5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【話題】「“あなたブランド”の焼酎、造ってみませんか?」【トマト焼酎にも挑戦】[07/27]

1 :▼つω・。▼ ◆Q2Ql4Ejios @涙のバレンタイン(第六期首席卒業生)φ ★:2006/07/27(木) 17:55:56.28 ID:???
「オーダーメードの焼酎を造ってみませんか」。
こんなうたい文句で諫早市の杵(き)の川酒造会社が、焼酎の受託生産を始めた。

焼酎にする原料は、注文する人の持ち込みだ。
注文者には原料のほか、1・8リットル瓶で計1150円の酒税と加工賃を負担してもら
う。
同社は「皆さんの自慢の米や麦で造り、瓶に自分のラベルを張ったり、結婚式の引き
出物などもいかがでしょう」と提言する。

25日に仕込みをした第1号は、同市小野地区の農業者のグループ「小野の米で焼酎
を造る会」の注文。
地産地消の拡大のねらいもあった受託生産の企画を知り、6月に35人で同会を発足
させ、今回、930キロの米と825キロの麦を委託した。
20日ほど寝かせてから蒸留し、半年間貯蔵して熟成させる。
材料や蒸留の際の圧力で味や風味が変わってくる。
焼酎造りの担当者、田中浩隆さん(32)は「たるが違えば、同じものはない」という。
1・8リットル瓶で1150本ができる見通しだ。

札幌市の飲食店のオーナーからは「糖度の高いトマトができた。焼酎を造って」と依頼
がきた。
材料と製品の運搬費がかかり、コスト高になるため再考を促したが、「焼酎は九州」と
強い要望があり、「トマト焼酎」に挑戦することにした。
材料の半分以上がトマトでなければならないが、米や麦の発酵の力も借りねばならな
い。
国内でトマト焼酎を製品化したのは長野県の1社のみ。どう造るか、今も模索している。

瀬頭昭治社長は「うちは日本酒では実績があるが、焼酎では後発。ブランドがものをい
う焼酎の世界で、大手にはできないことに挑戦した」と話している。

▼朝日 http://mytown.asahi.com/nagasaki/news.php?k_id=43000000607270002

2 :名前をあたえないでください:2006/07/27(木) 18:24:00.26 ID:fz7QEDvE
これをブランドとは認めません。
ただのブレンド。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)