5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

高崎市で太平洋戦争開戦に肯定的教材使用★3

1 :無類の稲荷寿司好き狐φ ★:04/11/07 15:57:36 ID:???
 (群馬県)高崎市内の中学校で七月、国語の教諭が「平和教育」の補助教材として太平洋戦争
開戦をやむを得なかったと、とらえる内容の文書を二年生の全クラスに配布していた
ことが五日、市議会教育福祉常任委員会で明らかになった。
 配布されたのは「教科書が教えない歴史 おじいちゃん、それ本当なの?」
「日本って、そんなに悪い国だったの?」などの表題が付いた三種類の文書教材。
 その内容が「戦わなければ日本人も白人たちの奴隷になっていただろう」など、
「歴史の一般的評価からかけ離れている」ことから、同委員会で一部委員が「きちんと
した対応を」と市教委に指導を求めた。
 同校によると、文書教材は夏休み前の七月、国語の時間で「平和について」の授業に
使用するため、二年生の全クラス(三クラス)の生徒に配布された。配布直後、一部
父母からも内容を問題視する声が上がった経過もあったという。
 同校長は「(同教諭は)平和にはいろいろなとらえ方がある、という資料として
使ったと言っている」と説明した上で「教育は中立でなければならない。誤解を招いた
点については配慮が足らなかった」と述べた。市教委は「(文書教材の)内容と、
どのように使ったかを調べ、指導すべき点があれば指導したい」としている。
ソース元:上毛新聞
http://www.raijin.com/news/sat/news10.htm
前スレ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1099777503/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 15:57:58 ID:T3sB76JH
2

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 15:58:42 ID:Irht6GPN
4sama

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 15:59:38 ID:jiey9aHo
>>1
二軍ってこういう風に使うの?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:01:24 ID:bt6L0DAL
ファーム落ちか

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:01:58 ID:drvYLhfY
アメリカが満州政策で方向転換しなければ、
満州に渡って土地改良に命をかけた人達の努力は報われたろうに。。。
満州から帰ってきて苦労した人達は群馬に多い。
お陰で農業の大生産地に育ったわけだけれど。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:02:08 ID:MAkzNt1I
よく伸びるスレだねぇ。
6ゲッツ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:11:48 ID:bt6L0DAL
1軍が1000に達しました

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:11:56 ID:jiey9aHo
前スレがぬるいギャグで終わった事を遺憾に思う。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:15:04 ID:9c8BbLss
侵略戦争だとか、自衛のための戦争だとか色んなこと言うやつらが多くて
わけわかりまへ〜〜〜ん。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:15:19 ID:i34nsAgr
ヤングジャンプで連載止められたあれか

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:16:17 ID:bt6L0DAL
1000そー

と書いた奴ここにいるだろ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:18:52 ID:yRus9nZ3
調子乗るのは湘南新宿ラインだけにしろよ。教育委員。
何に問題があるんだよ。日本が嫌いなら出て行けよ

14 :無類の稲荷寿司好き狐φ ★:04/11/07 16:24:32 ID:???
>>4
まだ何も決まってないので3スレ目立ててみようかと…

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:26:40 ID:jiey9aHo
>>14
そうなんですか…回答どうも。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:28:43 ID:1+bjPNkJ
本当に語りたい奴だけここにくる
人が来る二軍とか関係ないよね

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:30:25 ID:PkseqdL7
高校ん時のクラブ活動では2軍のほうが圧倒的に人数が多かったが
ここは違うみたいねw

18 :無類の稲荷寿司好き狐:04/11/07 16:32:40 ID:YCMDDdvu
>>15
本当は実況++板向きなのでそっちにも立つかもしれませんが。
向こうは祭りが起きると落ちますから…

>>17
一昨日できた板だったと思いますし。

というか、ニュース+で話が終わると他の板には遠征しない人がほとんどですから。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:32:51 ID:QUczgvY5

欧米どもが侵略し始めて、占領しまくる。

           ↓

日本は、危機を覚えて軍事力増強し、満州や朝鮮に進攻したわけよ。


白人は、アジア人を猿としかみてないよ。


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:34:40 ID:YCMDDdvu
それ以前に、「食糧不足」を忘れてはいけないと思いますが。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:48:57 ID:GFk95iBA
太平洋戦争を振り返って、さるアメリカ高官が
「あれは日本が独立を守るための戦争だった」と回想していたとか。
ハル・ノート(アメリカ側の通告)の内容を読んで見ると日本にとっては
到底受け入れ難い内容であった。

 それでも何故勝ち目の無い戦争に突入したのかと言うと朝日新聞を
初めとした世論操作に拠るものが大きかった。彼らの論調は軍部の強硬
意見さえも超える場合がしばしばであった。スパイのゾルゲが尾崎と
組んで朝日新聞上で日本を戦争へと誘導する論調を書きたてた事実もある。
 ゾルゲは処刑の時期に工作活動の成功を称えられ、
ロシアから勲章を受けている。

 朝日新聞は戦後は弱みを握られている中国の言いなりになる事に
よって保身を図った。戦後の論調は自分たちの非を軍部になすりつける
方法で責任をごまかし、日本の再軍備を妨害する中国共産党の目指す路線に
沿う物である。

「あの戦争には勝敗はあったが正邪はなかった」と言う歴史研究家の
言葉が一番正しい。

正しい歴史認識を子供達に教え、日本の進むべき正しい道を今こそ
教えなければならない。教育改革と憲法改正を成し遂げなければ
本当の意味で敗戦から立ち直った国には決してなれない。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 16:55:15 ID:XQiAGZIX
>20
それ以前に、日本の政治が良かったので人口爆発しちゃったのです。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 17:23:52 ID:1+bjPNkJ
>>20
ずっといじめられてきれたのは認めるけど
たらればで言えばきれるべきではなかった。
キレる事を待ってた圧力にのってしまった軍くつ日本

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 17:33:47 ID:U68n/fe/
ちゃんとした歴史を教えないから子供達が混乱する。
この教師が教えた事に間違いがあるとは思えんが・・・。
濡れの考えは間違っているのか?
濡れは自分の子供に同じ事ような事を教えている。
戦争論も平易な言葉で解かり易く教えている。
息子に言わせると学校で教えてる内容は、何故そうなったのかが曖昧で良く解からないと言っている。
うちの息子も混乱しいるようなので、濡れがたっぷり洗脳してやる。


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 17:43:51 ID:5ksQrEua
>>21
歴史を知っている人は素直に侵略戦争だって思っていいるよ。右左関係なくね。
戦場は中国内。真珠湾攻撃から、東南アジア全域に広がった。
日本国内が戦場になったのは戦争末期の沖縄と北方領土くらい。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 17:51:41 ID:1+bjPNkJ
兎に角
ウヨサヨなんて低レベルな議論はやめて
日本だけでなく世界の歴史を正確に語られる
そんな国でありたい。
日本でもアメリカでも中国でも旧ソビエトでも(その他割愛)
大量殺戮はつい最近まであったんだよ。
俺達にできることは家族計画と正しい歴史認識そして豊かな地球市民…もとい
土壌を後世に引き継ぐ事



27 :25:04/11/07 17:54:53 ID:5ksQrEua
米軍による空襲が抜けていたね。原爆投下か・・・。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 18:44:25 ID:XQiAGZIX
うむ、米軍は世界一のテロリストだぞ
だから、くっつくのだ、標的にされんように

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 18:58:49 ID:oyzWT/1v
当時、侵略はアメリカを始め欧州では当たり前だったよな?
日本が悪かったとなぜ言えるの?
答えてみせて!

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 19:10:18 ID:7m18cgAR
>>14
「何も決まってないからやってみよう」という賭けはやめとけ
この板は「+記者としての振る舞い」を見極める場みたいだぞ
LRのあるなしより、もっと広い視野を持ってがんがりなされ

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 19:32:24 ID:YCMDDdvu
【皇室】天皇を「平和の象徴」に 開戦からわずか半年後の米国機密文書で判明
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1099776858/


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 19:32:56 ID:YCMDDdvu
>>30
ok、わかりますた。

33 :朝鮮人には日本の参政権はない:04/11/07 19:45:47 ID:DIoiSPKk
>>25
言っておくが、満州は一度も中国の領土となった事はない。
古来から女真人あるいは満州人の土地だった。
ここを確認しておかないとな。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 19:55:31 ID:U68n/fe/
>>25
大学で歴史を教えているが、侵略戦争だとは思った事はないぞ。
現代の価値観で当時を語るのは止めた方が良いな。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 20:43:46 ID:s2YCcLyr
中華民国に対しては侵略戦争だったかも知れん。
だからといって中華人民共和国に謝罪する義理はないが。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 22:57:01 ID:zPb2aa49
漏れがリア厨の時(in高崎)、社会科の先生から教わった「中国」

・中国人は、堂々と道の真ん中を歩く。
 なぜなら、道の端を歩いて居ると、糞便が落ちて居たり、時には
 上から糞尿が降り注ぐからである。
・中国人は、死体などにあまり嫌悪感を持たない。
 夕食時にグロ画像をテレビ放映して、交通安全を呼びかける。
 三国志の表現を見ても分かるが、むしろ死体好きだと思われる。
・中国人を動かせるものは、金だけである。
 役人に賄賂を渡さなければ何も出来ないが、賄賂を使えば何でも
 できる。

まさか、私に支那人の本質を教えて下さったA先生の仕業か?
御無事をお祈りします。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 23:19:55 ID:U68n/fe/
>>36
非常に正しい認識をお持ちの先生ですね。
良い事ばかりを教えるのではなく、ありのままの姿を教える。
これは正しい教育です。
基本的に教育とは、洗脳ですからね。
身内の事を悪く言う家族は、それが正義であっても人としては考え物です。
それと同じで自国を批判ばかりしている人は、それが正義であってもやはり人としては正しいとは思えません。
そのよい例が中国の紅衛兵。
これは人としてやってはいけない事を実践したよい例ですね。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 23:57:02 ID:fxnbzBZW
【外国人参政権反対ハンドル運動 案内コピペ】
  _____     __________             _____
  | 書き込む|名前:|外国人参政権反対!! |E-mail(省略可): |         |
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    。 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       Λ Λ /
       (,,゚д゚)っ ココニカクダケ!!  ●規制が、かかっているスレでも有効です。
      〜/っ /           ●レス内容はスレに沿ったものを書きましょう。
  ε=ε= U U            ●少しでも「これは何だろう?」って思われればOK!
日本国民の日常生活、生命財産が脅かされます。詳しくはここをクリック。
http://www.geocities.jp/pachihei/

法案が審議入りだ。
委員は誰だ?委員会の議員に、反対メールを送れ。
http://www.sankei.co.jp/news/041105/sei021.htm
大量コピペ頼む


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 06:33:52 ID:y7/yTDZX
上毛新聞の記者って共産党と仲がいいからな。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 06:57:10 ID:ssgiQ2JF
教師なんて所詮馬鹿の集団だな

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 07:06:05 ID:JezFymWO
肯定的とか否定的とかいらない。
事実だけ教えろ。
子供に考えさせろ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 13:20:22 ID:r2sk959E
ウヨ教師が増えてるってホント だったんだな。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 13:41:29 ID:wBRZjuwn
>>41
全くだ。
あらゆるイデオロギーを取り払った事実のみを教えればいい。日本がどういう状況で、何をしたのか、全て教えるべきだ。
歴史を伝えるのに、悪いとか良いとか、偏った主観を押し付けるべきではない。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 13:58:14 ID:/sy6yvba
AとBと見方があって Aが正解だ と教えるだけが教育なのかよ。
生徒にAとBの両方があることを伝えて どっちが正しいかは自分で考えるように ってのが
本当の意味での教育だと思うんですけど。

教え育むのが教育なら考え方を硬直させるのは教育とは言わんよな。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 14:22:57 ID:/GoIRSxH
世界史の先生が「教科書は嘘ばっかりですけどね」って断った上で事実だけ教えてたよ。

自分も地歴免許取ったけど、自分も「入試に出る」ことだけ言いつつ、これとは別に主張される説を
話すだろうな。ただ、「これを丹生s0で解答として書くと落とされるかも」ってのは前提でね。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 16:01:54 ID:DEmspPoc
価値判断が介在する事があるのは仕方ないだろう。
事実のみを教えるというのは厳密には出来ない事だろう。
おのずと解釈や主張は見えてくるものだろうし。
いままでサヨ教師が多すぎただけだろう。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 18:17:53 ID:hadZg44s
>>34
当時ですら中国に対する戦争は日本の侵略戦争だという意見があったのに

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 20:36:29 ID:qmEWS9CL
個人的には、負けた戦争を「正しかった」とだけはして欲しくない。
「負けた戦争は理由の如何に関わらず常に間違っている」。

49 :朝鮮人には日本の参政権はない:04/11/09 03:36:48 ID:e5QTVbcU
>>47
だから満州はもともと違うって。その逆の意見あったわけだろ

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/09 14:20:09 ID:i1xt7ps3
整理。
元は滅んだ後、北へ逃れ、北元となった。
つまり、完全に滅んではいない。
その後も、モンゴル帝国は続いた。

一方、中国では明が起こったが、渤海地方から満州地域に勢力を伸ばした女真族=満州族が
明を滅ぼし、女真族の愛新覚羅家の支配する清が成立。
その後、中華民国が成立するが、女真族は満州地域に退いた。

この時点までで、漢人は少なくとも元以降、一度も満州地域を支配に収めては居ない。
その後の、蒋介石の「北伐」でも、終着地点は「北京」なので、満州地方は支配下に無い。

そして、中華人民共和国。
戦後のどさくさにまぎれて満州・内モンゴルに進駐。

中華人民共和国は「清王朝の承継国家」を自称。その後、中華民国の承継も主張。

これ、前提ね。

51 :沖縄県ヘリ墜落事故:04/11/09 15:31:38 ID:2qqvBUXm
>「戦わなければ日本人も白人たちの奴隷になっていただろう」

どちらかというと、戦ったから今はアメリカの奴隷になっている気がする。
いまだに、占領政策が続いているし。


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/09 17:10:40 ID:OvyAFjlc
日本が朝鮮のような国だったら、アジアはアフリカのように欧米に支配されたろう。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/09 19:06:17 ID:DGyWQ2ii
占領政策が続いているが繁栄はしたな。
視点を変えるのも大切な教育。中学生ならに考えろ。
ただし正解が怪しい試験問題をつくるなよ。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/09 20:30:06 ID:oynF/Gny
群馬は教育委員会も先生も脳みそが腐ってるヤツが多いんだよ。
群馬鹿だから

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/09 21:01:20 ID:kAmwPRIr
ステッキーな先生じゃないか

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 02:20:13 ID:IJT5e+5B
なぜ真実を教えようとするとファビョる奴が
出てくるんだ?

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 13:49:01 ID:xoTW0Zo7
明の時代に勢力は満州に及んでるはずだが?
漢民族が大量に殖民していないければ
支配したとはいえないのか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 14:13:09 ID:lwQwP/y0
>>51
>「戦わなければ日本人も白人たちの奴隷になっていただろう」

ここ自体間違ってるぞ。当時植民地拡張の時代は終わっていた。

植民地拡張が許されたのは1920年代まで。1930年代当時、長い植民地経営の時代は終わりつつあった。
その証拠に日本の朝鮮や琉球獲得は1900年代以前に行われたものだったから、
欧米からの反発はなかった。その頃は本当に植民地獲得が許された時代だった。

イギリスのインド総督府は、イギリス人官僚の減少に歯止めが掛からず、
司法・立法および行政もインド人自身の政府に委ねて久しくなっていたし、
アメリカが獲得したフィリピンも、1930年代後半にはすでに独立が約束され、
日本のフィリピン侵攻で逆に期待してた独立が遅れたのは有名な事実だ。

戦わなければ日本も欧米の植民地になっていたなんていう主張は、
歴史を知らない人間が、コヴァ本あたりを読んで生半可な知識から生み出した妄想にすぎん。

日本が戦争する羽目になったのは、植民地に対する世界の潮流を読みきれなかった点にある。
分かりやすく言えば、周囲がもう止めようやって言ってるときに、一人だけ「俺はまだまだ満足できん」って
やったから、周囲の反感を食らって戦争になった。1930年代にこれをやったのは日本とドイツのみ。
ともに叩かれてる。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 14:15:40 ID:WaMnMas7
>>10
反論できなくなるとそうやって逃げるのが
プロ市民のやりかた

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 14:35:46 ID:1QjuIyhz
>>58
ほう、ではインドやインドネシア他アジアの各国が
独立したという事は、英国、蘭国にとっては歓迎する事だったんだね?
米国は中国での権益獲得を目論んではいなかったと?
あなたの考え方こそ、妄想では?

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 14:56:51 ID:+WPrU6v8
マッカーサーのお庭、搾取の為の国
フィリピン・・・

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 15:00:05 ID:6KXlCbAC
自由に意見が言えなくなったら、北朝鮮と同じ。
いいんじゃないか、こういうのも。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 15:10:57 ID:SaFy9KVS
アフォージオシティー移転統一のためURL変更になりました。
今後ともご贔屓に。
http://www.geocities.jp/neonamihei2002/


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 22:13:19 ID:niLvY6sQ
カッパピアだよ

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 22:17:54 ID:NuTrkIqP
フィリピンの独立は、決まっていた。


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 23:02:36 ID:8/G4/8/s
>>60
>>58を擁護する訳じゃないが、彼の言っていることは、
植民地拡張の時代が終わったということであって、
国家が国益の拡大を求める姿勢が変わったということではないぞ。
英蘭も植民地の拡大に必死だったが、世界大戦以降の帝国主義の終焉を感じて、
旧ドイツ領植民地を委任統治という形にして引き継がせている。
つまり、実質的には国益を重視し勢力の拡大を図る姿勢は変わらなかったが、
「植民地」という形は悪とされていたってことだ。
日本もこの流れを受けて、1931年以降の対外進出は「植民地」の拡大ではなく、
形式的には民族自決を背景にした「新秩序」の拡大だった。

そういった意味では>>58の日独が植民地主義に走って叩かれたというのは少し違う。
日独は方法は違えど、リージョナリズムを追求していたのであって、
植民地支配を正当化していた訳じゃない。
日独が叩かれた原因は民主主義および経済的自由主義を否定していたことと、
ベルサイユ・ワシントン体制による日独封じ込めに失敗したことだ。

また本論の「戦わなければ日本人も白人たちの奴隷になっていただろう」は、
アジアにおける民族運動や共産主義の拡大、アメリカの反植民地主義等を考えれば、
無条件には起こりえないことであるし、むしろ敗戦による日本の実質的植民地化を考えればあまりに無責任な議論であるといえる。
何せ、開戦当時は戦わなければ白人の奴隷になるなどと考えていた人は少数派だったからな。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 23:29:13 ID:vmrwxWEe

           ,,ゞト、ノノィ,、
         /       `ゝ
        /  ノノ'`'`'`'`ヽミ
        .|  Y   \ / }i .
        |  /    / ヽ ミ .   
        .!(6リ     (__) ノ.
         リノト、 '/エェェェヺ
         り| ヽ  lーrー、/
          ノノ  ヽニニソ            Θ / \
      ,...-'"::::|:|    /'::::::::::::::ヽ、    Θ//\//Θ
   ,...-'":::::::::::::::|.| v /':::::::::::::::::::::::::::_____//\//Θ
.  /::::::::::::::::::::::::::|.! /'::::::::::::::::::::::::::::::",.-、, \ //Θ

キーウェアの会長が労働者をさんざん搾取しておいて藍綬褒章受賞、斬りッ!!!!!
ttp://money3.2ch.net/test/read.cgi/haken/1083939586/

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/11 01:47:06 ID:YWrQbOtq
>>66
まあ、ブロック経済から締め出されたのがきっかけだったけどな。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/11 10:04:16 ID:Jcf1ANAN
いつまでこんな自虐教育が続くんだろうね

70 :朝鮮人には日本の参政権はない:04/11/11 12:17:37 ID:iI9ooBv7
ブロック経済。これはひどすぎた。囲い込みするの大好きだよなあいつら。
いやがらせだもんな。

71 :朝鮮人には日本の参政権はない:04/11/11 12:45:32 ID:oJJSgasQ
捏造バラシ対策の口封じキターー!!

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=FLASH

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/11 19:56:04 ID:lTeydRHd
否定はいいのに、肯定はダメなんだ・・・・

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/11 20:00:08 ID:lTeydRHd
>>66
つまり簡単に言えば「欧米の都合」って訳だよね。
やっぱり歴史を習うとつくづく思う。
勝ったもん勝ちだってさ。強い奴はそれだけ有利よ。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/11 20:11:42 ID:lTeydRHd
>>58
既に後の方のレスで補足をつけてくれる人がいるんだけど、植民地獲得が善じゃなくなったのはその通りだとして、なら何故独立戦争になんて発展したんだろう?
獲得にもう興味がないなら日本敗戦後に速やかにアジア諸国の独立を容認したってよかったはずだ。
でも事実は、再度植民地獲得に名乗りをあげているんだよね。
植民地経営を終わらせるつもりなんてなかったんじゃないの?

>>66
>日独が叩かれた原因は民主主義および経済的自由主義

なるほどねー。あなたの言い分は凄いわかる。
だけど、ちょっと質問。
連合軍って民主主義だったの?自由主義だったの?
ごめんね、よく分からなくて。

75 :66:04/11/11 21:17:49 ID:1TUyxsPl
>>68
ブロック経済が原因で戦争になったというが、それは第二次大戦に限定してのこと。
オタワ協定が締結されたのは1932年で、満州事変は1931年。
日本の対外進出はブロック経済に対抗して行われたわけじゃない。
日本が対抗したのは「新秩序」ないし「共栄圏」だ。
よって、>>70が言うようにブロック経済が嫌がらせだという話はわからなくないが、
これを粉砕するために日本が戦争を起こしたというのは歴史の流れに照らしておかしい。
日本が第二次大戦に参戦した原因は満州事変以来の日中戦争にもあるわけで、
一概に白人に追い詰められたというのはどうも自己正当化っぽくてよろしくないな。
・・・って漏れはサヨかよorz

76 :66:04/11/11 21:27:43 ID:1TUyxsPl
>>74
アメリカは独立させる気があったようだよ。
日本敗戦後は速やかにフィリピンのごとく独立させたかったのに、
イギリスやオランダが植民地支配を継続しようとしているんで頭を悩ませたらしい。
植民地というのは単なる支配ではなくて、政治的・経済的に本国に従属するような体制に作られているので、
一つでも独立すると本国に非常な影響が出る。特に本国より植民地のほうが大きい英蘭では植民地がなくなると大国でいられなくなる。
この辺は脱植民地化の問題なので詳しく知りたければ本を読んでもらうしかないが、
少なくとも、戦後復興のためには植民地の現状を維持したいという動きはあったということですよ。

あと、連合軍は民主主義か自由主義かということだが、世界戦争後にアメリカは民主主義を正義としたが、
それまでは民主主義が肯定的にとらえられることはなかったということを理解しておいてもらいたい。
これはデモクラシーが衆愚政を連想させることも一因になっている。
従って世界戦争後のイデオロギーは民主主義か共産主義かというどっちもうさんくさいものだった訳だ。
んで、連合国の敵が反民主的なドイツであったことから連合国は民主主義であったといえる。
>>74氏が自由主義の定義をどう理解なさっているのかが不明なので適当なことはいえないのだが、
少なくとも統制経済を否定していたのは事実だろうな。じゃあ、おまえらのブロック経済はどうなんだよと
つっこみたくなるが、その辺は経済学者じゃないのでわかりません。ごめんなさい。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/11 21:36:05 ID:j/HjYpPU
間違っていないだろ。
国語の教諭GJ。


78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/12 01:12:25 ID:wn1Lykdq
高崎第十五歩兵連隊があった土地だからなあ
つうか俺の中学の先生はもっと凄かったわ
地元の連隊が南方で連戦連勝なんてホラ話ばっかりしてる有様

連隊はぺリリュー逆上陸に失敗して半数以上が戦死してますよ

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/13 08:56:15 ID:lShJV4xn
>>76
>イギリスやオランダが植民地支配を継続しようとしているんで頭を悩ませたらしい

やっぱりねー。
確かオランダは独立容認金まで支払えって言ったんだよね。
そこまで日本も図々しくなりたい!
いやうそだけど。

>んで、連合国の敵が反民主的なドイツであったことから連合国は民主主義であったといえる。

これがよくわかんない。
敵が反民主的だと何故連合が民主主義になるの?
じゃ、逆に敵が民主主義だと連合が反民主主義になるの?
敵が軍国主義だと連合が反軍国主義になるの?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/13 18:50:58 ID:8wUXNUVi
>>79
逆に聞きたいのだが、>>79氏は連合国は民主的でないといいたいのかな?
第二次大戦まではウイルソンのアメリカ式自由民主主義は悪ではなかったけど礼賛されるものでもなかった。(その原因は前レス参照)
けれど、「ドイツの悪行はすべて民主主義を否定したからであり、そんな反民主的なドイツは倒されねばならない」という理屈でもって連合国は民主主義を正当化することに成功した。
いまのアメリカが民主化の事例を再三強調するのはこのあたりに事情がある。
要するに実際に連合国が日独より民主的でなかったとしても、名目上は連合国は民主主義を掲げていたってこと。
現実に日独やソ連はアメリカの自由民主主義は物質主義で悪であるとして自分達の統制主義を正当化していた。
実際のところは日独にしてもソ連にしても同じように物質主義的であった訳だがな。

最後に軍国主義に関して触れられたので一言。
日本の軍国主義は政党制を否定していたし、軍部による政治統制が行われていた。
一方アメリカは大統領の下で戦時体制に入っていたが、少なくとも戦争が終結すれば元の体制に戻るし、
軍部が先勝を理由に増長することもない。
そうした点で連合国は反軍国主義であるともいえる。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/14 05:00:09 ID:vexXJzy2
ソ連は中立を保ちつつ、独ソ戦の都合上、連合軍からの援助を受け、最後の最後で連合軍側として
参戦、だっけ?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/14 11:29:39 ID:EIWkfVYQ
まぁ逆の勢力が強いからこういうのもあっていいんじゃない?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/14 16:56:01 ID:JGg/ZCUj
むしろ日本がなぜ当時アジアへ拡大、太平洋戦争へ向かったのか、
日本側の主張を教えることは、悪いことじゃないだろう。
単に「昔の日本人は極悪で戦争大好きだ。二度と軍隊を持ってはいけない。反省汁」
という論調ではなんら歴史に正面から向き合ってない。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/14 22:57:41 ID:xODzh6T7
>>83
無批判に軍部の主張やコヴァの主張を教えられるのは困るがな

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/15 01:17:54 ID:Y90p4lw3
>>81
ていうか、悪名高きハル・ノート草案を作成したホワイトはソ連の手先だった(戦後判明し、追究され自殺)
それどころかルーズベルト政権のいたる所に(大統領夫人まで)コミーがはびこっていたことが明らかになっている。
このことから判るように、日本の先制攻撃による開戦への誘導…
その方向性がホワイトハウスで定まったことには、ソ連の思惑が非常に強く影響を与えている。

アメリカは日本に宣戦布告させたかった。
だが、アメリカと日本に戦争してほしかったのはソ連なのだ。

俺は原爆投下の狙いが「戦争を早期に終わらせること」という主張もあながち嘘ではないと思っている。
すなわち「ソ連が北海道に大軍を送る前に戦争を終わらせ、その後の大規模軍事行動を牽制する」というものだ。
どちらの本土でもない日本で衝突するつもりならば、アメリカは原子爆弾を使う事を躊躇しない、
そんなメッセージをモスクワに送る意図があったのではないだろうか。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/15 09:14:44 ID:uIq2t7x3
当時の日本側の事情を教えることの何がいけないのかまったくわからない。
止むに止まれぬ事情があったのは事実だし、双方の背景を斟酌することは現在の紛争を理解しようとする上で役立つのだが。

こーゆー批判をする人ってポーランド孤児の話とか絶対に話さないんだろな。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/15 09:26:50 ID:nnuo4U76
>>85
>俺は原爆投下の狙いが「戦争を早期に終わらせること」という主張もあながち嘘ではないと思っている。
>すなわち「ソ連が北海道に大軍を送る前に戦争を終わらせ、その後の大規模軍事行動を牽制する」というものだ。

アメリカの狙いが「戦争を早期に終わらせること」だったのは確かだが、その主な理由は違うぞ。
一番の理由は、九州上陸作戦=オリンピック作戦と関東上陸作戦=コロネットに伴う米軍の被害予想からだ。


1945年8月当時、アメリカは1945年11月発動予定のオリンピック作戦の作戦準備をほぼ終えていた。
沖縄には作戦参加予定の部隊が次々と終結しつつあったし、綿密なシミュレーションが繰り返されていた。
但し沖縄戦から採られたデータを利用してのシミュレーションでは、米軍と日本軍の被害想定は甚大なもので、
米軍だけでも確か数10万人の戦死者が出ることが予想され、沖縄の延長でいけば、
日本軍/民間人の被害は数百万人に上るという恐ろしいデータが上がって来ていた。
ここらへんの事実については、日本本土侵攻作戦の全貌を描いたノンフィクション「日本殲滅」(光文社)に詳しい。

すでにアメリカは日本軍を本土に封じ込めて一年近くが経過していたが、
それでも日本は降伏するそぶりすら見せておらず、アメリカは自軍の被害を避けるため、
本土決戦をなんとしても避けたかったというのが正しい。

アメリカは日本が降伏することを知って、降伏する前に原爆を使ったなどという馬鹿な意見もあるが、
8月10日時点でも、天皇の御前会議ですら日本の降伏は決定事項ではなかった。
原爆投下後の御前会議で、天皇の決断により降伏が決まったことは調べれば分かる有名な事実だ。
ちなみに8月15日には、初めて降伏の事実を知った陸軍将校によりクーデターが起こっている。
(もっともこれは運悪く失敗したが、成功していれば戦争が継続してたとこは疑いない)

アメリカの視点で見れば、確かに原爆によって兵士の命が一人でも救われるなら、それは使う意味があった。
もちろん完成した原爆を実際に使用してみたかったという理由もあるだろう。両方の理由は矛盾しない。
そしてこの原爆によっても日本が降伏を決めなかった時は、3ヶ月後に九州上陸作戦が行われたのは間違いない。
そして翌年4月には関東上陸作戦=コロネット作戦が行われる予定だったことも確かな事実だ。

本土上陸作戦が寸前で回避されたことを、ほとんどの日本人は知らない。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/15 16:50:53 ID:3McnC+Ya
正確には、8月14日、御前会議における降伏決定、玉音盤収録、及びクーデター事件による閣僚の家屋焼き討ち事件発生。

ちなみに、後の時系列。
15日以前。ソ連軍、満州・樺太へ侵攻。

15日、降伏発表。
17日、戦艦ミズーリ上で正式に大日本帝国陸海軍として降伏。
同日、ソ連、占守島における日ソ大会戦開始。
このころ、樺太陥落
23日、日ソ、占守島における休戦協定締結。(もちろん反故にされ日本兵はシベリア送り)
9月3日(2日かもしれん)。大日本帝国政府、正式に降伏。
9月3日、ソ連、現在の北方四島を侵略開始。
同5日、占領完了。

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)