5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】使途不明金の一部返還求め、酒販組合中央会が提訴

1 :いなまる(051205)φ ★:2005/11/06(日) 22:28:24 ID:???
 「全国小売酒販組合中央会」の年金資金約1億4000万円が使途不明になってい
る問題で、中央会が、このうち3910万円が入金された銀行口座の名義人となって
いる東京都渋谷区の会社とその社長を相手取り、資金の返還を求める訴訟を東京地裁
に起こしたことがわかった。
 訴状によると、1998年3月、渋谷区にあるコンピューターソフト開発会社の社
長名義の口座に210万円、同社名義の口座に3700万円が、年金からの「脱退一
時金」名目で、中央会から振り込まれた。
 しかし、社長や同社は年金加入者ではなく、脱退一時金を支払う理由はないと主張
している。また、訴状では、これらの口座に年金資金を入金した職員は、特定できて
いないとしている。
 読売新聞は8月以降、この社長に再三取材を申し込んだが、社長は応じていない。

■ソース
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051106ic25.htm

2 :名前をあたえないでください:2005/11/07(月) 00:22:16 ID:9KSfHN6X
渋谷区にあるコンピューターソフト開発会社の社長
渋谷区にあるコンピューターソフト開発会社の社長
渋谷区にあるコンピューターソフト開発会社の社長
渋谷区にあるコンピューターソフト開発会社の社長
渋谷区にあるコンピューターソフト開発会社の社長

3 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2005/11/07(月) 21:29:51 ID:7pP27jP7
「全国小売酒販組合中央会」をめぐっては街の酒屋さんの老後を脅かす問題も
起きています。年金の掛け金を海外で運用した結果失敗し、144億円が回収
不能に陥ったもので、加入者からは怒りの声が上がっています。この144億
円は一体どこに消えてしまったのでしょうか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    米英の金融機関が絡む詐欺事件らしいが、
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 最近の米酒キャンペーンはこうした事情
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ があったようだね。
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l で、のまネコ騒動へつながる訳ですね。(・A・ )

05.11.7 TBS「年金144億円はどこに?加入者の怒り」
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3155036.html
05.11.7 TBS「酒販組合で使途不明金、近く本格捜査へ」
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3155035.html

4 :名前をあたえないでください:2005/11/08(火) 13:50:22 ID:leArV6bt
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1127860638/16-



5 :名前をあたえないでください:2005/11/08(火) 13:57:06 ID:leArV6bt
酒販組合中央会を捜索 警視庁、元事務局長宅も
 
 全国小売酒販組合中央会の年金共済事業をめぐる約2億4000万円の使途不明金や
約144億円の投資失敗問題で、警視庁捜査2課は8日、元事務局長(49)らの業務
上横領と背任容疑で中央会事務所(東京都目黒区)や元事務局長の自宅(世田谷区)、
元会長の自宅(大田区)など10数カ所を家宅捜索した。
 政治団体の全国小売酒販政治連盟(目黒区)でも約8000万円が使途不明となり、
酒小売業の規制緩和を阻止するための政界工作に使われたとの疑惑も浮上。投資失敗では
多数の年金加入者が被害に遭っており、警視庁は押収資料を分析し、不明金の使途やずさん
な資産管理の解明を急ぐ。(共同通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051108-00000118-kyodo-soci

6 :名前をあたえないでください:2005/11/08(火) 16:46:59 ID:leArV6bt
酒販組合中央会を捜索 元事務局長、背任容疑など 警視庁

 酒の小売業者の業界団体「全国小売酒販組合中央会」(東京都目黒区)の年金共済事業をめぐる
使途不明金問題で、警視庁捜査二課は八日、中央会の元事務局長(49)らが不明金の一部を着服
したほか、ハイリスクの海外投資をめぐり中央会に損害を与えた疑いが強まったとして、業務上横領
と背任容疑で中央会事務所や元事務局長宅、元会長宅などを家宅捜索した。
 調べでは、元事務局長は中央会の年金資金を「脱退一時金」名目で不正に引き出し、二千五百万円
を着服した疑いがもたれている。年金資金は平成三年以降、同様の手口で約二十回にわたり引き出され、
計約一億九千万円が使途不明になっていた。また、海外投資した約百四十四億円が投資先の経営破(は)綻
(たん)で全額回収困難に陥った問題では、元事務局長ら当時の幹部が投資決定などの際、ずさんな
手続きで中央会に損害を与えたとみられている。
 元事務局長らが役員を務める政治団体「全国小売酒販政治連盟」(酒政連)でも、平成十三年と十四年
の政治資金収支報告書に運営実体のない会社などへの架空支出が計約八千二百万円記載されていたことが
判明。一部は政治家への裏献金などにあてられたとみられる。警視庁では政界工作を含め一連の不明金
の使途などについても全容解明を進める方針。(産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051108-00000034-san-soci

7 :名前をあたえないでください:2005/11/08(火) 17:10:13 ID:leArV6bt
酒販組合を捜索

投資失敗、不明金を追及
 全国小売酒販組合中央会の年金共済事業をめぐる約百四十四億円の外国債への投資の失敗や多額の
使途不明金を出した問題で、警視庁捜査二課は八日、背任や業務上横領の疑いで元中央会幹部宅など
関係先を一斉に家宅捜索した。政治団体の全国小売酒販政治連盟(酒政連)でも八千万円超が架空に
支出されており、同課は不透明な資金管理の解明を進める。
 家宅捜索を受けたのは、東京都目黒区の中央会事務局や大田区の元中央会会長(61)、世田谷区
の元事務局長(49)の自宅など。
 中央会によると、元事務局長らは二〇〇二年十二月、年金共済事業での資金運用で理事会の承認を
得ずに外国債の購入を決定し、外資系金融機関と信託契約を締結。〇三年一月から五月にかけ、計約
百四十三億九千万円でカナダの投資会社発行の外国債を購入した。しかし、英国の運用先が破たんし
て資金の回収が不能になり、中央会に損害を与えた疑いが持たれている。
 中央会は当時の幹部らの法的責任を追及する構えだが、元事務局長は本紙の取材に「事後承諾で組織
的な決定は得ている」としている。
 一方、関係者によると、中央会では年金資金をめぐり一九九六年以降、約一億四千万円の使途不明金
が見つかっている。
 このうち元事務局長が管理していた架空の「スズキ・シュウイチ」名義の口座に、九九年十月と十二月
に振り込まれた計二千五百万円について、中央会は元事務局長が着服した疑いがあるとして、業務上横
領容疑で警視庁に告訴状を出している。

http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20051108/eve_____sya_____007.shtml

8 :名前をあたえないでください:2005/11/08(火) 20:07:45 ID:leArV6bt
酒販組合使途不明 元会長宅など10カ所を家宅捜索
 
 「全国小売酒販組合中央会」(東京都目黒区)の年金共済事業を巡り、同会幹部らが外債への
投資に失敗したり、運用資金が使途不明になった問題で、警視庁捜査2課は8日午前、中央会や
元会長(61)、元事務局長(49)の自宅など関係先約10カ所を業務上横領と背任容疑で家宅
捜索した。中央会の政治団体が政治資金収支報告書に架空支出を報告するなどの手法で政界工作の
裏金を捻出していた疑惑も浮かんでおり、同課は資金の流れの全容解明を進める。
 中央会には8日午前9時ごろ、スーツ姿の捜査員17人が2列に並んで到着。報道陣が取り囲む
中、段ボールの束を持ち込んで家宅捜索が始まった。大田区の元会長宅には午前8時ごろ、世田谷
区の元事務局長宅には同9時ごろ、それぞれ捜査員が入った。
 調べによると、中央会は02年12月、カナダの投資会社の社債を当時の運用資金総額の8割に
当たる約144億円を投資して購入。しかし、この投資会社の再投資先だった英国の会社が04年
6月に倒産して回収不能に陥り、今年8月、年金事業が破たんした。
 この投資について、元会長や元事務局長らが理事会に諮らず独断で決めたとして、中央会幹部が
警視庁に告発した。同会の規定では、資産運用は理事会に諮ることになっている。さらに、この投資
については契約書が存在しないなどずさんな管理も明らかになった。
 元事務局長は外債への投資について、毎日新聞の取材に「理事会には事後承諾で良いことになっ
ていた」と弁明。元会長は「投資が実行されてから9カ月後に初めて知ったが、そもそも年金(事業)
には関与しないことを条件に会長に就任した」と自らの関与を否定した。
 また元事務局長は99年10月と12月、年金事業の運用資金から「脱退精算金」名目で、計2500
万円を自分が管理する「スズキシュウイチ」という架空名義の口座に振り込み、着服した疑いが持た
れている。この口座には91〜99年、約30回にわたり「脱退精算金」名目などで計1億9700万
円が振り込まれたが、いずれも元事務局長が関与した疑いが強いという。
 中央会の政治団体「全国小売酒販政治連盟」は01年と02年の収支報告書で計8200万円の架空
支出を報告していた。酒販業への新規出店の規制を緩和する動きを阻止するため、政界工作に充てた
疑惑が指摘されており、同課は政治家らへの資金の流れも調べる方針。
 中央会は酒類の流通確保や普及などを目的に53年に設立され、組合員数は約10万6000人
(04年4月現在)。(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051108-00000018-maip-soci

9 :名前をあたえないでください:2005/11/08(火) 21:18:51 ID:leArV6bt
1億4000万円を献金 01−03年に酒販政治連盟

 全国小売酒販組合中央会(東京)の政治団体「全国小売酒販政治連盟」(酒政連)の中央組織と
地方支部が2001−03年、与野党や216人の国会議員側(元職含む)に総額1億4000万
円余りを献金したと政治資金収支報告書に記載していることが8日、共同通信の集計で分かった。
 酒販組合は酒小売業の規制緩和に対抗してきたことから、献金先は自民党の議員連盟「規制緩和
を見直す会」のメンバーが中心で、自民党の資金団体「国民政治協会」には、3年間で計約4500
万円に上った。記載額が多い議員らは「適正に処理している」「事実と異なる記載がある」などと
話している。
 総務省と各都道府県選挙管理委員会に提出された政治資金収支報告書などによると、献金は「寄付」
「セミナー会費」「陣中見舞い」として支出され、01年計約6500万円、02年計約4220万円、
03年は計約3670万円。(共同通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051108-00000210-kyodo-soci

10 :名前をあたえないでください:2005/11/08(火) 23:00:08 ID:LnOofQlx
>元会長宅など10カ所を家宅捜索
元会長:幸田昌一氏(大田区蒲田の酒店店主)
この人自身はどちらかと言うと清貧の方だから直接は関わっていないと思う、
ただ管理責任てものもあるしなぁ・・・。

11 :名前をあたえないでください:2005/11/08(火) 23:42:15 ID:leArV6bt
中央会から資料80箱押収 背任事件は支部長が告発
 
 全国小売酒販組合中央会の投資焦げ付きと使途不明金事件で、警視庁捜査2課は8日夜
まで、背任と業務上横領容疑で中央会の事務所(東京都目黒区)や元事務局長(49)の
自宅(世田谷区)などの家宅捜索を続け、中央会の事務所からは段ボール約80箱分の資料
を押収した。
 元会長(61)の自宅(大田区)も捜索。同課は既に複数の中央会元幹部から任意で事情
聴取しており、資料の分析を進めて不透明な資金の流れの解明を急ぐ。
 約144億円に上る外債投資の焦げ付きは、事前に理事会の承認を経ずに投資を決めたなど
として、地方の酒販組合連合会の支部長が背任容疑で元事務局長らを告発していた。
(共同通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051108-00000240-kyodo-soci

12 :名前をあたえないでください:2005/11/09(水) 03:36:03 ID:6N23IIAO
酒販組合中央会を強制捜査 使途不明新たに5000万

元事務局長の仮名口座に
 「全国小売酒販組合中央会」(東京都目黒区)の年金共済事業をめぐる一連の問題で、元事務局長
(49)が実質管理していた仮名口座へ、これまで判明していた約一億四千万円とは別に約五千万円
が送金されていたことが八日、分かった。全額が使途不明になっており、関連団体分も合わせた使途
不明額は計三億二千万円超となった。警視庁捜査二課は同日、元事務局長らがこのうち二千五百万円
を着服するなどしたとして、業務上横領と背任容疑で中央会や元事務局長宅、元会長(61)宅など
十数カ所を捜索した。
 関係者によると、平成三年に「スズキシュウイチ」名義の仮名口座が開設され、中央会から十一年末
までに約一億四千万円が送金されていたことが既に分かっていたが、中央会の内部調査で、さらに約
五千万円が振り込まれていたことが判明した。
 また、約四千万円がソフト開発会社の関連口座に、約一千万円が元事務局長ら二人の口座に送金され、
やはり使途不明となっているほか、関連の政治団体でも約八千万円が使途不明金で、政治家への働き
かけに流用された疑いがある。
 一方、年金資金の八割にあたる約百四十四億円が海外投資の失敗で回収困難となった問題でも、元事務
局長ら当時の幹部が理事会の承認を得ないで契約を結び損害を与えた背任の容疑も強まっている。中央
会は十四年十二月、元本割れした年金資金の利殖のため、高利率の外国債を購入したが、十六年六月に
投資先が破綻(はたん)した。
 中央会は本体の不明金約二億四千万円のうち、約四千万円について元事務局長の知人に返還を求め東京
地裁に訴えており、残り約二億円についても九日、元事務局長らを相手に返還訴訟を起こす。(産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051109-00000019-san-soci

13 :名前をあたえないでください:2005/11/09(水) 03:53:13 ID:6N23IIAO
<酒販組合中央会>国会議員集め「勉強会」 謝礼など手渡す

 「全国小売酒販組合中央会」の政治団体「全国小売酒販政治連盟(酒政連)」が、「勉強会」と称する
国会議員との会合を繰り返し開き、中央会元事務局長(49)が政界工作担当として謝礼や「車代」を
手渡していたことが分かった。酒政連に関しては、政治資金収支報告書に計約8200万円の架空支出
を報告していたことが判明しており、不正経理で捻出した裏金がこうした出費に充てられた疑いがある。
政界工作の一部は、中央会元会長(61)も了承していたといい、警視庁捜査2課は資金の流れの解明
を進めている。
 ◇担当は元事務局長 裏金で工作か…元会長も了承
 関係者によると、元事務局長は事務局長に就任した99年から退職する03年まで、国会議員への献金
や接待を担当した。当時、酒政連は、酒販業への新規出店規制を緩和しようとする政府の動きに抵抗。
規制緩和に反対する国会議員をホテルに10人ほど集めた「勉強会」を繰り返し開き、規制の継続を陳情
していた。
 勉強会では毎回、元事務局長らが出席議員に10万円前後の謝礼や3万円の車代を手渡していたという。
勉強会は30〜40回開かれ、ここで使われた酒政連の資金は少なくとも数千万円に上る。また元事務局
長は、飲食店での接待などを通じても国会議員とのつながりを深めていた。元事務局長は毎日新聞の取材
に対し、政界へのはたらきかけを認め「酒販店の利益を守るために組織を挙げてやっていた。支出は上司
の決済を得ていた」と話している。
 一方、元会長は当時、酒政連の会長を兼務。国会議員側への出費について元事務局長に了承を与えること
もあったという。元会長は「元事務局長から『今日は金を出していいか』『車代を出していいか』などと
相談を持ちかけられていた」と認め、「常識的な範囲の金額で、領収書をもらって適正に処理するよう指示
していた」と話している。(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051109-00000018-mai-soci

14 :名前をあたえないでください:2005/11/09(水) 03:56:32 ID:6N23IIAO
酒政連架空支出、ニセ領収書を乱造

 警視庁の捜索を受けた全国小売酒販組合中央会(東京都目黒区)の政治団体「全国小売酒販政治連盟」
(酒政連)の架空支出問題で、酒政連幹部が白紙領収書を調達したり、既に存在しない企業の領収書を
使ったりするなど、様々な手口で虚偽の「寄付金」などを政治資金収支報告書に計上していたことが分
かった。
 これまでに判明している2001〜02年の約8244万円分以外にも、領収書を偽造した例があった。
警視庁も、こうしたずさんな会計処理や資金の流れの実態解明を進めるとみられる。

 ◆偽の寄付金◆
 問題の架空支出約8244万円は、8社1団体への寄付として計上されていた。半分近い計約4000万
円を、2年間で11回に分けて受けたことになっていた東京都目黒区の会社の役員は、「4、5年前、知人
に白紙領収書を2枚ずつ2回渡した。後に、酒政連側からこの領収書をコピーして使ったと聞いた」と話す。
知人は衆院議員の元秘書で、当時は中央会「政策顧問」の肩書だった。
 この元秘書も「酒政連の担当者から『経費を合わせるため領収書をほしい』と頼まれ、議員の政治団体や
自分が以前に経営していた企業、たまたま持っていた領収書を数枚ずつ渡した」と証言する。
 一方、この衆院議員は酒政連が01年にセミナー代や献金として計上している計444万円について、「受
け取った事実がない」とし、酒政連に収支報告書の訂正を要求している。
 約8244万円のうち、1620万円分の寄付を受けたはずの4社は実在していなかった。

 ◆私大やキャバレーも◆
 大学の研究機関やキャバレーあての支出に偽装したケースもあった。
 01年分に200万円を受けたとされる研究機関と、40万円の支出先として記載された会社は、いずれも
所在地が新宿区にある私立大学の敷地内になっていた。同大は「研究団体はかつて存在したが、寄付を受けた
ことはなく、勝手に名前を使われた。会社の方は存在しない」としている。
 東京・上野のキャバレーも2年間で44回、計約550万円を受けたことになっていたが、当時の店の責任
者は「酒政連の職員は月に1回ほど3〜6人で来るたびに、『白紙領収書を何枚もほしい』と言ってきた。こん
な金額を払ってもらったことはない」と語った。

 ◆印紙もなく◆
 読売新聞が情報公開請求で総務省から入手した問題の領収書のコピーには、あて名欄に酒政連が所有する
「全国小売酒販政治連盟」と同一のゴム印を押したものが多い。3万円以上の領収書に義務づけられた印紙
のないものも、目立つ。
 政治資金規正法では、政治団体の代表者や会計責任者は、政治活動費のうち1件5万円以上の支出について
は支出先から領収書を求め、そのコピーを収支報告書と一緒に総務相や都道府県選管に提出しなければなら
ない。
 酒政連元幹部は、「陳情相手の政治家に使う金などを仮払金で出金していたが、領収書を取っていなかっ
た。経理から『これではまずい』と言われ、領収書を色々なところから調達した」と話している。
(読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051109-00000001-yom-soci

15 :名前をあたえないでください:2005/11/09(水) 06:00:48 ID:6N23IIAO
酒政連が1億4000万円献金

01−03年、与野党や216議員に
 全国小売酒販組合中央会(東京)の政治団体「全国小売酒販政治連盟」(酒政連)の中央組織と地方支部
が二〇〇一−〇三年、自民、民主両党や二百十六人の国会議員側(元職含む)などに総額一億四千万円余り
を献金したと政治資金収支報告書に記載していることが、共同通信の集計で分かった。
 酒販組合は酒小売業の規制緩和に対抗してきたことから、献金先は自民党の議員連盟「規制緩和を見直す会」
のメンバーが中心で、自民党の資金団体「国民政治協会」には、三年間で計約四千五百万円に上った。記載額
が多い議員らは「適正に処理している」「事実と異なる記載がある」などと話している。
 総務省と各都道府県選挙管理委員会に提出された政治資金収支報告書などによると、献金は「寄付」「セミナー
会費」「陣中見舞い」として支出され、〇一年計約六千五百万円、〇二年計約四千二百二十万円、〇三年は計
約三千六百七十万円。
 団体の献金先は国民政治協会が最も多く、民主党本部には計二百六十六万円。自民党の派閥では「志帥会」
(現伊吹派)に三百八十二万円、「清和政策研究会」(森派)に九十四万円、「平成研究会」(現津島派)に
七十六万円をそれぞれ支出したと記載している。
 議員の政党は自民党が百八十九人(旧保守党、保守新党含む)、民主党が二十一人(旧自由党含む)、公明
党が六人。献金記載額が多いのは(1)小杉隆元文相(七百六十四万円)(2)武藤嘉文元通産相(七百六十万
円)(3)粕谷茂元北海道・沖縄開発庁長官(七百三十万円)(4)伊吹文明元労相(四百十五万円)(5)林
省之介元衆院議員(三百四十万円)−の順となっている。
 小杉、武藤、粕谷各氏は一九九九年結成の「規制緩和を見直す会」の中心メンバーで、伊吹氏は自民党の国会
酒販問題懇話会の世話人だった。
 酒類小売業の規制緩和は九五年の免許基準見直しから始まり、酒店近接を防ぐ「路線規制」や人口当たりの
免許規制が順次撤廃され、コンビニやディスカウント店などが酒の小売りに次々進出。
 酒店の廃業が相次ぎ、酒販組合側が抵抗を続けたことなどから、〇三年四月、特定地域で酒店の新規参入を
制限する緊急措置法が議員立法で成立した。中央会幹部(酒政連の幹部兼任)は「規制緩和の流れを止める
ため裏献金まがいの活動もあった」と指摘している。

 ■全国小売酒販政治連盟  全国小売酒販組合中央会の政治団体で、所在地や主要役員は同じ。中央会と
同様の地方組織があり、2000年に「酉和会(ゆうわかい)」から名称変更した。中央会が掲げる「酒類
販売業免許制度の堅持」などを図る政治献金が活動の中心だが、01年と02年で計約8000万円の使途
不明金が発覚するなど、ずさんな経理が指摘されている。

http://www.chunichi.co.jp/00/sya/20051109/mng_____sya_____000.shtml

16 :名前をあたえないでください:2005/11/09(水) 07:03:59 ID:el2Ar2i1
しかしまぁ
民間は 捕まって
国の機関は 誰一人責任も 取らないのは
何故なんだか?


17 :名前をあたえないでください:2005/11/09(水) 16:19:39 ID:6N23IIAO
<酒販組合使途不明>不正流用の総額4億4700万円に

 「全国小売酒販組合中央会」の年金資金を巡る使途不明金問題に絡み、業務上横領容疑
などで家宅捜索を受けた同会元事務局長(49)が、架空名義口座のほかに中央会名義の
裏口座を管理して資金を不正流用していたことが分かった。裏口座には2億5000万円
が振り込まれており、不正流用の総額は4億4700万円に上る。(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051109-00000062-mai-soci

18 :名前をあたえないでください:2005/11/09(水) 17:12:38 ID:6N23IIAO
生コン労組市議に寄付金 事務所捜索、大阪府警

 大阪市の生コンクリート会社に対する強要未遂容疑で委員長が逮捕、起訴された全日本建設
運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生支部)が、大阪府門真市の戸田久和市議(49)
に政治資金計約450万円を不正に寄付した疑いが強まり、府警警備部は9日、政治資金規正
法違反の疑いで、戸田市議の議員事務所などを家宅捜索した。
 同法では、労働組合からの寄付行為は政党支部や政治資金団体に限定され、それ以外の寄付
は禁止されている。戸田市議は同労組近畿地方本部の委員長も兼任している。
 ほかの家宅捜索先は、門真市役所庁舎内の同議員の控室や、大阪市西区の関生支部事務所など
計約20カ所。(共同通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051109-00000138-kyodo-soci

19 :名前をあたえないでください:2005/11/09(水) 17:29:01 ID:x0SCb8lB
>◆印紙もなく◆

本来の3倍の税金が追徴税だろ、ただの馬鹿だなw

20 :名前をあたえないでください:2005/11/09(水) 17:32:07 ID:MxUtvTlg
その前に、

車代やらなんやらもらった

国会議員

どの議員の秘書

の一覧だせよ!



21 :名前をあたえないでください:2005/11/09(水) 19:23:20 ID:6N23IIAO
小売業者募る不信 酒販組合問題

 全国小売酒販組合中央会(東京)が年金共済事業をめぐる使途不明金問題で警視庁の捜索を
受けた八日、海外投資の失敗も含めて多額の損害を被る形となる中国地方の小売業者からは、
真相究明を求める声が相次いだ。
 「中央会の調査が進まないため、捜査を待ち望んでいた」と言うのは広島県小売酒販組合
連合会の武内健二会長。「一刻も早く経緯を明らかにし、年金の一部でも回収してほしい」と
憤る。
 中央会元事務局長の着服や正規の手続きを踏まない海外投資で、組織運営への不信は広がる。
山口県小売酒販組合連合会の有田次男会長は「規制緩和でコンビニなどの参入が続く中、小売
業者が一致団結すべき時期に不信感で組合離れが進むのは大きな痛手」と悔しがる。
 二百人余が平均七十万円の年金を掛けていた島根県小売酒販組合連合会の山尾悦己会長は「公的
資金による救済策を国に頼みたい」と話す。
 中国地方は各県に組合の連合会があり、会員総数は約九千七百人。うち千数百人が年金加入者
という。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200511090109.html

22 :名前をあたえないでください:2005/11/09(水) 20:21:19 ID:/gGU1No7
昨日ラジオで宮崎哲弥が言ってた「誰もが知ってる政治家」って、麻生か?

23 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2005/11/09(水) 20:32:18 ID:kPFoHaO1
 酒の小売業者でつくる「全国小売酒販組合中央会」を舞台にした業務上横領・背任事件
です。組合員の年金資金、144億円は海外に投資され回収不能となっていますが、この
契約にかかわる書類が「酒販組合中央会」にほとんど残されていないことがわかりました。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    海外投資だから、最初から計画的だった
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / かも知れないな。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 大規模ですから誰か手引きした
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l  人間がいるんじゃないかな。(・д・ )

05.11.9 TBS「回収不能資金、契約書類も残されず」
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3156408.html


24 :名前をあたえないでください:2005/11/10(木) 02:16:22 ID:ww8Vrmpb
>>3
お前はバカの典型ですか?

25 :名前をあたえないでください:2005/11/10(木) 10:01:22 ID:vQkI91de
>>10

>元会長:幸田昌一氏(大田区蒲田の酒店店主)
>この人自身はどちらかと言うと清貧の方だから


うそつけ。こいつは東京都の酒販組合理事長を数年前まで務めていたがいりびたっては偉そうにふんぞりかえってたぞ。
こいつの腰ぎんちゃくやってた事業課長のSってのも怪しい。

26 :名前をあたえないでください:2005/11/10(木) 16:02:28 ID:4/gySmYI
議員は10万で「車代年2千万」…酒政連が裏金処理

 全国小売酒販組合中央会の政治団体「全国小売酒販政治連盟」(酒政連)が2000〜02年、
国会議員や秘書に「車代」名目で現金を渡しながら領収書を取らず、政治資金収支報告書にも記載
せずに裏金として処理していたことが10日、酒政連元幹部らの話で分かった。
 この期間は、業界が酒販免許取得を原則自由化する政府の規制緩和策に反対し、政界への働きかけ
を強めていた時期で、「議員10万円、秘書3万円」を目安に、講演料も含め一度に20万円出すこと
もあったという。酒政連関係者は、「年間2000万円を超えていた」と証言している。
 元幹部らによると、「車代」は、〈1〉国会議員を来賓として招いた酒政連の総会〈2〉ホテルに議員
を呼んで開いた朝食会〈3〉業界に理解を示す議員による会合――などの際、封筒に現金を入れ、会合
終了後、議員に渡していた。秘書にも、会合に議員の代理として出席していた時や、飲食店で接待した
際などに渡したという。
 酒政連では02年に企業への寄付金として計上していた2650万円の大半が、「車代」に充てられて
いたことが既に判明しているが、実際にはそれより前も含め数千万円が議員側に流れていたことになる。
(読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051110-00000207-yom-soci

27 :名前をあたえないでください:2005/11/10(木) 22:18:26 ID:4/gySmYI
酒政連の献金記載せず 300万円、元文相側が訂正

 小杉隆・元文相が代表を務める自民党東京都第5選挙区支部は10日、全国小売酒販政治連盟
(酒政連)から2000年にもらった献金300万円を政治資金収支報告書に記載していなかった
として、東京都選挙管理委員会に訂正を届けた。小杉氏の事務所は「当時の会計担当者の事務処理
ミス」と説明している。
 同事務所によると、収支報告書に記載しなかった300万円は2000年7月、酒政連関係者から
受け取った。
 酒政連から小杉氏側への献金をめぐっては、酒政連本・支部が01−03年の収支報告書に計764
万円と記載したが、小杉氏側は「うち454万円は受け取っていない」として酒政連に訂正を求めている。
(共同通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051110-00000213-kyodo-soci

28 :名前をあたえないでください:2005/11/11(金) 01:32:28 ID:QOsqUwHj
酒政連献金3百万記載せず、小杉元文相が収支報告訂正

 元文相の小杉隆衆院議員が2000年7月、全国小売酒販組合中央会の政治団体「全国小売酒販
政治連盟」(酒政連)から現金で受けた300万円の献金を、政治資金収支報告書に記載していな
かったことが分かった。
 小杉氏側は10日、東京都選挙管理委員会に収支報告書の訂正を届け出た。
 小杉事務所によると、献金を受けたのは同年6月の衆院選で落選した直後で、酒政連幹部数人と
都内で食事をした時。小杉氏は、献金を事務所の経理担当者に渡したが、担当者が01年3月に収支
報告書を作成した際、書き落としたという。
 小杉事務所は、小杉氏が代表を務める「自民党東京都第5選挙区支部」の収支報告書を訂正。「担当
者が病気がちだったため起きた事務的ミス」と説明している。(読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051110-00000415-yom-soci

29 :名前をあたえないでください:2005/11/11(金) 03:36:12 ID:QOsqUwHj
酒販組合中央会 「自民元閣僚らに渡した」 元事務局長、2500万円使途説明

議員側否定
 酒の小売業者の業界団体「全国小売酒販組合中央会」(東京都目黒区)の年金共済事業をめぐる使途
不明金事件で、年金資金から二千五百万円を着服した疑いがもたれている中央会の元事務局長(49)が、
この二千五百万円のほとんどを閣僚経験のある「自民党の政治家二人に手渡した」と、関係者に話して
いたことが十日、分かった。中央会は酒の小売りにコンビニなどの進出を認める規制緩和に反対し、二人
は当時、酒の小売りなどの中小業者を保護する議員連盟に所属していた。産経新聞の取材に、二人とも
事実関係を否定している。
 元事務局長は、中央会の年金資金から平成十一年十月に千六百五十万円、十二月に八百五十万円の計
二千五百万円を「スズキシュウイチ」名義の仮名口座に振り込んで着服した疑いがもたれ、中央会が業務
上横領罪で警視庁に告訴。八日には自宅が捜索された。
 関係者によると、元事務局長は使途不明金の存在が発覚した今年四月以降、中央会の元幹部らに「不明
金の使途はすべて説明できる。二千五百万円は自民党の衆院議員と元衆院議員に手渡したと記憶している」
と説明していたという。
 説明では、最初の千六百五十万円は全額引き出した後、紙袋に入れて都内の公共施設に運び、セミナー
を開いていた自民党の元衆院議員(当時は現職)に手渡した。その後の八百五十万円も、自ら別の自民党
衆院議員に持参したという。
 中央会では当時、酒類販売の完全自由化阻止に向け、国会議員への陳情を展開し、十五年四月に自由化
を一部制限する「緊急措置法」が議員立法で成立。同法は今年八月までの時限立法だったが、法改正で一年
間の延長が決まった。
 元事務局長は中央会で「政界担当」を務め、陳情で中心的役割を果たしたという。一連の使途不明金では
仮名口座を管理したとされる。二千五百万円については、引き出した直後に一部を自分の個人口座に移し
た疑いもあり、「ほとんどを二人の政治家に渡した」とする説明と食い違う部分もみられる。
 千六百五十万円を受け取ったとされた元議員は「完全な作り話。自分の名前が出されたことに強い憤りを
感じる」と否定。八百五十万円を受け取ったとされた議員の事務所も「事実無根」と否定している。
 使途不明金をめぐっては、中央会の政治団体「全国小売酒販政治連盟」でも平成十三、十四両年の政治
資金収支報告書に、運営実体のない会社などへの架空支出が計約八千二百万円記載されていた。
 元事務局長は大部分を政治家への車代や裏献金に使ったなどと説明していたという。(産経新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051111-00000020-san-soci

30 :名前をあたえないでください:2005/11/11(金) 22:49:08 ID:QOsqUwHj
元会計責任者発言は「私を陥れるため」…村岡兼造氏

 日本歯科医師会(日歯)側から自民党旧橋本派への1億円ヤミ献金事件で、政治資金規正法違反
の罪に問われた村岡兼造元官房長官(74)の第22回公判が11日、東京地裁で開かれた。
 前回に続き弁護側の被告人質問が行われ、村岡被告は、2002年3月の派閥幹部会で1億円の
不記載が決定したとされる点について、「覚えていないのではなく、全くそういうことはなかった
ということです」と無実を強調した。
 また、村岡被告が幹部会の意見をとりまとめたという、同派政治団体の滝川俊行・元会計責任者
(56)の証言を、「私を陥れるためとしか考えられない」と非難した。
 滝川元責任者が1億円の処理方法を自民党の事務方トップ、元宿仁・同党事務局長(60)に相談
したことにも言及。「領収書を日歯側から求められた時も、問題がマスコミに報道された後も、相談
に行っている。舞台の中心は幹部会ではなかった」と述べ、事務方主導で不記載が決まったとの構図
を描いた。
 村岡被告は時折、手振りを交え、「関係者の証言が食い違い、不可解なことばかり。検察にはよく
お調べ頂きたい」と訴えた。15日の次回公判から検察側の被告人質問が行われる。(読売新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051111-00000312-yom-soci

31 :名前をあたえないでください:2005/11/11(金) 23:10:07 ID:gO6LTE6P
全酒協のHPの掲示板に書き込んでみたが、メールじゃないと答えないダッテ・・・(●´・ω・)

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)