度差がすごいなw

958 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:52:38.55 ID:aEZdgww/
「ス○ラ」で三成と淀を書きたいとコメントがあったのを読んで
「もうええわ!」とツッコんだよ。
むしろ願い下げだ。

959 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:56:23.13 ID:3AqbB9NP
光秀や三成が好きとはいうが、
自分の妄想の中の彼らが好きなんだな、大石せんせいは。
好かれてしまった光秀や三成がかわいそうだ。

960 :949:2006/12/10(日) 21:57:15.63 ID:9Gtp9iuU
新スレ立てられない・・・
必要なら、誰かよろ

961 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 21:57:44.99 ID:TcsRPtiv
メディアに良く出る脚本家は叩かれ易いんだね
来年の大森何とかは見たことないからな〜

962 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 22:03:26.58 ID:pVwbvyw5
>>961
大森氏が手がけた「てるてる家族」は
最近の朝の連ドラでは格段に面白かったよ。
コメディータッチが嫌いな人には受けが悪かったみたいだけど
伏線の拾い方とか、脚本が秀逸だった。

963 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 22:09:21.12 ID:TcsRPtiv
>>962
作品は見たことあるんだけどね。
御顔を拝見した事がない。
てるてるは序盤は暗中模索っぽかったが、中盤以降はなかなか面白かった。
岸谷・牧瀬・りえの一番大切な〜はちょっと中だるみしてたな。
クライマーズ・ハイは秀逸だった。
時代劇は初だが、無難にこなしそうだな。
って・・・スレ違いでスマソ。

964 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 22:20:15.46 ID:MBcjf1zT
エピソードだけを、ブツ切りてんこもりで入れられたおかずみたい。
うまくまとめていれば問題ないが、この脚本家の力量では、
家康や淀の最期を入れる意味がないと思われる。
歴史モノをきちんとまとめる構成が出来る力量がないということを
露呈してしまった。

965 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 22:29:05.46 ID:PUQYZh7Y
山内家視点のエピソードだけ入れ込んでおけば、ブツ切り感は無かったように思う


966 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 22:29:41.67 ID:wXyx4MKW
キャラの書き分けと言うか、人間描写は上手いんだけどな(主役夫婦を除いては)
全体ストーリーは荒さも目立った気がする。

967 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 22:37:00.78 ID:0aOVRUxG
ずっと感じていた違和感の正体に、やっとこ気がついたような気がする。
大石先生、やりたい事を絞りきれてないんじゃないか?

最終回で、河原で出会った頃をもう一度二人でやって、それでおしまいに
するかと思ってたら、その後の海岸でまた若い頃の二人を登場させると
いうのも、あんなに続けてやっちゃあ逆効果だろう。

最後のナレーションにしても、ただ「戦は嫌いです」と千代に言わせてるだけで、
さて戦国の世でそれを通すにはどうするのか、あまり言及されてなかったせいで
ただ言葉で反戦を入れたかっただけじゃないかとさえ思ってしまう。

なんか、あっち行ったりこっち行ったり、ふらふら感があった大河だったな。

968 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 22:46:35.91 ID:4RiiGq36
韓国ドラマみたいな終り方だった。大阪城落城、千代の顔が炎で照らし出されでフェイド
・アウトして欲しかった。

969 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 22:59:37.50 ID:MBcjf1zT
>>968
いきなり終わると「新撰組の最後」と同じような形になってしまう。

970 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 23:09:59.87 ID:3AqbB9NP
>>967
ふらふらしてた上に底も浅い。
時専で政宗見てたときに何が良かったって、役者の演技ひとつ台詞ひとことにも
見てる側に背景やら思惑やらの考察を委ねる部分があったから、ああ、深いなあと思った。
でも今年のはナレーションと千代がなんでもべらべら説明しちゃうから、うっとおしいことこの上なかった。

971 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 23:12:01.79 ID:Te8SzwJs
俳優陣にはおつかれ様といいたいが脚本家は糞。大石じゃなきゃ視聴率はもっとよかっただろ。
もう二度と大河にかかわるなよ、糞脚本家。

972 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 23:16:44.88 ID:pVwbvyw5
千代が秀吉を看取ったり、淀を説得しにいったり
さすがに無理やり感がありすぎだったな。

973 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 23:18:36.28 ID:n2em9zvl
運転しながら見ていただけど。
大石は戦国時代、下剋上を知ったほうがよい。
光秀、三成、書きたいなら、二人ともずば抜けた教養を持ってた武将。
孟子、孔子を読め。で、書け。とりあえず、乙、 好き勝手の史実いじり許さないけどなw

974 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 23:25:12.61 ID:Tm247HBZ
【大石の取り上げたテーマ】

萌え 反戦 恋愛

【大石に切り捨てられたテーマ】

政治 戦国時代 原作

巧妙が辻をトレンディードラマ感覚で見ていた人は楽しめただろうけど、
大河ドラマのつもりで見ていた人には災難だったね、この一年。

975 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 23:28:39.37 ID:Yy1pN8dz
上川は完全に役不足、もっと腹の探りあいのある役で見たかった。
逆に、和久井が演じた濃姫は過去の濃姫の中でも好きな部類だったな。
大石は自分の好みの役や好きなストーリーはドンドン書けるけど、
好きじゃない史実や役はホント適当に扱ったな・・・。

功名が辻は忘れて、内野君と佐々木君の風林火山に期待してby大石静


976 :日曜8時の名無しさん:2006/12/10(日) 23:29:07.47 ID:7uNMCQD8
最終回、一時間もいらないわ。
西田敏行、中村梅雀が凄味も感じない役を与えられて可哀想だった。
主君が暗君でも、家臣が無能でも、女がしっかりしてればお家安泰。
この路線が今後も続くと思うと…CS放送で過去の大河ドラマ探します。

977 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 00:01:08.94 ID:6HSClTTC
全体を通してエピソードのお子様ランチみたいな印象があったな。
個々のオカズはおいしいものもあるけど、全体を通しての統一感がない

978 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 00:32:27.26 ID:rRbO/qMT
まあ来年の大河の脚本は今年より絶対マシになると思う
ホンの人はラッキーだな、ハードル低すぎw

979 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 00:53:19.09 ID:64Wkku+W
もう、小物大河やめてくれ。
・功績捏造
・悪いことはみんな部下がやりましたと責任転嫁
のオンパレードで、見ていて気持ち悪い。(利家とまつ、新選組、功名が辻)

980 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 00:55:11.07 ID:2MbQvZBT
今回も設定ミスをやらかしたらしい
詳しくははてなのいつものところ

981 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 01:05:47.29 ID:4i2HjLJH
> ・悪いことはみんな部下がやりましたと責任転嫁

年数間違いの一件では、リアルでやってたしな

982 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 02:26:06.34 ID:wvMJ5ENK
>悪いことはみんな部下がやりましたと責任転嫁

時宗でもいきなり第一話で部下が勝手に兵隊動かして戦争始めてたぞw
おどろく上司に向かって「いい加減に腹を決めなされ!」みたいなこと言って上司は事後承認

983 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 05:27:12.07 ID:iE/6Infe
二度と大河は書くなよこの無能

984 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 05:45:43.34 ID:Ry25ad13
責任転嫁は大河の伝統

徳川家康なんて対豊臣家の悪事の全てを片桐且元と秀忠に押し付けて
「なぜじゃ〜〜〜!!なぜ勝手なことをした〜〜!!」の連発で面白かったぞ。
こうして戦乱の世は平和を願う家康の前にひれ伏したのである
とかいうラストが物凄く白々しかった。
(とは言え大河の名作のひとつであることに間違いは無いが)

985 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 09:04:50.71 ID:hw6XlNaK
>>984
あれは山岡原作に忠実だっただけ。徳川の宣伝だから仕方がないが、
今年のは・・・。

986 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 09:21:35.65 ID:psxjONOH
・功績捏造
・悪いことはみんな部下がやりましたと責任転嫁
・主人公が気持悪い位、清廉潔白の善人、仕える主が、主人公を気持悪い位、えこひいき
・主君が暗君でも、家臣が無能でも、女がしっかりしてればお家安泰
主人公の光ばかり映し、影を全く描かないと、とんでもないことになるな。

987 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 09:31:00.87 ID:Qu8d8YM8
女が大河の主役だとやれ結婚だのやれ浮気だのと話が小さくなって嫌だ。
今は男女同権だろうけど、昔は違ったんだから女がこんなにしゃしゃり出てくるなんて有り得ない。
いい加減女をヨイショする大河はやめてくれ。

988 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 09:58:18.59 ID:KS128fOu
仲間キモかったね

989 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 12:34:08.83 ID:LaH+T1Hi
>>962
>大森氏が手がけた「てるてる家族」は
最近の朝の連ドラでは最高のクンだったよ
特にでしゃばりネネ様と芋虫静の競演は朝っぱらから
・・・まぁ済んだことジャネ
拝啓犬HK様あれほどノダメを冬子にしろと言ったのに

仲間も上川も静のせいでキライになりますた
大河史上最悪の静は芋虫ではなく苦悪本家の静です間違いありません。


990 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 13:30:42.02 ID:e2KX0Nx5
最終回を見ていて、反戦フラグがバリバリだった最終回だった。最後のナレーションにしろ、
山内家が幕末まで残った話にしろ、反戦色バリバリの大河ドラマだったね。
まともに歴史書を読んでいない証拠だよ。中村家も堀尾家も断絶に成ったのは違うでしょう。
丸で戦争をしたから潰れたナレーションに碧壁したな。

それから、予想通り、高台院と千代が大阪城落城シーンをやっていたけど、あれだけで十分だったね。
淀の死とかは完全に余計な話だった。無理に淀殿の死ぬシーンや、二条城での家康との接見シーンは余分だし、
家康が何故、豊臣家を滅ぼす気に成ったのか、秀頼の若さに嫉妬したからなんて、薄っぺらな話にしてしまったり、
静はもっと歴史を勉強すべきだよ

991 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 14:08:48.29 ID:KS128fOu
国家安康やったか?

992 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 14:14:53.73 ID:7an/fw/R
>>991
あの手この手で攻めたての三宅ナレだけで、
一気に大坂夏の陣→蔵の中の淀・秀頼・大蔵・大野の場面になった

993 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 14:31:58.13 ID:M5HgNNH5
来年こそ夢と野望と陰謀が渦巻く英雄豪傑達が群雄割拠する戦国を
熱い男達が己の生死を賭けて壮絶な生き様を見せてくれる
大河になるだろうと期待してますよ。

994 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 16:43:59.43 ID:wSdfdH30
歴史を解釈して反戦だの言うのはたとえ強引でもまぁフィクションだし
で流せるかもしれないけど、最後のナレーションはほんと雑すぎる。
問答無用に、なりふりかまわずって感じ。戦いに疲れた千代が平和を求めるのは
わかるけど、功名功名と戦った夫とそれをスゴロクのように楽しんだ妻の物語の
1年の最後のまとめが戦は無くならないって皮肉なのか否定なのか。
どちらにしろ無意味だし、物語と関係なく言いたかったってのがすぐわかる。

995 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 17:56:08.92 ID:2I+kUHvs
無能な基地外は大河なんか書くな ( ゚д゚)、ペッ

996 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 18:47:21.44 ID:y2rp5Dyk
最後の反戦ナレーションは、第一回目のオープニングが同様のナレーションであるから唐突では無いと思う。ウザイけど。

997 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 19:28:36.22 ID:17b+NmN5
 家族全員で、「今日は最終回や!」と
勇んでお茶の間に集結しました。

 が、ポツリポツリといびきが聞こえ、脱落者が・・・
首をコックリコックリさせている高校生の弟を蹴飛ばし、
「終わっちまうじゃネェーか。アホ!」と起こしてみると、
キレて「うるせーな。全然おもしろくねーじゃねぇか!」と反論された。

 しかし、なぜか「風林火山」の予告だけは、
楽しそうに見ていました。

 大石さん、一年間、
ありがとうございました。色々な意味で。


998 :日曜8時の名無しさん :2006/12/11(月) 20:43:43.57 ID:jc2H4D7X
最終回で大石さんがコスプレで出てきてくれたら最高でした。

999 :銀河鉄道999:2006/12/11(月) 21:37:47.82 ID:IZCFL1aE
ここの住人はユキエのクチビルに嫉妬した連中が怒りに任せて書き殴りするスレでした。

1000 :日曜8時の名無しさん:2006/12/11(月) 22:04:48.95 ID:bB4aMdQg
1000なら大石、司馬先生の墓前にて割腹。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

260 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)