5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【大分】けんか祭り守ろう 大分市の剱八幡宮「先山車会」が発足[1/4]

1 :並居る力士を引き連れて(070111)φ ★:2007/01/05(金) 05:26:11.47 ID:???
★けんか祭り守ろう 大分市の剱八幡宮「先山車会」が発足

勇壮な山車(やま)の巡行で知られる剱(けん)八幡宮=大分市東鶴崎=のけんか祭り。
祭りに欠かせない山車の担ぎ手が年々、減少の一途をたどっている。このままではいけない―と、
旧三軒町の氏子を中心に、祭りへの参加と保存を呼び掛ける「剱八幡宮三軒町先山車(さきやま)会」
が発足した。

重さ約七百キロの山車を担ぐには二十四人が必要といわれているが、昨年四月の祭りで三軒町の
山車を担いだのは二十人。〇三年には四十五人いたが、少子高齢化などから少しずつ祭りから人
が離れている。「担ぎ役ではなく、裏方でもいいので、祭りにかかわる人が一人でも増えてほしい」と
会の代表を務める首藤陽一さん(57)=三軒町「若長」=。

祭りでは、旧町名の五地区の「若長」が持ち回りで担当する「筆頭若長」が中心的な役割を担う。
首藤さんは今年四月の祭りの「筆頭若長」を務めることになっており、「先山車会もできた。今回は、
参加者の減少をなんとか食い止めたい」と意気込んでいる。

祭りに集まる市内の祭り好きの中には、”マイ法被”を着て飛び入りで担ぐ人もいる。会は、鶴崎に
住む人に限らず、幅広く会員を募っており、「多くの人に鶴崎の歴史と文化に触れてほしい」と首藤さん。

全国の神社の祭りについて調べたり、法被やのぼり旗を新調するなど、準備に忙しい「先山車会」。
メンバーの一人で三軒町自治会長の佐々木博三さん(73)は「発足をきっかけに地域を盛り上げて
いきたい」。氏子総代の上木国彦さん(80)も「素晴らしい伝統がある祭り。絶やしてしまうわけには
いかない。会の活動を氏子全員で支えたい」と力強く話した。

(大分合同新聞 2007年01月04日09:48)
http://kiji.i-bunbun.com/read/read.cgi?1167836400=11678716879606=1

2 :名前をあたえないでください:2007/01/05(金) 05:55:30.09 ID:vvJinTXN
杵築の天神祭も山引いて喧嘩してたような。
両神社で連携すればよいのに
引いた事も見たこともない素人だけが増えても
壊すだけの運命で→運営費増→やっぱ止めるみたいな事ならいよーにー!

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)