5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【大分】「災害弱者」向け必需品/県、6市町に備蓄

1 :ミス・たわし(060918)φ ★:2006/07/27(木) 03:43:57.61 ID:???
 地震などの災害発生時に、介護が必要な高齢者や乳幼児、障害者
ら「災害弱者」の食料などを確保するため、県は大分、日田、佐伯、宇
佐、豊後大野の5市と日出町にある県の施設に、水を加えるだけで食
べられるアルファ米2500食分と粉ミルク・哺乳(ほ・にゅう)瓶200人
分、ポータブルトイレ100台を備蓄した。県は「市町村にも協力を呼び
かけて備蓄量を増やしたい」としている。

 県福祉保健企画課によると、県内で新潟県中越地震と同規模の地
震が起きた場合、最大5万人の避難者が出るとみられる。同課は、そ
の予測を基に災害弱者のために必要な備蓄量を試算し、アルファ米
は1700人の2日分計約1万食、粉ミルク・哺乳瓶は400人分、ポータ
ブルトイレは2800人分の200台が必要とした。県はこの半分を負担
することにし、今年度の予算に約360万円を計上した。

 備蓄の配分は、大分市(県社会福祉センターなど)にそれぞれ125
0食分、100人分、50台とし、残りを5市町の各県民保健福祉センター
に250食分、20人分、10台ずつ分けた。アルファ米は来年度も250
0食分を用意する。

 災害発生時の水や食料などの生活必需品については、県は今年2
月、県内外のスーパーやコンビニエンスストアなど11社と「災害時生
活必需物資供給協定」を結び、災害発生時の物資の調達態勢を整え
た。しかし、アルファ米や粉ミルクなどは日常的に流通量が少ないた
め、担当者は「あらかじめ確保しておく必要がある」と話す。

 福祉保健企画課によると、同様の備蓄を独自に行う自治体は、アル
ファ米について大分市(4万4千食分)と佐伯市(550食分)、粉ミルク
では別府市(21キロ)と少ない。

そーす http://mytown.asahi.com/oita/news.php?k_id=45000000607260003

2 :名前をあたえないでください:2006/07/27(木) 03:45:49.93 ID:cMP2KoIq
ヒッキーってある意味災害弱者だよな…

3 :名前をあたえないでください:2006/07/27(木) 04:56:33.70 ID:Xhn5B2gM
ヒッキー向け災害対策は後回し

てゆーか や ら な い

4 :☆大分ヤバイ☆人権擁護法モドキ条例?!☆:2006/07/27(木) 17:49:20.02 ID:wkX7HiIp
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mayor/1104289455/25-
 ●大分市の「男女参画条例」推進委員設置へ
 http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1140015600=939753=1
 ...男女共同参画推進室は「公表まで盛り込むことで抑止力を...
 ...6月定例市議会に...

↑可決してしまったわけだが↑

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)