5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【石川】名はキッズ・レンジャー 希少生物 児童“守り隊”「調査、保護活動に県助成」[1/1]

1 :並居る力士を引き連れて(070111)φ ★:2007/01/01(月) 15:47:24.11 ID:???
★名はキッズ・レンジャー 希少生物 児童“守り隊” 新年度から 白山・美川など候補

石川県は二〇〇七年度から、希少野生生物などが生きる県内の環境を守るため、生息地域の小学生ら
による保護部隊、名付けて「生きものキッズ・レンジャー」を発足させる。専門家の指導も受けながら調査や
保護活動などを展開し、成果発表も行う。子どもたちのパワーで環境保全の意識を地域全体へと広げる
全国でも異例の試みで、まずは淡水魚のトミヨが生息する白山市美川地区などが候補に挙がっている。

調査、保護活動に県助成

県内ではトミヨをはじめ、志賀町などの海岸に生息する昆虫イカリモンハンミョウなど九種が県指定の
希少野生動植物種となっている。県民参加型の調査で希少登録を進める「いしかわレッドデータブック」
にはゲンジボタル、ミズアオイなど約二十種が登録されている。

キッズ・レンジャーは、これらの生きものを対象に地域の児童らで編成する。観察会や調査、学習会で
知識を深め、活動記録を作成して保護活動を進めるという。県は活動費を補助する。県内の動物園や
昆虫館などとも連携し、専門指導員らが支援するほか、保護活動グループや小学校などとも協力していく。

県は、活動状況の発表会も開く計画。子どもたちの成果を知ってもらうことで、家族をはじめ周囲の人
たちにも関心の輪を広げ、地域ぐるみの環境活動へと発展させることを狙っている。

白山市美川地区では、地元で「はりんこ」と呼ぶトミヨをめぐり、二つの団体が既に保護活動に取り組んで
いる。県は、このような先行地域で手本となる活動をしてもらうことを想定しており、イカリモンハンミョウの
志賀町でも対象例の一つとして〇七年度は二、三地域での発足を目指している。

二年程度は県の補助で活動を確立し、その後は市町などが支援するなどして継続させるとともに、
順次、各地へレンジャー発足を広げていく。県は「キッズ・パワーで活動の機運をふくらませていきたい」
(自然保護課)と期待している。

(中日新聞 1/1)
http://www.chunichi.co.jp/00/ikw/20070101/lcl_____ikw_____000.shtml

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)