5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】天然ガス問題 ルーマニアに飛び火 割高価格、露へ不満表明[01/06]

1 :パンチラキング(060118)φ ★:2006/01/06(金) 05:15:14.91 ID:???
ロシアとウクライナが四日に天然ガス価格の値上げで合意し、供給契約を締結したことから、両国の対立は
当面収束に向かったが、今度は、東欧のルーマニアが、ロシアからの天然ガス価格に“物言い”をつけている
ことがわかった。今回、ロシアがウクライナ向けガス供給を一方的に停止したことで先鋭化した「天然ガス戦争」
は、欧州各国を巻き込んで、今後もくすぶり続けるものとみられる。 

ロシアのラジオ放送エホ・モスクブイは五日、ルーマニア政府が、ロシアに対し、なぜ隣国のウクライナや
ブルガリアより割高の価格で、ロシア産の天然ガスを購入しなければならないのか、公式の説明を求めたと
伝えた。

同放送によると、ロシアとルーマニアは先に行われたガス価格交渉で、二〇一三年まで千立方メートル当たり
二百五十ドル(約二万九千円)とする内容の契約に調印できなかった。このため、ルーマニアは今年第一
四半期から同二百七十ドルの価格を支払うことになり、それ以降はさらに十五ドルを余計に支払うことになる。
今年から実質的に同九十五ドルでガスを購入することになるウクライナとあまりに格差があり過ぎるというわけだ。

今回の「天然ガス戦争」をきっかけに、これまで水面下で行われていた交渉の経緯や契約の具体的内容が
表に出てきたことで、ロシアからガス供給を受ける欧州諸国では今後、国によって異なる価格をめぐる問題が
クローズアップされることは避けられない。

ロシアからは、欧州向け天然ガス輸送用のパイプラインとして、今回問題となった南部のウクライナ経由と、
中部のベラルーシ経由の二つのルートがある。これに加え、バルト海海底を通り、ドイツに直接つながる北欧
ガスパイプライン建設にも着工しており、二〇一〇年にこの第三のルートが完成すると、欧州へのガス
供給量は飛躍的に増え、欧州の対露エネルギー依存も高まる。

しかし、問題は「ロシアが天然ガスや石油といったエネルギー資源を政治的な圧力に使おうとしている」
(米国務省)ことにある。北欧ルートがバルト海海底を通るのも、反ロシア感情が強いバルト諸国やポーランドを
経由させたくないとのロシアのプーチン政権の政治的な意図が濃厚に反映されたためだ。同パイプライン
建設をめぐっては、バルト諸国やポーランドが「欧州の政治的な分断をもたらす危険がある」と警鐘を鳴らす。

ウクライナでも「ロシアは今後も、天然ガスを含むあらゆる手段でウクライナの欧州傾倒を阻止するための
措置をとってくる」との見方が有力になっている。

■ソース(Sankei Web)
http://www.sankei.co.jp/news/morning/06int001.htm
■関連スレッド
【ガス供給停止】ウクライナ「重い教訓」 批判的な評価が相当数に[060105]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1136438372/
【ガス供給停止】天然ガス合意“欧州に配慮”と両国とも強調[060105]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1136421159/
【ガス供給停止】「政治的圧力に使うことには問題」ロシアのガス供給停止について米政府がロシアを批判[060104]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1136350048/

2 :名前をあたえないでください:2006/01/06(金) 05:20:01.82 ID:UnJoBcFj
この3年以内にエネルギー問題で戦争になるな

3 :名前をあたえないでください:2006/01/06(金) 05:20:58.60 ID:f52enP+N
特ア+露

本物の悪の枢軸

4 :名前をあたえないでください:2006/01/06(金) 05:35:31.02 ID:i1sbXNhR
なんか大変だね。
でもエネルギーは絶対必要なものなんだけど (特に身近な生活と産業には。おまけに重要な北国だし) 、ロシアの政治的脅威は
もっと重要なものなんじゃないかな?
代替エネルギーの開発の必要性は潜在的には高まったと言えるね。
ヒトラー時代に3ルートから中東が狙われたみたいに (そのひとつがバルバロッサ作戦。ロシア経由だったらしい)
だとすると逆に、中東が安定すれば、ロシアとの競争的なエネルギー供給元ともなりそうだ。
経由のひとつとしてのトルコの、ヨーロッパに対する発言力や参加意欲表明にも影響を与えるかもしれないし。

なんかの形で、現状利用のガスに対する代替としての、生活エネルギーと集約的社会・産業的エネルギーがもし確保できれば、
この脅威は潜在的に薄らぐと言えるが、どっちにしろ恒久平和をヨーロッパの伝統として求めていくとしても、
将来的には循環型ガス利用とか、なんらかの新エネルギー解決策の開発進行も必要だろう。

同じような事情を持つ日本としても、このことは考えたいところ。
生活に迫ってしまえば、もう短期的なものの見方や判断を決断せざるを得ないことは避けられないところだろうから。
最近の佐渡島での石油供給不足など、おととしの新潟中部地震なども踏まえて、今期の東・北日本の事情も見ておきたいところ。
関東や東京湾で地震が起きた場合などの、石油の経路はどうなるか、石油精製設備の損害やそこを通って海上からでも新潟その他への
供給ライン・ルートも頭にのぼらして置いて欲しい。

5 :名前をあたえないでください:2006/01/06(金) 08:36:49.98 ID:XTETeklg
この件でドイツがなんか言ったらもっと面白くなるw

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)